FC2ブログ

イスラエルについての真理(神の存在?)

The Truth about Israel by DAVID ICKE

イスラエルについての真理 デービッド・アイク




若干蛇足


According to 2007 figures, the United States government gave more than $6.8 million to wealthy Israel every day while to the desperate and devastated Palestinians of the Gaza Strip and the West Bank they gave just $300,000.


US military 'aid' to Israel increased by more than a quarter to an average $3 billion a year in 2007 - a figure guaranteed for ten years. This and other support makes Israel the biggest recipient of United States foreign military funding since the Second World War.

2007年の数値によると、米国政府は毎日680万ドル以上を裕福なイスラエルに与えた一方、ガザ地区とヨルダン川西岸地区の必死で、打ちのめされたパレスチナ人には、ほんの30万ドルしか与えません。

イスラエルへの米国軍事援助は2007年の1年も4分の1の平均的な30億ドル以上へ増大しました - 10年間の保証されている数値です。

これらのサポートはユダヤ人を第二次世界大戦以来の米国外国軍隊への出資額が最も大きな受領者にしています。

The United States is also Israel's biggest supplier of fighter planes, weapons and other military technology. As a result, Israel has the world's largest F-16 fleet outside the US Air Force.


In their book, "The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy," John J. Mearsheimer and Stephen M. Walt write:

米国はまた戦闘機、武器、および他の軍事技術のイスラエルの最も大きな供給業者です。

結果として、イスラエルは米国空軍の他で世界で最も大きなF-16群団を持っています。

「イスラエルロビーと米国外交方針」の本の中で、ジョンJ. Mearsheimer、およびスティーブンM.ウォルトは書きます:

'Since the October War in 1973, Washington has provided Israel with a level of support dwarfing the amounts provided to any other state. It has been the largest annual recipient of direct U.S. economic and military assistance since 1976 and the largest total recipient since World War ll. Total direct U.S. aid to Israel amounts to well over $140 billion in 2003 dollars.


Israel receives about $3 billion in direct foreign assistance each year, which is roughly one-fifth of America's entire foreign aid budget. In per capita terms, the United States gives each Israeli a direct subsidy worth about $500 per year.

1973年の10月戦争以来、ワシントンはイスラエルに他の国内のどの州にも提供される総計が小さく見える支持のレベルを提供しました。それは、1976年以降直接的なアメリカ軍事援助で最も大きな一年の受取人で第二次世界大戦から最も大きな受取人でした。イスラエルへの完全な直接の米国の援助は、2003年までで1400億ドル以上に達します。


イスラエルは毎年直接の外国の援助においておよそ30億ドルを受けます。そして、それはアメリカの全ての対外援助予算のおよそ5分の1です。一人当たりの条件には、アメリカ合衆国はイスラエル人に1年につき一人当たりおよそ500ドルの価値がある直接的な助成金を渡します。

.


Israel receives about $3 billion in direct foreign assistance each year, which is roughly one-fifth of America's entire foreign aid budget. In per capita terms, the United States gives each Israeli a direct subsidy worth about $500 per year.


This largesse is especially striking when one realizes that Israel is now a wealthy industrial state with a per capita income roughly equal to South Korea or Spain.'


Why do they do this? Because the House of Rothschild controls Israel and the House of Rothschild controls the political system of the United States.


The network that links the two is called 'Zionism', a Rothschild creation - just like Israel itself.

‘イスラエルが現在一人当たり韓国またはスペインとほぼ等しい収入を持つ裕福な産業国家であることに気がつく時に、この気前のいい心付けは特に著しい’。

なぜ彼らはこれをしますか?

ロスチャイルド家がイスラエルをコントロールし、ロスチャイルド家が米国の政治システムをコントロールするので。

2つをリンクするネットワークは‘シオニズム’ロスチャイルド作成と呼ばれます - ちょうどイスラエル自身のように。

イスラエル、米国、ヨーロッパをまたいでいるこのシオニズム勢力は、さらに再び、小さな子供を攻撃して、それがある遊び場のがき大将のようです - ガザの人々にとって。

死亡者数を書く時に1000人の負傷者(多くは命が危険な)と800人を超えるパレスチナの男性、女性、および子供がいます。

彼らは、信用できる反抗が全然ないであろうと知っている非武装の無邪気な子供を爆撃しています - すべてのあばれ者が働く方法。

おお、イスラエルの人に立ち向かってください;

おお、どんなに、ヤハウェはそんなに誇り高いのであろうか:

‘あなたの神があなたにこれらの国家を手渡す支配者とあなたがそれらを征服する時に、あなたは完全に彼らを破滅させなければなりません’。

‘それらと条約を全然結ばず、それらにどの慈悲も示さないでください’。

Deuteronomy 7:1-4


What we are seeing in Gaza, and have seen so many times, both there and in the Lebanon, is merciless Old Testament slaughter: cold, calculated, heartless slaughter.


'So they sent twelve thousand warriors to Jabesh-gilead with orders to kill everyone there, including women and children. "This is what you are to do," they said. "Completely destroy all the males and every woman who is not a virgin".'


Judges 21:10-24


'Then I heard the LORD say to the other men, "Follow him through the city and kill everyone whose forehead is not marked. Show no mercy; have no pity! Kill them all - old and young, girls and women and little


省略・・・・・.

申命記7:1-4

私達がガザで見ていて、そこで、そしてレバノンで何度もそう見たものは無慈悲な旧約聖書屠殺です:

冷たく、計算されて、無情な屠殺。

‘従って、女性と子供を含めて、そこでみんなを殺す注文によって、彼らは1万2000人の戦士をJabesh-gileadに送りました’。

「これは、あなたが、することになっていることです」と彼らは言いました。

「‘完全に、処女ではないすべての男とすべての女性を破滅させてください’」’。

士師記21:10-24

‘それから、私は、支配者が他の人に「都市を通して彼について行き、額がマークされない人すべてを殺してください」と言うのを聞きました。’

慈悲を全然示さないでください;

哀れみを全然持たないでください!

彼らすべてを殺してください - 老人と若者(女の子、および女性と小さな子供)。

しかし、マークによって誰にも触れないでください。

‘「寺院で今この場であなたの仕事を開始してください」’。

エゼキエル9:5-7

‘従って、彼らは、70人のリーダーを殺すことから始めました’。

「寺院を汚してください!」と支配者は命じました。

「あなたが殺すそれらの体で、その中庭を満たしてください!」

「行ってください!」

‘従って、彼らは都市中で行き、彼らが言われたようにしました’。

エゼキエル9:5-7

平行線は、旧約聖書の残忍な‘神’と従って、魂、共感、彼らの行動の結果のためのデスクトップ・コンピュータよりむしろ慈悲を全然持っていないユダヤ人(最も特にロスチャイルド家の生物学ロボット)をコントロールする無情で、魂がない人工知能の行動の無限です。

イランまたは他の誰か外のイスラエルと米国(両方のロスチャイルド財産)が、イスラエルの軍隊がガザでしていることをしていた場合を想像してください。

特に、イスラエルと米国(当事国と制裁の必要性の話または‘無邪気な子供を救ってください’への軍事介入を凶暴に攻撃している国連安全保障理事会で通過された決議案)からグローバルな非難があるでしょう。

しかし、イスラエルがそれをする時に、私達は、停戦、‘理解のあるユダヤ人のポジション’暴力の終わり、およびまもなく‘変化’オバマ大統領での沈黙のための空の呼び出しを持っています。

イスラエルがロスチャイルド家の完全所有の財産であり、従って、他の誰かと同じ規則にしばられないので、それはすべて、他の者が直面するであろうものの小数部です。

前のイスラエルの総理大臣、アリエル・シャロンが次のように言った時:

‘イスラエルは、他の者を裁判にかける権利を持つことができるけれども、確かに、誰も、ユダヤ人の人々とイスラエル国を裁判にかける権利を持っていません’。

そして、ゴルダ・メイア総理大臣は同じシオニズムの傲慢さを裏切りました:

‘神によって自身でされた約束の履行としてこの国は存在しています’。

‘それに、その合法性を説明するように頼むことはこっけいでしょう’。

ああ、それはすべて旧約聖書にあります?

さて、あなたがその時望むようにしてください。

‘ユダヤ人母国’は、啓蒙主義者として知られているファミリーを異種交配するグローバルな秘密結社ネットワークを通して、ロスチャイルド領地が統合した開始からでした。

During the Israeli military attacks on the Lebanon in 2006, the Israeli writer, Barry Chamish, told of a meeting with Evelyn Rothschild's grandson, who abandoned the family to be a Mormon (so actually he didn't, even if he thought he did).


Chamish said he learned that just seven families were enjoying the 'fruits of the war' with the Lebanon.


The grandson had said of the Rothschilds: 'They created Israel as their personal toy. It makes them richer and gives them more control. It's not going to be destroyed.'


The Rothschilds funded the early European settlers in Israel, manipulated events in Germany that led to the horrific treatment of Jewish people and others, and then used that as the excuse to reach their long-term goal - a Rothschild-Illuminati stronghold in Palestine using the Jewish population as fodder to be used and abused as necessary.


They called their plan 'Zionism'. This term is often used as a synonym for Jewish people when it is actually a political movement devised and promoted through the House of Rothschild and opposed by many Jews.


The Israeli bully-boys spend most of their time condemning the terrorism of others and yet their very State was created through terrorism of the most grotesque kind via groups like Irgun, Haganah and the Stern Gang, which bombed and terrorised Israel into being and from which came the Israel Defence Forces, the IDF, which is bombing Gaza today.


省略・・・・・


2006年のレバノンへのイスラエルの軍事攻撃の間に、イスラエルの作家、バリーチャミッシュは、モルモン教徒(従って、実際、彼がしたと思っても、彼はしませんでした)であるために、ファミリーを捨てたイーブリン・ロスチャイルドの孫とのミーティングを話しました。

チャミッシュは、彼が、ちょうど7つのファミリーがレバノンと‘戦争の成果’を楽しんでいたことを知ったと言いました。

孫はロスチャイルド家に関して言いました:

‘彼らはそれらの個人的なおもちゃとしてイスラエルを作成しました’。

それは彼らをより金持ちにし、彼らにより多くのコントロールを与えます。

‘それは、破壊されようとしていません’。

ロスチャイルド家はイスラエルで初期のヨーロッパ入植者に出資し、ユダヤ人の人々とその他の恐ろしい扱いをもたらしていたドイツのイベントを処理し、それから、彼らの長期目標に達する口実として、それを使いました - 必需品として使われて、乱用される使用物としてユダヤ人の集団を使っているパレスチナのロスチャイルド啓蒙主義者要塞。

彼らはそれらの計画を‘シオニズム’と呼びました。

それが実際ロスチャイルド家を通して考案されて、促進されて、多くのユダヤ人によって反対された政治的なムーブメントである時に、この用語はユダヤ人の人々の類義語としてしばしば使われます。

イスラエルのあばれ者少年が、他のテロを非難するのにそれらの時間のほとんどを費やす 今日ガザを爆撃しているIDF それらのまさしくその状態は、イルグーン団、ハガナー、およびシュテルン団〈爆撃したことおよび来たこと イスラエル防衛軍 についてのテロを用いられたイスラエル〉のようなグループを経た最もグロテスクな種類のテロを通じて作成されました。

メナヘム・ベギン、イツハーク・シャミール、およびアリエル・シャロン(イスラエルの総理大臣になり、アラブテロを非難する神経を持っていた肉屋)はこれらにおける導灯と他のテロリストグループに含まれていました。

そして、今日まで、パレスチナの人々を破滅させるゴールによって、屠畜業は続きます。

ロスチャイルドにコントロールされたシオニズムテロリストが1948年に存在中にイスラエル国を爆撃した後に、約800,000人のパレスチナ人が避難民にされて、彼ら自身の国であったものから逃げました。

それらの避難民は約400万を数えるそうです。

そして、ユダヤ人が自分の思うとおりに振舞っていて、従って、公正さ、体裁、および慈悲のような期間があてはまらないので、世界は単に傍観した--ちょうど、それが今日までするように。

Palestinian families fleeing the newly-imposed Israel after their country was occupied by Zionist terrorism in 1948.


The idea was always to destroy the Palestinian people step-by-step long before Israel was even created. The Balfour Declaration of 1917, in which the Rothschild-controlled British government supported the establishment of a 'Jewish' homeland in Palestine, said that 'nothing shall be done which may prejudice the civil and religious rights of the existing non-Jewish communities in Palestine'.


But the Rothschild sidekick Chaim Weizmann would later say: 'With regard to the Arab question - the British told us that there are several hundred thousand Negroes there but this is a matter of no consequence'. Nor have they been ever since and the goal of destroying them is closer today than ever before.


The first Prime Minister of Israel, yet another terrorist called David Ben-Gurion, made no secret of this fact within his inner circle.


Former Israel Prime Minister, Yitzhak Rabin, said in an uncensored version of his memoirs, published in the New York Times on 23 October 23rd, 1979: 'We walked outside, Ben-Gurion accompanying us. Allon repeated his question - What is to be done with the Palestinian population?' Ben-Gurion waved his hand in a gesture which said "Drive them out!"'


The current bombing campaign against the Gaza Palestinians is just the latest step to that end. They have forced Palestinians into a Gaza Strip that is little more than a massive concentration camp in which they control all that goes in and out, people or supplies of food, medicines and other essentials.


When the Israelis close the border posts, that's it, the Palestinians are trapped and at the mercy of the soulless and heartless that control the Tel Aviv government and military under Rothschild direction.


One writer recently described conditions in Gaza:


省略・・・・


それらの国が1948年にシオニズムテロによって占領された後に新しく課されたイスラエルから逃げているパレスチナのファミリー。

イスラエルが作成されるずっと前に、アイデアはいつも、段階的にパレスチナの人々を破滅させることでした。

ロスチャイルドにコントロールされたイギリス政府がパレスチナで‘ユダヤ人’母国の設立をサポートした1917年のバルフォア宣言は、‘何もされないこととします(それがパレスチナの既存の非ユダヤ人のコミュニティの文民と宗教の権利を偏らすかもしれません)’と伝えていました。

しかし、ロスチャイルド仲間ハイム・ヴァイツマンは後で次のように言うでしょう:

‘アラブ問題について - 英国人は私達に、そこに数十万人の黒人がいると言ったけれども、これはどうでもよいことです’。

また、それらはそれ以来でなく、彼らを破滅させるゴールは今日これまでより近い。

イスラエル(ダヴィド・ベン-グリオンと呼ばれるまた別のテロリスト)の最初の総理大臣は彼の側近グループの中でこの事実を秘密にしませんでした。

1979年10月23日にニューヨーク・タイムズで出版されて、前のイスラエル総理大臣、イツハク・ラビンは彼の回想録の無検閲のバージョンの中で言いました:

‘ベングリオが私達に同伴していて、私達は外を歩きました’。

‘アロンは彼の質問を繰り返しました - 何が、パレスチナの人々にされることになっていますか?’

‘「それらを追放してください!」と言った身振りにおいて、ベングリオは彼の手を振りました’

ガザ パレスチナ人に対する現在の爆撃はその終わりまでのまさにその最新のもののステップです。

彼らは、パレスチナ人を、彼らが、出入りするすべてをコントロールする大規模な強制収容所より少し多く(食物、医薬品、および他の必須事項の人々または供給品)であるガザ地区に押し込みました。

イスラエル人が国境警戒区域を閉じる時に、それはそれであり、パレスチナ人は閉じ込められて、ロスチャイルド指導のもとでテルアビブ政府と軍隊をコントロールする魂がなく、無情なものの慈悲にいます。

1人の作家が最近ガザで条件を説明しました:

' ...

イスラエル釘は、栄養不良人種がサハラ以南のアフリカのそれらと競争し、下水が通りですり傷を動かし、海洋を汚染するように着実に強くなって約3年続いていた包囲攻撃の下で、ガザである棺を閉じて、家はまだ、集合的な処罰において集合的な処罰をスーパー追加するためにブルドーザーでならされています;

男性、女性、および子供はまだ狙撃されていて、殺されています;

‘子供は、衝撃音を続けることによって聾されていて、彼らの大部分は心的外傷後ストレス障害から損害を被り、その大多数の多くは「殉教者」以外に野心を全然持っていません…’

そして、それは現在ずっと悪い。

How can anyone inflict such a lack of mercy on an entire people? The question can only be answered when we understand that Zionist extremists really do believe they are God's Chosen People and that therefore the Palestinians are little more than cattle.


The Israel Prime Minister and terrorist, Menachem Begin, described the Palestinians in a speech to the Israeli parliament as 'beasts walking on two legs'. Another Prime Minister and terrorist, Yitzhak Shamir, told Jewish settlers in 1988 that the Palestinians 'would be crushed like grasshoppers ... heads smashed against the boulders and walls.'


Prime Minister and terrorist, Ariel Sharon, then Israeli Foreign Minister, confirmed in 1998 what the plan really was for the Palestinians:


'It is the duty of Israeli leaders to explain to public opinion, clearly and courageously, a certain number of facts that are forgotten with time. The first of these is that there is no Zionism, colonialisation, or Jewish State without the eviction of the Arabs and the expropriation of their lands.'


The plan is to kill or drive out the Palestinian people using poverty, hunger and war and so allow the Zionists to expand into 'Greater Israel'. That plan is now well advanced.


In early 2008, the United Nations' leading humanitarian affairs official said he was 'shocked' by the 'grim and miserable' conditions in Gaza. Undersecretary General John Holmes blamed this on Israel closing the border crossings and so limiting the supply of food and other materials - just as they are doing today.


He said: 'All this makes for a grim human and humanitarian situation here in Gaza, which means that people are not able to live with the basic dignity to which they are entitled'.


But they are just 'beasts walking on two legs', right?


省略・・・・・・




どうしたら誰かがそのような慈悲の不足を民族全体に与えることができますか?

私達が、シオニズム過激論者が本当に、彼らが神の選ばれた人々であり、従って、パレスチナ人が牛より少し多くであると信じると理解している時に、質問は答えられることができるだけです。

‘2つの足で歩いている獣’としてのイスラエルの議会へのスピーチにおいてイスラエル総理大臣とテロリスト、メナヘム・ベギンはパレスチナ人を説明しました。

別の総理大臣とテロリスト、イツハーク・シャミールはユダヤ人の移住者に、パレスチナ人が‘バッタ(石と壁に対して打ち壊された…頭)のように押しつぶされるであろう’と1988年に言いました。

総理大臣とテロリスト、アリエル・シャロン、そしてイスラエルの外務大臣は、計画がパレスチナ人のために本当に何であったかを1998年において確認しました:

‘時がたつにつれて忘れられるのは、はっきりと、勇敢に一定数の事実を世論に説明するイスラエルのリーダーの義務です’。

‘これらの一番目は、アラブ人の立ちのきと彼らの領土の収用なしでシオニズム、植民地化、またはユダヤ人国家が全然ないことです’。

計画は、貧困、飢え、および戦争を使っているパレスチナ人を殺すか、追放し、そう、シオニストがより大きなイスラエル’に拡大することを可能にすることです。

そのプランは現在上手く進行しています。

2008年の初頭において、国連の主要な人道主義の役員は、彼がガザで、‘厳しく、みじめな’条件により‘ショックをうけた’と言いました。

次官将軍ジョン・ホームズは境界横断を閉じていて、食物と他の素材の供給を制限しているイスラエルにこれの責任を負わせました - ちょうど、それらが今日しているように。

彼は次のように言いました:

‘これはガザで厳しい生活の人と人道主義の状況に進みます(それは、人々が、彼らが与えられる基本的な威厳をもって住むことができないことを意味しています)’。

しかし、それらはまさに‘2つの足で歩いている獣’ですね?

リチャード・ファルク(占領地の国連人権の協議会の特別な書記)はガザでのその行動のためにイスラエルを非難しました。

彼が古い好きな‘反ユダヤ主義’として解雇されることができないので、彼はユダヤ人およびイスラエル政府にとってずっと危険であることです。

あるいは、ひょっとしたら、イスラエルに抗議するそれらのユダヤ人にこれらの病人によってタグを与えて、彼は‘自身を嫌う人’です。

国連役員として、あえて約束の地を批判することに対するファルクの処罰は、20時間の間拘束されて、それから国への入国を許されないことになって、従って、彼は現在の空襲のパレスチナの人々のために条件を報告する仕事をすることを妨げられます。

彼が入ることは12月半ばに否定されました - 彼らが知っていた最新の爆撃のためにそこに完璧なタイミングは来ました。

最近の8年のブッシュ政権は、新保守主義、または『新保守主義者』ネットワーク である, 米国/イスラエル人決闘市民および/またはポール・ウルフォウィッツ、リチャードPearle、Dov Zackheim、ウィリアムクリストル、ロバートカガン、エリオットエイブラムズ、ダグラスフェイト、ジョンボルトン、ロバートBゼーリック、ディック・チェイニー、ドナルド・ラムズフェルト、および他のようなシオニストが支配しました。

新保守主義ゴッドファーザーは、人々が‘信心深いエリート’によって制御されなければならないと信じた亡くなったレオ・シュトラウス(ドイツ生まれのユダヤ人‘哲学者’)です。

しかし、きっと‘チェンジさん’が現在‘パワー’に来るので、シオニズム優越のそれらの日々は終わっています。

ただであるにして。

バラク・オバマはラーム・エマニュエル、彼の大統領首席補佐官のようなシオニストで彼の新政権を一杯にしました。

エマニュエルの父、ベンジャミンは、私が先に言及したパレスチナのイルグーン団テロリストグループのメンバーであったシオニズム過激論者であり、私達は、はっきりと、オバマ政権がそのイスラエル/パレスチナ人の方針の上で釣り合いが取れていて、公正であることを期待することができません。

オバマがガザのイスラエルの爆撃において黙っていたのも不思議ではない。

オバマはガザ危機に関してはっきり話します:『おい、私はなにも得てない』、私がここは等しくチャンスがあります...私の参謀長に尋ねてください、彼は過激なシオン主義者です、そして、彼のおとうさんはイスラエルが爆撃するのを手伝った経験があります。彼は、何が進行中になっているかについてわかっています。』


大統領任期を守るために、彼が米国で本当に大規模なシオニズムロビーの制裁が必要であったので、オバマ政府は、奴隷的に親イスラエルになろうとしています。

彼の副大統領、ジョーバイデンはイスラエルのための長期のバッグキャリアです。

彼はイスラエルのテレビで言いました:

‘私はシオニストです - あなたは、シオニストであるユダヤ人である必要がありません’。

それが神の選ばれた国への核の攻撃をスタートしたならば、国務長官ヒラリー・クリントンは、‘消してください’イランに誓約した別のイスラエル人形です。

彼女は、それがイランへの核の攻撃をスタートしたならば、彼女がイスラエルを消すであろうと言うでしょうか?

とんでもない。

テーブルが重量を増されて、ゲームが装着されて、それがいつもそうであったので、パレスチナ人には一度もチャンスがあったことがありません。

第一次世界大戦の時に、ロスチャイルドにコントロールされたイギリス政府はパレスチナアラブ人に、彼らがオスマントルコと戦い、パレスチナと他の領土を去ることをそれらに強制したならば、彼らが独立なパレスチナと報いられるであろうと言いました。

パレスチナのアラブ人は合致していて、トーマス・エドワード・ローレンス--‘アラビアのロレンス’--中佐を通しての英国人からのサポートによって、オスマン帝国は敗れました。

しかし、それらの報酬は独立ではありませんでした。

それは英国の‘命令’による最初の規則、それからシオニズムイスラエルによる職業でした。

ローレンスが後で認めて、彼らがそれ以来嘘を言われているように、アラブ人は嘘を言われました。

これらのすべての‘道路地図’と‘和平プロセス’は、いつも、何にもならないようにデザインされます。

パレスチナ人が基本的にもうこの世にいなくなるまで、彼らは、まさにポジションを、現状を維持すると考えています。

イスラエル人はいつも、コントロールは、何と誰が出入りするかを決めているイスラエルとの言葉とはとてもいえないけれども、彼らが、公式に、ガザ‘権限’をコントロールするパレスチナのグループ、ハマスによる攻撃のために‘報復’において人々を殺していると言います。

ハマススパイは、これまで4人の人々を殺したローテクなロケットをひどく発射しています。

ひどく、はい、それは起こっているべきでありません。

ハマス(それはそれなりに別の圧政です)に、私は要約を全然抱かないけれども、これを自身に尋ねます:

あなたが、世界が何もしない間60年の抑圧と迫害の後に、パレスチナ人がいる状況に直面していたならば、あなたは何をするでしょうか?

あなたが不正を取り除くならば、あなたはその不正への暴力的な反応のために動機づけを取り除きます。

彼らが彼らの哀れな状態を受け入れるか、銃撃を開始し、いくつかが、後者を選ぶはずの所で、人々をポジションに置いてください。

しかし、根本原因、不正に取り組む代わりに、800人よりもっと殺し、数日で数千を傷つける最先端の砲撃によって、イスラエルは応じます(その少なくとも90%が、ロケット攻撃と全く関係を持っていない男性、女性、および子供です)。

2007年に、25人のパレスチナ人がすべてのイスラエル人のために殺されました。

それは、単なる、‘自身を保護します’以上のものです。

同じくらいユダヤ人の国連代表、リチャード・ファルクは地上攻勢の前の最近の2週間で言いました:

‘占領国群の義務について、そして戦争の法律の要件において、ジュネーブ協定の中で定義されることとして、ガザ地区のイスラエルの空爆は国際人道法の厳しく、大規模な違反を見せます…’

それらの違反は以下を含みます:

* 集合的な処罰:

混んでいるガザ地区に住んでいる150万の人々全体が少しの武装勢力の行動のために罰せられています。

* 民間人をターゲットとします:

空爆は世界の土地の最も混んでいる一帯の1つにおける民間住居地域、確かに中東の最も人口が密集しているエリアに向けられました。

* 不釣合な軍事的な反応:

空爆はガザの選挙で選ばれた政府のすべての警察とセキュリティオフィスを破壊しただけでなく、数百人の民間人を殺し、傷つけました;

‘伝えられるところでは、少なくとも1回のストが、大学から家まで行進を試みている学生のグループを攻撃した’。

シオニズムテログループが、イスラエル国の安全を確保する彼らの暴力のキャンペーンを開始して以来、パレスチナ人へのこの野蛮さは進み、この進行中の悪のスケールはしばしば‘反ユダヤ主義’と呼ばれることに対する恐怖によって抑制されています。

ロスチャイルド王朝は、米国の中と他の場所であえてイスラエルまたはマニピュレーションのそのネットワークを露出するか、非難する誰にでも‘反ユダヤ主義’または‘人種差別主義者’としてラベルを貼るために反中傷リーグ(ADL)と多くの他のような‘反憎悪します’グループの高く出資されたネットワークを構築しました。

直ちに、政治家(けれども すべて を除いて 少しである 沈黙に恐れているか、または報いられる )、大学教授、私のような人々、およびどのような種類の公的な段階でも持つ誰でもそうです

ADLによって非難されて、それらが、イスラエルまたは偶然ユダヤ人である誰かを露出するならばロボット‘左’のロボット過激派からのサポートによって‘人種差別主義者’として汚されます。

選ばれた人々であると主張していて、他の何よりも人種差別のために他の誰かを告発しているそれらの皮肉は、血まみれの精神をびっくりさせています。

見事なノーマン・フィンケルシュタインのように専制政治に挑むユダヤ人の人々は‘自身を嫌う人’と命名されて、しばしば、結果として彼らの仕事と生計を失います。

ロスチャイルド‘反憎悪します’グループはどのようなビッグ・ブラザーでも恥じ入らせました。

しかし、私達が自身のために結果を恐れているので、私達はパレスチナ人の状態について沈黙を守っているままいることができない--および決していけない。

私達は何ですか、マウス??

これは人種差別についてではありません;

それは無力で、悲劇の民族に対してファシズムと毎日の猛攻撃についてです。

私は残念ながらADLが私が言うものについて考えるものを与えません、また、その宣伝をおうむ返しに言う『左翼』のそれらは彼らがそうである青少年を好みません。

それは言う必要があり、従って、誰かが、それを言う必要があります。

ところで、そして、啓蒙主義者ファミリーを持つリーグの中でずっと大きなグローバルな路線の一部であるシオニズム路線を動かしているそれらは一般にユダヤ人の人々のためののろいを与えません。

それらも単により大きなゴールへの消耗の見当違いの言葉です。

最初のイスラエルの総理大臣として、テロリスト、ダヴィド・ベン-グリオンは次のように言いました:

『私が彼らをイングランドへ輸送することによるドイツと彼らをイスラエルのランドへ転勤させることによる半分だけの全ての子供たちを救うことが可能であるということを知っているならば、私は後者を選ぶでしょう、なぜならば、我々の前に、これらの子供たちの数だけでなくイスラエルの人々の歴史の計算もあります。』

それは、それを言うためにどんな種類の病んだ精神を持っていますか?

1948年以来ずっとイスラエルを運営している種類は、その答えであるでしょう。

私達は、こっけいで、子供っぽく、ユダヤ人とジェンティーレとイスラム教徒のラベル、およびこんな架空のナンセンスのものを落とし、すべてのために一緒に平和と正義の名に入る必要があります。

ユダヤ人不正行為またはパレスチナの不正行為がなく、単に不正があります。

もののための公正は誰のための‘公正’でもあり、別のもののためのどの公正もありません。

それがすべてにあてはまり、世界が静かなままいて、目をそらす間、それが決してパレスチナ人にあてはまらないであろう場合を除いて、公正が意味を全然持っていません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR