FC2ブログ

ネットゲリラさんより




グッドウィル・グループ 折口帝国の金融サバイバルは続く ~ 国税、地検の追及はいかに(下)



[特別取材]



 折口氏は国外から帝国を管理する腹積もりだが、それがうまくいくかどうかは予断を許さない。というのも、国税庁と東京地検が内々に捜査に動いているからだ。

 狙われるのは、京都の人材派遣業者クリスタルの買収をめぐって不透明な金銭の流れが存在しているからである。グッドウィル・グループは、コリンシアン投資事業有限責任組合弐号に883億円を出資し(出資比率は約75%)、このコリンシアンがクリスタルのオーナー一族から91%の株式を買い取っている。ところがクリスタルのオーナー一族に渡ったカネは約500億円で、差額の383億円((1))の行方が分からない。

 それだけではない。グッドウィル・グループのコリンシアンへの出資比率が約75%であることから分かるように、コリンシアンの背後には約25%の出資比率にあたる約310億円((2))を投じた謎の投資家グループが存在している。この75:25という出資比率に応じてコリンシアンが保有したクリスタル株が分配されたため、グッドウィル・グループが手に入れたクリスタル株式は67%に過ぎない。91%から67%を差し引いた24%のクリスタル株((3))が、謎の投資家グループに分配されたとみられる。

 つまり上記の(1)、(2)、(3)の合計で約690億円と24%のクリスタル株の行方がよく分からないのだ。「どうも背後に暴力団関係者や格闘家集団がいるようです」と、大手買収ファンドの代理人を務める外資系証券会社の幹部は打ち明ける。消えたカネをめぐって国税と東京地検は大掛かりな脱税やマネーロンダリングを想像しているという。もし強制捜査が入って、折口氏の逮捕に至るようなことがあれば、そのとき帝国は一気に解体へと突き進むであろう。





グッドウィル欺き380億円、買収仲介の会計士ら中抜き


1月26日3時4分配信 読売新聞










グッドウィル欺き380億円、買収仲介の会計士ら中抜き

読売新聞




 総合人材サービス会社で東証1部上場だった旧グッドウィル・グループ(GWG)による人材派遣会社の買収に絡み、GWGが支払った883億円のうち約380億円が取引を仲介したファンド運営会社ら3者に流れていたことがわかった。



 実際の買収価格は1株あたり96万円だったが、運営会社は倍以上の231万円と提示。GWGを欺いて、買収に乗じて巨利を手にしていた。



 GWGの開示資料によると、同社は2006年10月、業界大手の「クリスタル」を買収するため、別のファンドを通じて「コリンシアン投資事業有限責任組合弐号」(コリンシアンファンド)に883億円を出資、同ファンドがクリスタルの創業者から取得した同社株91%分のうち67%分を手にして子会社化した。出資のため、みずほ銀行から871億円の融資を受けた。



 関係者によると、契約書に記されたファンドの組合員(出資者)はGWGのほかファンド運営会社「コリンシアンパートナーズ」、格闘技団体代表、投資事業会社の元代表の3者。



 パートナーズの社長だった公認会計士(51)はGWGに対し「ファンドへの出資額は1185億円で、GWGの出資比率は74%。残り302億円はほかの投資家が出資する」と説明したが、実際にはGWG以外の出資金はゼロだった。



 買収話はそもそもクリスタル側から売却の意向を聞きつけた会計士が、格闘技団体代表らを通じてGWGの折口雅博元会長(47)に提案した。



 会計士らは実際には発行済み株式の91%にあたる5万1825株を約500億円(1株96万円)で取得し、即日、GWGに対し、説明した架空の出資比率に基づいて3万8190株(1株231万円)を提供。ファンドに残った約380億円のうち約180億円と1万3635株(約131億円相当)をパートナーズが受け取り、約200億円を格闘技団体代表らが分け合った。



 コリンシアンファンドは07年7月に解散。パートナーズは180億円から経費を差し引いた収益を08年4月期の所得として申告したが、法人税など約40億円を滞納している。



 GWGから社名変更したラディアホールディングスは「株の取得価格は適正だったと考えている」としている。公認会計士らは取材申し込みに、25日までに応じていない。





最終更新:1月26日3時4分





ネットゲリラhttp://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/09/220_a2e6.html


コリアンファンド


グッドウィル 企業買収で謎の383億円 投下資金と売買代金の差額 ファンドの利益に
という報道が出ているんだが、コレだ。


 人材派遣大手グッドウィル・グループ(折口雅博会長、GWG)が二〇〇六年、ファンドを通じて同業のクリスタルを買収した際、投下資金は八百八十三億円なのにクリスタル創業者側が受け取った売却代金は五百億円にすぎなかったことが四日、関係者の話で分かった。


 GWGの説明によると、同社は100%出資の「人材サービスファンド」を通じ、「コリンシアン投資事業有限責任組合弐号」というファンドに、クリスタル買収資金の八百八十三億円を拠出。外部の投資家も三百三億円をコリンシアンファンドに出資した。ファンドの資金は計千百八十六億円で、GWGの出資割合は約74%となった。


 一方、関係者によると、クリスタルの創業者と資産管理会社は、発行済み株式の約91%をコリンシアンファンドに売却したが、代金は五百億円だったという。GWGはファンドへの出資割合に応じ、クリスタル株の67%を取得した。



結局、383億円ほど、誰かが楽して儲けたわけだ。この件は、実は以前から折口問題の「本命」と言われていて、コレがヤクザへの利益供与ではないか、と言われているわけだ




303億円分の出資者は「在日」の有力者だといわれており、広域暴力団の陰もちらついているのだが、「出資者リスト」でもなければ、謎は解明できない。警視庁とは別に証券取引等監視委員会が、「二つのファンドの謎」をインサイダー取引(実際の買収は昨年10月末なのに発表は11月18日だった)に絡めて調査しており、そちらで解き明かされる可能性もある。



で、グッドウィルが払った883億円はみずほ銀行が貸したんだが、クリスタルのオーナーは同業者には売らないという態度だったので、折口は事前に相手の調査をほとんどしてない。また、みずほ銀行は「ABCマートの三木正浩前会長に、TBS株の買収資金265億円を融資した」という実績もあったりして、そこはかとなくアレなんだが、そこで月刊ベルダの2007年10月号
なんだが、


 第3の疑惑はそれにつながるもので、「グッドウィルから投資家への利益供与があったのではないか」というものだ。「そこにはこんな現実がある」というのは、折口会長と親しい証券関係者である。

「折口会長の取り巻きのなかに、昨年暮れから今年にかけて、急速にカネ回りがよくなった連中がいる。挌闘界で著名なMやその友人の若手経営者のAなど。彼らは出資者の人選、割当などに『汗』をかき、クリスタル買収が思ったよりうまくいったので、巨額のグッドウィルマネーを手にした。
その一部はMが世話になっている

山口組有力組織にも
流れたようだ」



というわけで、まぁ、謎というほどのモノでもない、ちょっと調べりゃすぐ判るネタなので、そのうち出てくるだろう。で、買収から発表まで間があいたので、インサイダーがあったんじゃないか、とも言われているんだが、そこら辺も期待したいところですね。で、そこから先なんだが、山岡俊介さんちでヒントになるようなネタがあるんだが、有料サイトなので詳しくは紹介できない。ただ、菊地一久、中澤秀夫公認会計士、鬼頭和孝、なんていう名前が出てくるわけだ。で、この鬼頭とかいう人なんだが、株式会社ボルテックス・アドバイザーズの最高経営責任者という事になっておりまして、この会社は、2709タスコシステムという会社の第三者割当増資で名前が
出てくる。とともに、タスコシステムは

大株主・・・・ある意味すごい面々ですネ」と書かれているのが気になるんだが、
こちらをご覧いただくとして
、お馴染み、ジェイ・ブリッジなんてのが出ているわけだな。で、その凄い面々とかいう企業の株価の推移をグラフで並べてみると笑えるんだが、


機動建設工業(株)
 2005年10月頃に最高値800円、現在84円

ジェイ・ブリッジ
 2005年7月頃に最高値2100円、現在38円

トランスデジタル
 2000年2月頃に最高値14000円、現在14円

タスコシステム
 2001年12月頃に最高値500000円、現在3270円






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR