FC2ブログ

ハザル族はユダヤ12支族(パレスチナ)とは何の関係もない・




若干蛇足




The Khazar Empire & Today's Jews (continued)



by SOCIO-ECONOMICS HISTORY



社会経済学歴史によるハザル族帝国&今日のユダヤ人


Rejecting both, they converted to Judaism.





The second part of Mr. Koestler・s book deals with the Khazar migration to Polish and Lithuanian territories, caused by the Mongol onslaught, and their impact on the racial composition and social heritage of modern Jewry. He produces a large body of meticulously detailed research in support of a theory that sounds all the more convincing for the restraint with which it is advanced.



(キリスト教とイスラム教)両方を拒絶して、彼らはユダヤ教に衣替えしました。



モンゴルの猛攻撃によって起こされたポーランドの、そしてリトアニアの領域と現代のユダヤ民族の人種の構成と社会的遺産へのそれらの影響にケストラーさんの2番目の本の部分はハザル族移住を扱います。



それが高度な抑制のために説得力があるように聞こえる理論の裏づけとして、彼はこつこつと詳細な研究の大きなボディを産します。



Mr. Koestler concludes: 典he evidence presented in the previous chapters adds up to a strong case in favour of those modern historians - whether Austrian, Israeli or Polish - who, independently from each other, have argued that the bulk of modern Jewry is not of Palestinian, but of Caucasian origin.





The mainstream of Jewish migrations did not flow from the Mediterranean across France and Germany to the east and then back again. The stream moved in a consistently westerly direction, from the Caucasus through the Ukraine into Poland and thence into Central Europe.



ケストラーさんは結びます:



全てで、独立して互いに、現代のユダヤ民族の大部分がパレスチナを起源にもっているのでなくコーカサス起源をもっていると主張したそれらの現代の歴史家--オーストリア人であるかどうかにかかわらずイスラエル人またはポーランド語--のために、前の章の中で提出された証拠は強いケースになっています。



ユダヤ人移住の主流は東にフランスとドイツを横断して地中海から流出しなかったし、それから再びバックしません。



ストリームはポーランドの中と中欧のそれゆえウクライナの中を通るコーカサス山脈から一貫して西寄りの方向に進みました。



When that unprecedented mass settlement in Poland came into being, there were simply not enough Jews around in the west to account for it, while in the east a whole nation was on the move to new frontiers・( page 179, page 180).





"The Jews of our times fall into two main divisions: Sephardim and Ashkenazim. The Sephardim are descendants of the Jews who since antiquity had lived in Spain (in Hebrew Sepharad) until they were expelled at the end of the fifteenth century and settled in the countries bordering the Mediterranean, the Balkans, and to a lesser extent in Western Europe. They spoke a Spanish-Hebrew dialect, Ladino, and preserved their own traditions and religious rites. In the 1960s, the number of Sephardim was estimated at 500000.





The Ashkenazim, at the same period, numbered about eleven million. Thus, in common parlance, Jew is practically synonymous with Ashkenazi Jew."



ポーランドののその先例のない大量の和解が生まれたときに、東で、国家全体がニューフロンティア・(179ページ、180ページ)への動きにあり、十分なユダヤ人がそれを占めるために西のまわりにいませんでした。



「私達の時のユダヤ人は2つの主要な部門に陥ります:」



セファルディムとアシュケナジム。



セファルディムは、古代以来、それらが15世紀の終わりに吐き出されて、地中海、バルカン諸国と接している国に、そして西ヨーロッパのより小さな範囲まで落ち着くまで、スペイン(ヘブライ人セパラデの)に住んでいたユダヤ人の子孫です。



彼らはスペインヘブライ人方言、ラディーノを話し、彼ら自身の伝統と宗教上の儀式を守りました。



1960年代に、セファルディムの数は500000人と見積もられていました。



アシュケナジムは、同じ期間に、約1100万人を数えました。



「従って、普通の言い方で、ユダヤ人はアシュケナジ・ユダヤ人と事実上同義です」。



In Mr. Koestler's own words, "The story of the Khazar Empire, as it slowly emerges from the past, begins to look like the most cruel hoax which history has ever perpetrated."





As expected, "The Thirteenth Tribe" caused a stir when published in 1976, since it demolishes ancient racial and ethnic dogmas... At the height of the controversy in 1983, the lifeless bodies of Arthur Koestler and his wife were found in their London home.





Despite significant inconsistencies, the police ruled their death a suicide...





ケストラーさん自身の言葉において、「ハザル族帝国の話は、それがゆっくり過去から出現するので、歴史がこれまでに行ったことがある最も残酷なデマのように見えはじめます」。



予期されているように、それが古代の人種と民族の教義を取り払うので、「13番目の種族」は1976年に出版される時に物議をかもしました…



1983年の議論の真っ盛りに、アーサー・ケストラーと彼の妻の死体は彼らのロンドン家で発見されました。



重要な矛盾にもかかわらず、警察は彼らの死を自殺と判定しました…







若干蛇足







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■読むの大変(^_^;)

この記事のモバイル検閲は「自殺」というキーワードが引っかかっています。

2 ■ありゃま・。

18才禁止になってるのだ・。( ̄▽+ ̄*)
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR