FC2ブログ

地球温暖化詐欺の行き着く先の新世界秩序



若干蛇足


British NGO Forecasts Five Brave New World Scenarios Set In 2030

英国NGOは2030年にセットされた5つのすばらしい新世界シナリオを予測します。

By Amy de Miceli


The propagandists are working overtime to fear the public into submitting to their global warming threats.

宣伝者は、彼らの地球温暖化脅威に服従する中に一般大衆を恐れるために時間外に働いています。

The main stream media is reporting on what the world will be like in 22 years based on a fictitious account, made up by a non-governmental organization know as, Forum For the Future. A self proclaimed, “charity committed to sustainable development” working on behalf of big business. The 76 page report titled Climate Futures A Response To Climate Change in 2030, was created in collaboration with Hewlett Packard Labs.


主流メディアは、世界が架空の報告に基づく22年でどのようなものになるかを報道して、NGOによって作られる事を知っています。

メディア自身は大企業のために作動している「持続可能な開発を約束した援助物資」と宣言しました。

76ページのリポートは気候先物に2030年の気候変動への反応というタイトルを付けて、ヒューレット・パッカード社ラボとの協力において作成されました。

They outline five possible scenarios of what type of brave new world hell we could be living in by the year 2030; efficiency first, service transformation, redefining progress, environmental war economy and protectionist world. Each one has its own timeline, a make believe “history” with wide array of things that may occur between 2009 and 2030 if we don’t start making globalwarmingour number one priority, they include:

彼らは、私達が2030年までにどんなタイプのすばらしい新世界地獄に住んでいるかもしれないかの5つの可能なシナリオを概説します;

効率一番、サービス変化、再定義進歩、環境の戦争経済、および保護貿易主義の世界。

もし私達が政界温暖化を優先順位の1番に作り始めず、それ自身の年表、制作に、2009から2030まで起こるかもしれない物の広い配列によって「歴史」を信じさせます:

Artificially-grown flesh, to feed hundreds of millions, cars run on batteries, microwave weapons deterring hurricanes, a supercomputer named ALF-8; making predictions, a global recession and global taxes, and “bionic games” in California. The middle class is destroyed all over the world, water shortages, food shortages, starvation, the rise of India and China, the fall of America, Russia freezing out Europe, and virtual Olympics. A suicide epidemic in the US because of an economic depression, 2020- the first year of no winter in the northern hemisphere, famine in south east Asia, 400 dollar a barrel oil, heat wave in Europe kills 200 000 and denying climate change is a thought crime and conviction gets you deported to an international convict settlement.

人工的に成長した何億の肉の供給、バッテリーで動く車、ハリケーンを阻止するマイクロ波武器、ALF-8という名前をつけられるスーパーコンピュータ;カリフォルニアで予測(世界的不況と世界的な税)と「生物工学的なゲーム」を作ること。中流階級は世界で水不足、食物不足、飢餓、インドと中国の高まり、アメリカの没落、ヨーロッパを締め出しているロシアと仮想オリンピック中で滅ぼされます。経済不況、北の半球の冬の最初の年2020年、南東部のアジアの飢饉、石油1バレルが400ドルのため、米国の自殺流行、ヨーロッパの熱波は200 000人を殺します、そして、気候変動を否定することは思案犯罪です、そして、確信はあなたを国際的な囚人和解に追放させます。

A very Brave New World indeed.


The press describes Climate Futures as “sketches of …social consequences from today’s global warming crisis” that are based on “studies and consultations with…climate-change specialists.” A stretch from the description found on page 29, where the NGO describes it’s own scenarios as “stories, fictions…to provide a tool for the future” (emphasis added). In an attempt to misrepresent the story, the press rattles off a few intimidating quotes, and label them as part of the “study” :

実にすばらしい新世界。

プレスは気候先物をそれ"と評します それのスケッチ …

「…によって研究と相談」に基づく「今日の地球温暖化危機からの社会的な影響」

説明からの「気候変動専門家」A.ストレッチが29ページに書いたNGOが説明する所で、それは「話、フィクション…」として彼自身のシナリオです。

「未来のためにツールを提供します」(追加された強調)。

話(少しの威嚇引用文からのプレスから)を誤り伝えて「研究」の一部としてそれらをラベルを付けて分類する試みにおいて:

“NATO is ready to go to war if necessary to enforce the 2020 Beijing Climate Change Agreement, and water shortages have already forced the abandonment of Central Australia and Oklahoma,”


“Booming mega-cities are only just managing to cope and fuel poverty is a huge problem.”


“After a decade-long global depression following the 2008 crash, governments keep a tight regulatory hand on the economy and encourage citizens to put greater priority on quality of life than making money.”


“Civil liberties have been stripped away. You need a licence to have children in some countries, and if you go over your household energy quota the carbon monitor will turn off your appliances,” this scenario suggests.


“Cyber-terrorists operating from safe havens in failed states have already bankrupted two multinationals. Action to mitigate climate change is all but abandoned.”


The Climate Futures report is a factually bankrupt fairytale that the main stream media is posing to readers as some kind of legitimate analysis. This is nothing more than another load of propaganda to serve the global elite, and their ultimate goal of depopulation. They want us to walk into our slavery willingly, and be culled with little resistance. We can no longer allow these NGO’s and think tanks shape our future, with their man made global warming bullshit, do not go willingly, seek the truth, strip them of their lies.


「NATOは、必要なら2020年の北京気候変動協定を実施するために戦争に行く用意ができていて、水不足はすでにセントラルオーストラリアとオクラホマの放棄を強制しました」

「ブームの巨大都市は、かろうじてどうにかして対処し、燃料不足は大きな問題です」。

「2008年の衝突に続く10年に及ぶ世界的な不況の後に、政府は経済上のきつい規制の手を保持し、金儲けするより大きなプライオリティを生活の質に置くように市民に勧めています」。

「市民的自由は剥ぎ取られています」。

「いくつかの国に子供を持つために、あなたはライセンスが必要で、あなたがあなたの家庭のエネルギー割当てを入念に調べるならば、炭素モニタはあなたの器具を消すでしょう」をこのシナリオは示唆します。

「故障状態における避難所から働いているサイバーテロリストはすでに2つの多国籍企業を倒産させました」。

「気候変動を和らげる提訴はほぼやめられています」。

気候先物リポートは、本流メディアがある種類の合法な分析としてリーダに提出している事実として倒産したおとぎ話です。

これは、グローバルなエリートに出す宣伝の別のロードと彼らの人口減少の最終目的にすぎません。

彼らは私達に、進んで私達の奴隷制度の中に入って行き、ほとんど抵抗なしに選ばれてほしいと思う。

私達はもう、それらの人造の地球温暖化をだます状態で私達の将来をこれらのNGOとシンクタンクの形に与えることができず、進んで行かず、真実を捜し、それらからそれらの嘘を取り除きます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR