FC2ブログ

中川(さの酔い良い・・)

ろれつ回らず泥酔?中川財務相の醜態世界に発信

 中川昭一財務・金融担当相が14日(日本時間15日)、イタリア・ローマで行われていた
先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の閉幕後に記者会見を行った。
成果を強調するはずの会見にもかかわらず、中川氏の表情はどこかうつろで、回答も要領を得ずしどろもどろ状態。
外国メディアの記者らからは「居眠り?」「深酒?」と疑われる始末だった。

 「きのう夜からG7の、あの~、会合を…、まあ、実質的にはきょうれすけれども、やりまして。
あの、共同宣言みたいなものが出ました」。赤ら顔にうつろな目、ろれつは回らない状態で会見に臨んだ中川氏。
「アメリカの対策も一応、せつめ、説明を受けましたし…」。言葉尻は不明
たいなものが出ました」。赤ら顔にうつろな目、ろれつは回らない状態で会見に臨んだ中川氏。
「アメリカの対策も一応、せつめ、説明を受けましたし…」。言葉尻は不明瞭で聞き取れないほどだった。

 会見の後半には、支離滅裂ぶりはさらにエスカレート。
記者からの質問を聞く最中には、まぶたも半分下がり気味で今にも寝てしまいそうな感じ。
そうかと思えば、隣に座っていた日銀の白川方明総裁へ向けられた「今後の展望をお聞きしたい」との質問にも、
いきなり「な、何?もう一度言って」と横やりを入れる始末。その後も「あの~、ふう~」と深いため息をついたり
「これからの状況に向かっての…(約10秒沈黙)G20の…」と意味不明の発言が続いた。
同行した財務省関係者も「今まで見た中で一番ひどかった」という“醜態”ぶりは、
AP通信を通じて全世界に配信されてしまった。

 中川氏といえば永田町でも「政界きっての酒豪」「酒癖が悪い」として知られており、
過去には二日酔いの充血した目で記者会見に臨んだこともある。
「武勇伝は数多くある」(関係者)という酒好きだ。また、最近では先月28日の衆院本会議での財政演説で
「歳入」を「歳出」、「金融危機の渦中」を「うずちゅう」と読
かと思えば、隣に座っていた日銀の白川方明総裁へ向けられた「今後の展望をお聞きしたい」との質問にも、
いきなり「な、何?もう一度言って」と横やりを入れる始末。その後も「あの~、ふう~」と深いため息をついたり
「これからの状況に向かっての…(約10秒沈黙)G20の…」と意味不明の発言が続いた。
同行した財務省関係者も「今まで見た中で一番ひどかった」という“醜態”ぶりは、
AP通信を通じて全世界に配信されてしまった。

 中川氏といえば永田町でも「政界きっての酒豪」「酒癖が悪い」として知られており、
過去には二日酔いの充血した目で記者会見に臨んだこともある。
「武勇伝は数多くある」(関係者)という酒好きだ。また、最近では先月28日の衆院本会議での財政演説で
「歳入」を「歳出」、「金融危機の渦中」を「うずちゅう」と読み間違え問題となったばかり。

 中川氏は16日には衆院の財務金融委員会で答弁に立つ予定になっており、
なり「な、何?もう一度言って」と横やりを入れる始末。その後も「あの~、ふう~」と深いため息をついたり
「これからの状況に向かっての…(約10秒沈黙)G20の…」と意味不明の発言が続いた。
同行した財務省関係者も「今まで見た中で一番ひどかった」という“醜態”ぶりは、
AP通信を通じて全世界に配信されてしまった。

 中川氏といえば永田町でも「政界きっての酒豪」「酒癖が悪い」として知られており、
過去には二日酔いの充血した目で記者会見に臨んだこともある。
「武勇伝は数多くある」(関係者)という酒好きだ。また、最近では先月28日の衆院本会議での財政演説で
「歳入」を「歳出」、「金融危機の渦中」を「うずちゅう」と読み間違え問題となったばかり。

 中川氏は16日には衆院の財務金融委員会で答弁に立つ予定になっており、
自民党関係者は「野党側にまた突っ込みどころを与えてしまった」と頭を抱えている。

 
スポニチ http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/02/16/01.html
前スレ http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1234735652/


中川

体調が優れないのか、時折ろれつの回らない口調がみられた。時差ぼけの影響か、疲労によるものか原因は不明だが、初めて目に したイタリア人の政府職員からは「彼はどうしたんだ」という声が 聞かれた。

蛇足
中央銀行と財務相の先進国会議自体が国際金融資本家の支配システムなのだから、茶番にしろ本気にしろ世界に「こんなもん・・」と軽く扱える中川氏は偉い・・。
もうそろそろ支配層の装置はいらんし、国際金融資本家の軛を脱し、各国は借金ではない政府紙幣の発行をすべし・いい兆候だ・。ァフォな野党は支配層の道具だとわかる・。


なめ猫氏のブログhttp://genyosya.blog16.fc2.com/
G7での中川大臣のアメリカのご都合主義への牽制はまったく日本で報道されていません。

他国は自由化を要求しながら、自国は保護したり手前勝手なアメリカに対して日本は堂々とノーをいったのですが、マスコミは全く報じない

くだらないことにばかり注目が集まる。そしてこの不況の中、政治家は怠慢だというイメージが作り上げられていく。街頭インタビューでもそういう答え、マスコミにとって期待される答えしか報道されない。

随行していた役人は大臣の体の不調に気がつかなかったのか。マスコミもそのまま何もいわなかった。これは、中川大臣を追い落とし、政権を揺さぶろうという連中の意図的な動きだったのだろう。

私たちにとって大事な方がまたもや要職から外れました。

イタリアの地元紙はちゃんと日本もアメリカに懸念を示したことが報じられているのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090215-00000106-nna-int


【イタリア】伊メディアのG7論調:日本が保護主義けん制の先頭に立つと高評価

2月15日4時51分配信 NNA

 イタリア・ローマで開かれた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議(G7)が14日閉幕し、世界経済と金融市場の安定化が最優先の課題であるという共同声明が採択された。世界不況の厳しい情勢を踏まえた、この2日間の討議では、財政悪化や保護主義に対する懸念が表明され、声明には、経済成長と雇用拡大の促進を目指す方針が盛り込まれた。

 議長国イタリアの主要メディアは、Il Sole 24 Ore紙が一面で「世界不況の深刻化」の見出しで記事を掲載、ジュリオ・トレモンティ伊財務省が会合前に提案した「市場の新しい規制監督の必要性」を取り上げている。また、La Repubblica紙も「反保護主義の認識」に焦点を当てている。

地元メディアのAnsa通信は、イタリアと同様、対米輸出に大きく依存している日本が先頭に立って、G7各国の間で保護主義的な動きに走ることがないよう牽制する姿勢に注目。

La Repubblica紙とIl Giornale紙も、イタリア首脳は国内産業を過剰に守る動きに反対することを明確に表明し、米国の自国製品の優先購入を規定した「バイ・アメリカン」条項やフランスの自動車の本国生産を唱えた業界支援策を批判的に報道している。

 また、世界最大の経済大国である米国に対して、マリオ・ドラーギ伊中央銀行総裁は、「金融緩和や公的資本注入に関しては、例外的な取り組みを示しているが、ヨーロッパに比べて、アメリカは景気刺激策で遅れを取っている」(Daw Jones通信)と指摘している。

 4月にロンドンで開催されるG20会合に向けて、ドラーギ総裁は、「金融安定フォーラム(FSF)は、増資や厳密な管理体制などを中心に協議するよう提案、銀行の監督規制基準を設定する必要性を強調している(Il Corriere della Sera紙とIl Sole 24 ore紙)。

 今年末まで、日欧米では戦後最悪のマイナス成長が続く見通しの中で、どれだけ具体的な対策に踏み込めるか、景気回復に向けてG7各国の協調性が試されるときだ。

 山盛菜々子(ミラノ在住ジャーナリスト)




クラブジーワン
http://eagle-hit.com/kyokou/post-426.html
各社新聞やニュース報道は、一斉に中川財務相を非難する論調で、「日本の恥をさらした」などと野党からは罷免の声、海外メディアからも「眠ければエスプレッソ」などと皮肉られている。

私はこれらの報道の一報を聞いたとき、ある不自然さを感じた。本当に風邪薬や飲酒なのだろうか? G7という重大な場である。それは政治の素人である我々の想像以上に気を使う政治のプロである。それがなぜ、世界中に報道されるあの場で...。百歩譲って、飲んだとしても、飲むだけの理由があったのではないか、重大な場であるという意識を吹っ飛ばす...。

そう、中川財務・金融相は、ある事実を知り、

   恐怖と動揺で狼狽えていたのである!

飲んでいたのは安定剤の可能性がある。そこにアルコールが入ったかもしれない。
呂律がまわらなかったのもそのためだ。
とにかく、飲まずに居られないほど、震撼する情報をローマに来てから知らされたのだ!
(白川日銀総裁は、事前に知っていたと思われる。また、中川財務・金融相の進退問題は全く違う次元で仕組まれていること、開催地がローマであることは、ここでは触れない)

では、その恐怖を覚えるほどの驚愕の内容とは何なのだろか?
私が収集した情報によると、表向きの発表とは全く違う内容が話されていた。

それは、次なる金融サミット・G20への布石であるが、まるで悪夢のような話だった。
「世界の中央銀行を事実上、清算(破綻)させ、世界の通貨価値を無くす!」
「これにより、世界中の10京円超の負債を棒引き(チャラ)にする!」
日本で言えば、日銀(民間企業)を事実上、破綻させ、日銀券を紙屑にしてしまうという計画である。
そして、その計画の遠望にあるのは「世界統一通貨の発行」である。

では、我々はその時、一体どうすればよいのか?
むろん、私には想定内のことである。
後日、その対策を開示しよう!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR