FC2ブログ

第二次世界大戦とは何だったのか?

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi


平成十七年(二〇〇五年)十二月五日(月)

(第一千五百十四回)


○十二月中旬刊

 ジョセフ・マッカーシー上院議員著

 「共産中国はアメリカがつくった-騙された東アジア、翻弄された日本-」

  成甲書房、本原俊裕 訳 

       監修解説 副島隆彦


○この邦訳本は、

 マッカーシー米上院議員の著作の、日本で始めての翻訳である。


○マッカーシー上院議員が、米国上院で行った演説、討論を集めた著作が

 米国で発行されて居るが、


○一九五一年六月十四日、

 米上院でマッカーシーが行った、マーシャル陸軍元帥弾劾の大演説の記録は、

 前述の演説集の中で最長のものである。


○このマーシャル弾劾演説は、一冊の単行本としても発行されて居り、

 半世紀後の現在でも、米国内で古本が容易に入手できる。


○日本人は、マッカーシー上院議員が、米国政治の表舞台に登場した

 一九五〇年以降今日まで、


○一方的に、イルミナティサタニスト世界権力とその手先たちによる、

 マッカーシーに対する誹謗中傷、悪罵のみを刷り込まれて来た。


○米国史上、恐らくマッカーシーほど長期に、

 全マスコミ、全政界、全エスタブリッシュメントによって、人格殺害的破壊

 的キャンペーンの対象と成った公人は、他に一人も存在しないであろう。


○本書は、日本民族の前に始めて出現する、マッカーシー自身のことばである。


○マッカーシー上院議員はここで、ジョージ・C・マーシャル陸軍元帥を、

 事実上、米国を裏切ってソ連共産陣営に多大な利益を与えた売国奴、と

 して告発する構えを示して居る。


○これは当時の米国に於て、大いなる勇気を要する発言である。


○マーシャルは、F・D・ルーズベルトの首席補佐官格のホプキンス、及び、

 F・D・ルーズベルト体制に於て、決定的に重要な役割を果したエレノア・

 ルーズベルト夫人と、


○この二人に認められ、

 

 一九三九年、米陸軍参謀総長に。

 そして戦時中、米陸軍元帥、

 一九四五年秋まで、参謀総長の位にあり、

 一九四六年、トルーマン大統領の特使として中国に派遣され、


○それから、米国務長官(次官は三百人委員会のアチソン)、


○次に米国防長官。


○かくの如き経歴を持つG・C・マーシャル元帥を俎上に乗せて、


○マッカーシーは、


○縦横無尽に、共産勢力のエージェントそのものの如きその売国奴ぶりを

 斬った。


○G・C・マーシャルは、共産党員でもなければ、共産主義同調者でもなく、

 共産陣営の工作員でもない。


○マーシャルは、共産陣営のその上に位置するイルミナティサタニスト世界

 権力の奥の院に直結する工作員、政治軍人であった。


○日本人は、フォレスタル、マッカーシー、この二人の真価を深く理解しな

 い限り、戦後はもちろん、第二次世界大戦そのものについて、その意味が

 皆目分らないままであろう。


 (了)


【注】


○ホプキンスは、ジョン・コールマン博士によれば、三百人委員会の超有能

 な工作員の一人、と評価されて居る。





Anti-Communism ジョセフ・マッカーシー上院議員

McCarthy brandishing one of his lists.

From 1950 to 1953 , McCarthy continued to press his accusations that the government was failing to deal with Communism within its ranks, which increased his approval rating and gained him a powerful national following. His finances were investigated by a Senate panel in 1952 ; its report cited questionable behavior in his campaigns and irregularities in his finances, but found no grounds for legal action. He married Jean Kerr, a researcher in his office, on September 29, 1953.


McCarthy's charges of "Communist influences" within the government probably aided the Republican Party's fortunes in the 1952 elections; it is probable that the defeat of more than one Democratic candidate for national office in 1952 was due at least in part to accusations against him by McCarthy. The party leadership, recognizing his immense popularity and his value as a stick with which to beat liberal Democrats, appointed him chairman of the Senate Permanent Subcommittee on Investigations . His unreliability and evasiveness, however, meant he was never completely trusted by the party (and particularly by President Dwight Eisenhower , who once said privately that he didn't "want to get into a pissing contest with that skunk!") One of McCarthy's higher-profile targets was General George C. Marshall . McCarthy and Senator William Jenner of Indiana accused Marshall of treason . Eisenhower wrote a speech in which he included a spirited defense of General Marshall, but he was later convinced to remove this passage. Truman turned bitterly against Eisenhower because of this, calling Eisenhower a coward because he owed his career to General Marshall.


McCarthy's committee, unlike the House Committee on Un-American Activities and the Senate Internal Security Subcommittee , focused on government institutions. It first made an investigation into bureaucracy at Voice of America , then forced the withdrawal of supposedly pro-Communist literature from the State Department's overseas information library. Meanwhile, McCarthy continued to make accusations of Communist influence within the government. This angered Eisenhower, who, while not criticizing the popular Senator publicly, began behind-the-scenes work to remove him from his position of influence.


Several noted persons resigned from the committee fairly early into McCarthy's administration of it. These resignations led to the appointment of one "B. Matthews" as executive director of the board. Matthews was a former member of several "Communist-front" organizations, in which he claimed to have joined more than any other American. However, when he fell out of favor with the radical groups of the 1930s , he became a fervent anti-Communist . Matthews was an ordained Methodist minister and was therefore often referred to as a "Dr. Matthews," although he held no degree. Matthews later resigned due to his portrayal of Communist sympathies among the nation's Protestant clergy in a paper called "Reds in Our Churches ," which outraged several Senators. Through this critical period, however, McCarthy maintained control of the subcommittee and of whom it employed or chose not to. This course of action resulted in several more resignations.



1950年 から1953年 マッカーシーは、政府が内部にいる共産主義者を扱うことに失敗しているという非難をし続けたが、一方で彼が一夜でスターダムにのしあがったことは、力ある国民的追随者とかなりの収入を得ることになった。彼の収入は上院の委員団により調査され、その結果、彼のキャンペーンにおける問題ある行動と財政的な不正行為が明らかとなったが、法律的行動に出るための根拠を見つけられなかった。彼は彼の事務所の調査員であるジーン・ケールと1953年 9月29日 に結婚した。


1953年 における共和党の選挙勝利には彼の攻撃が助けとなった。敗北した民主党候補者の内、最低でも一人は、マッカーシーによる非難に原因の一端がある。選挙勝利後、党の指導者は彼の人気の大きさをリベラルな民主党員を攻撃するための武器と認め、彼を上院政府活動委員会常設調査小委員会の委員長に任命した。しかし彼が信頼できないところ、及び言い逃れしようとするところは、決して党により完全には信用されていないことを意味した(特にドワイト・D・アイゼンハワー 大統領 に)。


彼の委員会は、下院非米活動調査委員会と上院内部安全小委員会とは異なって、政府機関に焦点を合わせた。それは最初「アメリカの声 」の官僚 組織への調査を行い、そして国務省の海外情報図書館から親共産主義的文献と考えられるものを強制排除させた。その内マッカーシーは、政府内部における共産主義者の影響への非難を始めた。今や政権は共和党の手にあるにも拘わらず、である。これはアイゼンハワーを怒らせた。彼は今も続いている人気からマッカーシーに公然と反対しようとはしなかったが、しかし今やマッカーシーを危険なルーズ・キャノン(自分勝手で信頼できない人物)と考え、彼を影響力ある位置から引き離すために、舞台の裏で仕事を始めた。


マッカーシーは、ジョン・ホプキンス大学 の教授であるオーエン・ラティモア を合衆国におけるソビエト のNo.1スパイだとして告発した。



ジョージC.マーシャル将軍


第2次世界大戦 勃発によって1939年 には少将 となり、フランクリン・ルーズヴェルト 大統領より第15代陸軍参謀総長に指名される。参謀総長就任にともない、あわせて大将 に昇進。ヨーロッパ侵攻作戦 の作戦計画を指導し、これを成功に導いた。1943年 には、タイム誌 の「マン・オブ・ジ・イヤー」にも選ばれている。1944年12月、元帥 となり、1945年 には陸軍参謀総長の職を辞して軍を退いた。


1947年 、国務長官 に就任。同年6月5日 にハーバード大学 で講演し、後に「マーシャルプラン 」として知られるようになるヨーロッパ復興計画の概略を発表した。1949年 、国務省 を退き、アメリカ赤十字社 総裁に就任。1950年 には国防長官 となるが、翌年辞任し、公務を引退した。マーシャルプランの立案・実行により、1953年 にはノーベル平和賞 を受賞。1959年 に死去した。



GENERAL GEORGE C. MARSHALL,
COMMUNIST

George Catlett Marshall (1888-1959) was a failed Army man starting in 1902 until 1933 when he came under the protective wings of KGB "Agent 19" Harry Hopkins and pinko Eleanor Roosevelt. In 1933 he was promoted to Colonel. In 1939 he was appointed Chief of Staff and four-star General of the Army over more than 400 hundred more qualified and senior individuals.


Marshall was deeply involved in the treason at Pearl Harbor and is the person who committed the most massive perjury about it and was the primary person responsible for ordering the destruction of Army documents concerning it (See John Toland's Infamy, 1982).

Marshall's order of October 18, 1941, to MacArthur to fight on the beaches was the basis for sacrificing 31,095 Americans at Bataan.

Marshall allowed Karl Marx to win the war. Marshall was largely responsible for the incompetent handling of the war including the second front, lack of fuel to Patton, the failure to take Berlin and Prague. See the brilliant Retreat From Victory by Senator Joseph McCarthy, Devin-Adair, 1951.

Marshall was a primary advisor to FDR during the treason at Yalta. He advised giving all concessions to Russia so it would enter the war against Japan after we had done all the dirty work. See Kubek pages 134 and 140.

Aid to the Communist takeover of China. After FDR, Marshall was the man most responsible for giving China to the Communists. Truman sent Marshall on a mission to China November 27, 1945. This mission was "one of the major factors contributing to the Red conquest of that nation" (Kubek, page 323). Marshall had been the person who appointed the American Communist General Stillwell to be Chiang Kai-Shek's Chief of Staff. Marshall favored a coalition government giving Communists power and enforced an embargo against the Nationalists. The net result of Marshall's 15 month mission was summed up in this sober epitaph by General Chennault: "The trend of a gradually stronger central government was reversed and the military balance shifted again in favor of the Chinese Communists" (page 343, How the Far East Was Lost, Dr. Anthony Kubek, 1963). When Marshall went to China the Communists had 300,000 badly equipped troops confined to a small area of China. He left them as 2,000,000 well equipped troops.

Truman appointed Marshall Secretary of State 1947-1949. His first order of business was to engineer the firing of anti-Communists like J. Anthony Panuch from the State Department. Communist agents flourished.

On June 5, 1947, at the Harvard Commencement he announced the "Marshall Plan" which was aid to developing countries. At the time this was the primary directive of Stalin to the Communist Party, USA - to get the U.S. to give aid to developing countries. By having Communist agents at the State Department direct the aid, the Soviet Union was able to conserve its resources while achieving all of its objectives. Marshall was Stalin's tool.


ジョージC.マーシャル将軍 共産主義者

--------------------------------------------------------------------------------

ジョージ・マーシャル(1888-1959)は、彼がKGB「エージェント19」ハリー・ホプキンズとエレナー・ローズヴェルト共産主義者の保護する党派の管轄にあった時に1933年まで1902年に出発する失敗した軍隊人であった。

1933年に、彼は大佐に昇進した。

1939年に、彼はもっと有資格であった400より多くの百とシニアの個人の上で陸参謀総長と四つ星の陸軍元帥に任命された。

マーシャルは真珠湾で反逆罪に深く関わっていて、それについて最も大規模な偽証を犯し、それ(1982年のジョン・トーランドの悪評を見なさい)について軍隊文書の破壊を注文することについて責任がある主要な人であった人である。

ビーチの上で戦うマッカーサーへのマーシャルの1941年10月18日の注文は、バターンで31,095人のアメリカ人を犠牲にするための基礎であった。

マーシャルは、カール・マルクスが戦争に勝つことを可能にした。

マーシャルは、主として、2番目の正面、パットンへの燃料の不足、ベルリンにかかる失敗、およびプラハを含む戦争の無能力な取り扱いに責任があった。

1951年ジョセフ・マッカーシー上院議員による勝利からの見事な退却を見なさい、Devinアデア。

マーシャルはヤルタで反逆罪の間FDRへの主要なアドバイザーであった。

私達がすべての汚い仕事をした後に、それが日本に対する戦争に入るであろうように、彼は、すべての譲歩をロシアに与えるように勧めた。

Kubek134と140ページを見なさい。

中国の共産主義の乗っ取りに援助しなさい。

FDRの後で、マーシャルは、中国を共産主義者に与えることについてとても責任がある人であった。

トルーマンは1945年11月27日中国に任務においてマーシャルを派遣した。

この任務は「その国家の赤い戦利品に寄付している主要なファクターの1つ」(Kubek、323ページ)であった。

マーシャルは、アメリカ共産主義将軍Stillwellに、蒋カイShekの陸参謀総長であるように命じた人であった。

マーシャルは共産主義者に権限を与えている連立政府に賛成していて、国家主義者に対して出入港禁止命令を強制した。

マーシャルの15ヶ月の任務の正味残額はこのまともな碑銘の中でシェンノールト将軍によって合計された:

「徐々により強い中央政府の傾向は逆転されて、軍事的均衡は中国共産主義者に有利に再び変わった」(どんなに、極東は343ページ1963年失われたのか、アンソニーKubek博士)。

マーシャルが中国に行った時に、共産主義者は中国の小さなエリアに閉じ込められた300,000のひどく装備されている軍を持っていた。

彼は2,000,000のよく装備されている軍として彼らと別れた。

トルーマンは1947年-1949年マーシャル国務長官を任命した。

彼の最初の課題は、国務省からJ.アンソニーPanuchのように反共産主義者の射撃をたくらむことになっていた。

共産主義のエージェントは茂った。

1947年6月5日に、ハーバード大学の学位授与式で、彼は、開発途上国への援助であった「マーシャル・プラン」を発表した。

その時、これは共産党、米国にスターリンの主要な指令であった - 米国に、援助を開発途上国に与えさせるには。

国務省の共産主義のエージェントに援助を指示させることによって、その目的のすべてを達成する間に、ソビエト連邦は、その資源を保存することができた。

マーシャルはスターリンのツール(工作員)
であった。

マーシャル陸軍元帥


蛇足

1930年代のアメリカは共産主義者の大統領を初め、多くをコミュニストが占めていた。その中で、陸軍は特にルーズベルト大統領の意のままに動く、駒であった。イルミナティの世界2重支配体制構築という命題にとっては、共産主義に協力して2つの世界体制を作る事が、第二次大戦の本命ではなかったのか?共産ソ連を助け、共産中国を作る事がアメリカの中枢部で練られた戦略であった。それに異を唱えた海軍のフォレスタル、政治マッカシー、陸軍マッカーサー。は消されたり、退けられたのであろう。

日本はただ世界新秩序構築にとって邪魔な存在であり、抹殺の対象なのであろう。戦争を短期に終了させる戦略の日本海軍などは大嘘か馬鹿の集まりである。売国奴により利用されたのか、その仲間だったのであろう。現在の中共政権のルーツは共産ソ連とイルミナティアメリカの合作で成立した(マーシャルが30万の貧弱な中共軍を200万の精強軍に変えた。莫大な軍需品と予算と人材で)。それにも闇の13家系の結びつきを考えねばならないでしょうが・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR