FC2ブログ

NWOの道筋は不透明

The world must forge a new order

世界は新しい秩序を作り上げなければなりません。




若干蛇足



Henry Kissinger ヘンリー・キッシンジャー

As the new US administration prepares to take office amid grave financial and international crises, it may seem counterintuitive to argue that the very unsettled nature of the international system generates a unique opportunity for creative diplomacy.

That opportunity involves a seeming contradiction. On one level, the financial collapse represents a major blow to the standing of the United States. While American political judgments have often proved controversial, the American prescription for a world financial order has generally been unchallenged. Now disillusionment with the United States’ management of it is widespread.

At the same time, the magnitude of the debacle makes it impossible for the rest of the world to shelter any longer behind American predominance or American failings. Every country will have to reassess its own contribution to the prevailing crisis. Each will seek to make itself independent, to the greatest possible degree, of the conditions that produced the collapse; at the same time, each will be obliged to face the reality that its dilemmas can be mastered only by common action.

新しい米国管理が、重要で、国際的な金融恐慌の中央で就任することを準備する時に、国際的なシステムの非常に不安定な性質が、創造的外交のためのめったにないチャンスを発生させると主張することは反直観的であるかもしれません。

その機会は表面的な否定に関係しています。

1つレベルの上で、金融崩壊は主要な打撃を米国存立を説明します。

アメリカの政治的な判断がしばしば物議を醸したのに対して、世界金融秩序のためのアメリカの処方箋は一般に挑戦されなかった。

さて、その米国の経営に対する幻滅は広範囲に及んでいます。

同時に、破壊のマグニチュードは、世界の残りがアメリカの支配またはアメリカの欠点の後ろでさらに避難することを不可能にします。

すべての国は、優勢な危機へのそれ自身の寄与を再評価する必要があるでしょう。

それぞれは、崩壊を引き起こした条件のできる限り大きな役割に自身を独立にすることに努めるでしょう;

同時に、それぞれは、その難問題が共通の行動によってだけマスターされることができるという現実に直面することを義務づけられるでしょう。

Even the most affluent countries will confront shrinking resources. Each will have to redefine its national priorities. An international order will emerge if a system of compatible priorities comes into being. It will fragment disastrously if the various priorities cannot be reconciled.

The nadir of the international financial system coincides with simultaneous political crises around the globe. Never have so many transformations occurred at the same time in so many different parts of the world and been made accessible via instantaneous communication. The alternative to a new international order is chaos.

最も豊富な国でさえ減少する資源に立ち向かうでしょう。

それぞれは、その国家的優先課題を再定義する必要があるでしょう。

互換の優先事項のシステムが発生するならば、国際的な秩序は明らかになるでしょう。

様々な優先事項が調和することができないならば、それは悲惨にも粉々になるでしょう。

国際金融システムの天底は世界中で同時の政治的な危機と一致します。

決して、そんなに多くの変化は世界の多くの様々な地域で同時に存在していて、瞬時通信経由でアクセス可能にされたことがありません。

新しい国際的な秩序への代案はカオスです。

The financial and political crises are, in fact, closely related partly because, during the period of economic exuberance, a gap had opened up between the economic and the political organisation of the world. The economic world has been globalised. Its institutions have a global reach and have operated by maxims that assumed a self-regulating global market. The financial collapse exposed the mirage. It made evident the absence of global institutions to cushion the shock and to reverse the trend. Inevitably, when the affected publics turned to their political institutions, these were driven principally by domestic politics, not considerations of world order. Every major country has attempted to solve its immediate problems essentially on its own and to defer common action to a later, less crisis-driven point.

一つには、経済の横溢の期間に、ギャップが世界の経済のものと政治団体の間で開けたという理由で政治的な金融恐慌は実のところ密接に関連しています。

経済界は国際化されています。

その組織はグローバルに届く範囲を持っていて、自動調節の世界市場を仮定した格言によって動作しました。

金融崩壊は蜃気楼を露出しました。

ショックを和らげるためと傾向を逆転するために、それはグローバルな組織の不在を明らかにしました。

必然的に、影響された政府がそれらの政治制度に変った時に、これらは主として世界秩序の考慮ではなく国内の政治によって動かされました。

すべての主要な国は、それ自身で本質的にその差し迫った問題を解決し、共通の行動を後の方で、危機より主導でない時点に延期することを試みました。


So-called rescue packages have emerged on a piecemeal national basis, generally by substituting seemingly unlimited governmental credit for the domestic credit that produced the debacle in the first place, so far without achieving more than stemming incipient panic. International order will not come about either in the political or economic field until there emerge general rules toward which countries can orient themselves.

In the end, the political and economic systems can be harmonised in only one of two ways: by creating an international political regulatory system with the same reach as that of the economic world; or by shrinking the economic units to a size manageable by existing political structures, which is likely to lead to a new mercantilism, perhaps of regional units. A new Bretton Woods kind of global agreement is by far the preferable outcome.

いわゆる総合救済政策は、初期のパニックをせき止めるより多くを達成せずにこれまでに、一般に、一見したところ無限の政治のクレジットを、まず第一に破壊を引き起こした国内のクレジットに代用することによってこま切れの全国的ベースで出現しました。

国が順応することができる原則が出現するまで、国際的な秩序は政治的な、または経済のフィールドで発生しないでしょう。

最後に、政治と経済システムは2つの方法のうちのほんの1つにおいて調和することができます:

経済界のそれと同じ届く範囲によって国際的な政治規制のシステムを作成することによって;

または、既存の政治機構によって扱いやすいサイズに経済のユニットを縮ませることによって(それは、新重商主義に、たぶん地域のユニットについて先導しそうです)。

新しいブレトンウッズ体制の国際的な協定はたいへん望ましい結果です。

America’s role in this enterprise will be decisive. Paradoxically, American influence will be great in proportion to the modesty in our conduct; we need to modify the righteousness that has characterised too many American attitudes, especially since the collapse of the Soviet Union. That event and the subsequent period of nearly uninterrupted global growth induced too many to equate world order with the acceptance of American designs, including our domestic preferences. The result was a certain inherent unilateralism ? the standard complaint of European critics ? or else an insistent kind of consultation by which nations were invited to prove their fitness to enter the international system by conforming to American prescriptions.

Not since the inauguration of president John F Kennedy half a century ago has a new administration come into office with such a reservoir of expectations. It is unprecedented that all the principal actors on the world stage are avowing their desire to undertake the transformations imposed on them by the world crisis in collaboration with the United States.

この企業におけるアメリカの役割は決定的になるでしょう。

逆説的に、アメリカの影響は私達の行為における謙虚さに比例して大きいでしょう;

私達は、特にソビエト連邦の崩壊以来ずっとあまりにも多くのアメリカの態度を特徴付けている正義を修正する必要があります。

そのイベントとほとんど絶え間ないグローバルな成長のその後の期間は、私達の国内の好みを含めて、世界秩序をアメリカのデザインの受容と同等視するにはあまりにも多くを引き起こしました。

結果が一定の固有の一方的軍備撤廃論?であったこと ヨーロッパの批評家?の標準の不満 、またはアメリカの規定に対応して国際的なシステムに入ることのためのそれらの適合性を証明するために国家が招待されたしつこい種類の相談。

ジョン・F・ケネディ大統領の就任以来、半世紀前、新政権は予想のそのような貯蔵所と一緒にオフィスの中に来ませんでした。

世界の舞台の上のすべての主要な俳優が、米国との協力における世界危機によって彼らに課された変化を引き受けたいという彼らの願望を素直に認めていることは前例がない。

The extraordinary impact of the President-elect on the imagination of humanity is an important element in shaping a new world order. But it defines an opportunity, not a policy. The ultimate challenge is to shape the common concern of most countries and all major ones regarding the economic crisis, together with a common fear of jihadist terrorism, into a strategy reinforced by the realisation that the new issues like proliferation, energy and climate change permit no national or regional solution.

The new administration could make no worse mistake than to rest on its initial popularity. The role of China in a new world order is crucial. A relationship that started on both sides as essentially a strategic design to constrain a common adversary has evolved over the decades into a pillar of the international system. China made possible the American consumption splurge by buying American debt; America helped the modernisation of the Chinese economy by opening its markets to Chinese goods.

Each side of the Pacific needs the cooperation of the other in addressing the consequences of the financial crisis. Now that the global financial collapse has devastated Chinese export markets, China is emphasising infrastructure development and domestic consumption. It will not be easy to shift gears rapidly, and the Chinese growth rate may fall temporarily below the 7.5 per cent that Chinese experts define as the line that challenges political stability.

新しい世界秩序を形成することにおいて、人間性の想像力への次期大統領の並みはずれた影響は重要な要素です。

しかし、それは方針ではなく機会を定義します。

究極の挑戦は、新規発行が増殖が好きであるという認識によって補強された戦略の中への聖戦テロに対する共通の恐怖とともに経済危機についてのほとんどの国とすべての主要なものについて、エネルギーと気候変動が全国的な、または地域のソリューションを全然許さない共通の懸念を形成することです。

新政権は、その初期の人気に載ることより悪い誤りを全然犯すことができませんでした。

新しい世界秩序の中の中国の役割は重要です。

両側で、本質的な戦略的なデザインとして、共通の相手を強制し始めた関係は数十年の間に国際的なシステムの柱に発展しました。

アメリカの借金を買うことによって、中国はアメリカの消費みせびらかしを可能にしました;

中国の商品にその市場を開くことによって、アメリカは中国の経済の近代化を助けました。

金融恐慌の結果にアドレスすることにおいて、太平洋の各側に他の協力が必要です。

今や、グローバルな金融崩壊が中国の輸出市場を荒廃させたので、中国はインフラストラクチャー開発と内需を強調しています。

急速に方法を変えることは容易でないであろうし、中国の成長率は、中国のエキスパートが、政局安定と競合するラインと定義する7.5パーセントを一時的に下回るかもしれません。

What kind of global economic order arises will depend importantly on how China and America deal with each other over the next few years. A frustrated China may take another look at an exclusive regional Asian structure, for which the nucleus already exists in the ASEAN-plus-three concept. At the same time, if protectionism grows in America or if China comes to be seen as a long-term adversary, a self-fulfilling prophecy may blight the prospects of global order. Such a return to mercantilism and 19th-century diplomacy would divide the world into competing regional units with dangerous long-term consequences.

The Sino-American relationship needs to be taken to a new level. This generation of leaders has the opportunity to shape relations into a design for a common destiny, much as was done with trans-Atlantic relations in the postwar period ? except that the challenges now are more political and economic than military.

The complexity of the emerging world requires from America a more historical approach than the insistence that every problem has a final solution expressible in programmes with specific time limits not infrequently geared to our political process. We must learn to operate within the attainable and be prepared to pursue ultimate ends by the accumulation of nuance. An international order can be permanent only if its participants have a share not only in building but also in securing it. In this manner, America and its potential partners have a unique opportunity to transform a moment of crisis into a vision of hope.

The author was National Security Adviser, 1969-75 and US Secretary of State, 1973-77.

どんな種類のグローバルな経済秩序が生じるかは、どのように中国とアメリカが次の数年の間に互いを扱うかに重要によるでしょう。

イライラした磁器は排他的な地域のアジア構造をもう一度見直すかもしれません(それのために、核はすでにASEANプラス3概念において存在しています)。

同時に、保護貿易政策がアメリカで成長するならばまたは中国が、長期相手と考えられるようになるならば、自己成就的予言はグローバルな秩序の見込みをだめにするかもしれません。

重商主義と19世紀の外交へのそのようなリターンは危険な長期的影響によって世界を競合する地域のユニットに分けるでしょう。

中国・アメリカ関係は、新しいレベルに持って行かれる必要があります。

リーダーのこの世代は、挑戦が現在軍隊より政治的で、経済である以外、戦後である期間?における大西洋横断関係によってされたのと同じくらい共通の運命のために関係をデザインに形づくる機会を持っています。

出現する世界の複雑さは、すべての問題がまれに私達の政治的なプロセスと連動しなかった具体的なタイムリミットによってプログラムの中で表現可能な最終的なソリューションを持っているという主張より歴史のアプローチをアメリカに要求します。

私達は、到達可能なものの中で働き、ニュアンスの蓄積によって究極の目的を追求する心構えをすることを学ばなければなりません。

建物にだけでなくそれを確保することにおいても、その参加者がシェアを持っているならば、国際的な注文は永久的であるかもしれません。

この方法で、アメリカとその潜在的なパートナーは、危機の瞬間を希望のビジョンに変換するめったにないチャンスを持っています。

作者は1973年-77年国家安全保障担当大統領補佐官、1969年-75年、および米国国務長官でした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR