FC2ブログ

おめでとうございます。秘密結社への入会

英紙「世界の50人」日本は寂しい結果に

3月11日20時25分配信 産経新聞


【ロンドン=木村正人】英紙フィナンシャル・タイムズは11日付の特集記事で、「グローバリズムが初の試練を迎えている」として、金融・経済危機に取り組む世界の50人をリストアップした。オバマ米大統領を筆頭に、中国の温家宝首相、欧州の首脳らが顔をそろえる中、日本人としては日銀の白川方明(まさあき)総裁だけが選ばれる寂しい結果となった。


 4月にはロンドンで20カ国・地域(G20)の金融サミット(首脳会合)が開かれる予定。同紙は「危機を克服するためには、政治の指導力に加えて国際的な協力も必要だ」と指摘し、「明日への道を開く50人」の横顔を紹介している。


 その中で政治指導者としてオバマ大統領をトップに掲げたほか、2番目には温首相を挙げ、世界が中国の経済力などを必要としている実情を改めて印象づけた。続いてメルケル独首相、サルコジ仏大統領、ブラウン英首相、プーチン露首相が名前を連ねている。


 中国からは温首相のほか、王岐山副首相▽中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁▽外貨準備2000億ドル(約19兆6000億円)を運用する政府系ファンド、中国投資有限責任公司(CIC)の楼継偉会長-の3人が入った。


 金融危機対策として国際通貨基金(IMF)に最大1000億ドル(約9兆8000億円)を拠出する日本からは、麻生太郎首相の支持率低迷や“酩酊(めいてい)会見”で辞任した中川昭一前財務相の件が響いたのか、政治家は選ばれなかった。




大和湖大学校




Future of Capitalism: 50 people who will frame the debate

By Steven Bernard, Jeremy Lemer and FT Reporters


Published: March 10 2009 19:59 | Last updated: March 10 2009 19:59

資本主義の未来:

討論を形成するであろう50人の人々

スティーブン・バーナード、ジェレミーレーマーおよびFTレポーターによって

最終更新日:

3月10日2009 19:59

The credit crisis has placed the global financial system under almost unprecedented strain.


Tackling the many problems and charting a course through them to a new world order is a daunting challenge. It will require impressive political leadership and vision as well as concerted international cooperation.

金融恐慌はほとんど前例のない緊張の下でグローバルな金融制度を設置しました。

多くの問題に取り組み、新しい世界秩序にそれらを通してコースをチャートで示すことは難しい挑戦です。

それは協調された国際協力と同様に印象的な政治的なリーダーシップとビジョンを必要とするでしょう。

Networks and institutions will matter as much as individuals.


In this graphic we explore the experiences and systems that connect the 50 people likely to be most influential in shaping the world debate.

ネットワークと組織は個人と同じくらい多く重要でしょう。

このグラフィックにおいて、私達は、世界討論を形成することにとても影響力がありそうな50人の人々を接続する経験とシステムを探究します。

The Group of Thirty for example, a nonprofit group founded in 1978 that comprises leading financiers, academics and officials and aims to “deepen understanding of international economic and financial issues”, is one interesting connection between these players.

財界の巨頭、学識者および役員から成っていて「国際的な経済と金融の問題についての理解を深くすること」をめざしている30のグループ(例えば1978において設立された非営利的なグループ)はこれらのプレーヤーの1回の興味深い接続です。

Use the control panel to divide the leaders by age, nationality and network. Mouse over the photos for profiles.


You can read the rest of the series, including Lionel Barber’s overview of the fifty to watch, on our Future of Capitalism page.

年齢、国籍、およびネットワークがリーダーを分割するコントロールパネルを使ってください。

プロフィールのための写真上のマウス。

あなたは、私達の資本主義ページの将来の、ライオネル・バーバーの見る50の概要を含むシリーズの残りを読むことができます。




大和湖大学校



オバマ大統領(47)、温家宝首相(66)、メルケル首相(54)、サルコジ大統領(54)、ブラウン首相(58)、プーチン首相(56)、ガイトナー財務長官(47)、サマーズ元財務長官(54)、ビン・ジャセム・アル・タニ首相(カタール 50)、バーニー・フランク(68)、ステーブン・チュウ(61)、オリバー・べサンテノート党首(34)、バーナンキFRB総裁(55)、ジーン・クラウデ・トルシエEU中銀総裁(66)、王岐山副首相(60)、(中央銀行)周小川総裁(61)、マービーキング英国中銀総裁(60)、白川日銀総裁(59)、マリオ・トラッジ伊中銀会長(61)、マークカーニーカナダ中銀総裁(43)、ミゲ-ルオルドネッツスペイン中銀総裁(63)、ウイリアムラドリーNY連銀総裁(56)、ジャックエス・ラロシェールフランス中銀役員(79)、ターナーFSA会長(53)、マリーシャピロSEC会長(53)、シーラベアーFDIC会長(54)、ジェイミーカルアナ世界開発銀行役員(56)、ドミニクストラウスカーンIMF役員(59)、ロバートゾエリック世界銀行総裁(55)、パスカルラミーWTO役員(61)、(中国開発公社)楼継偉会長(58)、ジョージソロス(78)、ウォーレンバフェット投資会社会長(78)、ローレンスフィンク投資会社CEO(56)、ロバートシラー(エール大学教授)(62)、アルワリア(インド開発庁長官65)、ポールボルカーERAB会長(81)、ポールクルッグマン(プリンストン大教授56)、ロウビニRGEM会長(49)、バルセロビッチワルシャワ大学院教授(62)、ロイドブラックフェイン(ゴールドマンサックス会長54)、ジェミーディモンJPモルガン銀行総裁(52)、ステファングリーンHSBC会長(60)、マイケルぺベルーBNPパリバ会長(67)、カルロスゴーン日産ルノー会長(55)、インドラノーイペプシコCEO(53)、エリックシュミットgoogleCEO(53)、アリアナフフィングトン新聞社社主(58)、ラッシュリンボーTVホスト(58)、キショウマンブバニー(リークワンユー大学教授)60




蛇足


白川氏は支配層から日本国管理を任されたのであろう・。日本人の生血を吸って名声を貰うただのゾンビと化している人物に過ぎない・命を懸けるのは国家・国民では無く自分自身のために売国奴とあいなった。




泥酔大臣の記者会見の様子を見ればわかる(その仕掛けは財務省やマスコミにも及ぶ・)。




若干蛇足







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■すごい

そうそうたる人々

2 ■白川総裁

日本人初のビルダーバーガー入りできるか?
この人を日銀総裁に推薦したのはかの小沢さんでしたっけ・・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR