FC2ブログ

国民に労働貴族は税金返せ・。




農水省ヤミ専従、秘書課長が口止め?「組織維持できない」

 農林水産省が農政事務所の職員などによる組合のヤミ専従疑惑を隠していた問題で、組合対応などを担当する本省の秘書課長が昨年4月、全国の農政事務所長ら46の出先機関の幹部を前に、「このようなことが明るみにでたら地方組織は維持できない」などと発言していたことがわかった。




 発言があったのは、同課が内部調査で、全国で142人の職員にヤミ専従の疑いがあるとの結果を得た4日後。発言を「口止め」と感じた事務所長もおり、同課が直後に「再調査」したところ、疑惑対象の職員数をゼロと報告した事務所長もいた。


 問題の発言をしたのは松島浩道秘書課長(51)。


 複数の関係者によると、昨年4月7日、東京・霞が関の本省で、全国の7の農政局や39の農政事務所の幹部を集め、出先機関の職員の配置転換計画などを説明する会議が開かれた後、農政局の総務部長や農政事務所長が残された。


 この席では、農政事務所長らに、社会保険庁のヤミ専従について報じた新聞記事のコピーが配布され、松島課長が「他省庁に『農水省にもヤミ専従がある』という投書があったので調査をしたところ、地方の驚くべき実態が明らかになった」などと発言。政府の地方分権改革推進委員会などで、地方農政局を含めた国の出先機関の統廃合案が議論されていることを受け、「このようなことが明るみにでたら、とても地方組織を維持していくことはできない」などと話したという。


 この数日前、同課では各農政局と各農政事務所に対し、4月1日時点での全農林労働組合(全農林)幹部の勤務実態を報告するよう指示。それをもとに、同月3日には142人の職員にヤミ専従の疑いがあるという結果を得ていた。このため翌4日、松島課長が、全農林に「再調査」することを予告したうえで、同課が9日付で全国の農政局と農政事務所に「再調査」をするよう文書で指示していた。


 松島課長の発言について、農政事務所長の一人は「ヤミ専従について実態に近い数を報告されて、怒りながら困っているという感じだった。あれでは、本当の報告はするなという圧力と受け取っても仕方がないだろう」と話し、別の事務所長も「その後の再調査ではゼロと答えた」としている。


 この指摘に対し、松島課長は「発言の内容を詳細に覚えているわけではないが、ヤミ専従は是正する必要があるという趣旨だった。もし、口止めと受け取った人がいたとしたら本意ではない」と釈明している。


(2009年3月16日14時40分 読売新聞)



「組合怖い」農水省ヤミ専従黙認…組織率97%、管理職威圧

3月15日3時13分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000154-yom-soci








<農水省>ヤミ専従142人 省ぐるみ隠ぺいか

3月15日19時40分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000039-mai-soci


 農林水産省で、給与を受け取りながら無許可で労働組合活動に専念する「ヤミ専従」の疑いのある職員が142人いたにもかかわらず、組合を通じて調査を2度繰り返し、結果的にゼロにしていたことが分かった。ヤミ専従は国家公務員法で禁じられており、省ぐるみで隠したとも受け取られることから、石破茂農相は再調査のやり直しを指示した。


 同省によると、08年3月に電子メールによる内部告発があり、全国46の地方農政局・事務所などの組合幹部1395人を対象に4月1日付で勤務しているかどうか調べた。


 その結果、全員がその日組合活動をしていたが、事前の許可を得ていたのが17人で、許可はないが国家公務員法で認められた範囲の活動をしていたのが1236人だった。残りの142人はいずれも該当せず、ヤミ専従の疑いがあったという。


 ところが、同省は組合側に調査日を事前通告した上で4月9日、142人の再調査を実施。17農政事務所で48人のヤミ専従の疑いを再確認した。さらに、今度は組合側に調査日や調査内容を事前に伝え同23日に改めて調査したところ、48人全員がその日は自席で勤務していたり許可を得ており、ヤミ専従の職員はゼロになった。同省秘書課は「調査前に組合側に伝えたのは混乱を避けるため。結果として省全体でヤミ専従隠しをしようとしていたと誤解されても仕方がない」と話している。


 社会保険庁職員のヤミ専従問題で厚生労働省は、背任容疑で職員と上司の計40人を刑事告発。東京地検は先月、「弁償を済ませている」などとして起訴猶予にした。【奥山智己】








「ヤミ専従」隠しの疑い=調査やり直し-農水省

3月15日14時24分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000034-jij-pol


 農水省職員が、国家公務員法で禁止されている勤務時間帯の無許可の組合活動「ヤミ専従」を行ったにもかかわらず、同省が組織ぐるみで隠ぺいした可能性のあることが15日、明らかになった。同省がヤミ専従の有無をめぐり昨年4月に3回実施した調査では、1回目は職員142人に疑いがあるとされたが、3回目はゼロとなった。調査の妥当性について省内で異論が出たことなどから、同省は今月上旬から調査をやり直しており、月末までに結論を出す予定。 




農水省が「ヤミ専従」隠しか 事前告知したうえで調査

3月15日14時20分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000516-san-soci


 公務員が勤務時間に無許可で労働組合活動を行う違法な「ヤミ専従」について、農林水産省が職員計142人に疑いを確認したのに、労働組合側に事前告知したうえで再調査を繰り返した結果、疑いのある職員は0人となり、総務省にも「ヤミ専従は確認できなかった」と報告していたことが分かった。ヤミ専従隠し疑惑ともとれるこうした調査手法に、石破茂農水相は「問題がある」として、再調査を関係部局に指示した。


 同省秘書課によると、農水省は昨年3月、ヤミ専従などの疑いについて、匿名の通報が外部機関に寄せられたのを受け、4月1日に本省や全国の出先機関で、全農林労働組合(全農林)の幹部1395人について調査。その結果、142人が勤務中に無許可で組合活動をするなど「ヤミ専従」行為をしていた疑いが浮上した。


 これを受け、同課では同月4日に、組合に対して再調査を行うと告げた上で、省幹部に後日の142人の勤務実態を調べ、報告するように指示した。その結果、ヤミ専従の疑いがあると報告された人数は48人に減った。


 秘書課ではさらに21日に組合に対して、再々調査を行うと告げ、翌々日の23日にこの48人に対して、直接聞き取り調査などを実施。その結果、この日は、全員が自席で通常勤務するか、短期専従許可をとって合法的に組合活動をするなどしていたことが確認された。


 農水省は5月に入って、総務省に報告を求められたが、「ヤミ専従は確認できなかった」などと回答した。


 一連の経緯について、農水省は「総務省はヤミ専従を『1年以上許可を受けずに組合役員として活動している』などとしており、そういうヤミ専従は確認できなかった。ただ、疑念を生じさせる調査方法だったのは確か」としている。







若干蛇足




「ヤミ専従」問題で記者会見する農水省の井出道雄事務次官=16日午後、農水省





蛇足


こんな仕事もろくにせず、組合活動という遊びに精をだす公務員など・・首にしろ・。


民主党の支援団体というデタラメ・。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR