FC2ブログ

オズの魔法使いは日本人には難解だ・。

Secrets of the Wizard of Oz

オズの魔法使いの秘密

By Rumeana Jahangir

BBC News


ルメアナジャハンギールによって

BBCニュース



若干蛇足


The Wonderful Wizard of Oz is one of the world's best-loved fairytales. As Judy Garland's famous film nears its 70th birthday, how much do its followers know about the story's use as an economic parable?


Dorothy in Kansas conjures up nostalgic thoughts of childhood Christmases hiding behind the sofa from the Wicked Witch of the West. Or those flying monkeys.

すばらしいオズの魔法使いは世界の最もよく愛されているおとぎ話の1つです。

ジュディ・ガーランドの有名な映画がその70歳の誕生日に近づく時に、どのくらいその追従者は経済の寓話として話の内容を知っていますか?

カンザスのドロシーは西の悪い魔女からソファの後ろに隠れている幼年期クリスマスのノスタルジックな考えを呼び起こしています。またはそれらの飛んでいる猿。

It's unlikely its young fans will have been thinking about deflation and monetary policy.

その若いファンがデフレーションと金融政策について考えていているであろうということはありそうにない。

But the story has underlying economic and political references that make it a popular tool for teaching university and high school students - mainly in the United States but also in the UK - about the economic depression of the late 19th Century.

しかし、話は、19世紀の後期の経済不況について大学と高校の生徒-主に米国のであるが英国における--にも教えるために、それをポピュラーなツールにする潜在的な経済の、そして政治的な参照を持っています。

At a time when some economists fear an onset of deflation, and economic certainties melt away like a drenched wicked witch, what can be learnt from Oz?

何人かのエコノミストがデフレーションの開始を恐れていて、経済の確信がびしょぬれになった悪い魔女のように消え去る時に、何がオズから知られることができますか?

The 1939 film starring a young Judy Garland was based on Lyman Frank Baum's book, The Wonderful Wizard of Oz, published in 1900. It told of an orphaned Kansas girl swept by a tornado into a fantastical world, but who wants to return home to her aunt and uncle.

若いジュディ・ガーランド主演の1939年の映画は1900年に出版されたライマン・フランク・ボームの本、すばらしいオズの魔法使いに基づきました。

それは、女の子が空想的な世界の中にトルネードによって掃除したけれども彼女のおばとおじに帰宅したい孤児になったカンザスを話しました。

Thinking the great Wizard of Oz can grant her wish, she sets out to meet him with her beloved dog, Toto, joined by a scarecrow, a tin woodman and a lion.

大きなオズの魔法使いが彼女の希望を聞き届けることができると思って、彼女は、かかし、すずきこり、およびライオンが参加した彼女の愛する犬、Totoと彼と会うことを試みます。

Baum published the book in 1900, just after the US emerged from a period of deflation and depression. Prices had fallen by about 22% over the previous 16 years, causing huge debt.

米国がデフレーションと不況の期間から出現したすぐ後に、ボームは1900年にその本を出版しました。

価格は、莫大な借金を起こして前の16年の間に約22%下がりました。

Farmers were among those badly affected, and the Populist political party was set up to represent their interests and those of industrial labourers.

農夫はひどく影響されたそれらの間にいて、人民党員政党は、彼らの興味と産業の労働者のそれらを表すために設定されました。

The US was then operating on the gold standard - a monetary system which valued the dollar according to the quantity of gold. The Populists wanted silver, along with gold, to be used for money. This would have increased the US money supply, raised price levels and reduced farmers' debt burdens.

米国はその時金本位制に作用していました - 金の量に従ってドルを評価した通貨制度。

人民党員は銀に金とともに、お金のために使われてほしかった。

これは米国マネーサプライを増大させて、価格水準を上げて、農夫の借金負担を減らしたでしょう。

Yellow brick code


In 1964, high school teacher Henry Littlefield wrote an article outlining the notion of an underlying allegory in Baum's book. He said it offered a "gentle and friendly" critique of Populist thinking, and the story could be used to illuminate the late 19th Century to students.

黄色いれんがコード

1964年に、ヘンリー・リトルフィールド高校教師はボームの本の中で潜在的な寓意の観念を概説している記事を書きました。

彼は、それが人民党員考察の「優しく、友好的な」評論を提供すると言い、話は、学生に19世紀の後期を照明するために使われることができました。

Since its publication, teachers have used this take on the tale to help classes understand the issues of the era.

その出版以来、先生は、クラスが時代の問題を理解するのを手助けするために物語上のこの獲得を使いました。

And Littlefield's theory has been hotly debated. He believed the characters could represent the personalities and themes of the late 1800s,with Dorothy embodying the everyman American spirit.

そして、リトルフィールドの理論は熱く討論されています。

彼は、登場人物が、ドロシーが並の人アメリカ人の心を具体的に示している状態で1800年代末の有名人とテーマの代理人になることができると信じました。

US political historian Quentin Taylor, who supports this interpretation, says: "There are too many instances of parallels with the political events of the time.

この解釈をサポートする米国政治史研究家クエンティン・テーラーは次のように言います:

「時間の政治的なイベントとの平行線のあまりにも多くの例があります」。

"The Tin Woodman represents the industrial worker, the Scarecrow is the farmer and the Cowardly Lion is William Jennings Bryan."

「ブリキのきこりは工員を表していて、かかしはその農夫であり、臆病ライオンはウィリアム・ジェニングズ・ブライアンです」。

Bryan was a Democratic presidential candidate who supported the silver cause. But he failed to win votes from eastern workers and lost the 1896 election. In the same way, the Lion's claws are nearly blunted by the Woodman's metallic shell.

ブライアンは、銀の原因をサポートした民主主義の大統領候補でした。

しかし、彼は、東の労働者から票を勝ち取ることに失敗し、1896選挙に敗れました。

同じ方法の中で、ライオンの鈎爪はほとんどきこりの金属のシェルによって鈍くされます。

The Wicked Witch of the West is associated with a variety of controversial personalities, chief among them the industrialist Mark Hanna, campaign manager to President William McKinley.

西の悪い魔女が各種の論争の個性と関連すること、それらの間のチーフ 産業経営者マーク・ハンナ、ウィリアム・マッキンリー社長へのキャンペーンマネジャー 。

In this scenario, the yellow brick road symbolises the gold standard, the Emerald City becomes Washington DC and the Great Wizard characterises the president - and he is exposed as being less than truthful.

このシナリオの中で、イエロー・ブリック・ロードは金本位制を象徴していて、エメラルドの都はワシントンD.C.になり、大きなウィザードは大統領を特徴付けています - そして、彼は真実であるとは言えないこととして露出します。

Off to see the President


Yet none can help Dorothy return home. Eventually she discovers that her silver shoes (changed to ruby for the film) have the power to take her back to Kansas.

大統領に会えない

それでも、どれもドロシーが帰宅するのを手助けすることができません。

結局、彼女は、彼女の銀の靴(フィルムのためにルビーに変更されます)が、彼女をカンザスに戻すパワーを持っていると気づきます。

The possible implication is that gold alone cannot be the solution for the problems facing the average citizen. But Professor Taylor thinks it's unlikely the book took sides. Instead he says it was merely explaining the story of the Populist movement, some of whom marched on Washington DC in 1894 to demand government improve their plight.

可能な意味は、金だけでは平均的な市民に向かうことにおける問題の解決策であることはできないことです。

しかし、テーラー教授は、その本が味方をしたことがありそうにないと思います。

代わりに、彼は、それが単に人民党員動きの話を説明していたと言います(政府がそれらの状態を高めることを要求するために、そのいくつかが1894年にワシントンD.C.に向かって行進しました)。

Their demand for the use of silver with the gold standard was not met, although within a few years, inflation returned after discoveries of gold in South Africa and other parts of the world.

数年以内に、インフレは南アフリカと世界の他の地域の金の発見の後で戻って来たけれども、金本位制を持つ銀の使用への彼らの要求は満たされていませんでした。

In Baum's story, Dorothy loses her silver slippers in the desert before she reaches home - a possible reflection of the decline of the silver cause after 1896.

ボームの話の中で、彼女が家に達する前に、ドロシーは砂漠で彼女の銀のスリッパをなくします - 1896後の銀の原因の低下の可能な反射。

But not everyone believes The Wonderful Wizard of Oz includes any hidden meanings.

しかし、誰もが、すばらしいオズの魔法使いがどのような隠れた意味も含むと信じるわけではありません。

"Nobody ever suggested it until 1964," says Bradley Hansen, who is a professor of economics at the University of Mary Washington.

「誰も決して1964までそれを提案しませんでした」と、メリーワシントンの大学で経済学の教授であるブラッドレー・ハンセンは言います。

"There's no solid evidence that Baum had written it as a monetary allegory," he adds. "While it may have grabbed students' interests, it doesn't really teach them anything about the gold standard and, in particular, the debate about the gold standard."

「ボームが貨幣の寓意としてそれを書いたという確実な証拠が全然ありません」と彼は付け加えます。

「それは学生の興味をつかんだかもしれないが、それは本当は金本位制についての何にも金本位制についての特に討論も彼らに教えません」。

Professor Hansen thinks the author was just trying to create a new kind of fairytale, the "Harry Potter of its time".

ハンセン教授は、作者が、新しい種類のおとぎ話(「その時間のハリー・ポッター」)を作成しようとしているだけであったと思います。

Soon after publication, Baum adapted his book into a stage musical for adults which opened in 1902. Ranjit Dighe, who wrote The Historian's Wizard of Oz, says it poked fun at Theodore Roosevelt and the Populists, but Baum was playing for laughs, like Jay Leno.

出版のすぐ後に、ボームのために、1902年に開いたおとなのために、彼の本はステージミュージカルの中に適応しました。

歴史家のオズの魔法使いを書いたランジットデッゲは、それがセオドアローズヴェルトと人民党員をからかったと言うけれども、ボームはジェイ・レノのように笑いのために遊んでいました。

Little can be learnt from Baum about the modern economic crisis, says Professor Taylor, although in both instances people have demanded more government action.

両方の例において、人々はより多くの政府の行動を要求したけれども、ほとんどは現代の経済危機についてボームから知られることができないとテーラー教授は言います。

The Bank of England has - as the Populists more than 100 years ago demanded - provided a boost to the monetary supply, although the term "quantitative easing" was probably little known in the 1890s. And ultimately the US defeated deflation by creating money from new discoveries of gold abroad.

用語「量的な容易化」はたぶん1890年代にあまり知られていなかったけれども、イングランド銀行はマネー・サプライに景気づけを提供した--人民党員が100年以上前要求したように。

そして、最終的に、外国で金の新しい発見からお金を作成することによって、米国はデフレーションを破りました。

future appeal to eL Frank Baum died before the debates over his true intent had started. But in the book's introduction, he stated that he was only writing to please children.


He was no doubt unaware of its conomics students.

彼の真意についての討論が始まる前に、Lフランクボームは死にました。

しかし、本の入門において、彼は、子供を喜ばすために手紙を書いているだけであったと述べました。

彼は確かに経済学学生へのその未来の訴えに気づかなかった。

SYMBOLISM OF CHARACTERS

Dorothy: Everyman American

Scarecrow: Farmer

Tin Woodman: Industrial worker

Lion: William Jennings Bryan, politician who backed silver cause

Wizard of Oz: US presidents of late 19th Century

Wicked Witch: A malign Nature, destroyed by the farmers' most precious commodity, water. Or simply the American West

Winged Monkeys: Native Americans or Chinese railroad workers, exploited by West

Oz: An abbreviation of 'ounce' or, as Baum claimed, taken from the O-Z of a filing cabinet?

Emerald City: Greenback paper money, exposed as fraud

Munchkins: Ordinary citizens


キャラクターの象徴化

ドロシー:並の人アメリカ人

かかし:農夫

ブリキのきこり:工員

ライオン:ウィリアム・ジェニングズ・ブライアン(銀の原因を支えた政治家)

オズの魔法使い:19世紀遅くの米国社長

悪い魔女:農夫の最も貴重な商品、水によって破壊された有害な性質。

または単にアメリカ西部

翼の猿:西部によって利用されたアメリカ先住民または中国の鉄道職員

Oz:‘オンス’のまたは書類だなのO-Zから取り去られて、主張されたボームによる短縮?


エメラルド都市:米ドル紙幣(詐欺であるとあばかれる)


マンチキン:普通の市民






蛇足


人間の内面を3つの僕で表している・。能無しのブリキ男、感情のない案山子、勇気のないライオン


日本人は心か気持ちですべてを解釈する。だから、騙される。


ブレイン(マインド)、フィーリングス、スピリット(スピリチャル)の3つに対応している。


精神科、カウンセリング、信仰心


日本ではぐちゃぐちゃですけど・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR