FC2ブログ

民主党終わりのはじまり

政権交代で何が変わるのかさっぱり分かりません・。


ベストの選択は政界再編しかないだろう・。




若干蛇足


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

≪ 汚染ワクチンの隠蔽:その1 ≫
薬害エイズのバクスター社が、昨年、鳥インフルエンザウイルスH5N1で汚染されたH3N2の液体原料を、欧州数カ国のワクチン製造子会社に納品していた。
バクスター社は、汚染原因の解明を進める欧州当局への協力を、企業秘密を理由に拒否。
日本政府は、数百万人分のバクスター社製インフルエンザワクチンに対し何の対応策も取っていない(2009年3月現在)

致死率60%のH5N1型ウイルスと、空気感染力が非常に強いH3N2型ウイルス。
「この二種類は容易に結合し、出来上がったウイルスは、非常に高い伝播性と強い殺傷力がある」(2008年夏、米国疾病コントロールセンター発表)
チェコの新聞は、ウイルスをばら撒いて自社製品を売ろうとする、自作自演の生物テロの可能性を指摘している。

同社の汚染薬物販売が明らかになったのは、これで4度目。
同社は過去、日本で訴訟となったHIV汚染の血液製剤の他にも、米国内で、HIV汚染のB型肝炎ワクチンを販売している。
加えて、2005年には、H2N2型ウイルス入りの小瓶を、インフルエンザの検査セットに混入して日本を含む18カ国へ輸出するという事件も起こした。
H2N2型ウイルスは非常に強力で、1950年代の大流行では世界で数百万人が死亡した。
http://www.naturalnews.com/025760.html

2 ■無題

≪ 汚染ワクチンの隠蔽:その2 ≫
鎮痛剤「アスピリン」の米バイエル社、エイズ汚染を知りながら政府と共謀してワクチンを販売
~ FDA(食品医薬品局)の内部文書から明らかに ~
フランスでは、既に関係者は処罰されているのに、米国&日本政府は、今も隠蔽を続けている(2009年3月現在)
バイエル社は1980年代から隠蔽を続け、被害を拡大させてきた。NBCニュース 
http://www.youtube.com/watch?v=wg-52mHIjhs

≪ 米軍が、日本の上空でウイルス&毒物を散布 ≫
「インフルエンザウィルスはケムトレイルで撒かれている!」
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=111
ケムトレイル散布に米軍が関与、イタリア、ドイツの大手メディアの報道
http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/16.html
米NBCニュースのケムトレイル報道
http://www.youtube.com/watch?v=zmhXoPW-Izw&feature=related
~ CO2温暖化説は原発利権のデタラメ ~
ハワイ・マウナロア観測所のCO2の長期観測グラフを見れば一目瞭然。
気温の上がった半年~1年後にCO2が増えている。
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm#001

3 ■人体実験

~ 日本政府と米国政府が、国民で人体実験 ~
欧州では禁止のGM食品(遺伝子組み換え)と猛毒PCB ~
虫が食べると死ぬGMトウモロコシMON863、MON810、米国では「食品」でなく「農薬」として登録
http://www.epa.gov/pesticides/biopesticides/ingredients/fr_notices/frnotices_006484.htm

≪ GM食品の危険性 ≫
* GM穀物の毒遺伝子は、コレラ毒よりも強力で、「ほ乳類は、消化分解できるから無害」(日本政府HP)のはずなのに、ブタでは92%が消化されず。
* GM穀物を食べたブタ、牛、ヤギに不妊、流産、早産が多発。オスは生殖不能に。
* GMダイズを食べたマウスに、腎臓の奇形、消化器肥大、癌細胞の活性化、免疫系統の異常。雄マウスの精子は損傷しており、雌マウスの胎盤はアポトーシス(細胞の自己破壊)を起こす。
* GMダイズを食べたマウスの胎児にはDNAの機能障害が起き、生まれた子供の死亡率は5倍、成長しても生殖不能に。
* 「GM穀物を食べた害虫」を食べた益虫が死滅、奇形種も出現。
* GM穀物の花粉で死なないはずの益虫(チョウ)の44%が死亡。
* 除草剤に耐性を持つ雑草の出現で、単位面積あたりの除草剤使用は6年で53%も増加、収穫量は減少。土壌のPCB汚染がすさまじい。
http://www.organicconsumers.org/gelink.cfm
http://www.i-sis.org.uk/BtCottonKillsSoilandFarmers.php

4 ■人体実験~貧乏人は死んでよし


≪ しょうゆ、油、スナック菓子、飲料水etc. 膨大な数のGM食品が非検査・非表示のまま食卓に ≫
米国では、現在、GM作物は一般作物と同じ扱いで、何の検査も受けずに生産・出荷されている。
そして、除草剤まみれの大量のGM食品が、何の検査を受けることも無く、日本の食卓に並んでいる。
日本で消費される大豆の95%ほどは、輸入品。最大の輸入相手、米国産ダイズの91%、コーンの73%、綿の実の87%はGM作物である。(2007年)
また、「遺伝子組み換えでない」と表示されていても、実際にはGM混入が許可されている。

≪ 詐欺的手法で行われたGM食品の安全検査 ≫
* GM作物の毒遺伝子は、合成された人工の毒遺伝子。検査に使われたのは天然の毒遺伝子。
「両者のアミノ酸配列は大きく異なり、全く別の遺伝子である」。
* 除草剤(PCB)をたっぷり与えられて育ったGM作物は、残留農薬たっぷり。そこで政府は、残留農薬の基準値を引き上げて無理やり認可した。

5 ■tamaさん

投稿ありがとうございます・。o(^▽^)o
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR