FC2ブログ

今年はアテネでビルダーバーグ達が会合



若干蛇足


Reports: Bilderberg To Meet in Athens


リポート:アテネで会うビルダーバーグ達

Greek media outlets state that elite luminaries will convene on luxury resort in mid May


Steve Watson

Infowars.net

Tuesday, March 24, 2009

ギリシャメディアアウトレットは、エリート輝く者達が5月半ばに豪華なリゾートの上で会合するであろうと述べます。

スティーブ・ワトソン

Infowars.net

2009年3月24日火曜日

Reports circling in the Greek media have suggested that the location of this year’s secretive Bilderberg meeting will be Athens, Greece.


GR Reporter, a Greek based website that gathers information from different print and electronic media in Greece, reports that the Elefterios Tipos newspaper recently announced the location and date of the meeting as Athens between 14th and 16th of May.

ギリシャメディアの中で駆け巡るリポートは、今年の秘密主義のビルダーバーグミーティングの位置がアテネ、ギリシャになるであろうということを示唆しました。

GR記者(ギリシャでの違う印刷と電子メディアから情報を集めるギリシャ語で基づいたウェブサイト)は、エレフテリオス チポス新聞が最近5月の14日と16日の間でミーティングの位置と日付をアテネと公表したことを報告します。

A second report in another Greek newspaper, Tovima, has also suggested that the confab will be held in Athens in the same area that hosted the 1993 conference.


According to the reports, invited guests include the Queen of Netherlands Beatrix, the Spanish Queen Sophia, Lawrence Summers, head of the National Economic Council and James Jones, head of the US National Security Council.

別のギリシャ新聞、トビマの2番目のリポートは、また、談笑が、1993年の会議を主催したのと同じエリアでアテネで保持されるであろうということを示唆しました。

リポートによると、招待された客はオランダ・ベアトリックスの女王、スペイン女王ソフィア、ローレンス・サマーズ、国家経済会議のトップ、およびジェームズ・ジョーンズ(米国国家安全保障会議のトップ)を含みます。

Meanwhile, researchers have also picked up on an article by Andrew Rettman in the EU Observer alleging that the meeting would take place in Europe sometime in June. Rettman has not responded to emails requesting additional information.


If the meeting does take place in Athens, it is likely that the group will use the Nafsika Astir Palace (pictured), the resort that was previously used by the heads of global business, banking and politics.

この間、研究者は、ミーティングが6月中にヨーロッパで行われるであろうと主張しているEUオブザーバーの中でアンドリューレットマンによる記事の上でまた復活しました。

レットマンは追加情報を要求しているEメールに反応しませんでした。

ミーティングがアテネで行われるならば、グループが、ナフシカアスティル宮殿(描かれます)(以前にグローバルビジネス、バンキング、および政治のトップによって使われたリゾート)を使うであろうということはありそうです。

Situated in Vouliagmeni, a few miles south of Athens, the hotel is built along a cliff side and features a private beach at sea level, with a business center and a large conference room.


It must be stressed however, that such reports may be mere conjecture, or even a disinformation campaign by Bilderberg itself, in an attempt to throw researchers and journalists off their scent.



若干蛇足


アテネの数マイル南のボウリアグメニに位置させられて、ホテルは断崖側に沿って建てられて、ビジネスセンターおよび大きな会議室と海水面でプライベート・ビーチを特徴とします。

そのようなリポートが、彼らの臭覚から研究者とジャーナリストを興味を引く単なる推測またはビルダーバーグ自身による意図的誤報キャンペーンでさえあるかもしれないことはしかし強調されなければなりません。

Bilderberg usually convene at the end of May into early June. The 2005 meeting in Germany was in early May but every other meeting over the last decade has been later in the month of May or in early June.


Similar reports were circulated prior to last year’s conference, also pinpointing the location as Athens. However, the actual location turned out to be the Marriott Hotel in Chantilly, Virginia, a few miles from Washington DC.

ビルダーバーグは通常6月初めか5月の終わりに会合します。

ドイツの2005年のミーティングは5月初めであったけれども、過去10年間のすべての他のミーティングは5月の月にまたは6月初めより遅かった。

同様なリポートは、アテネとしてまた位置をピンポイントで狙って、昨年の会議に先がけて流布しました。

しかし、実際の位置は、シャンティイー(ワシントンD.C.から数マイルの所のバージニア)でマリオットホテルであると判明しました。

Both Barack Obama and Hillary Clinton were thought to have attended the meeting, which took place at the height of the run in to the national party nominations and the Presidential election.


The hectic scenes outside last year’s Bilderberg conference were documented in filmmaker Alex Jones’ newly released feature The Obama Deception.

バラク・オバマとヒラリー・クリントンの両方は、ミーティングに出席したと考えられました(それは全国的な党任命と大統領選挙にラン花の真っ盛りの場所を取り入れました)。

昨年のビルダーバーグ会議の外の忙しい場面はアレックス・ジョーンズ映画製作者の新しくリリースされた機能オバマ詐欺において文書化されました。

In 2006 Alex Jones traveled to Ottawa, Canada after gaining intelligence that the Bilderberg meeting would take place there. Jones and his team were detained by Canadian immigration on orders of the Bilderberg Group for a 15 hour nightmare of interrogation, accusations and threats of arrests in anticipation of the conference.


However, Jones made it to the Brookestreet Hotel in Ottawa, met up with veteran Bilderberg investigator Jim Tucker and Daniel Estulin, author of The True Story of the Bilderberg Group, to capture footage that would later appear in his seminal film Endgame.

2006年に、オタワ(ビルダーバーグミーティングがそこで行われるであろうという情報を得た後のカナダ)に、アレックス ジョーンズは旅行しました。

ジョーンズと彼のチームは会議を予想する捕まえた質問、告発、および脅威の15時間の悪夢のためのビルダーバーググループの秩序の上のカナダ移住者によって足止めされました。

しかし、ジョーンズはオタワのブルーケストリートホテルにたどり着き、ベテランビルダーバーグ調査者ジム・タッカーおよびダニエルエスチュリン(彼の独創的な映画大詰めにおいて後で出現するであろう映画フィルムを捕らえるビルダーバーググループの実話の作者)と出会いました。

It was mainly due to the efforts of the three activists combined that elements of the Canadian media produced a rash of reports about the Ottawa meeting.


Media moguls who attend Bilderberg, such as Washington Post CEO and Chairman Donald E. Graham, swear an oath of secrecy and fulfil a promise each year to omit any coverage of Bilderberg from their news outlets.


At the time Estulin stated that inside sources had informed him that the elite group was seeking to artificially inflate the subprime housing sector over a course of 18 months, in order to lure investors back into the market, before bottoming it out and consolidating the gains (see the video below). Now this has happened exactly as predicted.

カナダメディアの情報がオタワミーティングについてリポートの頻発を生じたのは主に結束された3人の活動家の努力のためでした。

ワシントン・ポストCEOと会長ドナルドE.グレアムなどのビルダーバーグに出席するマスメディアの権力者は秘密の誓いをたてて、彼らのニュースアウトレットからビルダーバーグのどのような報道でも省略する毎年1つの約束を果たします。

その時、エスチュリンは関係筋が、エリートグループが、人工的に、それに底をつけて、増加(下でビデオを見てください)を統合する前に市場の中に背後の投資者をおびき出すために18ヶ月のコースの上でサブプライム住宅部門を膨らますことに努めていたことを彼に知らせたと述べました。

さて、これは、予測されるとおりに起こりました。


2007 saw the elite confab head to Istanbul in Turkey under an increased media lockdown.


Insiders at Istanbul revealed that the Bilderberg agenda for 2007/2008 included a hiking of oil prices towards the $200 mark, something that seemed unbelievable at the time but again consequently happened exactly as predicted.

2007年はエリート談笑が増大したメディアの厳重な監禁の下でトルコイスタンブールに向かうのを見ました。

イスタンブールのインサイダーは、200ドルの大台(その時信じられないようであったけれども再び、当然、予測されるとおりに起こったこと)に、2007/2008ためのビルダーバーグの方針が原油価格のハイキングを含んだことを明らかにしました。






蛇足


今年のビルダーバーグ会議に日本人が参加するかどうか気になります。日銀白川総裁は行かないのであろうか?最近、中国人が数名参加しているので、金融不安の少ない日本に期待をかけているだろう・。





日本の政府紙幣発行に待ったをかけた支配者層


竹中平蔵氏に対する理論的指導者であったと見られる元財務省職員の高橋洋一氏が窃盗容疑で書類送検されたとの報道があった。





事件の真偽を直接確かめたわけではないので、事件そのものの詳細な内容と事実関係は分からない。報道は、「いい時計だったのでどんな人が持っているのか興味があり盗んだ。大変申し訳ないことをした」と供述していると伝えている。供述の意味が極めて分かりにくいが、報道は高橋氏が犯行を認める供述をしていると伝えている。





警察は高橋氏を逮捕していない。逮捕するかしないかについて、警察には「裁量権」がある。逮捕の有無は「天国と地獄を分ける」と言っても過言ではない。





新聞報道によると、容疑事実は「24日午後8時ごろ、練馬区にある天然温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、鍵のかかっていなかったロッカーから同区の会社員男性(67)の現金約5万円入りの財布やイタリア製ブルガリ高級腕時計(数十万円相当)などを盗んだ疑い」である。





森ビルの回転ドアで死亡事故が起きた際も、森ビル関係者は逮捕されなかった。これらの問題については、拙著『知られざる真実-勾留地にて-』
第一章「偽装」第7節「摘発される人・されない人」に詳しいので、ご高覧賜りたい。





新聞報道によると、高橋氏は「逃走の恐れがないことなどから逮捕しなかった」と言うが、小沢民主党代表秘書の大久保隆規氏も逃走の恐れはなかったと思われる。





余罪の可能性を考えるなら、逮捕して家宅捜索しなければ、罪証隠滅の恐れがあると言わざるを得ない。私の場合、逮捕され、132日間勾留され、家宅捜索を受けた。





警察行政には巨大な「裁量権」が付与されている。これが、警察の巨大権力の源泉になる。警察が巨大な「天下り利権」を保持している最大の背景に、この「裁量権」が存在する。





ここでは、全国紙と通信社報道のタイトルと冒頭部分を引用して比較する。





読売新聞
:「小泉政権ブレーン・高橋洋一教授を窃盗容疑で書類送検」

警視庁練馬署は30日、温泉施設のロッカーから財布や腕時計を盗んだとして、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)を窃盗容疑で書類送検した。・・・





朝日新聞
:「小泉政権ブレーンの高橋洋一教授 脱衣所で窃盗容疑」

温泉施設の脱衣所のロッカーから高級時計などを盗んだとして、警視庁は、元財務官僚の高橋洋一・東洋大教授(53)=東京都板橋区=を窃盗の疑いで30日に書類送検した。・・・





毎日新聞
:「窃盗:元竹中氏補佐官を書類送検 腕時計など盗んだ容疑」

脱衣所ロッカーから他人の財布や時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)=東京都板橋区=を窃盗容疑で書類送検した。・・・





産経新聞
:「
竹中元総務相のブレーン置き引きで書類送検」

日帰り温泉施設の脱衣所で財布や腕時計を盗んだとして、警視庁練馬署は30日、窃盗の疑いで元財務官僚で東洋大教授、高橋洋一容疑者(53)=東京都板橋区=を書類送検した。・・・







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■へぇ

中国の人も参加しているんですね。
日本は存在うすいのですねぇ~(哀) 

2 ■サミット前に行われるのに・。

最近はどうなさったのだろうか?秘密会議も秘密ではなくなったので重要性が落ちたのであろうか?もう、なんでもありかも知れません?

3 ■無題

今年のビルダーバーグ会合後に米国の駐日・駐中大使が決まったようです。
世界を支配しているようにも見えます。
数年前 日本が参加を打診したとき断られたそうですね。
中国は参加できて日本はできない。
日本を支配してる米国は日本の衰退を望み、中国の支配力増加を期待しているのでしょうか。
人口減少で団塊世代の老人増加による社会保障費増加など、日本経済の衰退は確実に進捗してます。

4 ■Re:無題

>Aさん
コメントありがとうございます。
日本の存在感の薄さはここにもでてます。
(^∇^)
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR