FC2ブログ

天使と悪魔  イルミナティ

天使と悪魔


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



天使と悪魔』(てんし と あくま、ANGELS & DEMONS)はダン・ブラウン
サスペンス
小説


『ダ・ヴィンチ・コード』と同様、ロバート・ラングドン
を主人公とする小説である。テーマは「宗教と科学の対立」であり、本作でも知られざるキリスト教
世界に関するうんちくがたくさん披露されている。ヴァチカン市国
を含むローマ
の町を舞台に繰り広げられるこの物語は、『ダ・ヴィンチ・コード』よりもアクション要素が強い。次々と起こる殺人
にも犯行予告が出ていることから、タイムリミットの設定による緊張感・臨場感の演出にも成功しているといえるだろう。





ハーバード大学のロバート・ラングドン教授は、ある日セルンの所長、マクシミリアン・コーラーからとある紋章についての説明を求められる。同研究所の科学者、レオナルド・ヴェトラが何者かによって殺害された際、その紋章が彼の胸に焼印として押されていたからである。レオナルドは最近、核エネルギーを凌駕する反物質の精製に成功しており、その反物質も犯人によって盗まれていたことが判明する。ラングドンはその紋章を、伝説的な秘密結社
・イルミナティのものと断定するが、犯人と結びつけることには躊躇していた。彼は手がかりを求め、殺害されたレオナルドの娘、ヴィットリア・ヴェトラとともにローマへと向かう。


一方ローマでは、新しい教皇を選出するコンクラーベ
の真っ最中であった。にもかかわらず、新教皇の有力候補(プレフェリーティ)の4人が揃って失踪していることに、コンクラーベ進行役の枢機卿であるモルターティは苛立ちを覚える。さらに、離れた場所では、ヴァチカンの警護を任されたスイス衛兵隊
隊長、オリヴェッティのもとに監視カメラから奇妙な映像が映し出されていた。そんな中、前教皇の侍従、カルロ・ヴェントレスカのもとにイルミナティを名乗る者から突然の電話が鳴る。かつて科学者を弾圧したキリスト教会に復讐するため、1時間に1人ずつ、拉致した新教皇候補を殺害してゆくという。


殺害が行われる場所のヒントに気付いたラングドンは、殺害を阻止し、盗まれた反物質を発見すべく推理と追跡を開始する。







若干蛇足





蛇足


秘密結社イルミナティがでてくる映画です・。でもちょい違うような気がします・。


イルミナティは秘密でもなくマスコミに出まくっているサミットしたばかりの人たちですから・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■確かに・・・

この原作は、翻訳の初版で読みましたが、イルミナティだと安易な設定だと思われるでしょうね。まぁ、「ナショナル・トレジャー」のフリーメーソンというのもこれまた定番過ぎますが・・・。
サンヘドリンなんかにしとけば、もう少しリアリティがあったかも知れませんね。ところでダン・ブラウンの次回作はまだなんでしょうか?

2 ■ありがとうございます・。

次回作までは、いまいち分かりませんo(_ _*)o

3 ■イルミナティの真実 ~「天使と悪魔」の小説や映画によって、やっとイルミナティ(国際財閥などが主体)が多くの人の目に~ 

9.11の裏の実行犯はイルミナティに操られていた元副大統領のディック・チェイニーだとNGOの制作した「時代の精神」の映画でも暗に指摘し、
さらにそのカーテンの裏に潜んで導いたのは、イルミナティにシンボライズされた国際銀行家(いわゆる国際財閥)だと指摘しています。
 そういう関係もあって、そのイルミナティに関して、どのぐらい書かれているか調べるつもりで「天使と悪魔」を読んでいたのですが、ついストーリーの面白さにひきこまれて、この5月の連休中、会社の仕事の合間に読み終わりました。うーん、本の帯の宣伝どおり『ダ・ヴィンチ・コード』より面白かった(^_^;))

4 ■コメントありがとうございます。

イルミナティを表に出す事の裏がありそうでつ・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR