FC2ブログ

一発かまされた・。

With a rocket, Obama's hope is shot back down to earth


ロケットによって、オバマの希望は撃たれて地に落ちました。


While the US president's pull may help change the world, North Korea won't be the only state needing a lot of work to convince


米国大統領の後ずさりは世界を変更することに役立つかもしれないが、北朝鮮は、納得させるたくさんの仕事が必要な唯一の州にならないでしょう。

Michael Tomasky in Washington The Guardian, Monday 6 April 2009 Article history


History may one day record it as a stark irony - and let us hope an amusing one rather than the tragic kind - that on the very day that Barack Obama
was sketching out to an adoring throng in Prague his vision of a post-nuclear world, North Korea
launched a rocket that may one day give it the capacity to fire a nuclear warhead as far as 3,700 miles. This means, to get down to brass tacks, that it could hit Alaska.


The juxtaposition is worth dwelling on. Symbolically, it describes an age-old tension in statecraft, something scholars and writers have argued about down the ages. Is history made by great, mould-breaking leaders, or is change - both for the better and for the worse - more likely the result of a coming together of larger social forces?


まさしくその日に、そのバラク・オバマ崇拝に描写していた純然たる皮肉な結果--そして、私達に悲劇の種類というよりも面白いものを望ませてください--プラハで彼のポスト核の世界のビジョンに群がる時に、歴史はある日それを記録するかもしれず、北朝鮮は、ある日それに、3,700マイルまで核弾頭に点火する能力を与えるかもしれないロケットを打ち上げました。

それがアラスカを攻撃できた、核心に触れるこの方法。

並置は思案する価値があります。

象徴的に、政治的手腕(学者と作家が年の下で議論したもの)において、それは古くからの緊張を説明します。

歴史は偉大で、型壊れの指導者によって作られますか?それとも、変化--さらによいもののための、そして悪い方へ--はよりたぶんより大きな社会的な力の一緒の到来の結果ですか?


I'll spare you the discussion of Carlyle and Spencer, about whom you no doubt learned a lot more in school than I did, and stick to contemporary matters. Many people want to believe, after Carlyle, that Obama can change the world dramatically in the next four years. It's been a long time since a US president has been so admired. And it's never been the case that a president so admired has directly succeeded a president so reviled. So the idea has taken root, in America and to a considerable extent elsewhere, that the rest of the world should be so grateful to be dealing with Obama and not Bush that they'll at least come to the table and see reason.


But as the North Korea episode shows, not everyone is so reasonable. To the men of Pyongyang, Obama is just another imperialistic swine. In fact, if they're dialecticians worth their salt, then they surely think of Obama as all the more dangerous than Bush for the precise reason that he gives imperialism a friendlier face. North Korea, like any state, has national interests, carved out by decades of history (fear of unification) or centuries (fear of China). The fact that it's a genocidal and secretive police state only exacerbates matters. The bottom line is, the North Koreans are going to do what they think they need to do. Having obviously never read their Carlyle, they couldn't care less who the American president is.


私は、あなたが、カーライルとスペンサー(それについて、あなたは確かに私より学校でもっとたくさんを学びました)の議論を免れて、同時代の問題に執着します。

多くの人々は、オバマが次の4年で世界をドラマチックに変えることができるとカーライルの後で信じたいと思っています。

米国大統領がそう賞賛されていて以来、長い時間が過ぎています。

そして、そう賞賛されている大統領が直接そうののしられた大統領から引き継いだことは一度も事実であったことがありません。

従って、世界の残りが、ブッシュではなくオバマとやりとりしていてとても感謝しているべきであるので、彼らは少なくともテーブルに来て、理由をわかるであろうというアイデアはアメリカで、そして他の場所のかなりの範囲まで定着していました。

しかし、北朝鮮エピソードが示しているように、誰もがそんなに手頃なわけではありません。

ピョンヤンの人に、オバマはありふれた帝国主義的なブタです。

実のところ、もしそれらが、それらの塩に値する弁証家であるならば、それらは、きっと、ますます危険なより彼が帝国主義により友好的な面を与えるという精密な理由のためのブッシュ オバマについて考えます。

歴史(ユニフィケーションに対する恐怖)または世紀(中国に対する恐怖)の数十年によって努力して得られて、北朝鮮は、どのような状態のようにでも、国益を持っています。

それが組織的大量虐殺の、そして秘密主義の警察国家であるという事実は問題を悪化させるだけです。

収益はそうであり、北朝鮮人は、彼らが、する必要があると思うことをしようとしています。

明らかに一度もそれらのカーライルを読んだことがなく、彼らは、アメリカ大統領が誰であるかを全く気にしませんでした。


Neither could the Iranians, and neither, probably, could the Syrians. Obama wants certain things out of both of them - the former to give up its nuclear ambitions and move toward a more open society, the latter to come to some kind of terms with Israel and to reach a permanent accommodation on Hezbollah and the Lebanese question. But are they going to wake up one day and say to themselves: by golly, this Obama fellow is the most popular president in maybe all of history, we'd better do what he says? Not likely.


Neither are the Pakistanis and the Indians. Nor are Likud and Hamas. And we learned last week that adoration has its limits even among the closest of friends. Europe is not helping out much militarily on Afghanistan. This isn't because Obama wasn't persuasive enough. It's because nations have interests as they perceive them, and they will act to protect those interests (and because democratic societies have public opinion, which is strongly against such assistance across Europe). No single leader, not even one as popular and symbolically potent as Obama, can change that easily.


イラン人もできず、また、たぶん、シリア人はできました。

オバマはそれらの両方から一定の物を望んでいます - その核の野心をやめて、よりオープンな社会に動かす形成具、イスラエルとのある種類の関係に来て、ヒズボラに関しての永久的な和解に達する後者、およびレバノンの問題。

しかし、ある日起きて、考えようとしているそれらです:

おやおや、このオバマ研究員はたぶん歴史のすべてにおいて最もポピュラーな大統領であり、私達は、彼が言うことをしたほうがよい?

ありそうでありません。

パキスタン人とインド人もそうではありません。

そしてまた、リクードとハマスはそうではありません。

そして、私達は、崇拝が友人の中で最も近いものの間にさえその限界を持っていることを先週知りました。

ヨーロッパはアフガニスタンの上で軍事的に多くを助けていません。

これは、オバマが十分に説得力がなかったためではありません。

それは、彼らがそれらに気づいていて、彼らが、それらの興味(そして、民主的社会が世論を持っていることによる(それは強くヨーロッパを横断してそのような補助に対してです))を保護するために行動するであろう時に、国家が興味を持っているためです。

オバマと同じくらいポピュラーで、象徴的に強力なものさえではなくどのリーダーもそんなに容易に変わることができません。


Pending his time in Istanbul and Ankara, Obama is about to complete a maiden world trip that obviously has to be called a success. Here in the States, the expedition seems to have gone down quite well among all but the 27% or so of people who fret that he's taking the US down the path to socialism. He opened what might someday be a very important door with Russia's Dmitry Medvedev, who called him "my new comrade" (that'll make the outlying 27% happy!). Abroad, the reception accorded to him and his wife has been gratifying indeed to the other 73% of us.


The majority of America is delighted to see that it once again has a leader who is respected and admired, and even loved, around the world. But beyond those surface images, the real lesson of the trip is that there is no magic pixie dust. There is only the pedestrian reality of long and difficult work and diplomacy. North Korea will abandon its nuclear ambitions, if at all, when the US and other six-party member nations put a deal on the table that all sides can accept. India and Pakistan will come to terms on Kashmir only when the US brokers a deal that makes it in their interests to do so. And so on and so on and so on. This will take time, and it will happen far away from television cameras.


Meanwhile, Obama's popularity can at least give him more authority to start these processes than Bush ever had. There's an old saying in American politics, something about how you can bring 'em to the prom but you can't make 'em dance. Obama can use his standing to get Pakistan and India, Israel and the Palestinians, Iran, Syria and maybe even North Korea into the ballroom. Getting them to dance will be the work of years.


イスタンブールとアンカラの彼の時間まで、オバマは、まさに明らかに、成功と呼ばれる必要がある未婚の世界旅行を完遂しようとしています。

アメリカのここでの遠征は、彼が社会主義へのパスの下に米国を取っていることにいらいらする人々の27%かそこらを除いたすべての間でまったくうまく降りたようです。

彼を、「私の新しい同僚」(それは外部の27%を幸福にするでしょう!)と呼んだロシアのドミトリー・メドベージェフと、彼は、いつか非常に重要なドアであるかもしれないものを開きました。

外国で、彼と彼の妻に与えられたレセプションは私達の他の73%まで実に満足でした。

アメリカの大多数は、それがもう一度、尊敬されて、賞賛されていて、世界中で愛されてさえいるリーダーを持っているとわかって嬉しい。

しかし、それらの表面のイメージを越えて、旅行の本当のレッスンは、魔法の小妖精塵が全然ないことです。

長く、難しい仕事と外交の歩行者の現実だけがあります。

米国と他の6カ国が取引を、すべての側が受け入れることができるテーブルに置く時に、北朝鮮はあったとしてもその核の野心を捨てるでしょう。

米国が、そうするために、それらの興味においてそれを作る取引の仲介業を行う時だけに、インドとパキスタンはカシミールの上の折り合いがつくでしょう。

などなどなどで。

これには時間がかかるであろうし、それはテレビカメラからずっと離れて起こるでしょう。

その間、オバマの人気は、少なくとも彼に、これらのプロセスを始める、ブッシュがこれまでしたより多くの権限を与えることができます。

アメリカの政治において古いことわざがあり、どのようにあなたが彼らを遊歩道に連れて来ることができるかには、何かがあるけれども、あなたは彼らを踊らせることができません。

オバマは、舞踏室の中にパキスタンとインド、イスラエル、およびパレスチナ人、イラン、シリア、およびたぶん北朝鮮さえ入れるために彼の立ちを使うことができます。

彼らを、踊らせることは年の仕事になるでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR