FC2ブログ

ゾンビ法案「人権擁護法案」

ブログ鷹森
より


ビートたけしのTVタックル 「人権擁護法案特集」(2005/4/11放送)


ご存じTVタックル
で人権擁護法案が取り上げられましたので、ご紹介します。


なお、人権擁護法案を取り上げられたTVタックルおよび番組スタッフの方々にこの場で謝意を申し上げます。以下TV番組をできるだけ忠実にテキスト化したものです。耳で聞いており、結構聞こえにくい場面も多いので、もしかしたら聞き間違い等あるかもしれません。なお、()は私の個人的コメントです。


出 演 ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと、江口ともみ

ゲスト 片山虎之助、浜田幸一、三宅久之、舛添要一、安住淳、福岡政行

ナレーター 郷里、広中(このコーナーの担当がどちらかは不明)





江口ともみ「差別や虐待から人権を守ることを守ることを目的とした人権擁護法案、この法案第二の郵政と呼ばれるほど大きな火種を抱えているようです」


※発言者名省略は総てナレーション


人権擁護法案、差別や虐待など社会の陰に潜む人権侵害を、国が法律で救済しようとしている



法務省は再び、人権擁護法案の成立に動き始めた。



前回批判の強かったメディア規制は凍結、だが人権委員会はあくまで法務省の外局にすると譲らなかった。


人権委員会の権力は強大だ






人権委員会は差別の申し立てがあった場合、令状無しで家宅捜査、資料の押収、出頭要請まで行うことが出来る。



従わない場合は、30万円以下の罰金を科し、加害者の実名を公表すると言った社会的制裁まで加えることが出来る。


そんな法案の再提出にGOを出したのが、与党人権問題懇話会






推進派の筆頭には古賀誠氏





古賀氏「カメラさんこれでおわり」


 古賀氏が推進する理由、それはかねてから法案成立を目指す公明党と補選での選挙協力を引き替えに、成立を既に約束してしまったのだとか・・・。




また人権擁護法案は、戦友・野中氏がやり残した最後の政治課題。


それを託された古賀氏。まさに、今もって老兵は死なず。


だが、そんな古賀氏の前に、この男が立ちふさがった。






安倍氏「最近自民党が、少しほんとうの保守党とは思えないような政策を展開しているではないか、という批判がございます。その中の一つが、例えば人権擁護法案でございますが」(カット入る)「法案を提出をし、そして成立させてはならない。こう思います」


安倍氏が問題にしたのは、国籍条項




法案では、人権侵害を調査する人権擁護委員を日本人に限定するという国籍条項が無い。つまり、在日外国人でも人権侵害の調査に加わることが出来る。





安倍氏「例えば、北朝鮮 出身者の方々の人権を守っているのは、朝鮮総連という事になって、その方々がですね、人権擁護委員になる、という事になります。そうなれば、私なんか真っ先に、人権侵害を行っている事にされる危険性と言うのはですね、これは、やはり、ま”ある”んですね」


この問題に与党は揺れた


古賀氏「未だ法務部会の最初の関門を突破できずにいる訳でございます。大変、一緒にやらせていただいております与党公明党の皆様方には、申し訳なく思っております」




劣勢の古賀氏

さらに思わぬ相手から反対の狼煙が上がった

古賀氏の同志、平沼赳夫拉致議連会長が反対に回った。




今月4日、都内で開かれた緊急集会では市民1300人を前に平沼氏は気勢を上げた。




平沼氏「北朝鮮の国籍を、それを有する人たちがですね、正当な言論を封殺する、そういう危険性がある訳でありまして」




翌日、平沼氏は自らが会長となり、人権擁護法案に反対する勉強会を立ち上げた。会には、安倍氏も顧問として参加をしており、古賀氏に対して安倍・平沼の共闘態勢ができあがったことになる。



渦中の平沼氏が、古賀氏との関係について語った。


平沼氏「いやぁ私しとね、えー古賀元幹事長はですね、同期当選ですしね、それからまぁ年は私が一つ上で、彼が一つ下です。それから志士の会で同志として、ほんとに連携を密にしてやってます。だから、私は古賀氏のですね、たいへん苦労もよく分かる訳です。彼は彼で、一つは使命感を持って一生懸命やってますから、私しもそういう中で、あのー私の考えをですね、彼には伝えながら、整合性を求めてね、そしてしっかりした案が出来れば最善だと思う。だからまぁ、古賀氏の苦労も私は非常によく理解しています。」(カット入る)「まぁ、二人合意してますから、目くじら立てて対立なんてそういう事じゃないです」



蛇足


この人権擁護法案に似たような法案は各党にありますが、唯一日本共産党だけ反対なのです・。自民党も選挙で多数を占めたことにより、反対派が多数となっているようだが、相変わらず社民、公明、民主左派、自民左派は虎視眈々と狙いを定めている・まるでゾンビのように。利権拡大と強権発動、うるさいマスコミやネットのアホドモを規制し、取締る事を目的にしている。自分らにとって都合のいい情報操作が可能になる。が、後で利権屋のお出ましにより、外国籍の人間にいい様に利用される。日本などという国籍などどうでもいい輩に利用されるのである。宗教は心の問題だ、人権や利権を広げる為のものではない。不正を自ら行い、売国を働くものなどもっての他の所業である。外国人は郷に入れば郷に従うことだ・嫌なら帰国すればいい訳である。日本よりましな国があれば、そちらに行く事である。そんな能天気な国など無いと知るだろう・。ところで、TVタックルのスポンサーはなぜか在日系と言われる企業ばかり、リーブ21やアイフルなど・。


いずれこの話に触れなくなるのかい・??

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR