FC2ブログ

国連の政治宣伝組織IPCCの地球温暖化ファンタジー

Rise of sea levels is 'the greatest lie ever told'

The uncompromising verdict of Dr Morner is that all this talk about the sea rising is nothing but a colossal scare story, writes Christopher Booker.

海水面の上昇は‘これまでに言われた最も大きな嘘’です。

モーナー博士の妥協しない判断は、海の上昇についてのこのすべての話が巨大な恐ろしい話以外の何でもないことであるとクリストファー・ブッカーは書きます。


Christopher Booker

Last Updated: 6:31PM GMT 28 Mar 2009

If one thing more than any other is used to justify proposals that the world must spend tens of trillions of dollars on combating global warming, it is the belief that we face a disastrous rise in sea levels. The Antarctic and Greenland ice caps will melt, we are told, warming oceans will expand, and the result will be catastrophe.


Although the UN's Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) only predicts a sea level rise of 59cm (17 inches) by 2100, Al Gore in his Oscar-winning film An Inconvenient Truth went much further, talking of 20 feet, and showing computer graphics of cities such as Shanghai and San Francisco half under water. We all know the graphic showing central London in similar plight. As for tiny island nations such as the Maldives and Tuvalu, as Prince Charles likes to tell us and the Archbishop of Canterbury was again parroting last week, they are due to vanish.

1つの物がどのように他よりももっと、世界が、数十兆ドルを、地球温暖化と戦うことに使わなければならないという提案を正当化するために使われるならば、私達が海水面における悲惨な上昇に直面していることはその信念です。

南極とグリーンランドの氷冠は溶けるであろうし、私達は聴かされ、暖まる海洋は拡大するであろうし、結果は大災害になるでしょう。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2100年に59cm(17インチ)(20フィートについて話し、水面が上海とサンフランシスコなどの都市のコンピュータ・グラフィックスを半分で示して、不自由な真理がずっと遠くまで行った彼のアカデミー賞受賞のフィルムの中のアル・ゴア)の海水面上昇を予測するだけであるけれども。

私達はみな同様な状態においてロンドンの中心部を示しているグラフィックを知っています。

モルジブとツヴァルなどの小さな島国については、チャールズ皇太子が、私達と大司教に、再び、おうむ返しで先週カンタベリーにおいて言うことが好きな時に、それらは、消滅する予定です。


But if there is one scientist who knows more about sea levels than anyone else in the world it is the Swedish geologist and physicist Nils-Axel Morner, formerly chairman of the INQUA International Commission on Sea Level Change. And the uncompromising verdict of Dr Morner, who for 35 years has been using every known scientific method to study sea levels all over the globe, is that all this talk about the sea rising is nothing but a colossal scare story.


Despite fluctuations down as well as up, "the sea is not rising," he says. "It hasn't risen in 50 years." If there is any rise this century it will "not be more than 10cm (four inches), with an uncertainty of plus or minus 10cm". And quite apart from examining the hard evidence, he says, the elementary laws of physics (latent heat needed to melt ice) tell us that the apocalypse conjured up by

Al Gore and Co could not possibly come about.


しかし、世界の他の誰よりももっと、海水面を知っている1人の科学者がいます、それはスウェーデン地質学者と物理学者ニルス・アクセルモーニングセックス(海水面変化におけるINQUA国際委員会の以前会長)です。

そして、35年間、地球の至る所で海水面を調べるためにすべての既知の科学的方法を使っていたモーナー博士の妥協しない意見は、海の上昇についてのこのすべての話が巨大な恐ろしい話以外の何でもないことです。

変動にもかかわらず、上昇だけでなく下降で、「海は上がっていません」と彼は言います。

「それは50年間上がりませんでした」。

今世紀に上昇があるならば、それは「プラスマイナス10cmの不確実性によって10cm(4インチ)より多くにならない」でしょう。

彼は、そして、まったく、確かな証拠を検討することは別として、物理学の基本法則(氷を溶かすために必要であった潜熱)は私達に、アル・ゴア アンド・カンパニーによって呼び起こされている黙示がどのようにも発生することができなかったと知らせていると言います。

The reason why Dr Morner, formerly a Stockholm professor, is so certain that these claims about sea level rise are 100 per cent wrong is that they are all based on computer model predictions, whereas his findings are based on "going into the field to observe what is actually happening in the real world".


When running the International Commission on Sea Level Change, he launched a special project on the Maldives, whose leaders have for 20 years been calling for vast sums of international aid to stave off disaster. Six times he and his expert team visited the islands, to confirm that the sea has not risen for half a century. Before announcing his findings, he offered to show the inhabitants a film explaining why they had nothing to worry about. The government refused to let it be shown.


Similarly in Tuvalu, where local leaders have been calling for the inhabitants to be evacuated for 20 years, the sea has if anything dropped in recent decades. The only evidence the scaremongers can cite is based on the fact that extracting groundwater for pineapple growing has allowed seawater to seep in to replace it. Meanwhile, Venice has been sinking rather than the Adriatic rising, says Dr Morner.


モーナー博士、以前ストックホルムの教授がとても確信している、海水面上昇についてのこれらの主張は100パーセント悪い理由は、それらがすべてコンピュータモデル予測に基づくのに対して、彼の発見が「何が実際現実の世界の中で起こっているかを観察するためにフィールドに入ります」に基づくことです。

海水面変化における国際的な委員会を運営する時に、彼はモルジブの特別なプロジェクトをスタートしました(そのリーダーは20年間、災害を食い止めるために国際的な援助の巨額を要求していました)。

海が半世紀間上がらなかったことを確認するために、彼と彼の専門家のチームは島を6回訪問しました。

彼の発見を発表する前に、彼は、住民に、なぜ彼らに、何も心配することがないかを説明しているフィルムを見せることを申し出ました。

政府は、それを示されることを断りました。

同様に、ツヴァル(そこで、ローカルなリーダーは、住民が20年間避難させられることを要求していました)に、何かが最近の数十年で落ちたならば、海に沈みます。

デマを飛ばす人が引用することができる唯一の証拠は、パイナップル成長のための抽出地下水が、それを取り替えるために、海水が漏出する可能にした事実に基づきます。

その間、ベニスはアドリア海上昇というよりも沈みであったとモーナー博士は言います。

One of his most shocking discoveries was why the IPCC has been able to show sea levels rising by 2.3mm a year. Until 2003, even its own satellite-based evidence showed no upward trend. But suddenly the graph tilted upwards because the IPCC's favoured experts had drawn on the finding of a single tide-gauge in Hong Kong harbour showing a 2.3mm rise. The entire global sea-level projection was then adjusted upwards by a "corrective factor" of 2.3mm, because, as the IPCC scientists admitted, they "needed to show a trend".


When I spoke to Dr Morner last week, he expressed his continuing dismay at how the IPCC has fed the scare on this crucial issue. When asked to act as an "expert reviewer" on the IPCC's last two reports, he was "astonished to find that not one of their 22 contributing authors on sea levels was a sea level specialist: not one". Yet the results of all this "deliberate ignorance" and reliance on rigged computer models have become the most powerful single driver of the entire warmist hysteria.


?For more information, see Dr Morner on YouTube (Google Morner, Maldives and YouTube); or read on the net his 2007 EIR interview "Claim that sea level is rising is a total fraud"; or email him ? morner@pog.nu
? to buy a copy of his booklet 'The Greatest Lie Ever Told'

彼の最も衝撃的な発見の1つは、IPCCが、1年に2.3mm上がっている海水面を示すことができた理由でした。

2003年まで、それ自身の衛星ベースの証拠さえ上昇傾向を全然示しませんでした。

しかし、突然、IPCCの賛成されているエキスパートが2.3mmの上昇を示している香港港の1つの検潮器の発見を活用したので、グラフは上方に傾きました。

全体グローバル海面投射は、その時、上昇に、2.3mmの「矯正のファクター」として、それゆえ IPCC科学者が認めた「傾向を示すことが必要です」により調整されました。

私が先週モーナー博士と話した時に、どのようにIPCCがこの重要な問題について恐怖感に与えたかで、彼の継続する狼狽を表現しました。

IPCCの最後の2つのリポート「専門家の評者」として作動するように頼まれる時に、彼は「海水面でそれらの22人の貢献する作者のうちの1人が海水面専門家ではなかったと気付いて驚きます」。それでも、装着されたコンピュータモデルへのこのすべての「故意の無知」と依存の結果はワーミストヒステリー全体の単独で最も強力なドライバーになりました。

詳細についてはYouTube(Googleモーニングセックス、モルジブ、およびYouTube)上でモーナー博士に会えます;

または、彼の2007年のEIRインタビュー「海水面が上がっているという主張は全くの詐欺行為である」をネットの上で読めます;

または、彼の小冊子‘最も大きな嘘はこれまで話しました’のコピーを買うために、彼にmorner@pog.nu
をメールします。

Fined, frozen and now jailed


The Marine Fisheries Agency was certainly onto a winner when it enlisted the aid of the Assets Recovery Agency in its ruthless war against our fishermen. In December 2007 Charles McBride and his son Charles, from Kilkeel in Northern Ireland, were fined £385,000 for under-declaring catches of whitefish and prawns in the Irish Sea, threatening the loss of their homes and boat. But the Assets Recovery Agency, using powers designed to recover money from drug dealers, also froze all their assets. To pay the fines, the McBrides tried to borrow against their assets. Now, for this effort to pay the fines, Liverpool Crown Court has sentenced the two men to two and three months in gaol for “contempt of court”.


精錬されて、凍結されて、今拘留されます

それが私達の漁師に対するその無情な戦争において財産回復エージェンシーの援助を求めた時に、海水産庁は確かに金の卵を得ていました。

彼らの家とボートの損失を脅かして、アイルランド海の白身魚とクルマエビの宣言捕獲物のための澄んだ£385,000は2007年12月のチャールズ・マクブライドと北アイルランドのキルキールからの彼の息子チャールズの中にありました。

しかし、財産回復エージェンシーは、麻薬売人からお金を再生するようにデザインされた能力を使って、またすべての彼らの資産を凍結しました。

罰金を支払うために、マックブリッジェスは、それらの財産に対して借りようとしました。

さて、罰金を支払うこの努力のために、リバプール刑事裁判所は「法廷侮辱」のための刑務所に懲役2ヶ月と3ヶ月を2人の人に宣告しました。

Blown away


The Climate Change Secretary, Ed Miliband, timed his jibe impeccably last week when he said that opposing wind farms is as “socially unacceptable” as “not wearing a seatbelt”. Britain’s largest windfarm companies are pulling out of wind as fast as they can. Despite 100 per cent subsidies, the credit crunch and technical problems spell an end to Gordon Brown’s £100 billion dream of meeting our EU target to derive 35 per cent of our electricity from “renewables” by 2020.


Meanwhile the Government gives the go-ahead for three new 1,000 megawatt gas-fired power stations in Wales. Each of them will generate more than the combined average output (700 megawatts) of all the 2,400 wind turbines so far built. The days of the “great wind fantasy” will soon be over.

吹き飛ばされます

彼が、風力発電地帯に反対することが、「シートベルトを着用しません」と同じくらい「社会的に受け入れ不可能です」であると言った時に、気候変動セクレタリー、エド ミリバンドは先週無欠に彼の嘲笑を調節しました。

英国の最も大きな風力発電基地会社は、できる限り速く風力から撤退しています。

100パーセントの補助金にもかかわらず、信用収縮と技術的問題は、ゴードン・ブラウンの2020年までに私達の電気の35パーセントを「再生可能エネルギー」から引き出すために私達のEU目標を満たす£1000億夢の終わりを綴ります。

その間、政府はウェールズの3つの新しい1,000メガワットのガスの火発電所のために進行許可命令を与えます。

彼らのそれぞれはこれまで築かれたすべての2,400個の風力タービンの結合された平均的なアウトプット(700メガワット)より多くを生成するでしょう。

「大きな風ファンタジー」の日々はすぐ終わるでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR