FC2ブログ

Freedom

Ron Paul: The Freedom Fighter



概要訳
映画ブレイブハートにおいて、俳優メル・ギブソンは、実際、スコットランドで現実のヒーロー、愛国者、および自由の闘士であったウィリアム・ウォレスの物語をスターにしました。
ウォレスはスコットランド独立の戦争でイギリスの占領されたスコットランドに対して愛国者の結集を導きました。
何か同様なことがちょうど今アメリカで起こっています。
ロン・ポールは米国のウィリアム・ウォレスです。
彼は憲法の自由…その自由…のキャンペーンにおいて走っています。
大企業がすべてを取り仕切る中で私達は今を生きています。
あなたは、「連邦準備銀行」が実際政府の中に単にからみ合わせられた民間会社であると知っていましたか?
あなたが以前に考えたかどうかにかかわらず、連邦準備銀行は本当に連邦ではありません。
私達がテレビで見るもの店で買うものをコントロールする少数のエリート組織が実際あります;
そして どのようにして私達は特定のなんとかに保険をかけますか;
しかし--数において小さいがこれらの組織はサイズにおいて広大です。
これらはその複合企業です。
それらは持株会社の多くが子会社です。それはその時子会社などを保持します。
ニュース株式会社、ゼネラル・エレクトリック、およびBerkshire Hathawayはほんのわずかの例です。
GEが電球と家電製品を作っただけの古き良き時代に、何が起こりましたか?
メディア複合企業は、あなたがニュースで見るものをコントロールしたいと思っていて、それらは特に選挙の時の起こります。
メディアは、憎悪ロン・ポールを凝集させます。
なぜ?
彼がグローバルなエリートに気づいていることによる、世界をコントロールしたい少数の会社。
ロン・ポールは、欧州連合に類似している北アメリカユニオンを結成する動きの計画があることに気づいています。
いいえ、それは陰謀説ではなく、それはたとえどのように偉い役員によって否定されても事実です。
そして、それが真実でなくても、彼らが彼にしてほしいことをしないので、彼らがロン・ポールを憎悪しているだけであると言ってさしつかえない。
それは、ロン・ポールを除いたすべての大統領候補が1つ以上の複合企業のためのインサイダーであるためです。
基本的に、複合企業は、ロン・ポールが大統領になったならば、それらが貨幣で利益を得るであるから従って彼を止めるためにそれらの企業は憎悪を持っています。--、それら企業ができる限りのことをすると信じません。
これらのメディア複合企業は法律を犯しますか?
それらは法律ではNoです。
このビデオの中で、私は映画ブレイブハートをアメリカの同様な状況と比較します:
ロン・ポールはアメリカのための希望です。
今からでも決して遅すぎることはありません。
私は、インターネットでロンポールのためにできる限りのことをすることによって私の役割を果たしています。
これらの映画は助けになります。
私が私の映画によって1人の考えを変えても、それは成功になるでしょう。
どうぞ、ロン・ポールのキャンペーンオフィシャルサイトを訪問してください:
http://www.ronpaul2008.com/

蛇足
Freedom:精神の自由を通して行動の自由を保証する。日本国憲法にも保証している権利ですが。思想信条、宗教、結社の自由を日本国ではき違えていませんか?
日本の全野党はあえてFREEDOMが入っていない、自民党もかろうじて入っているが、日本国の政党は啓蒙政党なのであろう・。既存政党の正味期限は切れている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

日本における憲法の自由なんてGGQの管理下に於いて作られた絵に書いた餅ですから(笑)

2 ■Re:無題

>oidan-naさん
フィリピン用の憲法の手直しですから。属国用なのでしょうね・。すべてがマニュアルだけの国ですしね・。考えて行動できなくなっております・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR