FC2ブログ

hotel californiaの歌詞の謎「ホテルの門扉 は次なるところ?への扉」

hotel california



On a dark desert highway, cool wind in my hair
Warm smell of colitas, rising up through the air
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night
There she stood in the doorway;
I heard the mission bell
And I was thinking to myself,
'This could be Heaven or this could be Hell'
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say...


Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely fa
heard the mission bell
And I was thinking to myself,
'This could be Heaven or this could be Hell'
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say...


Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
Plenty of room at
l
And I was thinking to myself,
'This could be Heaven or this could be Hell'
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say...


Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year, you can find it here


Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes bends
She got a lot of pretty, pretty boys, that she calls friends
How they dance in the courtyard, sweet summer sweat.
Some dance to remember, some dance to forget


So I called up the Captain,
'Please bring me my wine'
He said, 'We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine'
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say...


Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
They livin' it up at the Hotel California
What a nice surprise, bring your alibis


Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice
And she s
aptain,
'Please bring me my wine'
He said, 'We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine'
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say...


Welcome to the Hotel California
Such a lovely place
Such a lovely face
They livin' it up at the Hotel California
What a nice surprise, bring your alibis


Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice
And she said 'We are all just prisoners here, of our own device'
And in the master's chambers,
They gathered for the feast
The stab it with their steely knives,
But they just can't kill the beast


Last thing I remember, I was
Running for the door
I had to find the passage back
To the place I was before
'Relax,' said the night man,
We are programmed to receive.
You can checkout any time you like,
but you can never leave!


暗く寂しいハイウェイ
涼しげな風に髪が揺れる
コリタス草の甘い香りがほのかに漂い
はるか前方には かすかな灯りが見える
頭は重く 視界かすむ
どうやら今夜は休息が必要だ
礼拝の鐘が鳴り
戸口に女が現れた
僕はひそかに問いかける
ここは天国? それとも地獄?
すると 女はローソクに灯を灯し
僕を部屋へと案内した
廊下の向こうから こう囁く声が聞こえる

ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり

ホテル・カリフォルニアは
数多くのお部屋をご用意して
あなたのお越しをいつでもお待ちしています
ティファニーの宝石のように繊細で
高級車のように優雅なその曲線美
美しいボーイたちはみな
彼女たちに心を奪われている
中庭では香しい汗を流して
ダンスを踊っている人々
思い出を心に刻もうとする者
すべてを忘れるために踊る者

そこで僕は支配人に告げた
「ワインを持ってきてくれないか」
すると彼は「そのようなスピリットは1969年以降一切ございません」
それでも人々が深い眠りについた真夜中でさえ
どこからともなく 声が聞こえてくる


ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
どなたもホテルでの人生を楽しんでいらっしゃいます
口実の許すかぎり せいぜいお楽しみください
鏡を張りめぐらせた天井
グラスにはピンクのシャンペン
誰もが自分の意思で囚われの身となった者ばかり
やがて 大広間では祝宴の準備がととのった
人々は 鋭いナイフを突き立てるが
誰ひとり内なる獣を殺せない


気がつくと僕は出口を求めて走りまわっていた
もとの場所に戻る通路を
なんとかして見つけなければ・・・
すると 夜警がいった
「落ち着いて自分の運命を受け入れるのです
チェック・アウトは自由ですが
ここを立ち去ることは永久にできません



★「ワインを持ってきてくれないか」すると彼は「そのようなスピリットは1969年以降一切ございません」……
1969年とは『ウッドストック』があった年です。アメリカにおいてRock産業が大きく変わった年なんです。
1969年以降は「ロック魂」をもったアーティストなんて居ないと皮肉っています。
(確かに商業主義に走ったモノ達が多くなり)
「Rock=ビッグ・マネー(お金)」が稼げる!…そんな風潮がありましたね。
彼らははっきりと言っています。「1969年以後は本当の意味でのロッカーなんて居やしない」と、ネ!


★「チェック・アウトは自由ですが、ここを立ち去ることは永久にできません」……

……と、ここまで書いておいて…もったいぶっているのではないが、
私の想像を書くよりも、ある人のインタビュー記事を掲載したいと思います。



「この曲の意味については、彼らは誰にも語ってないと思いますよ。曲を聞けば分かるだろう、という態度だったからね。しかし、ドン・ヘンリーは私には重要なことを語っています。この曲は自伝的なメッセージを伝えるためのものだった、と。自分の夢に嵌(はま)ってしまい、現実が見えなくなると大きなツケをはらうことになる、そんな警告のメッセージなんだ、と言っていました。

つまり、『夢と現実の落差』を表現したのさ

「ああ、もちろん。誰でも皆人生のそれぞれの時期にチェック・インしているんじゃないのかな。私は幸運なことに生き残っている。私は、以前よりも強くなっていると思うよ。」
「ホテル・カリフォルニア」。誰もがある日、その入口に立つことになるのかもしれない。
そのときあなたは、チェック・インするだろうか。


蛇足
何度聴いても意味深な歌詞である。天国の門か地獄の門か、はたまた異次元への扉か? 謎めいた歌詞がヒットの要因でしょうが、原作者がその謎を明かさないので、ますます意味深となる。
チェックアウトはできるが、立ち去ることはできない。囚われの身になっている主人公という想定。
謎の女性ときらびやかなお客たち、そして何とも愛想のないホテルの従業員。
1969年に意味があるのであろう。数字は6と9の運命の転生を表しているのだろうか?


「新世界秩序計画1969
ロックフェラーの関係者が1969年に新世界秩序の計画を漏らす。」

若干蛇足
若干蛇足

若干蛇足
黒い噂とは・・・
Hotel California・・・実はこの曲は「悪魔の歌」と言われてるのです。
伝説的な黒魔術師「アレイスター・クローリー」に次ぐ
最も危険な黒魔術師「アントン・ラヴェイ」。
この曲は「アントン・ラヴェイ」に大きな影響を受け、
彼のサブリナル・メッセージが入っているのです・・・・
歌詞を見ればわかると思いますが、非常に奇妙で意味不明な詩なのです・・・・

詩の中に「1969年以来ワインは置いてない」とある。
当時、1969年は何の年か話題になったが謎のままに終わった
実はこの1969年にはアントン・ラヴェイが「悪魔の聖書」
という悪魔崇拝者のバイブルとなる本を出版した年なのである!
で、この本と先程の詩がどう関係するかというと・・・ワイン。
ワインが持つ宗教的意義は大きい。(カトリックのミサでは
ワインはキリストの血に聖変化する)
1969年以来、ホテル・カリフォルニアにはワインが無い・・・・

ということは、「悪魔の聖書」が出た1969年以来
ホテル・カリフォルニアでは、キリスト教の聖霊はいなくなり
悪魔(サタン)の天下だ!というメッセージになるのだ。
さらに、この曲の最後の部分に
「いつでもチェックアウトは出来るが、ここからは出られない」
という、意味不明な詩がある。
入ったが最後、2度と出られない・・・まるで何かの組織のようだ・・・・

この曲はなぜ「Hotel California」というタイトルなのか?
ホテル・ヴァージニアでもホテル・フィラデルフィアでもよかったはず・・・
1966年アントン・ラヴェイはサタン教会なるものを設立した。
場所は・・・・・カリフォルニア!
そう、ホテル・カリフォルニアとはこのサタン教会のことだったのだ!!
証拠もある。アルバムのジャケットに幽霊が映ってるという噂があるが
このアルバムのインサイドカバーには、ロビーにいる客を

見下ろすように2階の窓に人影が映っている。
この幽霊とされていた人影こそがアントン・ラヴェイなのである!
さらにさらに、この曲を逆回転させると
「サタンが助けてくれた」というサブリミナル・メッセージが入っているのである。
当時のイーグルスはこの曲によって長いスランプから抜け出したのだ。
それを陰から支えたのがラヴェイだったのだ・・・・
以上が「Hotel California」に隠された真相です。
非常に素晴らしい曲なのに、こんなダークな意味が隠されてるとは・・・
かなりコアな内容ですが
一部のロックとサタニズムがつながっているのは事実なのです・・・・



蛇足
沙汰にズムではなく、隠されたモノの象徴かも知れない?
デビル、サタン、ルシファーも一緒くたにしている。
若干蛇足
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

海外では歌詞によって売れたと言う事もあるかも知れないけど日本では音楽じたいだと思いますよ。12弦ギターによるイントロはかなり印象的で心に響きます。歌詞の意味はまったくわからなかったけど大好きな曲でした。まあ海外の曲の歌詞は理解できないような言い回しがあるから(笑)

2 ■会社のヒトが

カラオケで歌ってるのを聞いたけど・・・
日本人が英語で歌うとヘタでビックリw

和訳すると英語の歌詞もヘンな意味合いになり
ますよね?

3 ■Re:無題

>おいだんなさん
何かとのつながりで、できた曲かもしれない?。≧(´▽`)≦

4 ■Re:会社のヒトが

>おいちゃんさん
意味深な曲ほど流行るのでしょう??(^O^)/
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR