FC2ブログ

政局を作り出す人々・。

「世に倦む日日」さんより


2008-09-07





若干蛇足


本日の番組のハイライトは、星浩(朝日新聞)が言い放った総選挙の争点に絡む問題発言だった。「えー、このままでは選挙の争点は政権交代の是非を問う選挙だということになってしまいますねえ」という大胆な言葉。ブログの読者は「来たーっ!」と思われたのではないか。何度も繰り返し述べているように、選挙の勝敗を分けるキーはマスコミ報道によって設定される「争点」なのである。争点の設定何如で勝敗は自ずから流れが決まってしまう。勝利する側と敗北する側が事前に決められる。流れが一度出来上がると、争点において不利な立場に立った側は劣勢を容易に覆せない。そして、何度も言っているとおり、選挙の争点を公式に設定するのはマスコミ権力なのである。新聞とテレビがそれを決める。他の介入を許さない。すなわち、今度の総選挙においては、朝日新聞は「政権交代の是非」を争点として報道するということを星浩が宣言したのだ。言わずもがな、民主党を勝たせるという意味である。この発言は大きい。


星浩は、自社(朝日)の争点設定を覆せる対案があるなら、きちんと逆襲してみろと自民党に迫ったわけで、二代続けて政権放棄した自民党の責任という背景と根拠からも、この主張には世論の同意を得る確かな説得力がある。売名動機だけの幕下の小者たちが「改革継続」を声高に叫んでも、そんな小僧の戯言は争点にはならない。今後、麻生太郎と与謝野馨が本格的な政策討論でどれだけ「争点」の基軸を出せるかが問われるが、星浩の表情は自信満々で、もはやこれ(政権交代を問う選挙という定義づけ)を切り崩して、別の「争点」で世論を説得する力は自民党にも読売にも日経にもないだろうと達観している様が看て取れた。朝8時からの日本テレビの番組(徳光和夫の「ザ・サンデー」)でも、きわめて異例なことに自民党批判の政治解説が上がっていて、報道世界の中での空気が政権交代へと傾いている状況が感じられる。今後、麻生太郎と与謝野馨の討論が始まった後、TBSのみのもんたと岸井成格、そして田勢康弘とテレビ朝日の古館伊知郎がどう報道の舵取りをするのか注目される。








2009年9月1日


星浩の倒錯発言 - 「自民党は『小さな政府』で対立軸を作るべき」.






蛇足


星浩の言うように政権交代のフレーズは1年以上前から、朝日主導で広めていたお題目でした。


まあ、それはともかく、その朝日は次に新自由主義(竹中など)の復活に力を入れつつあるのであろうか? ともかく、外野が民意を左右するのは如何なものか?曲がりなりにも民主政権が発足して実績を見る時にである。近い将来、揺さぶりをかける為に動くのであろうか? 出来レースでは困るのだ・。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■今回の

選挙では国民は民主党を選んだと言うより今の自民党ではあかん!と言う事ではないか?たぶんそんなに変わらないと国民も思ったからできた事。元は自民の半端もんの集まりだから(笑)しかしいきなり党首の論文がアメリカで問題になってますね。2枚舌君でいつまでもつのか?

2 ■そうです・。

今回、私の知人が民主党で当選しましたが、まだまだ、予断を許せないでしょうね・。

3 ■色んな意味で-

今は政治が熱い時期ですな?W

4 ■Re:色んな意味で-

>おいちゃんさん
マスコミが振り回す事には意義ありです・。
('-^*)/
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR