FC2ブログ

罪を憎んで、人を憎まず・。

「非姉歯」拡大なら底なし 国交省、木村の169件重点調査

警視庁などが建築基準法違反の容疑で関係先の一斉捜索に着手した耐震偽装事件は、十一月十七日の国土交通省による公表以降、深刻さの度合いを深める一方だ。偽装確認された「姉歯物件」は七十八件。しかし国交省は偽装が姉歯元建築士が関与した物件以外に拡大する事態を恐れており、木村建設の物件を重点調査。「姉歯以外の木村物件」から偽装が確認されれば、問題は“底なし”の最悪事態に陥る。

 コストダウンが売り物の総合経営研究所。その手法に習熟した木村建設が、総研と離反し、ホテルからマンションへと受注の軸足を移動させたことが、偽装の拡散を招いたのではないか-との見方を国交省などは強めているようだ。

 総研譲りの格安施工を拡散させた木村建設は、一連の偽装問題の“キーマン”ともいえる存在。問題が姉歯氏の個人的な色彩が強いものか、それとも木村建設の主導が認められるかの見極めには、木村建設が関与した全物件の状況を調査することが不可欠だ。

 国交省が木村建設を立ち入り検査したのは十四日。この中で、同社が昭和六十二年以降、建築工事を約三千件手がけていたことをつかんだ。だが、資料がそろっていないものが多く、物件種類や施工時期といった基礎情報が特定できているのは二百二十九件のホテルやマンションだった。

 二百二十九件のうち、姉歯氏が構造計算にかかわった「姉歯物件」は六十件。「非姉歯物件」は百六十九件と分かった。

 国交省は「非姉歯物件」百六十九件を重点調査対象に指定。偽装がないかどうか、再検査して二十六日までに報告するよう求めた。

 一方、十四日の証人喚問後、木村建設は施工した三十一ホテルの「積算対比表(ホテル)」を提出した。対比表によると、姉歯氏を含め五設計事務所が構造計算をしていたが、「非姉歯」十三ホテルでも「姉歯並み」の鉄筋量しかないことが判明。木村建設が他の設計士にも鉄筋量削減などコストダウンを迫っていた疑いが浮かんだ。

 このため国交省は、「非姉歯」十三ホテルの再調査を最優先調査対象とし、他の「非姉歯物件」に優先する形で、ホテルが所在する九都県に指示している。

 このほかにも国交省は、(1)「木村」以外の「総研物件」(2)「姉歯」以外の「平成設計物件」「ヒューザー物件」-についても調査に着手、「姉歯以外」での偽装の有無確認を急いでいる。「姉歯以外」での偽装が確認されれば、問題は姉歯固有のものではなく一般的な構図に広がってしまうことになり、日本の建築の信用が完全に崩壊する事態となる。偽装をめぐる状況はまだ沈静化にはほど遠い。

 

(産経新聞) - 12月21日2時47分更新


耐震偽装に別ルート?「木村・総研」以外11件


 耐震強度偽装事件で、姉歯秀次・元1級建築士(48)が構造計算書を改ざんした物件のうち、「木村建設」(熊本県八代市、破産)もコンサルタント会社「総合経営研究所(総研)」(東京都千代田区)も関与していない物件が11件以上あることが、20日わかった。


 うち6件は、開発会社「ヒューザー」(同)が建築主で、「スペースワン建築研究所」(港区)か「森田設計事務所」(世田谷区)が設計を元請けしていた。


 警視庁と神奈川、千葉両県警の合同捜査本部は20日、ヒューザーと2設計事務所も捜索しており、今後、この3者と姉歯元建築士の接点についても解明を進める方針だ。 これまでに国土交通省が公表した強度偽装物件は計78件。うち木村建設が下請けを含めて施工した物件は42件。総研がホテル開業を指導した物件は24件で、双方が関係した物件は10件になる。残り22物件のうち少なくとも11件は、木村建設も総研も関与していなかった。


 この11件のうち、ヒューザーが建築主となった分譲マンションが6件(未着工1件)を占める。元請け設計は4件をスペースワン、2件を森田設計が担当しており、姉歯元建築士はその下請けとして構造計算を行っていた。


 木村建設は、篠塚明・元東京支店長(45)が姉歯元建築士に対し、鉄筋減らしを強く要請したことが、国会証人喚問などで明らかになっている。総研も、四ヶ所猛・チーフコンサルタント(67)が鉄筋減らしを促すメモを元請け設計会社に示していたことが判明している。


 だが、ヒューザー、スペースワン、森田設計の3者と姉歯元建築士との接点は、明確にはなっていない。森田設計の森田信秀社長(55)は読売新聞の取材に、「ヒューザーの人から姉歯さんを紹介された」と話したが、問題発覚直後の先月26日に自殺。スペースワン側も姉歯元建築士に下請け発注した経緯などを一切、説明していない。


 この3者の組み合わせによる耐震偽装物件は、ヒューザーなどと姉歯元建築士との関係を解明する糸口にもなるとみられ、合同捜査本部でも、ヒューザーと2設計事務所からの押収資料などの分析を急ぐ。


          ◇


 合同捜査本部は20日午後も、姉歯元建築士の建築基準法違反容疑で、100か所以上の捜索を続け、建築物確認申請書や関係図面など多数の関係資料を押収した。


 このうち千葉県市川市の姉歯元建築士の自宅兼事務所からは、ノートパソコンとプリンター、段ボール箱11個分の資料を押収した。


 姉歯元建築士は、受注した業務の概要や出納状況などを過去5年にわたってA4判ほどの大きさのスケジュール帳に書き留めていたことが、千葉県の立ち入り調査でわかっており、捜査本部はこのスケジュール帳も押収したとみられる。


 捜査本部は21日も、木村建設などに対する捜索を引き続き行う。

(読売新聞) - 12月21日3時6分更新



蛇足


姉歯だけが、認めて捜査がはじまりましたが・・。逃げれると踏んで、知らぬ存ぜぬを決め込む事が・・墓穴を掘っているのです・。さっさと罪を認めないと・・乾いた草原に火が回るように、止めれなくなりますよ・。


人を憎んで、罪を憎まずが、今回の事件だ・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR