FC2ブログ

インチキ金融制度:The bogus monetary system

Why Were Lessons of 1998 Mini-Crash Ignored?
なぜ1998年の小型クラッシュのレッスンは無視されましたか?

October 21, 2009
by Henry Makow Ph.D.

ヘンリーメイコー博士
$若干蛇足

The American financial system almost collapsed in 1998 when a hedge-fund, "Long Term Capital Management" went belly up. In a harbinger of 2008, banks had placed huge derivative bets on the Russian economy with LTCM.

The Fed forced 13 US and international banks to purchase the hedge-fund. Altogether $4.6 Billion was lost.

ヘッジファンド、「長期資本管理」が死んだ状態になった1998年に、アメリカの金融制度はもう少しで崩壊しそうになりました。
2008年の前触れにおいて、銀行はLTCMと莫大な派生した賭けをロシアの経済に置きました。
連邦準備局は、ヘッジファンドを購入することを13の米国の国際銀行に強制しました。
全部で、46億ドルは失われました。
A PBS Frontline Documentary "The Warning" magnificently shows that although the American (and world) economies are at stake, the Clinton and Bush Administrations refused to regulate the derivative market, and allowed it to grow to an eventual $595 Trillion during the housing bubble.
PBS最前線ドキュメンタリー「警告」は、アメリカ(そして世界)経済は賭けられているけれども、クリントンとブッシュの政権が、派生市場を調節することを断り、それが住宅バブルの間に最終の595兆ドルまで成長することを可能にしたことを壮大に示します。
Not only did they refuse to regulate the industry, they forced out Brooksley Borne, the Chair of the Commodities Futures Trading Commission, who had demanded action.  
彼らは、産業を調節することを断っただけでなく、彼らは、持ち運ばれたブルークスレイ(行動を要求した商品先物取引委員会の椅子)を押し出しました。
During the credit crisis last year, former fed chairman Alan Greenspan was hauled before Congress and asked why he had refused to regulate these markets. The documentary shows him confessing that he had been "mistaken." The "world view" that had guided him for 40 years --that markets were self regulating-- had been wrong.

What is shocking, and you can see this for yourself in this amazing documentary, Greenspan is making a Masonic "triangular" hand sign as he offers this confession.

昨年の金融恐慌の間に、前連邦準備制度会長アラン・グリーンスパンは、議会の前に引っ張られて、なぜ彼が、これらの市場を調節することを断ったかを尋ねられました。
ドキュメンタリーは、彼が「誤っていた」ことを白状するのを見せます。
40年--市場が自身の調節でした--の間彼を誘導した「世界観」は悪かった。
衝撃的で、あなたはこの驚異的なドキュメンタリーの中で自身のためのこれを見ることができて、彼がこの告白を提供する時に、グリーンスパンはフリーメーソン「三角の」手をサインさせています。
He is signaling to his fellow Illuminati that he knew exactly what he was doing. His confession was bogus.

Similarly, in the same documentary, Arthur Levitt, the Chair of the SEC at the time, makes the same sign while confessing he should have listened to Brooksley Borne
.
彼は、彼が何をしていたかを正確に知っていたと彼の仲間イルミナティに合図しています。
彼の告白はにせでした。
同様に、同じドキュメンタリーの中で、彼が持ち運ばれたブルークスレイを聞くべきであったのを白状する間に、アーサー・レビット(その時証券取引委員会の椅子)は同じ合図をします。

In other words, this dangerous high wire act is Illuminati policy. Brooksley Borne says in the documentary that we can expect more financial turmoil until the derivative markets are regulated.

Alan Greenspan, Robert Rubin and Lawrence Summers were in charge in 1998. Their then- deputies, Timothy Geitner and Ben Bernanke are in charge now. All are Fed or Goldman Sachs alumni. This is like asking cocaine addicts to regulate drugs.

The hand signs and the fact that no significant regulation has taken place, suggests that derivative market turmoil will be used again to bring down the US (and world?) economies, cause a depression and usher in the New World Order. Certainly "a new world order" was on everyone's lips during the last crisis.

すなわち、この危険な綱渡りはイルミナティの方針です。
持ち運ばれたブルークスレイは、派生市場が調節されるまで、私達がより多くの金融騒動を予期することができるとドキュメンタリーの中で言います。
アラン・グリーンスパン、ロバート・ルービン、およびローレンス・サマーズは1998年に担当していました。
それらの当時の代理人、ティモシーガイトナー、およびベン・バーナンキは現在担当しています。
すべては連邦準備局またはゴールドマン・サックスの卒業者です。
これは、コカイン常用者に、薬を調節するように頼むことに似ています。
どの重要な統制も起こらなかったという手合図と事実は、派生市場騒動が、再びアメリカ(そして世界?)経済を倒し、不況を起こし、新世界秩序を案内するために使われるであろうということを示唆します。
確かに、「新しい世界秩序」は最後の危機の間にみんなのくちびるの上にありました。
PBS is virtually a province of the Rockefeller empire. Yet this Frontline documentary is superb, what journalism should be. Apparently, the Illuminati is willing to stoke the anger of the US public at their mainly Jewish financial underlings.

Essentially the American people are disenfranchised. Their leaders are Freemasons who are dedicated to integrating the country into a world government run by Illuminati central bankers. This integration requires that the American standard of living (and economy) are downsized, and this is what is happening now.

PBSは事実上ロックフェラー帝国の領土です。
それでも、この最前線のドキュメンタリーは見事で、ジャーナリズムがそうでなければならないことである。
見たところ、イルミナティは、彼らの主なユダヤ人の金融の下っぱへの米国一般大衆の怒りを快くかき立てます。
本質的に、アメリカ人は公民権を剥奪されます。
それらのリーダーは、国をイルミナティ中央銀行総裁によって運営された世界政府に組み込むことに打ち込んでいるフリーメーソン会員です。
この統合は、アメリカの生活水準(そして経済)が小規模化されることを必要としていて、これは、現在起こっていることです。

Little Lies- Fleetwood Mac

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

よくわかりませんが?

2 ■Re:無題

>おいだんなさん
私物中央銀行を中心とした金融制度自体がインチキなものであるという証明です。
その制度の中ではマトリックスのように蠢く人民でしょう。もう、崩壊しつつありますが・・。(*^▽^*)

3 ■桁が。。。

46億とか595兆ドルとか・・・
思わず電卓を叩いてしまいましたww

4 ■Re:桁が。。。

>おいちゃんさん
数字だけの世界ですから、消えるのも早い・。
(・∀・)
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR