FC2ブログ

決着はいつ?

首相偽装献金「量的制限」でも捜査 平成16~20年に毎年1千万円超える


配信元:

2009/10/29 01:48更新

鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金問題で、偽装献金の原資とされる鳩山氏の個人資産が、少なくとも平成16~20年の5年間で毎年1千万円を超えていたことが28日、関係者への取材で分かった。政治家本人が1年間に献金できる上限を1千万円と定めた政治資金規正法の「量的制限」に抵触しており、鳩山氏の元公設第1秘書が、上限を超える鳩山氏本人の献金を隠すために偽装献金を行っていた疑いが浮上した。

東京地検特捜部も、総額で2億円近くに上る見通しとなっている政治資金収支報告書への虚偽記載の動機が、量的制限違反を免れるためだった疑いがあるとみて捜査を進めている。


 鳩山氏側はこれまでに、17~20年の4年間に献金された2177万8千円分が実際に献金していない人の名義を使った虚偽記載だったと認め、献金の原資については、政治資金が不足した場合などに備え、元秘書に預けていた鳩山氏の個人資産だったと説明。16~20年で計1億7717万500円計上されている個人名を記載する必要のない小口の「匿名献金」についても「鳩山氏の個人資産を充てた」と説明したとされる。


 関係者によると、これら総額で2億円近くに上るとみられる偽装献金の原資の大半が、鳩山家の資産管理を行う「六幸商会」(東京都港区)が管理する鳩山氏名義の口座と、鳩山氏個人の口座から引き出された資金だったといい、年単位では総額で1千万円を超えていたという。


 政治資金規正法は、1年間に資金管理団体に献金できる上限を定めており、政治家本人は1千万円、個人は150万円。




鳩山由紀夫故人献金

■政治資金規正法■


第22条の6

何人も、本人の名義以外の名義又は匿名で、政治活動に関する寄附をしてはならない。

第22条の3

何人も、第1項の規定に違反してされる寄附を受けてはならない。

(「知らなかった」は通用しない)

※政治資金規正法における罰則

1無届団体の寄附の受領、支出の禁止違反

・・・5年以下の禁錮

 
収支報告書の不記載、虚偽記載

・・・5年以下の禁錮 など

2公民権の停止








蛇足


小沢と鳩山も両方、虚偽記載であるので、片方だけでは片手落ちになる。当然、小沢にも手がおよぶ・。


しかし、検察への牽制は法務大臣により、規制がかけられるであろう。これでは民主主義ではない・。


小沢独裁に走るのであろうか?




他にも同じような議員は沢山いるのであろうから、なかなか先へ進めないのではないだろうか?




若干蛇足


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

結局元自民党ゆえのムジナ達ですから(笑)政党名変えただけの第二自民党ですから。たちが悪い奴等です。

2 ■Re:無題

>おいだんなさん
本当に困っている人に寄付をすれば、値打ちがありますが・・?γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR