FC2ブログ

当事者能力無し・・。

また二転三転 鳩山首相のトンデモ発言

11月16日1時53分配信 産経新聞




若干蛇足



 世間的にいえば、的中してうれしいのは馬券だったり、宝くじだったりするのでしょうが、的中して悲しいのは悪い予感です。


 以前、産経新聞で連載している持ち回りコラム「フロム・エディター」という欄で「日米関係で悪い予感する」と書き、それが当たってしまいました。(佐々木類)


 悪い予感は日米関係に暗雲が漂うのではないかというもので、鳩山由紀夫首相の発言の危うさを指摘したものでした。(参考までに文末に掲載させていただきます)。その鳩山さんは14日、訪問先のシンガポールで同行記者団に対し、13日に東京で行ったオバマ米大統領との会談合意をひっくり返すかのような発言をしてしまったのです。


 米国の本音は分かりませんが、驚き、怒るというよりあきれているのではないでしょうか。


 日米首脳会談では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を協議する日米閣僚級作業グループを設置することで合意しました。このグループについて大統領は13日、都内で行った演説で、「すでに達した合意を履行するためのものだ」と語っています。


 一方、鳩山さんは「オバマ大統領とすれば、日米合意を前提と思っていたいだろうが、それが前提なら作業グループを作る必要がない」と明言しました。


 日米トップに認識の違いがあるというよりも、米側にとっては、鳩山さんがトップ同士の合意をいとも簡単にひっくり返されたと受け止めたとしてもおかしくありません。


 自民党の石破茂政調会長は15日、記者団に「こんなことなら首脳会談をしない方がよかった」と強調した上で、「大統領の言ったことが合意の中身だと思う。首相は自分の言ってきたことと整合性を取るために合意をなかったと言ったとしか思えない」と指摘していました。


 身内の民主党議員で長島昭久防衛政務官も、15日のNHKの番組で、「オバマ大統領が『今の日米合意を迅速に実行する』と言ったにも関わらず、首相が(打ち消すような)話をして正直びっくりした」と述べています。


 対米関係に関する鳩山さんの発言はどうみても揺れています。10月10日、北京で行われた日中韓首脳会談の場では「いままでややもすると、米国に依存しすぎていた。アジアの一員としてアジアをもっと重視する政策をつくり上げていきたい」と語り、知人の米国人をギョッとさせました。


 かと思えば、10月24日にタイ・フアヒンで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳との会合では、東アジア共同体構想に関して鳩山さんは、問わず語りで、「新政権の外交政策として、日米同盟を外交の基軸と位置づけている」と米国の関与を示唆しました。前日にはわざわざ同行した松野頼久官房副長官に記者団を集めさせ、米国の関与について「極めて重要だ」と語らせています。


 普天間飛行場の移設問題でいえば、最終判断の時期をめぐってはまさに二転三転させています。こちらの頭が、どうにかなってしまったのではないかと思ってしまうほどでした。


 実際、10月16日には沖縄県名護市長選(来年1月)と県知事選(同11月)の間である来年半ばに決断すると明言したのに、それから日もそんなにたっていない23日には、「わたしは別に市長選の後でと言っているつもりはない。早く結論が出ればそれに越したことはない」と語って、市長選後に結論を出すとした自身の発言を修正しています。


 そして今回の同行記者団に語った発言です。鳩山さんは、「名護市長選の結果をみて方向性を見定めていく。知事選もある」と述べて決着を急がない考えを示しました。


 いったい、どちらなのでしょうか。


 タイでは「最後はわたしが決める」とリーダーシップを強調しましたが、米国や地元自治体が入り乱れてこれだけ揉めに揉めてるのだから、そんなの当たり前です。決断時期については11日、クリントン米国務長官からも岡田克也外相に対し、「この問題に絡んで不確実な状況が続くのは好ましくない。できるだけ早く結論を出すことが重要だと考えている」とクギを刺されています。


 国内相手ならまだしも、冷厳な力が支配する国際舞台で発言を二転三転させるようなことになれば、国益を著しく損ねることになりかねません。


 鳩山さんの発言をみていると、単にブレてるとか、揺れているとか、国会で野党が批判するレベルでは済みません。将来、とんでもない禍根を残す可能性があります。

 

~中略~


鳩山由紀夫首相は日米関係のあり方を再検討する考えを表明していますが、どこまで本気で「日米同盟が基軸」といっているのでしょうか。少なくとも普天間移設問題や海上自衛隊によるインド洋での補給活動など、これまでの日本政府の方針をひっくり返すやり方は、背信行為です。


 日米同盟はガラス細工に例えられますが、ゲーツ長官らの発言はすでにその一部が欠けてしまったことを示唆しています。最近、話をした外務省OBは大統領の来日中止の可能性を真剣に心配していました。


 「外交や安全保障政策は、一度の失敗が途方もない災厄を呼び寄せる」。東洋学園大の櫻田淳准教授の指摘をかみしめつつ、どこにいても、日米両首脳の言動を注視していくつもりです。





蛇足


沖縄米軍移転の件で、オバマ大統領の前で迅速に処理し、ワーキンググループにて・・次の日に簡単に翻す・。


名護市や外相に下駄を預け、本人はまったく責任は感じないという最悪の首相です・。これでは、民主党のパフォーマンス政権{新人(死人)議員の頼りなさ、財務官僚主導の仕分け・・トンチンカンの戦略室など)では日本の国益を損なうのは明かである。   政権選択は国民自体の責任ではあるが・・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

まあ最初からわかってた事ですが。
鳩山が首相ですから。
まだまだありますよ。
石原慎太郎の方が同じ問題発言したとしても気持ちのいい事でしょう!

2 ■無題

まあ最初からわかってた事ですが。
鳩山が首相ですから。
まだまだありますよ。
石原慎太郎の方が同じ問題発言したとしても気持ちのいい事でしょう!

3 ■無題

ほんとにこの人でよかったの?とよくおもう首相です。

4 ■まぁ~

誰がやっても こうやって文句?は出るンで
しょうから・・・仕方ないデスw

5 ■Re:無題

>おいだんなさん
少し認知症が入ってます・。(x_x;)

6 ■Re:無題

>ももさん
一度は首相になってみたいと思うのでしょう?(・∀・)

7 ■Re:まぁ~

>おいちゃんさん
前の首相にはお前はブレてると言ってた人ですから・。(≡^∇^≡)

8 ■こんにちは。

生駒市のメモ帳の人です。
mixi内にブログ立ててますが、どちらかと言うと学生的なブログしか書いてません。
ブログ、お気に入りに登録しておきますね。

9 ■ありがとう・。

また、よろしくね・。('-^*)/
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR