FC2ブログ

体内に埋め込まれる異物・。




映画 インプラント (They)


ジュリア(ローラ・レーガン)はある晩、幼馴染のビリーから呼び出しをうけます。彼はどうも神経を患っているようで、「奴らが来る」と言い残して、拳銃自殺を図ります。ショックを受ける彼女の前に、ビリーの友人だったというサムとテリーがジュリアの前に現れます。二人はビリーが恐れていた何かをやはり恐れているように見えます。そして、それからというもの、ジュリアの周囲でも不思議な物音や人影のようなものがうごめき始めるのです。「奴ら」とは何者なのでしょう。


子供は暗闇を怖がります。大人だって怖いと感じるときはありますが、子供にとっての暗闇はそれ以上の存在となります。後、半開きの扉の向こうに見える闇も怖かったです。そういう視点から始まるこの映画は、なかなかいいところ突いてくるなあって、感心しながら観始めたのですが、そこから先がほとんど物語が進展しないのです。その昔の「13日の金曜日」と同様、設定だけ見せたら、後は恐怖シーンを並べただけという感じの映画になってしまいました。これは脚本の責任だと思いますが、謎を振っておいて、何の説明も解釈も見せないってのは、映画としては、観終わった後の満腹感がまるでなくなってしまうのです。謎についての伏線すら見せてくれないので、冒頭で「奴らが来る」と言わせた、「奴ら」の正体が見当もつかないまま終わるってのは、精神衛生上あまりよくないです。


これが、「奴ら」の存在を最後まで曖昧にしてくれるのならまだしも、「ゴジラ」のパトリック・タトポロスによる「奴ら」が画面の中で実際に動き回ってくれるので、だったら自己紹介くらいしろよと思ってしまうのです。


暗闇の中から何者かがやってくるというのは、一種の都市伝説でもありまして、去年の「ジーパーズ・クリーパーズ」では、都市伝説レベルから話を始めて、それをモンスター映画として仕上げることに成功しています。(「インプラント」はその2匹目のドジョウなのかも)ただし、「ジーパーズ・クリーパーズ」では、その「モノ」の正体については、様々な解釈の余地を与えてあって、観客のイメージが膨らむ工夫はしてあったのです。ところが、「インプラント」における「奴ら」は解釈の余地を与えられずに、「さて何でしょう」のままで終わってしまっているのです。だから、怖さが身近なところまで伝わってきませんし、「だから何なの?」という気分で映画館を出ることになってしまいます。


しかし、ロバート・ハーモンは恐怖演出で手堅いうまみを発揮し、「奴ら」の実態の見えそで見えない演出など、いいところ多いのですよ。また、ローラ・レーガンのちょっとモノセックス風な風情がなかなか魅力的でした。それだけに、脚本のつまらなさが際立ってしまったように思います。“何か”は何故存在するのか?

“何か”は一体何者なのか?

“何か”の動機や目的は?


、といった核心部分がこの映画では描かれていません。

観た方の率直な感想として、


「え、つまり、この化け物は何なの?」




というものが多いはずです。そんな印象が強いため

映画〔インプラント〕はクソ映画とされる傾向があ

るような気がしてなりません。ただ、その点が残念

です。




だからといって、この“何か”に明確な存在を当てる

のもいかがなものでしょうか?


宇宙人、幽霊、UMA(未確認動物)…。







映画 ファイナルカット(Final Cut)


近未来社会では、人間の全生涯が脳に埋め込まれた小さなチップに記録されている。人が死ぬとチップは摘出され、編集者が故人の人生を切り貼り、感動的な編集映像が記念式典で上映されるのだ。それはあたかもセレブの特権のように広がっていった。ゾーイ・チップ業界随一の<編集者=カッター>だったアラン・ハックマンは、自分の感情を排して他人の人生を覗き見ることができる才能ゆえにすねに傷を持つ顧客からの依頼が絶えなかった。しかし、ある人物のメモリーを編集している時、アランはずっと自分を苦しめ続けていた幼い頃の記憶を蘇らせる映像を発見する。彼は必死になって過去の真実を捜し求めようとするが・・・。


葬送の『カッター』として


ASSOCIATED PRESS | LIONS GATE FILMSFLASHBACKChip-implant technology allows Alan Hakman (Robin Williams) to make even sordid lives look virtuous. But one job links him to memories that haunt his own past in The Final Cut.

ASSOCIATED PRESS | LIONS GATE FILMSFLASHBACKChip-注入技術は、アランHakman(ロビンウィリアムズ)が不潔な命さえ良く見えさせるのを許します。1つの仕事が、彼を彼自身の過去に中で取りつく記憶に結ぶ決勝Cut.



Cast: Robin Williams, James Caviezel, Mira Sorvino

投げます:ロビンウィリアムズ、ジェームズカビーゼル、ミラソルビーノ


Director-screenwriter: Omar Naim

ディレクター-シナリオ作家:オマールナイム


Now showing: at area theaters

現在示すこと:地域劇場で


Rated PG-13: for mature thematic material, some violence, sexuality and language

評価されるPG-13:円熟した主題の資料、若干の暴力、性的関心と言語のために


Running time: 104 minutes

実行タイム:104分



body begins here-->Robin Williams' new movie, The Final Cut, is set in a time and place that look much like our own. It differs in one important way, however. In this film's world, the technology exists to plant chips in the brains of unborn children that will record their experiences; their eyes, in effect, become movie cameras.

体はここで始まります?>ロビンウィリアムズの新しい映画、決勝Cut、非常に我々自身のもののように見える時間と場所を凝り固まっています。しかし、それは1つの重要な方向において異なります。この映画の世界で、テクノロジーがチップを彼らの経験を記録する生まれていない子供たちの脳に植えるために存在します;彼らの目は、実質的に、映画カメラになります。


After death, families hire "cutters" to shape the images into whatever narrative they choose. Invariably, cutters excise the ugly bits. The results of their labors, set to music and projected onto screens, become the centerpiece of "rememory" services in which loved ones honor fiction shaped from fact.

死の後、家族は「切る人」をイメージを彼らが選ぶどんな物語の形にでも作るために雇います。常に、カッターは醜いビットを削ります。彼らの労働(音楽にセットされて、スクリーンに映される)の結果は、愛されるものが事実から作り上げられるフィクションを守る「rememory」サービスの目玉になります。


Williams plays Alan Hakman, a lonely, funereal figure with a reputation as the best cutter in the business. He makes even the most sordid lives look virtuous.

ウィリアムズは、アランHakman(ビジネスで最高のカッターとしての評判をもつ孤独な、葬送の人物)をします。彼は、最も不潔な命さえ良く見えさせます。


Other cutters who can't bear to look at "the ugly stuff" pass these projects to Hakman. As a friend says: "If you can't bear to look at it, he will."

「醜いもの」を見るのに耐えることができない他のカッターは、Hakmanにこれらのプロジェクトを渡します。友人が言うように:「あなたがそれを見るのに耐えることができないならば、彼はそうします。」


After Insomnia and One Hour Photo, you'd think Williams would be tired of these sorts of roles. Hakman is remarkably similar to the photo developer in the latter movie. Both are outsiders given privileged access to the lives of others via their own self-made images.

Insomnia とOne Hour Photoの後、あなたはウィリアムズがこれらの種類の役割にあきていると思うでしょう。Hakmanは、後の映画の中で写真開発者と著しく類似しています。両方とも、彼ら自身の自分で作ったイメージを通して他の人の命への特権的な接近を与えられる部外者です。


But The Final Cut is a richer film. Perhaps this is why Williams' performance feels fuller -- the character, as written, is more well-rounded, more real.

しかし、決勝、Cutはよりリッチな映画です。おそらく、これはウィリアムズのパフォーマンスがよりいっぱいであると感じる理由です?書かれて、性格はより円熟していて、より本物です。


Hakman is haunted by an incident from his youth. He can't erase it, as much as he'd like to. Perhaps his guilt and shame are why he's so good at editing the lives of others.

Hakmanは、彼の青春期から事件に取りつかれます。彼がその他を持ったほどあまり、彼はそれを消すことができません。おそらく、彼の罪の意識と恥は、彼が他の人の命を編集するのがとても得意である理由です。


Problems develop when he's hired to edit the life of an executive with the firm that created the Zoe chip, which makes rememory possible. Militants who oppose the process demand the executive's chip. James Caviezel plays a former cutter who leads the activists. Hakman starts to fear for his life.

彼がゾーイチップをつくった会社とともに役員の人生を編集するために雇われるとき、問題は生じます。そして、それは可能な限りのrememoryを作ります。プロセスに反対する闘士は、役員のチップを要求します。ジェームズカビーゼルは、活動家をリードする元切る人をします。Hakmanは、彼の人生に対する恐怖に始まります。


Mira Sorvino plays Hakman's lover, the one person he allows into his life, but she has problems with what he does for a living.

ミラソルビーノはHakmanの恋人(彼が彼の人生に許す1人の人)を演じます、しかし、彼女は彼が生計のためにするものの問題を抱えています。


While sorting out the executive's life, Hakman sees a figure from his own distant past, a figure tied to the memories that haunt him. He has to find this man. The film becomes a detective story that builds to an exciting, and morally complex, climax.

役員の生命を整理している間、Hakmanは彼自身の遠い過去から数字を見ます。そして、数字が彼を悩ます記憶と結びつきます。彼は、この男性を見つけなければなりません。映画は、刺激的な(そして、道徳的に複雑な)クライマックスまで高まる探偵小説になります。


This first feature from writer-director Omar Naim is unusually accomplished. In addition to a top-notch cast, he's assembled a distinguished crew, including respected cinematographer Tak Fujimoto (The Sixth Sense, Signs, The Silence of the Lambs) and veteran editor Dede Allen (Bonnie and Clyde, Serpico, Dog Day Afternoon).

作家-ディレクターオマールナイムからのこの最初の特徴は、異常に堪能です。超一流のキャストに加えて、彼は尊重された映画撮影技師タクフジモト(Sixth Sense、Signs、羊たちの沈黙)とベテランのエディタデデアレン(ボニーとクライド、Serpico、Dog Day Afternoon)を含む優秀なクルーを集めました。


The weakest link is Caviezel, not so much because of his performance -- though he is miscast -- but because he wears a mustache and beard that look so phony it's hard to pay attention to what comes out of his mouth.

それほどでない彼のパフォーマンスのため ? 彼がミスキャストであるけれども ? 最も弱い関連はカビーゼルです、しかし、彼がとても偽に見える口ひげとあごひげをたくわえるので、彼の口から出てくることに注意を払うのは難しいです。



蛇足


どちらの映画も、体に何か埋め込まれる話です。インプラントでは、子供の頃に、ファイナルカットは赤ん坊の頃に・。インプラントは宇宙人の実験として知られているが、そんなバカなということが多い・。


サイバー奴隷化http://ameblo.jp/kane55/entry-10005468162.html


アブダクション現象は、

昔からの科学技術上の謎にもっぱら新たな要因を加えてきた。たとえば、エイリアンはどうやって壁を通り抜けるのか?物理世界に対する従来の理解の範囲でしかものごとを見ない者にしてみれば、このような疑問はばかばかしく思われるか、見問違いや精神病の可能性をほのめかすだけだろう。カルロスは一種の幽霊のような形態を背後に残し、光線によって運ばれるあいだ細胞が振動して分解する感覚を説明している。

しかし、この変身プロセスは具体的にはどんなものなのか、わたしたちにはまったくわからないのである。



切り傷やほかの損傷が見たところたちまち治癒されるのは、どのようなメカニズムなのか?ある男性は、アブダクション体験後に脚にできた、深さ数インチもの傷について話してくれた。だが、この切り傷は24時間でほぼ消えたというのだ。アブダクティーは追跡されていて、エイリアンたちは好きなときにいつでもどこでも彼らを見つけられるようだが、それはどんなプロセスによってなのか?これにはインプラントが関係しているのだろうか?エイリアンたちは、さまざまな技術に精通していることにかけては人問より何千年も進んでいると指摘されてきた。おそらくそうなのだろう。



●“全員の耳の後ろにチップ”


 例えば、ハイテク管理システムのトップメーカーであるキュービック社の副社長、ロナルド・ケーンが、インプラント式バイオチップの利潤の可能性について、最近発言したに違いないと思われる内容を考えてみよう。ケーンはこのように言った。「もし好きなようにやれるとしたら、産婦人科病棟で、すべての赤ちゃんの耳の後ろに、チップを埋め込むでしょう。」


 最近では、人間をサイバー奴隷にするための事業は、非常に儲かる仕事になっている。人間をサイバー奴隷にする仕事は、ほんとにほんとに金になるのである。人間を管理するコンピューター技術、例えばスマートIDカード、アイリス・スキャニング装置、DNA血液分析装置、指紋デジタル化ビデオディスプレイなど、これらの技術を政府に提供できる企業に対しては、兆単位のドルが投資されている。


 株式市場(ナスダック)の記録を見れば、シリコンの檻を作る仕事によって、いかにボロ儲けできるかということがわかる。最近の話だが、ある小さな会社、コンパレーター社の株が、たった3日間で何と2900%上昇した。この現象が起きたのは、コンパレーター社の最高経営責任者が、「我が社は、最新式のポータブル式生物測定学指紋認識装置を開発した」と発表した後のことだった。



彼らはイルミナティならば考えられる事であろうか・・その兆しは確かにある。


「最近もう1人の別のが人を殺せと勧める」とい意味の文章を書いてます。”殺せとお告げがあった”とか言ってる


殺人者の耳の裏側をスキャニングすれば何か埋め込まれているのではないか?


イルミナティについてのアイクの概説

イルミナティは世界を支配しているものたちだが、爬虫類人の血脈からなり、人間との混血である。彼らの力は、三次元にはなく、低層四次元にある。彼らは自分達の能力を保つために、同族結婚をくりかえしている。世界の王族など上流階級に入り込んでいる。イルミナティがシンボリズムと宗教的行事に執着しているのは、爬虫類人の脳からきている。人間の爬虫類の脳の働きを考えるとわかる。また、彼らの宗教的行事は、人間の意識に根本的な影響を与えるため、地球のエネルギー場、エネルギー・グリッドを書き換えるためにある。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR