FC2ブログ

問題になった竹原信一氏のブログより

2009/11/08 (日) 医師不足の原因は医師会


医師不足の原因は医師会


 医師不足が全国的な問題になっている。特に勤務医の不足は深刻だ。

医師が金儲けに走っている為だが、この体質を後押ししてきたのが医師会だった。



以下 池田信夫blogから引用

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/f65bacae249f66488dc8bfc3e9fbe384


----------------------

かつて「医師過剰」の是正を繰り返し求めたのは日本医師会出身の議員だった。たとえば1993年に参議院文教委員会で、宮崎秀樹議員(当時)は

次は、大学の医学部、医科大学の学生定員の問題でございます。これに関しましてはいろいろ定員削減という方向で文部省と厚生省との話し合いができておりまして、一〇%削減、こういう目標を立ててやっているのですが、実際にはそこまでいっていない。[・・・]例えば昭和六十三年には十万対百六十四人だった。これが平成三十七年には三百人になるんです。三百人というのはいかにも医師の数が多過ぎる。

と医学部の定員削減を求めている。宮崎氏は日本医師会の副会長を歴任した。

----------引用おわり

 勤務医師不足を解消する為に勤務医の給料を現在の1500万円程度から開業医(2500万円程度)に近づけるべきなどとの議論が出てきている。

しかしこんな事では問題は解決しない。医者業界の金持ちが増えるだけのこと。



医者を大量生産してしまえば問題は解決する。全ての医者に最高度の技術を求める必要はない。できてもいない例えば昔、出産は産婆の仕事。高度医療のおかげで以前は自然に淘汰された機能障害を持ったのを生き残らせている。結果 擁護施設に行く子供が増えてしまった。

「生まれる事は喜びで、死は忌むべき事」というのは間違いだ。個人的な欲でデタラメをするのはもっての外だが、センチメンタリズムで社会を作る責任を果たすことはできない

社会は志を掲げ、意志を持って悲しみを引き受けなければならない。未来を作るために。





蛇足


いま、問題になっている阿久根市長の竹原氏のブログをマスコミが報じており、それに尾ひれがついているような報道です。


よく読むと、問題になっている部分は昔の事であり、論旨の主要なモノは医師不足と勤務医を高給取りにしようという政府の方針に疑問を投げかけている。


医療は医師により成り立つのは確かにそうであるが、多くのスタッフ(コメディカル)が関わっている。公立病院問題でもそうであるが、人件費の比率が上がり赤字になっている。 民間病院なども同じ構図であるが、企業努力で合理化をしているのです。


民主党政府は経営者と雇用者に分けて考えていて、雇用者に優遇する事を意図的に考えていると言いたいのかも知れない。竹原氏はその事を引用しながら言っているのであろう。


しかし、医療も所詮、死は分からないのであるから、医学(医療)も死への先送りであろう。


今の日本人の風潮で死などは関係なく生きる事が目的になり、そのためになんでも有りの状況を憂ているのであろう。





竹原氏の言うように情緒だけでは、解決しない局面に来ているのであろう。


ローマ法王が死の状況を判断するのは医師に与えられていると言っている。それにより、生死についての境界線は医学が受け持ち、確かなコンセンサスを作らねばならないだろう。


QOLが盛ん言われるが、欧米ではローマ法王の意見を踏まえ、生きている質を問おうとしているのである。


なんでも、言葉だけの情調に流される日本人では本質がつかめなく、先送りの政策と対症療法的なやり方ばかりでは、世界をリードする人材は生まれない。














スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

日本にも誇れる医者はいくらでも居てるけど、そうでもない奴が質を下げている。問題は頭のよさで医者になる事を認めてる事だ。アメリカみたいになりたいから、やりたいからでもなれる仕組みを作らないと。ほんとに医療を志してる者に道を作って欲しい。変態医者ばかり増えるよ。

2 ■( ̄-  ̄ ) ンー

阿久根市長・・・
言いたいコトを理解しようとも、あの書き方じゃ~
反発・批判があっても仕方ないですよね・・・

3 ■Re:無題

>おいだんなさん
医者として金と社会的名誉が欲しいのであろうが、その前に人格が問題でしょうね・。

4 ■Re: ( ̄-  ̄ ) ンー

>おいちゃんさん
少し配慮が欠けますね・。(・_・;)
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR