FC2ブログ

纒向遺跡は船着き場・?。

3世紀前半、最大規模の建物跡=邪馬台国畿内説に弾み

-卑弥呼の居館?-奈





邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向遺跡で、3世紀前半の大型建物遺構を確認したと、同市教育委員会が10日発表した。



女王卑弥呼が活躍していた時期と重なり、当時の建物としては国内最大規模という。

市教委は「遺跡中枢部の居館域で、中心的な人物がいた建物」と説明している。



邪馬台国の所在地は「畿内か」「九州か」で長年議論されてきた。卑弥呼の居館とみる専門家もおり、今回の確認は畿内説に大きな弾みをつけそうだ。



市教委によると、大型建物は柱穴などから東西12.4メートル、南北19.2メートルと

推定される。



(2009/11/10-17:11)


【箸墓古墳】 倭迹迹日百襲姫尊命(やまとととひももそひめのみこと)陵 大市墓(箸大墓)



三輪山の麓、「纒向遺跡」の南端の桜井市大字箸中に所在する前方後円墳。全長282m、後円部径157m、高さ22m、前方部幅125m、高さ13mを測る。後円部周辺の東南部地一帯は6世紀代の旧巻向川の氾濫によって大きく削り取られていたが、茸石を伴った渡り堤、周濠、外堤状の高まりなどが確認されている。周囲にも周濠がめぐらされていたと推測されるが、現存しているのは北側の溜池だけで、これは後世拡張されている。東側・南側は埋め立てられているが、西側は不明である。前方部の周辺では過去に5回の発掘調査が行われており、茸石や周濠状の落ち込み、盛り土による堤、古墳築造時の土取り跡などが確認され、出土土器の検討により前方部が布留0(ゼロ)式期(4世紀初め)の築造であるとされる。



この古墳は、北側の溜池拡張や東側の国鉄桜井線や県道工事、または民家築造によって相当変形され、平面的にはやや均整を失なっているが、大きさでは全国で11番目、奈良県下では3番目の規模を持つ。前方部が撥(ばち)形に開く墳形を持ち、一般の円筒埴輪が見られず、吉備地方に源を発する特殊器台形埴輪・特殊壺形土器を持つなど、古式古墳の特徴を持っている。しかしながら、これまでに墳丘から採集した円筒埴輪片などわずかな遺物が公表されているのみで、実態はあまり明らかになっていない。桜井市教育委員会では隣接する土地を部分的に調査している。また、周囲には陪塚があたかも主墳を護衛するように並んでいたと推測されているが、いま残存し面影をとどめているものは数基である。今年3月に最古の前方後円墳と注目を集めたホケノ山古墳はここから東約200mに位置している。








蛇足


魏志倭人伝に記された邪馬台国や卑弥呼を見つけることに熱心のあまり、魏志倭人伝の作者が本当に日本の事を書いているか疑わしい・。作者陳寿は先の歴史書を模写した疑いがあり、現在で言う聞きかじりで、ドラッグ&ペーストで貼り付けているに過ぎない。


また、記述内容を日本のお偉い先生が信じている事が不思議でならない。


鯨面文身(体中に入れ墨をしている)、木布招頭(樹皮布をもって頭に巻き付ける)、以朱丹塗其身躰(朱丹を体中に塗る)。


どうみても、南米のジャングルか太平洋の島々の人を連想する・。





また、大和湖から見た場合、その東南の端が海溜市(現在の桜井市)である。そこは標高75mである。ので少し下(標高73m)であろう。


ならば、纒向遺跡(巻向遺跡)標高70~73m)はほぼ喫水線で0m地点である・。


ですので、船着き場か観光客の宿と考えた方が無難であろう・。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

最古と言われてたけど5世紀ってわかったとこかな?

2 ■邪馬台国って-

どこだったかわからない状態なんですか?
でも、九州かもしれない理由もあるンでしょうね?

3 ■Re:邪馬台国って-

>おいちゃんさん
邪馬台国自体が捏造ですから??(≡^∇^≡)

4 ■Re:無題

>おいだんなさん
時代は以外と新しいのでは?(・∀・)
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR