FC2ブログ

世界的に3月17日ー18日が無事に通過すると良いが・・。

Magnetic Storm Prediction for St. Patrick’s Day, CME Approaching Earth
聖パトリックの日、地球に接近しているCMEの磁気嵐予測


This morning, the Solar and Heliospheric Observatory recorded a halo CME emerging from the vicinity of sunspot 1054: movie. The cloud appears to be heading toward Earth and it could spark geomagnetic storms when it arrives on or about March 17th. High-latitude sky watchers should be alert for auroras.



今朝、黒点1054の付近から出現して、太陽とHeliospheric観測所は後光CMEを記録しました:ムービー。
雲は、地球に向かっているようで、それが3月17日に到着する時に、それは磁気嵐を引き起こします。
高緯度天体観測家はオーロラに用心深くしなければなりません。



Uh, oh.


This Coronal Mass Ejection or CME’s appear to be related to the impact of a series of comets that plunged into the sun and disappeared on March 14, 2010.


CME’s are known to wreak havoc with the Earth’s magnetosphere, often causing interruptions in radio transmissions, causing power outages (blackouts), and causing damage to satellites and electrical transmission lines.
おおあーあ。
このコロナガスの噴出またはCMEは、太陽に突入し、2010年3月14日に消えた一連の彗星の衝突と関連しているようです。
CMEは、無線送信の中でしばしば割込みを起こし、停電を起こし、衛星と電気の送電線への損害を起こし


て、地球の磁気圏に大破壊をもたらすと知られています。




In March 1989, a geomagnetic storm triggered the collapse of a power grid in Quebec, leaving an estimated 6 million people without electricity for nine hours. And in 2006, a burst of solar radiation disoriented virtually all GPS receivers on the lighted half of the Earth, the National Weather Service said via.


そして、2006年に、突然の太陽輻射で地球のGPS衛星の半分が実質的にGPSレシーバー機能の方向感覚を失わせました。それは米国気象庁が述べています。



~省略~




Some claim that there is a magnetic reversal going on as illustrated in the above video. A perfect storm for the 2012 doomsday believers.


Among other things that could alter the magnetosphere are experiments from HAARP, who temporarily excite a limited area of the ionosphere by beaming what it claims is very low frequency radio waves (VLF’s).


いくつかが、上記のビデオの中に説明されるように続いている磁気反転があると主張します。
(2012年の地球最後の日信者のための完全な嵐)。
他で、磁気圏を変えることができたものはHAARPからの実験です。そして、ある人は一時的に、それが超長波電波(VLFのもの)を放射することによって電離層の限られた地域を興奮させると主張があります。




According to the HAARP website, it’s transmitter “becomes useless during a geomagnetic storm. During these common solar induced events, the natural variations reach a level that is more than 10,000 times stronger than any variation that HAARP could produce… The Earth’s static magnetic field, in turn, is more than 1,000 times stronger than the variations that occur during a magnetic storm and more than 10,000,000 times stronger than the variations that HAARP could produce.”


HAARPウェブサイトによると、それは送信機が「磁気嵐の間、役に立たなくなるということです。これらの一般の太陽の誘導されたイベントの間に、自然なバリエーションは、HAARPが生じることができたどんなバリエーションよりも10,000倍以上強いレベルに達します…地球の静磁場は、次に、磁気嵐の間、起こるバリエーションより1,000倍以上強くて、HAARPが生じることができたバリエーションより10,000,000倍以上強いです。」



heat the atmosphere, and CERN and FERMI do heat the underground. Up and down the Earth is being bombarde


In turn, if HAARP really has, could, would or had influence on earthquakes; it is clearly giving warning that a magnetic storm could greatly impact the earth.


HAARP and EISCAT do d by artificially created energy that has to go somewhere. Noting correlations between experiments occurring on or near the same days as the Chile and Haiti quakes t http://ahrcanum.wordpress.com/2010/03/12/lhc-shutting-down-half-assed-power-earthquake/


次々とHAARPが本当にそのようにしたならば、または地震に影響を及ぼしたならば;
それは、はっきりと、磁気嵐が大いに地球に衝突するかもしれないと警告しています。
HAARPとEISCATは大気を熱し、CERNとフェルミはアンダーグラウンドを熱します。
地球は人工的につくられたエネルギーによって衝突されています。
チリとハイチが震えるのと同じ日にまたは近くで起こっている実験の相関関係に注意すること。


We know this is where the antennae tin foil hats come on.


我々は、これがアンテナ(スズ箔帽子)がやって来るところであるということを知っています。


To be precautionary, first unplug anything connected to the electrical grid to prevent power surges. Next head out for some green eggs, and corned beef then wash it down with a green beer or two. When we see the Leprechauns running for cover, and the sky turning green we’ll know if the luck of the Irish holds out for Earth’s electronic grids.


用心のために、最初に、電力サージを防止するために電気のグリッドと接続された何のプラグでも抜いてください。
次はいくつかの緑色の卵とコンビーフのため1、2個の緑色のビールによってそれを洗い流します。
私達がカバーと空のために動いているレプレコン(老人の姿の小妖精.)が緑色になるのを見る時に、私達アイルランド人の運が地球の電子格子を強く要求するかどうかわかっています。


The current outlook for the aurora borealis, in the mean time remains calm to low the next few days.


北極光の、平均時間の現在の見通しは次の数日最低水準に静かであり続けます。


Wonder if we have the technology to dye them green for Saint Patrick’s Day?


我々にはそれらを聖パトリックの祭日に緑に染めるためにテクノロジーがあるかどうか疑問に思います?。




蛇足


聖パトリックの日は3月17日です。CMEは太陽嵐です。 地震はプレートのエネルギーが溜まった後に周期的に起こるといわれるが、実はプレートの合流に溜まる物質に太陽などの放射線が電子レンジの作用のように沸騰させるから地震が起こると言われる。もし、この事が人工的(Haap研究所など)に起こしているのならば、どこでも地震が起こる可能性がある。また、太陽嵐が数十年周期で起こっている事と比例しているならば、今回のような彗星の衝突は人工的なものを大きく上回ると思われる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR