FC2ブログ

昨日の続き・。

Geomagnetic Storm Warning in Effect, Chile Blackout

影響、チリ停電における地磁気暴風雨警報











若干蛇足





Current Space Weather Warnings 現在のスペース気象警報




A Geomagnetic Storm is heading to earth on or about March 17th, 2010- St. Patrick’s Day.

磁気嵐は、2010年3月17日 ― 聖パトリック祭 ― に、または、それについて地球に向かっています。

Known to cause electrical interruptions and blackouts, last night in Chile millions of people were in a blackout with no power. The above chart illustrates the current warnings coming from space.

電気中断と停電を引き起こす事が知られて、昨晩チリで、何百万人も、電力なしで停電でいました。上記のチャートは、宇宙から来ている現在の警告を例示します。

A massive power failure h as plunged quake-hit Chile into darkness, stretching 2,000km (1,250 miles) and affecting up to 90% of the population. …Chile’s infrastructure was devastated by the quake on 27 February . The operators of the electricity grid said the blackout was caused by the failure of a high-voltage transformer about 700km south of the capital. Officials said the blackout was not directly related to the earthquake.

地震に遭われたチリを暗闇に陥れた大量の停電(2,000km(1,250マイル)を広げて、居住人口の最高90%に影響を及ぼす)。 …チリの地盤は、2月27日に地震によって破壊されました。電気格子のオペレーターは、停電が首都の700kmの南の高圧変圧器の故障に起因すると言いました。当局は、停電が地震に直接関連がないと言いました。

If the power outage wasn’t related to the earthquake, was the reason the high-voltage transformer failed due to interference from the geomagnetic storm or just a mechanical malfunction?

停電が地震と関連していなかったならば、高電圧変圧器が故障した理由は磁気嵐または単に機械的故障からの干渉でしたか?




若干蛇足



Rather inconveniently- Real-Time Prediction of Large Geomagnetic Storms by A joint product of the Plasma Physics Division, Naval Research Laboratory, the WIND MFI team of the NASA Goddard Space Flight Center, and the World Data Center C2 (WDC-C2) for Geomagnetism, Kyoto University, Japan, is not working!

A結合生産物プラズマ物理学部門、海軍研究試験所、NASAゴダード宇宙飛行センターのWIND MFIチーム、および地球磁気学のための世界データセンターC2(WDC-C2)、京都大学、日本による大きい地磁気嵐の少し不便なリアルタイム予測はうまくいっていません!

Exceeding a threshold?


Is this an indicator that the solar activity is so increased that the predicted geomagnetic storm approaching Earth is far more than what scientists are letting on?


The Journal of Geophysical Research on March 6, 2010 released reports of a study that claims, “Satellite observations often show that relativistic electron fluxes that decrease during a geomagnetic storm main phase do not recover their prestorm level even when the storm has substantially recovered.”

入り口を上回ること?

これは、地球に接近している予測された磁気嵐が、科学者が進行しているものよりず以上の太陽の活動が増大するというインジケータですか?

2010年3月6日の地球物理研究ジャーナルは、「人工衛星観測はしばしば、嵐が大幅に回復した時にさえ、地磁気の嵐メインのフェーズの間に減少する相対主義的な電子束がそれらの前嵐レベルを回復しないことを示します」と主張する研究のリポートを発表しました。

They don’t recover? Whiskey Tango Foxtrot. WTF.


Another study claims that, “ Using observations and two different global MHD simulations, we demonstrate that the solar wind speed controls the magnetospheric response such that the higher the speed, the more dynamic and irregular is the magnetospheric response.”

それらは回復しません?ウィスキー・タンゴ・フォックストロット。WTF。


もう一つの研究は、それ(「観察と2つの異なる世界的なMHDシミュレーションを使用して、我々は太陽の風速が磁気圏反応をコントロールすることを証明します、より高いものは速度(より多くの力)です、そして、不規則な磁気圏反応です。」)を主張します。

Finally something that makes common sense- the faster the sun’s wind speed, the more the magnetosphere can be altered.

最終的に、太陽が、曲がりくねっていることである感覚より速いものを一般的に疾走し、むしろ、磁気圏は変更されることができます。




若干蛇足




Sunspot 1054 is so big, you can see it without a telescope March 14, 2010

黒点1054は大変大きく、あなたは2010年3月14日望遠鏡なしでそれを見ることができます。


The Sydney Morning Herald reports that, “With the beginning of a new 11-year cosmic cycle, the number of sunspots will increase along with the possibility of a solar super storm. NASA data show the peak of solar activity will be in 2015. …Sunspots were discovered by Galileo Galilei in 1610.

シドニー・モーニング・ヘラルドでは(新しい11年の宇宙サイクルの初めで、太陽黒点の数は、太陽の素晴らしい嵐の可能性とともに増加します。)を報告しますNASAデータは、太陽活動のピークが2015年にあることを示します。 …太陽黒点が、1610年にガリレオ・ガリレイによって発見されました。

Forget about waiting until 2015, March of 2010 is suddenly proving to be an active time for the sun. If you are into shortwave radio you can tune in for a listen. “We are currently in the beginning of cycle 24. Each cycle has been numbered since the cycle was first observed by scientists. So far, “24″ has been slow to get busy, and ham-radio operators and shortwave listeners have been looking forward to better conditions for the last few years.

2015年まで待つこと、2010年の3月、突然、太陽の活動期間であると判明していることを忘れてください。

あなたが短波ラジオに夢中ならば、あなたはラジオを聴くことができます。

「私達は現在サイクル24の最初です」。

サイクルが最初に科学者によって観察されて以来ずっと、各サイクルは番号を付けられていました。

これまで、「24″は、なかなか仕事にかからなく、ハムラジオオペレータと短波無線受信者は過去数年の間よりよい条件を楽しみにしていました」。

There are signs that 24 might be getting ready to put on a show. While talking on a local repeater several nights ago, Ken Blume (K2UPI) noted that he had recently experienced abnormally good HF conditions.

24がショーを行おうと準備しているかもしれないという徴候が、あります。毎夜(元地元)のリピーターの上でいくつかを話している時、ケン・ブルーム(K2UPI)は彼が異常に良いHF状況を最近経験した点に注意しました。

Not only can you listen in but depending on where you live, just look outside to see the effects from the sun on Earth.

あなたは聴取することができるだけでなく、どこにあなたが住んでいるかに依存して、ただ、地球への太陽からの効果を見ることを外部で考えてください。




若干蛇足



The Sky Over Tromso, Norway March 15, 2010

トロムセ、ノルウェー2010年3月15日の上の空


Other parts of the world weren’t so lucky to observe such beauty without destruction.

世界の他の地域は、破壊なしでそのような美を観察することについてそんなに幸いでありませんでした。

”massive hydrogen sulfide gas eruption from the ocean floor kills fish, exposes local people to a major rotten egg stench, and causes ecological havoc in the ocean,” as was witnessed this week by the OrbView-2 SeaWiFS satellite.

OrbView-2 SeaWiFS衛星によって今週目撃されたように、「海底からの大規模な硫化水素ガス噴火で、魚は死んで、地元の人々を主要な腐った卵悪臭にさらして、海で生態学的な荒廃を引き起こします」。

It looks good from space and, “Natural, perhaps, but given the stakes to the critical fishing industry, and the suspicion that the eruptions may be getting more frequent and intense, an international collaboration is starting to examine possible links to global warming or other large ecological disturbances.


We already know Ecological Disturbances can be a result of any number of things from HAARP, EISCAT, LHC, etc, Solar Flares, and just maybe influenced by geomagnetic storms.

それは宇宙からよく見えて、「自然に、けれども重大な水産業と爆発がより頻繁で、強烈になっているかもしれないという疑惑を与えられて、国際的な協力は、地球温暖化または他の大きなエコロジカルな騒動への可能なリンクを調査し始めています」。

私達はすでに、エコロジカルな騒動がHAARP、EISCAT LHCなど、フレアからの任意の数の物の結果であるかもしれず、まさにたぶん、磁気嵐によって影響したと知っています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR