FC2ブログ

新世界秩序(再開)ジキルとハイド

Bill Gates talks about

‘vaccines to reduce population’




By F. William Engdahl, 4 March 2010




‘人口を減らすワクチン’についてビル・ゲイツは話します。


F.ウィリアム・エングダール、2010年3月4日によって

Microsoft founder and one of the world’s wealthiest men, Bill Gates, projects an image of a benign philanthropist using his billions via his (tax exempt) Bill & Melinda Gates Foundation, to tackle diseases, solve food shortages in Africa and alleviate poverty. In a recent conference in California, Gates reveals a less public agenda of his philanthropy―population reduction, otherwise known as eugenics.

マイクロソフト創立者と世界の最も裕福な1人、ビル・ゲイツは病気に取り組み、アフリカで食糧不足を解決し、貧乏を緩和するために(免除されている税金)彼のビル&メリンダのゲイツ財団経由で彼の十億を使って温和な博愛主義者のイメージを計画します。

カリフォルニアの最近の会議の中で、ゲイツは彼の博愛より公益でない路線を明らかにします―優生学として違った形で知られている人口縮小。


Gates made his remarks to the invitation-only Long Beach, California TED2010 Conference, in a speech titled, “Innovating to Zero!.” Along with the scientifically absurd proposition of reducing manmade CO2 emissions worldwide to zero by 2050, approximately four and a half minutes into the talk, Gates declares, "First we got population. The world today has 6.8 billion people. That's headed up to about 9 billion. Now if we do a really great job on new vaccines, health care, reproductive health services, we lower that by perhaps 10 or 15 percent." (author’s emphasis).

ゲイツは彼の意見を述べて、人工的なCO2排出を世界的に2050年までのゼロ(話の中ではへの約4.5分)に減らすことについて、ゲイツは「私達が人口増加のために取ってきた一番目」を宣言するという科学的には不合理な提案を彼のスピーチにおける招待客へのみのロングビーチ、カリフォルニアTED2010会議では「0まで革新します!」にタイトルを付けました。

世界に今日68億人の人々がいます。

それは最高約90億に向かっています。

さて、私達が新しいワクチン、医療、妊娠・出産に関わる健康のサービスにおける本当にすばらしい仕事をするならば、私達はそれをたぶん10または15パーセント下げます。(作者の強調)。

In plain English, one of the most powerful men in the world states clearly that he expects vaccines to be used to reduce population growth. When Bill Gates speaks about vaccines, he speaks with authority. In January 2010 at the elite Davos World Economic Forum, Gates announced his foundation would give $10 billion (circa ?7.5 billion) over the next decade to develop and deliver new vaccines to children in the developing world.

やさしい英語で、世界で最も強力な1人、彼がワクチンは人口増加を減らすために使われることを期待しているとはっきりと述べます。

ビル・ゲイツがワクチンについて話す時に、彼は権威を持って話します。

2010年1月に、エリートダボス世界経済フォーラムで、ゲイツは、彼の財団が、発展途上の世界の子供に新しいワクチンを展開させて、輸送する次の10年の間に100億ドル(およそ?75億)を与えるであろうということを発表しました。

The primary focus of his multi-billion dollar Gates Foundation is vaccinations, especially in Africa and other underdeveloped countries. Bill and Melinda Gates Foundation is a founding member of the GAVI Alliance (Global Alliance for Vaccinations and Immunization) in partnership with the World Bank, WHO and the vaccine industry. The goal of GAVI is to vaccinate every newborn child in the developing world.

彼の数十億ドルのゲイツ財団の主要なフォーカスは特にアフリカと他の後進国での予防接種です。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は世界銀行、WHO、およびワクチン産業とのパートナーシップにおいてGAVI同盟(予防接種と免疫化のためのグローバルな同盟)の設立メンバーです。

GAVIのゴールは、発展途上国においてすべての生れたての子供に予防接種することです。

Now that sounds like noble philanthropic work. The problem is that the vaccine industry has been repeatedly caught dumping dangerous―meaning unsafe because untested or proven harmful―vaccines onto unwitting Third World populations when they cannot get rid of the vaccines in the West.3 Some organizations have suggested that the true aim of the vaccinations is to make people sicker and even more susceptible to disease and premature death.

さて、それは高潔な慈善事業のように聞こえています。

問題は、それらが西欧のワクチンを取り除くことができない場合に、繰り返し、ワクチン産業が、知らず知らずに第三世界人口に危険な--試されていないので危険な意味または有害に証明される--ワクチンをダンピングするのが見つけられたことです。

いくつかの組織は、予防接種の真の目的が、人々をより不快で、病気と時期尚早の死によりいっそう影響され易くすることであることを示唆しました。

Dumping toxins on the Third World


In the aftermath of the most recent unnecessary Pandemic declaration of a global H1N1 swine flu emergency, industrial countries were left sitting on hundreds of millions of doses of untested vaccines. They decided to get rid of the embarrassing leftover drugs by handing them over to the WHO which in turn plans to dump them for free on select poor countries. France has given 91 million of the 94 million doses the Sarkozy government bought from the pharma giants; Britain gave 55 million of its 60 million doses. The story for Germany and Norway is similar.

第三世界に毒素をばらまくこと

グローバルなH1N1ブタインフルエンザ緊急事態の最も最近の不要な全世界的流行の宣言の余波において、工業国は試験されていないワクチンの数億本はそのままにしておかれました。

彼らは、次々、えり抜きの貧しい国で無料で彼らをダンピングすることを計画するWHOに彼らを引き渡すことによって恥ずかしい残り物薬を取り除くと決めました。

フランスは、サルコジ政府が製薬巨人から買った9400万は無試験のうちに9100万を与えました;

英国はその6000万の無試験のうちの5500万を与えました。

ドイツとノルウェーも同様です。

As Dr. Thomas Jefferson, an epidemiologist with the Cochrane Research Center in Rome noted, “Why do they give the vaccines to the developing countries at all? The pandemic has been called off in most parts of the world. The greatest threat in poor countries right now is heart and circulatory diseases while the virus figures at the bottom of the list. What is the medical reason for donating 180 million doses?”6 As well, flu is a minor problem in countries with abundant sunshine, and it turned out that the feared H1N1 Pandemic “new great plague” was the mildest flu on record.

トーマス・ジェファーソン博士(ローマのコクラン研究センター)流行病学者は、「なぜ、彼らはワクチンを開発途上国に与えますか?」と指摘しました。

大流行病は世界のほとんどの地域で無くなっています。

ウイルスがリストの底で描写する時、貧しい国で最も大きな脅威はちょうど今、心臓と循環器系の疾患です。

その健康診断であるものは、1億8000万の無試験ワクチンを寄贈するために、「その上、インフルエンザが豊富な日光の国では小さな問題である」と論じて「、恐れられていたH1N1一般的である」新しい大きい疫病がレコードの上の最も穏やかなインフルエンザであったこと「は判明しました」。

The pharmaceutical vaccine makers do not speak about the enormous health damage from infant vaccination including autism and numerous neuro-muscular deformities that have been traced back to the toxic adjuvants and preservatives used in most vaccines. Many vaccines, especially multi-dose vaccines that are made more cheaply for sale to the Third World, contain something called Thimerosal (Thiomersol in the EU), a compound (sodium ethylmercurithiosalicylate), containing some 50% mercury, used as a preservative.


In July 1999 the US’ National Vaccine Information Center declared in a press release that, "The cumulative effects of ingesting mercury can cause brain damage." The same month, the American Academy of Pediatrics (AAP) and the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) alerted the public about the possible health effects associated with thimerosal-containing vaccines. They strongly recommended that thimerosal be removed from vaccines as soon as possible. Under the directive of the FDA Modernization Act of 1997, the Food and Drug Administration also determined that infants who received several thimerosal-containing vaccines may be receiving mercury exposure over and above the recommended federal guidelines.

調剤のワクチン製造会社は、ほとんどのワクチンの中で使われた有毒なアジュバントと防腐剤に追跡されている自閉症とたくさんの神経で恐ろしい変形を含む幼児の予防接種からのばく大な健康被害について話をしません。

多くのワクチン(特に、第三世界への販売のためにより安く作られるマルチ一服ワクチン)は、防腐剤として使われた約50%の水銀を含んで、チメロサール(EUのThiomersol)(化合物(ナトリウムethylmercurithiosalicylate))と呼ばれた何かを含んでいます。

1999年7月に、米国の全国的なワクチン情報センターは、それ(「水銀を摂取する累積効果は脳傷害を起こすことがある」)をプレス・リリースの中で宣言しました。

チメロサール含みワクチンと関連した可能性の健康効果について同じ月、小児科学(AAP)のアメリカアカデミー、および疾病管理・予防センター(CDC)は一般大衆に警報を出しました。

彼らは、チメロサールができるだけ早くワクチンから取り除かれるように強く勧告しました。

1997年の食品医薬品局近代化法の指令の下で、食品医薬品局はまた、いくつかのチメロサール含みワクチンを受け取った幼児が推奨された連邦のガイドライン上と水銀暴露を受けているかもしれないと決めました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR