FC2ブログ

ゲイツワクチンの続き・。

A new form of eugenics?


Gates’ interest in inducing population reduction among black and other minority populations is not new unfortunately. As I document in my book, Seeds of Destruction, since the 1920’s the Rockefeller Foundation had funded the eugenics research in Germany through the Kaiser-Wilhelm Institutes in Berlin and Munich, including well into the Third Reich. They praised the forced sterilization of people by Hirtler Germany, and the Nazi ideas on race “purity.” It was John D. Rockefeller III, a life-long advocate of eugenics, who used his “tax free” foundation money to initiate the population reduction neo-Malthusian movement through his private Population Council in New York beginning in the 1950’s.

優生学の新しいフォーム?

残念なことに、黒人と他の少数派民族間で人口縮小を引き起こすことへのゲイツの興味は新しくありません。

ドイツ第三帝国においては、私がロックフェラー基金がベルリンとミュンヘンのカイザー・ウィルヘルム研究所を通してドイツの優生学研究に出資したと私の本「破壊の種」の中で1920年代以来の事を記述している。

彼らは、1950年代から始めているニューヨークの彼らの私的な人口協議会を通して人口縮小新マルサス主義者運動を起こすために、彼らの「免税の」財団寄付金を使ったのがジョンD.ロックフェラーIII(優生学の生涯の支持者)でヒトラー・ドイツと人種「純粋さ」におけるナチスアイデアによる人々の強制された殺処分に感謝しました。

The idea of using vaccines to covertly reduce births in the Third World is also not new. Bill Gates’ good friend, David Rockefeller and his Rockefeller Foundation were involved as early as 1972 in a major project together with WHO and others to perfect another “new vaccine.”


The results of the WHO-Rockefeller project were put into mass application on human guinea pigs in the early 1990's. The WHO oversaw massive vaccination campaigns against tetanus in Nicaragua, Mexico and the Philippines. Comite Pro Vida de Mexico, a Roman Catholic lay organization, became suspicious of the motives behind the WHO program and decided to test numerous vials of the vaccine and found them to contain human Chorionic Gonadotrophin, or hCG. That was a curious component for a vaccine designed to protect people against lock-jaw arising from infection with rusty nail wounds or other contact with certain bacteria found in soil. The tetanus disease was indeed, also rather rare. It was also curious because hCG was a natural hormone needed to maintain a pregnancy. However, when combined with a tetanus toxoid carrier, it stimulated formation of antibodies against hCG, rendering a woman incapable of maintaining a pregnancy, a form of concealed abortion. Similar reports of vaccines laced with hCG hormones came from the Philippines and Nicaragua.

第三世界でひそかに赤ん坊誕生を減らすためにワクチンを使うアイデアはまた、新しくありません。

ビル・ゲイツのよい友人、デイヴィド・ロックフェラー、および彼のロックフェラー基金は、別の「新しいワクチン」を完成するためにWHOとその他とともに早くも1972年主要なプロジェクトに関係していました。

WHOロックフェラープロジェクトの結果は1990年代前半の人間モルモット上のマスアプリケーションに入れられました。

WHOはニカラグア、メキシコ、およびフィリピンで破傷風に対する大規模な予防接種キャンペーンを監督しました。

Comite Pro Vida de Mexico、ローマ・カトリック一般の組織はWHOプログラムの後援の動機を怪しみ、ワクチンのたくさんのガラスびんをテストし、ヒト絨毛性ゴナドトロピンまたはhCGを含むために組織を設立すると決めました。

それは、さびた釘の刺し傷を持つ伝染または土の中で発見された一定のバクテリアとその他の接触から生じている開いた傷口から人々を保護するようにデザインされたワクチンのための奇妙なコンポーネントでした。

破傷風病は実は少しまれな病気でした。

hCGが妊娠を維持するために必要な天然ホルモンであったので、それも好奇心が強かったです。

しかし、破傷風トキソイドキャリアと結合される時に、女性を、妊娠期間(隠された中絶のフォーム)を維持することを不可能にして、それはhCGに対して抗体の構成を刺激しました。

hCGホルモンを加えられたワクチンの同様なリポートはフィリピンとニカラグアから出てきました。

Gates’ ‘Gene Revolution in Africa’


The Bill and Melinda Gates Foundation, along with David Rockefeller’s Rockefeller Foundation, the creators of the GMO biotechnology, are also financing a project called The Alliance for a Green Revolution in Africa (AGRA) headed by former UN chief, Kofi Annan. Accepting the role as AGRA head in June 2007 Annan expressed his “gratitude to the Rockefeller Foundation, the Bill & Melinda Gates Foundation, and all others who support our African campaign.” The AGRA board is dominated by people from both the Gates’ and Rockefeller foundations.

ゲイツの‘アフリカの遺伝子革命’

ビルとメリンダ・ゲート財団は、デービッド・ロックフェラーのロックフェラー財団(GMOバイオテクノロジーの創作者)に加えて、前国連事務総長(コフィ・アナン)によって進められたアフリカ(AGRA:最愛の人)での緑の革命のための同盟と呼ばれているプロジェクトの資金を調達してもいます。AGRAが2007年6月にアナンが先頭にたって、役割を引き受けるたアナンは「ロックフェラー財団、ビルとメリンダ・ゲイツ財団と我々のアフリカのキャンペーンを支持するすべて人への感謝を表しました。」、AGRAボードは、ゲイツのものとロックフェラー財団寄付から人々によって支配されます。

Monsanto, DuPont, Dow, Syngenta and other major GMO agribusiness giants are reported at the heart of AGRA, using it as a back-door to spread their patented GMO seeds across Africa under the deceptive label, ‘bio-technology,’ a euphemism for genetically engineered patented seeds. The person from the Gates Foundation responsible for its work with AGRA is Dr. Robert Horsch, a 25-year Monsanto GMO veteran who was on the team that developed Monsanto’s RoundUp Ready GMO technologies. His job is reportedly to use Gates’ money to introduce GMO into Africa.


To date South Africa is the only African country permitting legal planting of GMO crops. In 2003 Burkina Faso authorized GMO trials. In 2005 Kofi Annan’s Ghana drafted bio-safety legislation and key officials expressed their intentions to pursue research into GMO crops. AGRA is being used to create networks of “agro-dealers” across Africa, at first with no mention of GMO seeds or herbicides, in order to have the infrastructure in place to massively introduce GMO.

モンサント、デュポン、ダウ、Syngenta、および他の主要なGMOアグリビジネスの巨人は、AGRAの心臓部で、欺瞞的なラベル下でアフリカを横断するそれらの特許を取得したGMO種として『生物工学、』を広め、内密にそれを使用して婉曲的に特許を取得した種で遺伝的に設計したと報告されてます。

AGRA:アグラとその仕事に責任があるゲイツ財団からの人間は、ロバートHorsch博士(モンサントの総括で迅速なGMO技術を開発したチームに属した、25年のモンサントのGMOのベテラン)です。

伝えられるところでは、彼の仕事は、GMOをアフリカに導入するためにゲイツのお金を使うことです。

今までのところ、南アフリカはGMOを植えて収穫を得る事についての法律上の使用を許している唯一のアフリカの国です。

2003年に、ブルキナファソはGMOトライアルを認可しました。

2005年に、コフィ・アナンのガーナは生物学的研究における安全性立法を立案し、重要な役員は、GMOの収穫についての研究を進める彼らの意図を表現しました。

アグラは、非常にGMOを導入するために適所にインフラストラクチャーを持つ必要性のために最初はGMO種または除草剤に関する言及なしでアフリカを横断して「農業ディーラー」のネットワークを構築するために使われています。

GMO, glyphosate and population reduction


GMO crops have never been proven safe for human or animal consumption. Moreover, they are inherently genetically ‘unstable’ as they are an unnatural product of introducing a foreign bacteria such as Bacillus Thuringiensis (Bt) or other material into the DNA of a given seed to change its traits. Perhaps equally dangerous are the ‘paired’ chemical herbicides sold as a mandatory part of a GMO contract, such as Monsanto’s Roundup, the most widely used such herbicide in the world. It contains highly toxic glyphosate compounds that have been independently tested and proven to exist in toxic concentrations in GMO applications far above that safe for humans or animals. Tests show that tiny amounts of glyphosate compounds would do damage to a human umbilical, embryonic and placental cells in a pregnant woman drinking the ground water near a GMO field.13


One long-standing project of the US Government has been to perfect a genetically-modified variety of corn, the diet staple in Mexico and many other Latin American countries. The corn has been field tested in tests financed by the US Department of Agriculture along with a small California bio-tech company named Epicyte. Announcing his success at a 2001 press conference, the president of Epicyte, Mitch Hein, pointing to his GMO corn plants, announced, “We have a hothouse filled with corn plants that make anti-sperm antibodies.”

GMO、グリホサート剤、および人口縮小

GMOの収穫は一度も人のまたは動物の消費に安全であると証明されたことがありません。

さらに、それらが、その特色を変更するためにバシラス-スリンジエンシス(bt)または与えられた種のDNAの中への他の素材などの外国のバクテリアを導入する不自然な製品であり、それらは本来遺伝的に‘不安定’です。

おそらく、GMO契約の義務的な部分として売られる『対』化学除草剤は等しく危険です。モンサントのラウンドアップのような製品は世界で広く除草剤として使われました。それは、独立して、テストされて人間または動物にとって安全で、それをはるかに越えるGMOアプリケーションで中毒の集中に存在するために非常に知られている有毒なグリフォセート合成物を含みます。

テストは、微量のグリホサート剤化合物が人の臍の緒に(GMOフィールドの近くの地下水を飲んでいる妊娠した女性の中の胎児と胎盤のセル)に被害を与えるであろうということを示します。

米国政府の1つの長年のプロジェクトは、トウモロコシ(メキシコと多くの他のラテンアメリカ国の国の主要産物)の遺伝子組み換えされた遺伝的多様性を完成することでした。

トウモロコシはEpicyte:細胞外被と名付けられ、小さなカリフォルニアバイオテクノロジー会社とともに米国農務省によって資金提供されたテストの中で実地で試験されています。

Epicyte:細胞外被の社長、ミッチ・ハインは、2001年の記者会見で彼の成功を発表して彼のGMOドラセナを指し示して「私達は、反精子抗体を作るドラセナでトウモロコシを満たした温室を持っています」を発表しました。

Hein explained that they had taken antibodies from women with a rare condition known as immune infertility, isolated the genes that regulated the manufacture of those infertility antibodies, and, using genetic engineering techniques, had inserted the genes into ordinary corn seeds used to produce corn plants. In this manner, in reality they produced a concealed contraceptive embedded in corn meant for human consumption. “Essentially, the antibodies are attracted to surface receptors on the sperm,” said Hein. “They latch on and make each sperm so heavy it cannot move forward. It just shakes about as if it was doing the lambada.”15 Hein claimed it was a possible solution to world “over-population.” The moral and ethical issues of feeding it to humans in Third World poor countries without their knowing it countries he left out of his remarks.


Spermicides hidden in GMO corn provided to starving Third World populations through the generosity of the Gates’ foundation, Rockefeller Foundation and Kofi Annan’s AGRA or vaccines that contain undisclosed sterilization agents are just two documented cases of using vaccines or GMO seeds to “reduce population.”

ハインは、彼らが免疫がある不妊症として知られているまれな条件によって抗体を女性から取り去ったことを説明し、それらの不妊症抗体の製造を調節した遺伝子を分離し、遺伝子工学テクニックを使って、遺伝子を、ドラセナを生み出すために使われた普通のトウモロコシの種に挿入しました。

この方法で、現実において、彼らは人の消費のために意図されているトウモロコシに埋め込まれた隠された避妊器具を生産しました。

「基本的に、抗体は精子の上で表面のレセプターに引きつけられます。」と、ヘインは言いました。「彼らはとらえて、各々の精子をそれが前進することができないように重くします。まるでそれがランバダをしているように、それはちょうどあたりを震えます。」ヘインはそれが世界人口過剰の解決策である可能性を主張しました。

彼らがそれを知ることなく第三世界貧困国の人間にそれを与える彼の意見から残した道徳的および倫理的な問題です 。

ゲートの財団寄付、ロックフェラー基金、および未公開の殺菌エージェントを含んでいるコフィ・アナンのアグラまたはワクチンの寛大な心を通して飢えている第三世界の人々に提供されたGMOトウモロコシに隠された殺精子剤は「人口を減らす」ためにワクチンまたはGMO種を使用する2つの文書化されたケースです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR