FC2ブログ

多能性幹細胞の発見

皮膚、骨髄に多能性幹細胞 「安全性高い」東北大
 人間の皮膚や骨髄の中に、さまざまな細胞に分化する能力を持つ「多能性幹細胞」が存在するとの研究結果を東北大の出沢真理教授らと京都大のチームが20日付米科学アカデミー紀要(電子版)に発表。「Muse細胞」と名付けた。

 増殖力は高くないが、出沢教授は「そもそも生体内にある細胞で、遺伝子導入など特別な操作を必要とせず、腫瘍化の危険性は低い」と安全面の利点を強調。胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)に取って代わるものではないが、再生医療に利用できるとの見方を示した

 出沢教授らは、体の中に多能性幹細胞が存在し、ストレスを受けると活性化すると想定。人間の皮膚の線維芽細胞や骨髄の間葉系細胞を酵素で処理しストレスをかけると、ES細胞に似た細胞の塊ができ、これをMuse細胞とした。一定の大きさまでは成長するが増殖は止まった。

 別の方法で培養すると神経(外胚葉系)、筋肉(中胚葉系)、肝臓(内胚葉系)というそれぞれ別系統の細胞に分化。多能性を確認したとしている


皮膚組織に未知の細胞を発見


蛇足
東北大学の出澤真理教授は実験の中で奇妙な汚い細胞を捨てずに培養し続け、ある時、培養液と消化酵素の液をいれ間違いコンパに行った事で、厳しい環境を生き抜く細胞の発見につながった。iPS細胞やES細胞のような癌化が防げる可能性がある。偶然と必然が一緒になった発見であるが、分化してそれぞれの組織になるまでは時間がかかるであろう。しかし、再生細胞が人間にもあることが今回の発見でわかった。これからが期待できます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

偉大な発見ってほったらかしで見つかる事も多い?確かアオカビがそうだったような?

2 ■Re:無題

>おいだんなさん
これから、どう応用できるかですね・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR