FC2ブログ

哲学者は回し者・。

さてはてメモ帳 Imagine & Think!
さんより・。

若干蛇足


バートランド
ラッセル
[1872.5.18?1970.2.2], が余すところなく明らかにしたように、人種や民族・国家への誇りは、ワン・ワールド政府の下での新世界秩序の道とは真っ向から対立する。



だからラッセルは、
民族主義・国家主義は数十億の人間ともども地球上から一掃されなければならない、と言ったのだ。

細菌戦争ならば効果があるかもしれない by バートランド・ラッセル





「現在、世界の人口は1日に5万8000人ずつ増加している。戦争も、これまでのところ何ら大きな効果をあげることができず、人口増加は両大戦を経てもなお続いている。しだがって、戦争はこの観点から見れば期待外れだった。だが、細菌戦争ならば効果があるかもしれない(14世紀にヨーロッパの人口を激減させた)黒死病(ペスト)の様なものを各世代に一度ずつ、世界中に蔓延させる事が出来れば、生き残った者は自由に子供を作れるし、世界が人間であふれることもない。その時点での不快感はあるが、それが何ほどのことだろう」  


(引用注:何度でも見返すべき「大哲学者」のお言葉です





幸福論を読むより・。





ラッセルの「幸福論」









第1部 不幸の原因第2部 幸福をもたらすもの
  第1章 何が人びとを不幸にするのか


  第2章 
バイロン風の不幸


  第3章 
成功のための競争


  第4章 
退屈と興奮


  第5章 
疲れ過ぎ・神経の疲れ


  第6章 
ねたみ


  第7章 
罪の意識


  第8章 
被害妄想


  第9章 
世評に対するおびえ


第10章 幸福はそれでも可能か


第11章 
熱意・温かい心


第12章 
安心感と愛情


第13章 
家族の愛


第14章 
仕事


第15章 
私心のない興味


第16章 
努力とあきらめ


第17章 
幸福な人








蛇足


哲学者が表舞台に出れるのは、世界をワン・ワールドへ進める人物だけです。まあ、哲学というより、自己満足というほうがいいかもしれない。


二重人格のような人物であり、本音は人類嫌いであろう・。


この人物を褒めたたえる団体や個人が多数おられます。自分の事は自分で判断した方がよろしいと私は思います。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

まあいろんな考えの方がおられます。まだはっきり言えるだけ民主党よりはいいのかも?(笑)

2 ■Re:無題

>おいだんなさん
民主党も終わってます・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR