FC2ブログ

森永さん、あんたは偉い・・。

太田総理の番組を見ていたら、経済評論家の森永卓郎さんが、

「日本銀行なんかいらない!」との持論を展開されていました。

その根拠も明確に指摘されていましたが、出席した国会議員7人は、

問題を今の日銀総裁の所為にして、日本銀行そのものは必要だと言います。

はたして本当に日本銀行は必要なのか?、僕も必要だとは思えません。



森永さんは、まず日本銀行の役割が三つあると指摘されます。

(1)紙幣通貨の発行。

(2)政府のお金を預かる。

(3)銀行にお金を貸し出す銀行。




イソップ通信より

http://blogs.yahoo.co.jp/isop18



若干蛇足



これらの業務を通して、国内の物価を安定させ、

健全な国民生活を維持させる役割を担うのだそうです。

物価を安定させる具体的な方法として、主なものは、

「公定歩合の上げ下げ」と「公開市場操作」がありますが、

この10年ほど、日銀は役割を果たしているとは言えませんので、

こんな無能な日本銀行なんかいらない!と言うことになるようです。



さてこれは、単なる総裁が有能無能の問題なのでしょうか?



現代の通貨システムに大きな問題があることは、何度も指摘していますが、

その最大のものは、民間有利子金融による、勝手な資産量の増大です。

国の膨大な借金の利子だけでも、どこかで利益を得ている人がいるわけで、

さらに自由化されている金融の利子を思えば、経済は勝手に膨らむ。

その利益を、資産家や金融関係者だけが得るから貧富の格差が広がる。

こうした根元的な問題を解決しない限り、公定歩合の上げ下げや、

公開市場操作では、もう通貨や物価を安定させることは出来ないので、

「日本銀行なんかいらない!」と言うことになるのです。



「それでは誰が通貨を発行するのか?」の問いに対して、

森永さんはちゃんと「政府が発行すればいい」と答えていました。

テレビでここまでオンエアするのは、珍しいと思うのですが、

こんな明白なことが、なぜかタブーのように取り上げられません。

政府が通貨を発行して、銀行への貸出利子を国政に使えば、

10%の消費税など集めなくても、一気に財政は豊かになるのに、

それをやらないのは、金融利権がアンタッチャブルなのでしょう。

マスコミも同罪で、金融利権に遠慮するから大声では言えないのです。



7人の国会議員は、誰一人として日本銀行そのものの問題を言わず、

今や名前連呼たけなわの国政選挙でも、誰もこの問題を指摘しない。

消費税アップだ、反対だと、問題をすり替えて大騒ぎをしているのです。

いよいよ明日が選挙の投票日ですが、民主が勝とうが自民が勝とうが、

同じ穴のムジナ同士の丈比べには、アホらしく思うしかありません。

僕は事前投票をしましたが、選びたい選択肢がないことが残念でした。




蛇足

国際金融資本家が世界を牛耳っておりますので、財務省・中央銀行サミットなどで財務大臣、閣僚、中央銀行総裁などは洗脳されております。

100年も続けていれば、諸悪の根源はここだとアフォでもわかります。

そもそも、国債など発行する必要はないのです。

森永氏は日ごろ変な発言をしているだけに・今回は以外でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

公の場ではっきり言えるって素晴らしいですね?よくつじつまの合わない理論を展開してる変わった人もいるけど?この話はおいだんなも理解してます。今の日銀ならいらないですね?今日選挙なんですよね?しかし誰も回ってこなかったような?名前を連呼してるようには聞こえなかった。消費税増税反対してるのは○○党ですみたいなんしか(笑)消費税は反対しないけど加重課税はやめないと!ガソリンもやし他も消費者に届く前に何回も消費税かかってるし!

2 ■Re:無題

>おいだんなさん
菅さんエエ加減さにNOを突きつけたけっかでしょうね・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR