FC2ブログ

今の議員が生き残るには政界再編しかないだろう・。

民主党敗北は政界再編の始まり




ところで、なぜ民主党は惨敗したのか?
巷間言われているように、菅直人首相が唐突に消費税増税を持ち出したことも確かに影響しているだろう。が、本質はそうではない。
政権交代から約10か月の民主党政治に「否」が突きつけられたのだ。
実際、鳩山―小沢体制のまま選挙に突入すれば、30議席台という予測が民主党自身の調査で明らかになっていた。
これが菅政権に変わり、支持率がV字回復したと言われたが、これはしょせんご祝儀相場にすぎなかった。
国民の民主党政権に対する疑念と失望は、前政権からそのまま引き継がれていたのだ。
逆に言えば、菅政権に交代したおかげで40議席台半ばを確保できたとも言える。


なぜ民主党は、国民の疑念と失望を招いたのか?
まず、国家の基本である安全保障に対する姿勢が極めて曖昧で定見に欠けたこと。
次に、小沢一郎氏に代表される、古い自民党的金権体質を引きずっていたこと。
そして、露骨な利益誘導型政治は、党全体として実行したという点で、自民党の族議員よりもひどかった。
また、マニュフェストで掲げた目標が財源不足で実行不可能な事が明らかになったのに、総括はもちろん、反省すらなかった。
おまけに、自民党もビックリの強権的議会運営である。
これらが、民主党に「新しい政治」を期待した国民の目には裏切りと映ったのである。
だから、国民は民主党に失望した。


民主党は党内に、反体制派や反米親中派、女権拡張主義者などの左翼勢力を抱えている。
中道リベラルを標榜しているが、実際は社民党や新社会党に所属した方がスッキリする政治勢力が跋扈している。
これでは、これからも国民の信頼を回復するのは難しい。


小沢一郎氏は壊し屋である。
権力を奪取するためだけに政治を実行する。
そして、自分の思い通りに行かなくなると、自らの組織を破壊してしまう。
今回の敗北を受けて、小沢氏はおそらく権力闘争を仕掛けてくるだろう。
9月の民主党代表選に向けて多数派工作を強めるに違いない。
が、小沢氏には決定的な弱点がある。
一つは月内にも予想される検察審査会の処分の行方である。
これが「起訴相当」になれば、小沢氏は一気に政治生命を失う。
また、運良くこれをクリアーできても、小沢氏の党内における復権は難しい。
なぜなら、小沢復権は、民主党に対する国民の信頼を奈落の底に突き落としてしまうからだ。
結局、小沢氏は40~50名程度の手勢を引き連れて党から出ていくしかない。


結果として、ここから政界流動化が始まる。
その場合の政治勢力の新たな結集軸が何になるのかは、今は分からない。
少なくとも、小沢対反小沢にはならない。
大きな政府か小さな政府か、財政再建か経済成長か、憲法改正か9条擁護か、日米同盟重視か東アジア重視か、このあたりが分岐点になると思う。


民主党は今のままでは明日はないが、自民党もボス支配を完全に払拭しないと未来は暗い。
やはり、ここで一回、政界流動化を実現させ、右派、中道右派、中道左派、左派に政治勢力を再集約するしかない。


私は、今回の、「勝者なき選挙結果」を政界再編の起点として捉えたい。




蛇足


小新党は連合・合併していくでしょう・。小沢が動けば、民主党が崩壊する。

責任を取らない体質は官僚主導だからでしょうけど・・。
菅と執行部は辞めろ・・・


菅総理 民主敗北で記者会見
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

投げ出すようだけど今辞めた方がいいみたいだ。ラジオでも誰か言うてたがボロボロにされて辞めるより今のがいいと。
しかし日本はどうなるのか?政治家が国を優先しない政治してるんじゃ未来がない!

2 ■Re:無題

>おいだんなさん
議員さんは就職先ですからね・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR