FC2ブログ

現在のシステムで理想郷などありません。

「菅直人総理が就任会見で、強い経済、強い財政、強い社会保障を実現すると発言したことで、スウェーデンへの注目が増していることは知っています。

 もちろんスウェーデンは理想郷ではありませんし、世界中のどこにも理想郷などありませんが、スウェーデンはいくつかの問題について長い年月をかけて解決策を見つけてきた、というのが正しいと思います」

 駐日スウェーデン大使のステファン・ノレーン氏は本誌の取材に、自信満々にこう答えた。

「日本の方がいい国です」
 小学校から大学院まで、教育費はすべて国が負担、医療費もほぼ無料(1回あたり2500円程度の初診料のみ)、年金制度も磐石で、貯金がなくても老後の生活の心配はなく、自殺率は日本の半分―高福祉社会を語るとき、常にモデルケースとして取り上げられる北欧の伝統国・スウェーデンは本当にそんなに幸せな国なのか。

 7月21日、朝日新聞の投書欄に、「スウェーデンは理想郷ではない」と題する一文が掲載された。投書したのは、スウェーデン人と結婚し、ストックホルムで小学校教員を務めるフス・恵美子氏(39歳)。日本で賞賛されている「理想の国家」は、実際に住んでみると多くの問題を抱えている、という内容だった。

 フス・恵美子氏に投書した真意を聞いた。

「日本の大学教授などが、スウェーデンに好意的な論文を書き、スウェーデンが理想郷として語られているのを聞くたびに、歯がゆい思いをしています。私はストックホルムに住み始めて13年ですが、当初から『学生のときに勉強したのとは随分事情が違うな』と思いました。日本に一時帰国すると、いつも『日本はなんていい国なんだろう』と思います」

 フス・恵美子氏があげるスウェーデン社会の問題点は、(1)教育、(2)年金、(3)医療、(4)就職難など多岐にわたる。

 まず、教育問題では、教育にかかる費用が無料だとはいえ、教師の質に大きな問題があるという。

「日本のような教員採用試験がないため、教師の当たり外れの差が大きい。日本人の私に、『昨日急に語学の先生が辞めたから、明日からスウェーデン語と算数を教えて』と言われたこともあります。

 中学でも、『なぜこの課題をこなさなければならないのか』を議論するのに延々と時間を費やす。小学校入学以前の保育費用は無料ではなく、月に2万円程度。我々の収入からすると、かなり高額です」(フス・恵美子氏)

病院の診察に3日待ち
 スウェーデン社会ではほとんど専業主婦(主夫)がおらず、子どもを保育所に預けて時短勤務で働くが、肝心の保育所の費用が収入に比べかなり割高だというのである。

 またスウェーデンの高齢者は、おおむね65歳前後になるとリタイヤし、年金生活に入る。ヨットを持ったり、サマーハウス(避暑用の別荘)で過ごしたりと優雅な暮らしを謳歌していると信じられている。

 しかしフス氏によると、年金額はけっして十分ではないという。

「年金額は給料の60%程度で、そこからさらに税金が引かれるので、高齢者の生活はかなり厳しい。日本でも同じですが、スウェーデンでも高齢化が進むにつれて年金制度が危機に瀕しており、私たちが受給者になるころには額面は大幅に下がるとみられています。

 実際、私の自宅には、『将来の受給額は2万~3万円です』という通知がきました。銀行は、『将来、年金では暮らせないので、積み立てをしましょう』と呼びかけている。友だちが集まると、『いくら積み立てている?』という話題になります」(フス氏)

 1年以上スウェーデンで暮らし、「個人識別番号」(PIN)を取得した人の医療費は前述のように2500円程度だが、実際には病院は常に長蛇の列で、風邪で高熱を発しても「診察まで3日間待ってください」と言われることがあるという。

 リーマンショック以降の景気悪化で、かつては5%以下だった失業率は9%近くまで上がり、社会問題化している。東欧、中東などからの移民の増加によって、都市部近郊の犯罪の増加も問題になっている。

「日本でスウェーデン関連の論文を書いている研究者の方々は、'70年代、'80年代の古き良きスウェーデン社会を描いているのではないでしょうか。私がスウェーデンに住み始めたころは、もう経済に陰りが見えていました。

 義理の両親を見ていると、もう十分に働いたから好きなことをしよう、という感じです。日本人の、なるべく国に頼らず自活するために貯蓄するというメンタリティとは、随分違います」(フス氏)

 スウェーデン人の平均年所得は男性580万円、女性440万円。年金、健保など社会保障費の徴収はない代わり、すべてを税金で賄っており、所得税は平均31%(最高税率は地方税と合わせて55%)。日本は15~50%だが20~30%の層がもっとも多い。一番の違いは消費税で、日本の5%に対しスウェーデンの税率は25%である。

 ただし日本のように一律ではなく、書籍など芸術関係は6%、食料品は12%である。GDPに占める税収の割合は47%に達する。所得税、消費税を通じて集めた税収で、国民皆保険、年金、福祉、教育のすべてを賄っている。貯蓄額も低く、平均130万円という。

 ちなみに法人税は26.3%と、日本の40%よりずっと低率に抑えられ、エリクソン、エレクトロラックス、イケアなど有力企業の海外流出を防いでいる(ほかに人件費に対して雇用主税がかかる)。

 相続税、贈与税、財産税も廃止され、富裕層は財産を自由に子どもや親戚に残せるようになった。(フス氏)

 スウェーデン人の平均年所得は男性580万円、女性440万円。年金、健保など社会保障費の徴収はない代わり、すべてを税金で賄っており、所得税は平均31%(最高税率は地方税と合わせて55%)。日本は15~50%だが20~30%の層がもっとも多い。一番の違いは消費税で、日本の5%に対しスウェーデンの税率は25%である。

 ただし日本のように一律ではなく、書籍など芸術関係は6%、食料品は12%である。GDPに占める税収の割合は47%に達する。所得税、消費税を通じて集めた税収で、国民皆保険、年金、福祉、教育のすべてを賄っている。貯蓄額も低く、平均130万円という。

 ちなみに法人税は26.3%と、日本の40%よりずっと低率に抑えられ、エリクソン、エレクトロラックス、イケアなど有力企業の海外流出を防いでいる(ほかに人件費に対して雇用主税がかかる)。

 相続税、贈与税、財産税も廃止され、富裕層は財産を自由に子どもや親戚に残せるようになった。。



蛇足
税などと言う一番重要な部分が、まるで考えが停止していまっている。搾取システムなのであるから、いかに税から自由になるかが問題なのだ・。よーく考えて見る事だ。


山根康広 Get Along Together~愛を贈りたいから~


尾崎豊 - I LOVE YOU
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR