FC2ブログ

もう秘密ではないビルダーバーグ会議は何を決めたか??

Bilderberg 2010 Ends, What Starts


2010年のビルダーバーグ会議は終わり、何かが始まります。

Ahrcanumより



若干蛇足

The Scheme of World Power?
世界権力の計画?

The 58th Bilderberg Meeting was held in Sitges, Spain 3 ? 6 June 2010f with 130 participants discussing the future of: Financial Reform, Security, Cyber Technology, Energy, Pakistan, Afghanistan, World Food Problem, Global Cooling, Social Networking, Medical Science, EU-US relations.

第58回ビルダーバーグミーティングはシッチェス、スペインで催されました?

2010年6月3日から6日まで、来る将来を議論している130人の参加者:

金融改革、セキュリティ、サイバーテクノロジー、エネルギー、パキスタン問題、アフガニスタン問題、世界食料問題、グローバルな寒冷化、ソーシャルネットワーキング、医学、EU-US関係。

I find it especially humorous the topic of global cooling, as opposed to global warming. What is not so funny, is how the Bilderberg meetings and other think tanks influence our lives.

私は、それが特にユーモラスであるとわかります、地球温暖化と対照的に、世界的な寒冷化の話題。それほどおかしくないことは、Bilderberg会議と他のシンクタンクがどのように我々の命に影響するかということです。

David Rockefeller heads the Member Advisory Group and the list is a who’s who of people of prominence. A third of the people are from government and politics, and two-thirds are from finance, industry, labor, education, and communications. The meeting is private in order to encourage frank and open discussion.

デイヴィド・ロックフェラーはメンバー顧問団を率いていて、参加者リストは卓越性の人々の紳士録です。
人々の3分の1は政府役員と政治家からであり、3分の2は財政、産業、労働、教育、および通信の企業家からです。
率直で、オープンな議論を促進するために、ミーティングは秘密です。

A few select photos of some attendees can be found here at

http://www.guardian.co.uk/world/gallery/2010/jun/09/bilderberg-spain

and at
http://www.danielestulin.com/galeria/fotos/bilderberg2010/
出席者がここで発見されることができるいくつかの写真を選びます。

Wouldn’t you have loved to have been a fly on the wall? Which one of the members would have held the fly swatter?

あなたは、壁のハエであることが大好きでなかったでしょうか?

メンバーの1人はハエたたきをどしようと考えていたでしょうか?


“You don’t need a conspiracy site to know what these supposedly elite and powerful people were ‘secretly’ meeting about. They weren’t talking about their golf handicaps; they’re talking about the economic shape of the world. They’re asking if the euro will survive. They’re wondering if America will survive. What will the world look like a year from now?” …

There are forces trying to make you believe everything is OK and that more government and more spending is the way to go. There are forces who want to gain more international power and control. And then there’s you.

「あなたは、これらのおそらくエリートで強力な人々が何について『ひそかに』会っていたかについてわかるために、共謀現場を必要としません。彼らは、彼らのゴルフハンディキャップについて話していませんでした;彼らは、世界の経済について話しています。彼らは、ユーロが生き残るかどうか尋ねています。彼らは、アメリカが生き残るかどうか疑問に思っています。「世界は1年後にどのように見えるでしょうか?」…

あなたに、すべてがOKであり、より多くの政治とより多くの支出が、向かう方法であると信じさせようとしている力があります。
より多くの国際的なパワーとコントロールを得たい軍隊があります。
それから、あなたがいます。

And then there’s you.


Daniel Estulin, author of The True Story of the Bilderberg Group, claims Bilderberg’s goal, is “the creation of a global network of giant cartels, more powerful than any nation on Earth, destined to control the necessities of life of the rest of humanity, obviously from their vantage point, for our own good and in our benefit ? the great unwashed as they call us.”

それから、あなたがいます。

Bilderbergのゴールは、ダニエルEstulin(Bilderbergグループの実話の作者)は、「このグループが私達に電話する時に、地球上のどのような国家よりも強力な巨大なカルテルのグローバルなネットワークの作成は人間性の残りの生活必需品をコントロールする事を運命づけて、明らかにそれらの有利な地点からの、私達自身に、善を運命づけて、私達利益?において、汚く大きなものを運命づけました」であると主張します。


Charlie Skelton summed up some of the connections nicely at his blog,
http://www.guardian.co.uk/news/blog/2010/jun/14/charlie-skelton-bilderberg-2010
チャーリー・スケルトンは彼のブログで接触のいくつかをきちんと結びつけました。


One of the participants snapped by Quierosaber is the glacial senior fellow of the Hudson Institute,[sic http://www.hudson.org/ ] Marie-Josee Kravis, (wife of Henry Kravis, head of private equity megafirm KKR). The tax-exempt Hudson Institute is a US “thinktank” which has a clearly stated aim: “We seek to guide global leaders in government and business.” It’s funded by good and wise people like Monsanto, DuPont, Pfizer, McDonald’s, General Atomics, IBM, Proctor & Gamble, and Conrad Black (Bilderberg attendee and currently guest of Florida correctional institution).

Quierosaberによってスナップをとられた参加者のうちの1人は、ハドソン研究所の氷の上級研究員であり、[http://www.hudson.org/]マリー-ジョゼ・クラビッツ(ヘンリークラビッツ(プライベート・エクイティ・メガ組織 KKR)のトップの妻)。
 非課税のハドソン研究所は、はっきりと述べられた目的を持っている米国「頭脳集団」です:
 「私達は、政府とビジネスについてグローバルなリーダーを指導することに努めます」.それはモンサント、デュポン、ファイザー、マクドナルド、ジェネラル・アトミクス社、IBM、プロクター&ギャンブルとコンラッド・ブラック(Bilderberg出席者とフロリダ刑務所の現在の客)のようによく、賢明な人々によって出資されます。

 

The Hudson Institute was set up by the Rand Corporation (which had previously been set up by the Douglas Aircraft Company to advise the US military). In a nutshell, that’s who Marie-Josee Kravis works for, and that’s who George Osborne spent Bilderberg 2006, 2007, 2008 and 2009 listening to. In the words of Aretha Franklin: who’s zoomin’ who? And who the hell asked these foundations for their guidance in the first place? Stop issuing reports! Stop thinktanking! Stop presenting “well-timed recommendations to leaders in government”. Mind your own unelected business for a change. And pay some tax while you’re about it.

ハドソン研究所は、ランド研究所(以前に、アメリカ軍に助言するためにダグラス航空機会社によって設定されました)によって設定されました。
 要するに、それは、マリー・ジョゼクラヴィスが誰にとってうまくいくかであり、それは、ジョージ・オズボーンが誰の言うことを聞くのにBilderberg 2006、2007年,2008年、および2009年を費やしたかです。
 アレサ・フランクリンの言葉において:
誰が誰を急上昇させていますか?
そして、地獄はまず第一にそれらの案内のためにこれらの基礎を誰に尋ねましたか?

リポートを出すのをやめてください!
thinktankingをやめてください!
「政府のリーダーに対する時宜を得た勧告」を見せるのをやめてください。
変化のためにあなた自身の選び出されたのではないビジネスに注意を払ってください。
そして、あなたがそれについて関係がある場合、若干の税を払ってください。

 

Educate Yourself blog claims, “There is a worldwide conspiracy being orchestrated by an extremely powerful and influential group of genetically-related individuals (at least at the highest echelons) which include many of the wo
rld’s wealthiest people, top political leaders, and corporate elite…”

あなた自身の教育ブログは、「世界の最も裕福な人々、一番上の政治指導者、および企業のエリートの多くを含む遺伝的に関連の個人(少なくとも最も高い梯列の)の極めて強力で、有力なグループによって統合されている世界的な共謀があります…」と主張します。


若干蛇足
"

Tavistock Institute is headquartered in London. Its prophet, Sigmond Freud, settled in Maresfield Gardens when he moved to England. He was given a mansion by Princess Bonaparte. Tavistock’s pioneer work in behavioral science along Freudian lines of “controlling” humans established it as the world center of foundation ideology. Its network now extends from the University of Sussex to the U.S. through the Stanford Research Institute, Esalen, MIT, Hudson Institute, Heritage Foundation, Center of Strategic and International Studies at Georgetown, where State Dept. personal are trained, US Air Force Intelligence, and the Rand and Mitre corporations. The personnel of the corporations are required to undergo indoctrination at one or more of these Tavistock controlled institutions. A network of secret groups, the Mont Pelerin Society

Tavistock研究所はロンドンに本部を置きます。
Sigmondフロイトがイギリスに引っ越した時に、その予言者はMaresfield庭に落ち着きました。
彼はプリンセス ボナパルトによって大邸宅を与えられました。
 「コントロール」人のフロイト派ラインに沿った行動科学の中のTavistockの先駆的な仕事は基礎イデオロギーの世界センターとしてそれを設立しました。
 そのネットワークは、現在、ジョージタウン(個人の州部が訓練された、米空軍Intelligenceであるところ)とランドとミトレ会社でスタンフォード研究所、Esalen、MIT、ハドソン研究所、ヘリテージ財団、StrategicのセンターとインターナショナルStudiesを通してサセックス大学からアメリカに及びます。会社の社員は、これらのTavistockに制御された機関の一つ以上で教化を経験することを要求されます。秘密のグループ(Mont Pelerin協会)のネットワーク


The Tavistock Institute website http://www.tavinstitute.org/
says, “The Institute is engaged with evaluation and action research, organisational development and change consultancy, executive coaching and professional development, all in service of supporting sustainable change and ongoing learning.”


Mmmm, sustainable change? Change you can believe in?


The http://greatamericanpoetryshow.com/articles-and-essays/tavistock-the-best-kept-secret-in-america/
shows a more opportunistic organization whose influence and power may not be used for the good of the people
 
Tavistock研究所ウェブサイト
http://www.tavinstitute.org/  は、「全部で、持続可能な変化と進行中の学習をサポートするサービスで、研究所は評価と行動の研究、組織開発、および変化コンサルタント業(実行する指導し、プロフェッショナルな開発)に従事しています」と言います。
 Mmmm、持続可能な変化?
 あなたが信じることができる変化?

http://greatamericanpoetryshow.com/articles-and-essays/tavistock-the-best-kept-secret-in-america/  は、影響と力が人々のために使われないかもしれないより日和見主義的な組織を示します。

 

What about the 200 other think tanks besides Bilderberg, that are intermingling in public policy, and possibly manipulating governments and people?

 

公共政策で混ざり合っているBilderbergとなんとかして操っている政府と人々の他に200の他のシンクタンクはどうですか?



 Via Wiki, “Critics such as Ralph Nader have suggested that, because of the private nature of the funding of some think tanks, their results are biased to a varying degree. Some argue that members will be inclined to promote or publish only those results which ensure the continued flow of funds from private donors.” (emphasis mine.)

Wikiによって、「ラルフネーダーのような批評家は、一部のシンクタンクの資金提供の個人的な性質のため、彼らの結果が様々な程度に偏るように提案しました。何人かは、メンバーが資金の継続した流れを民間の提供者から守るそれらの成績だけを進めるか、発表したいと思うと主張します。」


Continuing the flow of funds, my antennae turn to The World Health Organization. WHO, with it secretive list of members failed to disclose their connection and possible/probable influence by major pharmaceutical companies in declaring the now defunct Swine Flu Pandemic.
 
資金の流れを続けて、私のアンテナは、世界保健機構(WHO)に振り向きます。

誰によって、秘密主義の会員名簿が、現在消滅したブタインフルエンザ大流行病を宣言する時に大手の調剤会社の近くでそれらの接続および可能/ありそうな影響を明らかにすることに失敗した 。


The Bilderberg Meetings were covered in the press, somewhat. http://de2008a2012.wordpress.com/2010/06/06/bilderberg-2010-analisis-suma-y-seguimos/  writes ” the abandonment of secrecy purest of these Sects / corporations / lobbies has been caused in a gesture more than a sign of their absolute power over a society completely drugged with their vices and cultural naivety and utter spiritual darkness.” There are also numerous links to press and video coverage of the meeting .

Bilderbergミーティングはプレスで報道されていて、多少、

http://de2008a2012.wordpress.com/2010/06/06/bilderberg-2010-analisis-suma-y-seguimos/  は、また、プレスとミーティングのビデオ報道へのたくさんのリンクがあるのを、「これらのセクト/企業/ロビーの最も純粋な秘密の放棄はそれらの悪によって完全に薬物を混ぜられた社会と文化的な純真と全くのスピリチュアルな暗闇の上のそれらの絶対の権力の合図よりもっと身振りにおいて起こっています」.に手紙で知らせます。
 イデオロギーの宣伝またはイデオロギーの解決策?

誰がシンクタンクの分を払いますか?
 納税者。
 資本家。
 それから、あなたがいます。

 

The government funds, wholly or in part, activities at approximately 30 Federally Funded Research and Development Centers (FFRDCs). FFRDCs, are unique independent nonprofit entities sponsored and funded by the U.S. government to meet specific long-term technical needs that cannot be met by any other single organization. FFRDCs typically assist government agencies with scientific research and analysis, systems development, and systems acquisition. They bring together the expertise and outlook of government, industry, and academia to solve complex technical problems. These FFRDCs include the RAND Corporation, the MITRE Corporation, the Institute for Defense Analyses, the Aerospace Corporation, the MIT Lincoln Laboratory, and other organizations supporting various departments within the U.S. Government.


約30の連邦政府により出資された研究開発センター(FFRDC)での活動に資金を供給します。FFRDCsどのような他の単一の組織によっても満たされるはずがない具体的な長期の技術ニーズを満たすように、米国政府により後援されて、出資されたユニークな独立な非営利的なエンティティです。

FFRDCは一般に科学的研究と分析、システム開発、およびシステムの獲得について政府機関を補助します。

複雑な技術的問題を解決するために、彼らは政府、産業、および学界の専門知識と展望をまとめます。

これらのFFRDCはランド研究所、MITRE社、防衛分析研究所、航空宇宙社、MITリンカーン研究所、および米国政府の中で様々な部門をサポートしている他の組織を含みます。


Master Government List of FFRDCs can be found at

http://www.nsf.gov/statistics/nsf05306/ 

and a updated list at
 
http://www.nsf.gov/statistics/ffrdclist/

 and at
http://en.wikipedia.org/wiki/

 List_of_federally_funded_research_and_development_centers.
 Partial funding disclosure can be found at


FRDCのマスタ政府リストはhttp://www.nsf.gov/statistics/ffrdclist/
で、そしてhttp://en.wikipedia.org/wiki/List_of_federally_funded_research_and_development_centers
http://www.nsf.gov/statistics/nsf05306/
とアップデートされたリストで発見されることができます。
 部分的な出資ディスクロージャーはそれに発見されるかもしれません

 

Blurred between the FFRDCs and Think Tanks, we have is what is referred to as “the twilight zone.” Blurring the lines of The Constitution they often acts as a quasi government as reported in “The Quasi Government: Hybrid Organizations with Both Government and Private Sector Legal Characteristics.” report at http://www.fas.org/sgp/crs/misc 
 FFRDCsとシンクタンクの間でぼやけて、私達は中準政府で報告されるように持ち、しばしばそれらが準の政府として演じる法のラインをぼやけさせている「トワイライト・ゾーン。」と称されるものです:
 
http://www.fas.org/sgp/crs/misc  の「政府と民間部門法律特徴の両方とのハイブリッド組織」.リポート

 


 Characteristically most people are more familiar with the The Twilight Zone TV show, than the influence and power of these organizations. Throw in media think tanks like such as the conservative Heritage Foundation http://www.heritage.org/
and the Cato Institute, who promote libertarian social and economic reforms and you see who influences government policy, and the push toward globalization and a New World Order. The liberal Tellus Institute http://www.tellus.org/
website headline reads, “ research and action for a global civilization of sustainability, equity, and well-being.” What action and whose best interest will be served is anyone’s guess.


特徴として、大部分の人々は、よく知られているTwilight Zone TVショー(影響とこれらの組織の勢力より)。シンクタンクが保守的なヘリテージ財団http://www.heritage.org/  とケートー研究所のようなメディアを入れてください、そしてその人は、自由論で社会的な経済改革を促進してください、そして、あなたは誰が政策と国際化とNew World Orderの方へプッシュをかけて影響するかについて見ます。 自由主義のテルス研究所http://www.tellus.org/
ウェブサイト見出しは、読めます、「持続性、資産と幸福の世界的な文明の探求と行動。」何の行動、そして、関心が出される誰のために最高かは、誰にもわからないことですか。



 


And then there’s you. And, then there’s them.

それから、あなたがいます。そして、彼らはそこにいます。



 


蛇足


今やアンタッチャブルでは無くなった陰謀説の発端になる秘密会議や組織は興味の対象として世界中から注目されています。

 

しかし、TV評論家や識者など、マスコミや政府などは知らんぷりしています。それが益々怪しい動きに見えるのです。まあ、200年前から金融を押さえたロスチャ一族がある意味、大きく関与しているのは理解できます。それ以上の事は、まだ、はっきりとは見えません。しかし、何処かで意思決定をする組織があるのははっきりしています。それはエリート独裁なのか金融貴族独裁なのかNWO(新世界秩序)構築なのかは分かりません。


ただ今年は、ビルダーバーグ会議(1954年)ができて58回はおかしい・・。56回目の筈だ・。カバラ数字の4と7をかけ算28は神秘な数字です。宇宙の法則や女性の生理などを基にしており、28が彼らの(悪魔数字:凡人から見て)聖なる数字でしょう??。


1984年が重大なイベントの年であったから、その28年目が2012年である。1年間の悪魔の宴(凡人から見て)が始まるのでしょうか?・(マヤの暦が終了する)。


まあ、今年は前哨戦みたいな年か??温暖化詐欺は寒冷化に変更と言う事か??




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR