FC2ブログ

今ある現実。

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi
?????


F・D・ルーズベルト米大統領暗殺疑惑と、そしてその意味。???




更新 平成18年01月13日00時04分


平成十八年(二〇〇六年)一月十二日(木)

(第一千五百五十二回)


○「操られたルーズベルト」

  カーチス・B・ドール著、

  馬野周二(訳・解説)、プレジデント社、一九九一年十月刊


○この本の英文原題は、

  FDR: My Exploited Father-in-Law

  By Curtis B Dall(一九六八年)


○本書の著者、カーチス・B・ドールは、

 F・D・ルーズベルト米大統領の娘と結婚して居る。


○従って、F・D・ルーズベルトは、ドールの義父であり、

 エレノア・ルーズベルトは、ドールの義母にあたる。


○そしてずっと後になって、ドールは、

 ウイリス・カートの主宰するリバティー・ロビーと言う政治団体の

 代表に就任した。


○本書は、

 シオニストユダヤ、ADLの一味に不法に乗っ取られる以前の

 IHR(歴史修正研究所)によって発行された。


○一九四一年十二月八日(七日)当時の米真珠湾海軍艦隊司令官で

 あった、キンメル海軍大将と、


○ドールは、一九六七年二月三日、対談した。


○そこでキンメル提督は、


○前任のリチャードソン提督が解任された、その後任として任命され

 た、一九四一年晩秋、


○ワシントン(米海軍省)は、

 主力艦数隻、輸送船を他の地域に派遣せよ、と命令してきた。


○更に、日本軍のパールハーバー攻撃の少し前、ワシントンの海軍省は、

 パールハーバーの航空母艦五隻を他地域に移せ、と命令して来る

 (前出、二百九十一頁)。


○つまり、そこで、パールハーバー米艦隊は、

 空母はゼロ、と成ったわけである。


○キンメル大将も、カーチス・ドールも、

 これは、ルーズベルト政権による日本を対米英戦争に引きずり込む

 大謀略の一部であることを明確に認識して居る。


○米国では、

 一九四一年十二月八日(七日)の「日本のパールハーバー奇襲」説が、

 米国政府によるペテンであることについて、無数の暴露と論評がなさ

 れて居る。


○にも拘わらず、日本では、このペテンにもとづく「東京裁判史観」が、


○ますます強国に日本人の意識を支配しつつある。


○朝日新聞社の月刊誌「論座」の平成十八年二月号に、


○ 朝日新聞論説主幹 若宮啓文

  讀賣新聞主筆   渡辺恒雄


○この二人の「対談」、


○なるものが掲載され、


○東京裁判の全面肯定にもとづく日本の軍、政府首脳の「戦争責任」なる

 ものについて、


○売国奴的発言が展開されて居る。


○カーチス・B・ドールは、一九四五年四月十二日のF・D・ルーズベルト

 の病死は、何者かによる「暗殺」(毒殺)ではないか、


○と疑って居る。


○このF・D・R暗殺疑惑は、

 米国では、かなり広範に、反陰謀陣営に流布されて居るにも拘わらず、

 日本人には、まったく、知らされて居ない。


○要するに敗戦後六十年来、


○日本人は、米国そして、世界の、


○まともな情報から、完璧に遮断されたままなのである。


○我々は、まさに、

 一から、やり直すしかないのだ。


蛇足


朝日と読売が結託して靖国や戦争責任を言い放つ・・戦前は煽りに煽って・戦争万歳していたのだが・。戦後のGHQに洗脳された共産主義政策は現在まで生きている。米国のイラク侵攻に日本が加担している事を朝日などは良く言い立てるが。ならば、悪いアメリカと太平洋で戦争して何故、批判するのだ?矛盾している。軍国主義ならば、特定アジア3カ国など徴兵制の国は軍国主義ちゃうのか??。ことの本質を無視し、場当たり的なモノ言いには反吐がでる。裏の裏を読んで新聞にしなはれ・。日本のマスコミに期待はしてないし、新聞は取ってないけどね・。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR