FC2ブログ

シナリオはすすむ?

イラン核:日本、国連安保理付託に賛成

 イランが核関連活動を再開した問題で、日本政府は15日、国際原子力機関(IAEA)緊急理事会で同問題の国連安保理付託に賛成したうえで、付託後も「対話による解決」を模索していく方針を固めた。欧米諸国と歩調を合わせつつも、日本は油田開発などイランとの「特別な関係」(政府筋)があり、米国が安保理で提案する可能性がある経済制裁は避けたいのが本音。政府はジレンマを抱えながら、引き続きイラン政府への働きかけを行う考えだ。


 政府は昨年9月のIAEA定例理事会で安保理付託を容認、非難決議にも賛成した。今回の事態を受けた緊急理事会への対応でも「反対する理由はない」(外務省幹部)と付託に賛成する方針。北朝鮮の核問題解決を目指す立場からも「北朝鮮は各国の対応を注視しており、イランと北朝鮮への対応で二重基準を取るべきでない」(同)という事情もある。


 一方、イランは昨年9月、非難決議の賛成国との「経済協力関係を見直す」と表明。イラン産が総原油輸入量の15%を占め、04年に中東最大級のアザデガン油田(埋蔵量約260億バレル)の開発契約を結んでいる日本は難しい立場に立たされることになった。


 このため、政府はイランとの外相会談などを通じて「賢明な判断」(町村信孝前外相)を再三求めてきた。麻生太郎外相も13日の記者会見で、安保理付託は容認したものの「核開発問題の解決には、さらなる外交努力が必要だ。安保理に出されて即制裁ということにはならない」と述べ、経済制裁には慎重に対応する姿勢を強調した。【山下修毅】


毎日新聞 2006年1月15日 18時22分



http://www.propagandamatrix.com/index.html



Russian Expert Says Israel Likely to Bomb Iran in Spring


Mos News | January 15 2006


Israel could launch a missile attack on Iran in the upcoming spring, Director of the Russian Political Research Institute Sergei Markov was quoted by Interfax as saying Saturday.


“Israel is in the state of a bitter cold war with Iran and might become the first victim of a nuclear weapon attack: therefore, I deem it very likely that the Israeli Air Force could launch missile strikes on military, nuclear targets in Iran as early as this spring,” Markov told Interfax.


This move, however, would create serious problems for Israel, Markov said. “This would lead to a significant destabilization of the situation in the Middle East, including a dramatic increase in [terrorist] attacks by Islamists on Israel,” he said.


At the same time, the international community will be increasing pressure on Iran, Markov said. In particular, Iran might be subjected to economic sanctions, “which would at first be mild but would then grow tougher and tougher, up to an embargo on purchasing Iranian oil,” he said.


春にイランを爆撃するために、ロシアエキスパートはたぶんイスラエルを言う。

Mosニュース|2006年1月15日

イスラエルは近く発表される春にイランへのミサイル攻撃をスタートすることができて、ロシアの政治的な研究所セルゲイ・マルコフのディレクターは、土曜日に言うこととしてインターファクスによって引用された。

「イスラエルはイランとの苦い冷戦の状態にあり、核兵器攻撃の最初の犠牲者になるかもしれない:」

インターファクスに、「従って、私は、イスラエルの空軍が早くもこの春軍隊、核の目標の上のミサイル攻撃をイランに乗り出させることができたことを非常にありそうであると考えている」とマルコフは言った。

しかし、この動きはイスラエルのために深刻な問題を生むであろうとマルコフは言った。

「これはイスラエルへのイスラム教徒による[テロリスト]の攻撃の劇的な増加を含む中東の状況の重要な不安定化をもたらすであろう」と彼は言った。

同時に、国際社会はイランへのプレッシャーを増大させているであろうとマルコフは言った。

特に、イランは、経済制裁(「最初は穏やかであろうけれどもイランのオイルを購入することにおける出入港禁止命令までその時ますますより丈夫になるであろう」)を受けるかもしれないと彼は言った。





Dinner Guest Ayman al-Zawahri Escapes Death


Kurt Nimmo | January 15 2006


For the sake of argument, let’s say a Canadian terrorist, set loose on the world by the Canadian Foreign Intelligence Service (I don’t know if the CFIS creates terrorists, but in this instance let’s say they do), escaped over the Canada-United States border and took refuge in International Falls, Minnesota. Canada and CFIS discover this terrorist?who they want to kill for political and propaganda purposes?is hiding out in a house, which they later describe as a “compound,” and send a CFIS drone bristling with missiles streaking over the border and bomb the house situated in a quiet neighborhood in International Falls, killing eighteen people, including women and children. Imagine the reaction. Millions of Americans, rightfully outraged by this murderous attack, would demand the United States immediately attack Canada, maybe nuke Ottawa, and string up every last member of the country’s parliament in retribution.


In essence, this is what happened in the Bajaur area in northwest Pakistan on Friday. “Pakistani officials on Saturday angrily condemned a purported CIA airstrike meant to target al-Qaida’s No. 2 man, saying he wasn’t there and ‘innocent civilians’ were among at least 17 men, women and children killed in a village near the Afghan border,” reports the Associated Press. “Counterterrorism officials in Washington declined to comment on U.S. media reports that CIA-operated drone aircraft fired missiles Friday at a residential compound in Damadola trying to hit Ayman al-Zawahri, Osama bin Laden’s top lieutenant whose videos have made him the face and voice of al-Qaida.”


Of course, since Ayman al-Zawahri is not in Pakistan?and may in fact be dead, as his boss is dead?the CIA attack served only to kill innocent Pakistanis and further outrage Muslims, who understand very well that the United States is engaged in a Crusade against Islam and Muslim lives can be had at discount price. As well, the significance that the attack took place on Eid ul-Fitr, an Islamic holiday that marks the end of Ramadan, is likely not lost on Muslims around the world.


In order to spread around the blame, the Washington Post, quoting a “source,” said Pakistani intelligence was involved in the attack. Moreover, the so-called source (probably a neocon in the Pentagon) said “that Zawahiri got out of the building before it was hit,” in other words the dead Pakistanis, including the women and children, have nobody to blame but themselves.


Bloomberg reports:


Zawahiri was known to use safe houses in a Pakistani area attacked by U.S. forces yesterday, and U.S. intelligence indicated he might be in the location or headed there, ABC reported. Five of those killed in the attack were high-level al- Qaeda figures and their bodies are undergoing forensic tests for identification, ABC said citing unidentified Pakistani officials.


Of course, we can’t believe anything we hear about al-Zawahiri or “al-Qaeda,” since the Straussian neocons in the Pentagon, the CIA, and their Pakistani intelligence friends make things up as they go along. Recall al-Zawahiri was supposedly killed by Pakistani mercenaries as he was riding in an ambulance after being wounded by an American bomb after airstrikes on a complex of caves near Jalalabad, Afghanistan, on December 3, 2001 (the attack allegedly killed al-Zawahiri’s wife, Azza, and their three children). And then, in May of 2004, al-Zawahiri was supposedly surrounded by the Pakistani military in a tribal area of Pakistan bordering the Afghan mountains. Although we are told a large number of “hardcore” “al-Qaeda” fighters were killed in the attack, al-Zawahiri escaped the dragnet just as the fighting commenced (another ruthless and mercurial al-Qaedaite, Abu Musab al-Zarqawi, also has the uncanny ability to elude capture). Thus, not unlike Orwell’s Emmanuel Goldstein, both al-Zarqawi and al-Zawahiri live another day to serve as bogeymen (and, like Goldstein, we are never sure they actually exist).


It’s my guess al-Zarqawi will live on in infamy for a very long time, or as long as he is useful to the Straussian neocons. In the meantime, more Muslims will die?and thousands may soon die in Iran if the neocons and the Zionists in Israel have their way?because, as the Washington Post and Bloomberg remind us, Muslim lives are cheap and, besides, they deserve whatever horrible fate they receive for serving dinner to Ayman al-Zawahri on Eid ul-Fitr.


ディナーゲストAyman al-Zawahriは死を免れる。

カート・ニモー|2006年1月15日

議論のために、カナダ外国情報機関(私は、CFISがテロリストを作成するかどうかを知らないけれども、この例において、彼らがすると言おう)によって世界にゆるく設定されたカナダテロリストがカナダ米国境界の上で脱出し、インターナショナル・フォールズ、ミネソタで避難をしたと言おう。

カナダとCFISは、このテロリスト?whoを発見する それら 殺し のために 政治的なおよび たい 女性と子供を含む18人の人々を殺して家に隠れて、後でそれらが「化合物」と評し、CFIS無人機を、ミサイルが密生し、境界の上で筋がついているようにし、インターナショナル・フォールズの静かな付近に位置させられた家を爆撃する宣伝目的?is 。

反応を想像しなさい。

この残忍な攻撃に公正に憤慨した数百万人のアメリカ人は、米国が直ちにカナダを攻撃し、たぶん、オタワを核攻撃し、罰における国の議会のすべての最後のメンバーを吊るのを要求するであろう。

本質において、これは、金曜日に北西のパキスタンのBajaurエリアで起こったことである。

「土曜日のパキスタンの役員は怒って、彼がそこにいなく、‘無実の民間人’がアフガニスタンの境界の近くの村で殺された少なくとも17人の男性、女性、および子供の間にあったと伝えて、アルカイダのNo.2の男性を目標とすることを意図されているCIA空爆と称されるものを非難した」とAP通信は報告する。

「ワシントンの報復テロ行為役員は、Ayman al-Zawahri(ビデオが彼のためにアルカイダの面と音声を作ったオサマ・ビンラディンの一番上の副官)に当たろうとして、CIAで操作された無人機航空機がDamadolaにおける居住地区に金曜日にミサイルを発射したという報告を米国メディアについてのコメントに辞退した」。

もちろん、Ayman al-Zawahriがパキスタン?になく、するかもしれないので、実のところ、死んでいなさい、彼のボスが死んだ?である時に、CIA攻撃は、米国がイスラム教徒に対して改革運動に従事していて、イスラム教ライフが値引き価格で催されることができると非常にうまく理解している無実のパキスタン人とさらに乱暴イスラム教徒を殺すだけに役立った。

その上、Eid ul-Fitr(ラマダンの終わりを示すイスラム休日)上で、攻撃に場所にかかった意義はたぶん世界中でイスラム教徒において失われない。

非難のまわりで広がるために、ワシントン・ポストは、「ソース」を引用して、パキスタンの知能が攻撃に関係していると言った。

さらに、いわゆるソース(たぶん国防総省の新保守主義者)は、女性と子供を含む、「それに当たる前に、そのZawahiriは建物を出た」、すなわち死んだパキスタン人が自身を除いた非難への誰も持っていないと伝えていた。

中略


al-Zarqawiが、非常に長い時間の間または彼がシュトラウス信奉者新保守主義者に有益な限り悪評において生き長らえるであろうということは私の推測である。

その間、より多くのイスラム教徒は?死ぬであろうし、ワシントン・ポストとBloombergが、私達に思い出させている時に、イスラム教ライフが安いので、イスラエルの新保守主義者とシオニストが彼らの方法で?を持っていて、さらに、Eid ul-Fitr上のAyman al-Zawahriにディナーを出すために、彼らが、彼らが受け取るどのような恐ろしい運命にでも値しているならば、数千はすぐイランで死ぬかもしれない。


蛇足


イラン核問題6カ国協議・・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・ロシア・中国でイランが核関連活動を再開した同問題の国連安保理付託に、賛成はアメリカ・イギリス・ドイツ・。慎重派はフランス・ロシア。反対は中国。日本は蚊帳の外ですから・・ドイツは技術援助なのかやはり、ドイツ系がアメリカには多いからか?6カ国に入っているのです。難儀な中国は棄権に回らしてでも、安保理付託に持っていくのか??イスラエルは数百発の核を持っていると言われるが・IAEAにも核問題にも査察などもまったく無い、ダブルスタンダードですけども?そこは旦那・・と言う事で・・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR