FC2ブログ

錬金術が逆回り。?

ベンチャー革命2006年1月18日

                           山本尚利
(早稲田大学大学院MOT教授)

タイトル: 光クラブ二代目の悲劇:ホリエモン



1.光クラブ事件とライブドア事件の類似性

 光クラブとは、戦後まもなく1948年9月に学徒動員帰りの東大法学部学生、山崎昇嗣氏(26

歳)によって創業された闇金融ベンチャーの名前です。月利13%の高配当を売りに、小金もち

から資金を集め、月利21%の高利で、中小企業などに短期貸付を行い大当たりしました。創

業4ヶ月後の49年1月には銀座に本社を置き、資本金600万円、株主400名、社員30人の成り上

がりベンチャーに急成長しました。現在のライブドアやヒューザーを彷彿とさせます。とこ

ろが、光クラブはご多分にもれず、ライブドアと同様に、早速、警察にマークされ、山崎氏

は49年7月に銀行法違反で京橋警察署に逮捕されてしまいました。9月にはいったん釈放され

ますが、株主から3000万円の債権取立てに遭い、11月に青酸カリ自殺で他界します。享年27

歳でした。

 あれから半世紀後、1996年、日本にもネットベンチャーが出始める頃、東大生、堀江貴文

氏が学生ベンチャー、オンザエッジを創業します。企業向けのホームページ制作企業でし

た。筆者は、当時SRIグループに所属していましたが、SRIも同時期、アトミックタンジェリ

ンというネットベンチャーを創業しました。業務内容はオンザエッジと同様に企業向けのホ

ームページ制作、およびウェッブ化コンサルティングでした。オンザエッジと同じビジネス

モデルのネットベンチャーが日本にも雨後の筍のように乱立していました。ところが2000年

春、ネットバブルの崩壊で、周知のように、日本のネットベンチャーの大半は消滅しまし

た。SRIのアトミックタンジェリンも同じ運命をたどりました。ところが、堀江氏のオンザエ

ッジはどういうわけか、ライブドアに改名して東証マザーズ上場に成功します。なぜ、堀江

氏の会社のみが大成功したのか?他のネットベンチャーと同じ陳腐なビジネスモデルなの

に・・・。筆者のこの疑問はいまだに解けていません。ライブドアで思い浮かぶのは、珍し

く東大生の創業したベンチャーというくらいです。さて、2006年1月16日夕刻、東京地検が六

本木のライブドア本社に対し、偽計取引容疑で大掛かりな強制捜査を強行しました。このニ

ュースを聞いたとたん、筆者は上記、光クラブを連想した次第です。

 ところで、上記と類似の事件は、その他に1988年に勃発したリクルート事件があります。

この事件は単なる未公開株の贈収賄事件ではなく、リクルートの江副浩正氏(東大生ベンチャ

ーの元祖)が、NTTと組んで、回線リセールビジネスを仕組んだことが、1985年に民営化され

たNTT乗っ取りを狙った米国覇権主義者の怒りを買ったのではないでしょうか。日本における

江副氏のような頭脳的戦略家の出現は、米国覇権主義者のうち、対日攻略担当のもっとも恐

れる出来事だったのでしょう。

 さてライブドアやヒューザーなどの無名ベンチャーが急成長しているのは、オンリーワン

技術をもっているか、法律すれすれのことをやっているか、どちらかです。日本のベンチャ

ーの大半は後者ですから、当局がその気になればいくらでも社長を逮捕できるし、会社を潰

すことができます。今回、ライブドアは光クラブと同じ悲劇に見舞われたといえます。



2.耐震偽装事件と偽計取引事件の仕掛け人は誰か

 耐震偽装事件のヒューザー小嶋社長の証人喚問も、偽計取引事件のライブドア強制捜査

も、一見、小泉内閣には打撃のようにみえます。いよいよ、小泉首相も今年9月に任期満了を

控えてレームダック(無力化した政治家)になったかという、観測もあります。まず、ヒュー

ザー事件では、小泉首相の所属する森派の政治家、伊藤公介議員との癒着、小泉内閣の官房

長官、安倍晋三氏の関与疑惑が俎上に上っています。一方、ライブドアの堀江氏は、2005年9

月11日の衆院選挙で、小泉首相の懇願により、反小泉の旗頭であった亀井静香氏の選挙地盤

(広島六区)に、亀井刺客候補として送り込まれ、大活躍したことはまだ記憶に新しいところ

です。勝ち組の代表、堀江氏の出馬で、堀江ファンの若者票が全国規模で小泉支持に回り、

民主党と反小泉の保守立候補者を惨敗に追いやったのです。小泉首相にとって、堀江氏は郵

政民営化選挙大勝利の恩人です。

 ライブドア強制捜査が、ヒューザー小嶋社長の証人喚問の前日であったことから、国民と

マスコミの関心を、小泉・森派に不利な耐震偽装事件からそらすために、無理やり、ライブ

ドア強制捜査が断行されたという見方は誰もが想像します。もしそうならば、あまりにミエ

ミエの国策捜査です。しかし、この第一の仮説には矛盾も生じます。小泉勝利の立役者、堀

江氏をワザワザなぜ血祭りに挙げるのか、という疑問が生まれます。小泉首相は堀江氏に対

し、恩を仇で返すようなことをしたことになります。

 そこで第二の仮説が立てられます。耐震偽装事件もライブドア強制捜査も、政官に残存す

る反小泉派の仕業ではないか、というものです。つまり小泉内閣を窮地に追い込むための謀

略ではないかという仮説です。これはかなり説得力があります。ライブドア強制捜査のニュ

ースで、反小泉の巨頭、亀井静香氏は、シテヤッタリとこみ上げる笑いをこらえきれないと

いう表情でしたから・・・。



3.第三の仮説

 さて筆者は、上記の二つの仮説はどちらも支持しません。そこで第三の仮説を立てます。

そのヒントとして、小泉内閣および日本政府を支配する米国覇権主義者の意思に注目した

い。今回の事件で、小泉首相は、米国覇権主義者の前に、もはやまったく無力なのではない

かという感覚がいっそう強くなりました。つまり米国覇権主義者からのヤミの指示が、小泉

首相にとって不利な内容であっても、また日本国にとって不利であっても、小泉首相は官僚

に対して命令を出さざるを得ない状況に立たされているのでしょう。この調子だと前倒しで4

月に竹中に首相の座を譲れと命令されたら、彼は従うしかないでしょう。株価が急落すると

わかっても日本証券市場を大混乱させることを止められない。なぜなら、ヤミで小泉首相に

命令する側は、日本の証券市場がどうなろうと知ったことではないからです。

 第三の仮説が正しいならば、一見、小泉内閣に不利な事件が次々仕掛けられても、いっこ

うに不思議はありません。ただ、今のところ小泉首相は、ヒューザー事件で森派がどれほど

不利を被ってもワレ関せずの心境でしょう。ヒューザー事件で小泉氏個人が失うものは何も

ないからです。筆者が前回投稿(No.183、ポスト小泉を占う)で触れているように、小泉首

相の意思にかかわりなく、竹中総理実現シナリオに向けて、安倍スキャンダル作戦が早くも

始動しているということでしょう。ヒューザー事件はその第一弾と位置づけられるでしょ

う。国民が安倍氏に抱くイメージを幻滅させるようなスキャンダル暴露作戦がこれから展開

されていきそうです。安倍氏自身の浮かない表情に、それが読み取れます。彼はすでに覚悟

しているのです。国民人気随一の君の出番は次の次だよと空手形を切られている。次は増税

内閣とならざるを得ないからねと・・・。ところが安倍氏のライバル、竹中氏は不思議なこ

とに増税に反対しています。郵便局、日本道路公団、NHKなど公的資産を市場に売却するのが

優先だと、米国覇権主義者が喜びそうな意見を吐いています。

 一方、ホリエモンは、最初から、米国覇権主義者から単に利用されるだけの存在でしたか

ら、いずれポイ捨てされる運命だったのです。サルが果物の甘い汁だけを吸って、食べカス

をポイ捨てするように・・・。ライブドアは日本国自身の未来を先取りしているかのようで

す。彼自身、うすうす気付いていたでしょう。ただ、米国覇権主義者のほんとうの怖さは知

らない。彼の父は、負けたら福岡の戻ってこいと言っていました。親の本能で、彼の父親

は、今日のホリエモンの悲劇を予感していたのです。ところでなぜ、今、ホリエモンは消さ

れるのか、筆者の推測では、彼は、小泉自民党大勝利の立役者を自認して、米国覇権主義者

をいらだたせるような身の程知らずの要求を出したからでしょう。知らぬが仏、怖いもの知

らずで、彼らにタンカを切った可能性があります。たとえば、民営化後のNHKの経営をやりた

いとか・・・。そこで、ゴッドファーザーの映画さながらに、青い目のドンから、用済みの

ホリを消せという命令がだされたのでしょう。彼はいずれ逮捕されてしまうでしょう。ホリ

エモンは欲を出さず、9.11選挙にて自民党公認で出馬していれば、広島六区で亀井氏には敗

れても、比例区で復活当選し、今頃は、小泉チルドレンの一員となって、杉村太蔵議員から

アニキと呼ばれる存在になって、タレント議員として人気沸騰していたでしょう
。その方が

シアワセだったかもしれない。ホリエモンは自分の能力を過大評価したことが、命取りとな

った例です。米国覇権主義者からみれば、ホリの手柄は、せいぜい、タレント議員にしてあ

げる程度だったよといったところか。米国覇権主義者も人の子です。彼らに貢献すれば、必

ず、それ相応のお礼はしてくれます。少なくとも、非情な小泉首相より、はるかに義理堅い

面をもっています。



関連投稿1:ベンチャー革命No.150『双頭の鷲:北朝鮮経済制裁とライブドアの関連性』

2005年2月19日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr150.htm


関連投稿2:ベンチャー革命No.151『ホリエモン:丸山真男の遺言執行人』2005年2月27日

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr151.htm




山本尚利(ヤマモトヒサトシ)


hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm







蛇足土足


ホリエモンの錬金術は、逆方向に回転しだした。金を生み出すのも早いが、無くすのも早い。この世の事はこの世で解決するだろう・。金満経営者でなければホリエモンの芸人、タレント、議員の素質はゼロでしょう・?。勘違いが命取り・。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ワタシとしましてワ、

配当拒んだから投資家から嫌われ、捜査のメスが入ったと思ってます。去年、ビルゲイツも総会ではがいじめされ、配当を上げたところ、株価が大幅上昇しました。新聞にデカデカと何故か2面あたりに載ってました。配当はビックニュースみたいです。

配当が天下の割れ目か??
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR