FC2ブログ

自分の事は棚に上げ・・。

Bush says Iran threatens world security


Thu. 26 Jan 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Jan. 26 ? United States President George W. Bush said on Thursday that Iran, as a “non-transparent regime” that threatens the security the world, must not be allowed to have nuclear weapons know-how.


Bush also expressed his opposition to enrichment of uranium inside Iran, saying that Tehran may divert the program to develop nuclear weapons.


“I don't believe non-transparent regimes that threaten the security of the world should be allowed to gain the technologies necessary to make a weapon”, Bush told a press conference at the White House.


The U.S president said that he supported a Russian proposal aimed at resolving the international standoff over Tehran’s sensitive nuclear work.


Bush insisted that Tehran should only be allowed to carry out nuclear activities under the condition that the material used to power its plants be manufactured in Russia and delivered to Iran under the watch of the International Atomic Energy Agency, and its waste be picked up by the Russians and returned to Russia. “I think that is a good plan. The Russians came up with the idea, and I support it”.


The U.S president said that Iranian officials had admitted that they wanted nuclear weapons. “And it's not in the world's interest that they have a weapon”.


He went on to say that the Iranian government’s “desires for a weapon are unacceptable”.


Asked whether he supported moves in Congress to hasten regime change in Iran, Bush said that Washington will support freedom movements all around the world.

ブッシュは、イランが世界セキュリティを脅かしていると言う。

2006年1月26日木曜日

イランフォーカス

テヘラン、イラン、1月26日?

世界が、核兵器ノウハウを持つために与えられてはならないセキュリティを脅かしている「透明でない政権」として、米国の大統領ジョージ・W・ブッシュは木曜日にそのイランを言った。

テヘランが、核兵器を開発するためにプログラムを転換するかもしれないと言って、ブッシュはまたイランの中でウラニウムの強化への彼の反対を表現した。

ホワイトハウスで記者会見に、「私は、世界のセキュリティが、武器を作ることに必要なテクノロジーを得ることを許されるべきであると脅迫する透明でない政権を信じない」とブッシュは言った。

U.S大統領は、彼が、テヘランの敏感な核の仕事の上で国際的なこう着状態を解決することに向けられたロシア提案をサポートすると言った。

ブッシュは、テヘランが、そのプラントに動力を供給するために使われた素材がロシアで製造されて、国際原子力機関の時計の下でイランに配達されて、その廃物がロシア人によって拾われて、ロシアに返されるという条件の下で核の活動を実行することを許されるだけであるべきであることを強く主張した。

「私は、それがよい計画であると思う」。

「ロシア人はアイデアを思い付き、私はそれをサポートする」。

U.S大統領は、イランの役員が、彼らが核兵器を望んでいたと認めていたと言った。

「そして、彼らが武器を持っているのは世界の興味でではない」。

彼は、続けて、イランの政府が、「武器への欲望は受け入れ不可能である」であると言った。

イランの政権交代を早めるために、彼が議会で動きをサポートしたかどうかを尋ねられて、ブッシュは、ワシントンが世界中で自由ムーブメントをサポートするであろうと言った。



Iran threatens to send Israel into “eternal coma”


Wed. 25 Jan 2006

Iran Focus


Tehran, Iran, Jan. 25 ?


Iran’s Defence Minister vowed on Wednesday that the Islamic Republic would send arch-nemesis Israel into an “eternal coma” if it attacked any of the country’s suspected nuclear weapons sites.


“Israel wouldn’t dare attack Iran, and if it makes such a huge mistake, the response by the defenders of Islamic Iran will put Israel into an eternal coma, just like [Israeli Prime Minister Ariel] Sharon”, Revolutionary Guards Brigadier General Mostafa Mohammad-Najjar told a press conference in Tehran.


“Of course, you can’t expect anything other than mischief and violence from the illegitimate state of Israel, which has been set up through murder, robbery, and terrorist acts. Their threats just show the violent and terrorist nature of this regime”, Mohammad-Najjar said.


The Defence Minister said that the “Great Satan and the Little Satan”, or the United States and Israel, had embarked on a psychological warfare against Iran.


Mohammad-Najjar, a veteran commander of Iran’s Islamic Revolutionary Guards Corps, is tied to the suicide bombing of the U.S. Marines compound in Beirut airport in October 1983, which killed 241 Americans.


He was in command of the IRGC expeditionary force in Lebanon when on October 23, 1983, at 6:22 a.m., a suicide bomber drove a large water delivery truck loaded with explosives into the Marine Barracks, killing 241 U.S. service members.


The Americans quickly withdrew their forces from Lebanon and the suicide operation became a turning point in the increasing use of terrorism by radical Islamic fundamentalists across the world.


Mohammad-Najjar also headed the IRGC’s Military Industries Organisation in 1985 which later developed the 320-mm “super mortars” that were intended for use by the Revolutionary Guards’ Qods Force for terrorist operations in Europe and the Middle East.



イランは、2006年1月25日水曜日にイスラエルを「永遠の昏睡」に追いやると脅す。

イランフォーカス

テヘラン、イラン、1月25日?


イランの防衛大臣は、それが国の疑われている核兵器サイトのいくつかを攻撃したならば、イスラム共和国がアーチ強敵イスラエルを「永遠の昏睡」に追いやるであろうということを水曜日に誓った。

テヘランで記者会見に、「イスラエルはイランを攻撃する勇気がないであろうし、それがそのような大きな誤りを犯すならば、イスラムイランのディフェンダーによる反応はちょうど[イスラエルの総理大臣アリエル]シャロンのようにユダヤ人を永遠の昏睡状態に陥らせるであろう」と革命ガード准将MostafaモハマドNajjarは言った。

「コースで、あなたはイスラエルの違法な状態から害と暴力以外の何かを予期することができない(それは殺人、強奪、およびテロ行為を通して設定されている)」。

それらの脅威はただこの政権"の暴力的で、テロリストの性質を示すとモハマド-Najjarは言った。

防衛大臣は、「偉大なサタンと小さなサタン」または米国とイスラエルがイランに対して心理戦に乗り出したと言った。

モハマドNajjar(イランのイスラム革命家Guards Corpsのベテラン司令官)は1983年10月にベイルート空港で合成の米国海兵隊の自爆攻撃に縛られる(それは241人のアメリカ人を殺した)。

1983年10月23日に、午前6:22に、自爆攻撃者が、241人の米国サービスメンバーを殺して、シーバラックの中に爆発物を積み込まれた大きな水商品配送車を動かした時に、彼はレバノンのIRGC遠征軍の指揮をしていた。

アメリカ人は迅速に彼らの力をレバノンから引き戻し、自殺操作は世界中の根本的なイスラム原理主義者によるテロの利用の拡大において分岐点になった。

モハマドNajjarはまた、後で、ヨーロッパと中東でのテロリスト操作のための革命ガードのQods力による使用のために意図されていた320mm「スーパーモルタル」を開発した1985におけるIRGCの軍隊産業組織を率いた。



蛇足


自分の事は棚に上げ・・。お前が悪い、おのれが悪いと非難すればするほど、戦いの雄たけびのようだ・・。まあ、戦争を仕掛けているのは、アッチだコッチだと騒いで仲裁が現れるのを待っているのかもしれないが??裏世界政府ではそうはいきませんけど・。




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あたしでやんすよw

<IMG SRC=./img_folder/yuka2/0000000.jpg ALIGN=LEFT> まだ髪が茶色のときです。今はまっ黒です。 えー、そこの人m9(・∀・)そう、アナタ。 「リスみたいな歯してるね(ププッワラ)」って思っただろぉぉぉぉ!!! 「(@Ш@)←ガチャピンみたいワラワラ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR