FC2ブログ

貧富の差、モラル崩壊・根は同じ・。

小泉政治とは官僚と金持ちだけが高笑いする国づくりhttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1096280720/

◆庶民の年収は平均450万円、官僚の年収は2,500万円(退職金8,000万円)、ハゲタカファンドのサラリーマンは課長クラスで年収1億円、 その上司なら10億円というのが小泉・竹中改革の現実。

◆今の政策が続いたら庶民の生殺し必至。(中略)エラソーに何が「構造改革」か。一事が万事で、小泉政権になってから、「役人(官僚)天国」はひどくなる一方である。エコノミストの森永卓郎氏が、毎日新聞紙上で

「実は小泉改革とは、役人(官僚)と金持ちが高笑いする国づくりのこと」と指摘していたが、本当だ。 調べれば調べるほど、ハラが立ち、胸糞が悪くなってくる。(中略) 「国家公務員の“キャリア組”の年収は、40代半ば過ぎの主要課長クラスで1400万円程度、 その上の局長クラスで2000万円、トップの事務次官で約2500万円です。退職金は局長で6500万~7000万円、事務次官の相場が8000万~9000万円。

特殊法人などに天下りすれば、ほぼ同額程度の年収が約束されています」(霞が関事情通) 家賃だって税金負担でタダ同然だ。(中略) ちなみに国税庁の民間給与実態統計調査によると、02年の全サラリーマンの平均年収は448万円(男性548万円)。(後略)
http://gendai.net/


(前略)「羊のよう」と形容される日本の納税者は、所得税や住民税、消費税を一方的にムシり取られている。 だが、徴収された税金が自民党政権や官僚に食いものにされていることにはまったく無頓着だ。それをいいことに、与党政治家や官僚はやりたい放題である。 「与党の政治家は、国家予算の分捕りをして、地元に予算をバラまけば、自動的にその3%がフトコロに入るというのが政権内の常識になっています。

この国家予算の采配に力を持つのが族議員。…」(政治アナリスト・伊藤惇夫氏)

この族議員たちを束ねる参院・青木自民党幹事長を政権の後ろ盾にしているのが小泉首相だ。(後略)

http://gendai.net/(
「日刊ゲンダイ」03.10.1、04.1.30より一部抜粋)

982 :
名無しさん@3周年
:2005/12/30(金) 23:43:21 ID:PhfuCjID

自民党の売国政権が1985年に労働者派遣法を制定して、それまで禁止されていた「人材派遣業」を解禁した。さらに最近は小泉売国奴が法改正して、製造業の分野でも労働者派遣を解禁した。いまや日本の雇用情勢は、ニートとフリーターばかりで崩壊に瀕している。

ここでさらに外国人労働者を入れると、小泉・竹中のもくろみどおり「日本をぶっつぶす」の完成だ。

【小泉政権】 外国人労働者受け入れ、職種拡大検討へ★2

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1135923164/


蛇足

ライブドアの錬金術の問題の本質的は、日本のアメリカ化の総仕上げなのだろうか?・。日本の資産を株式交換する動きの一部なのであろうか?アメリカ化とは民営化のことではない・私有化のことである。数百万人のホームレスと1000万人の無保険者、数千万人の無年金者。アメリカのNPOとしての宗教が日本では機能していない。低所得者にキリスト教などが、手を差し伸べる構造に無い日本ではアメリカ化はますます少子高齢化になるだろう・。介護などはサービスの低下が著しくなる。日本の産業再生は外人労働で日本の産業再生などと言うだろう。中国に労働力を頼む、経済界と与党、政府は中国の元の切り上げと景気減速を日本の外人労働化で乗り切る動きであろうか。中流中所得政策を復活すべきである。その為には所得倍増政策と累進課税と公務員・官僚の民営化。外資及び邦人企業の税率アップ。日本パスは起こらない事はこの15年で証明された・。 経済団体の脅しにはもう慣れた。

働く意欲を無くする(精神的にも、実質)・仕事を与えない政策・・・イルミナティ(啓蒙主義者)政策とはこういう奴隷化という事がわかる・。 人間性乗っ取り政策を破棄させよう・。


Svali Describes Illuminati Plan for Military Takeover?

Bigger Text | Default Text | Smaller Text | Send to a Friend



January 24, 2006

"When I was a child, I was taught we were chosen to rule over and make the world a better place. But as I got older, I saw the real intention of the "Chosen Ones," understanding it was nothing more than a ruthless plan to obtain money and power by any means possible, including torture and killing."



Like many others born into the Illuminati, from her birth in Germany Svali had no choice in her future, as her wealthy, rich and powerful parents charted her course as a "Chosen Child" from an early age.

Told she was "special and born to rule over the masses" to make a better world, Svali recalls going to regular Illuminati meetings with other "chosen children" at least three times a week after moving from Germany to Virginia and then finally to San Diego.



"I was born into it and long before the induction ceremony when I was 12, intensive training began to instill into me that I was special and the New World Order was good for the world," said Svali.



"When you grow up with wealthy parents like this, always being told you are special, it takes a long time to figure out the truth and a way out. I worked my way up the Illuminati ladder to the rank of head trainer, overseeing 60 other trainers. People have a hard time believing or understanding just how organized the Illuminati really are here in America, comprising about 1-2 percent of the total population.



"Yes, Bush, Rumsfeld, Cheney, Kerry, the Clintons and the others in power are all a part of it and they are in the governmental division of the Illuminati. However, I do not want to mention other members not in public office for fear of getting sued.



Saying that the Illuminati's main goal is to depopulate the world and create a unified, one world government, Svali said to fully understand Illuminati cult programming it's first important to comprehend the structure and philosophy of the worldwide organization as she learned it as a child growing up in the ranks.



In a manuscript from a book she is trying to publish, written after she ran from the Illuminati in San Diego, Svali explains:



"The Illuminati are a group of people who follow a philosophy known as "Illuminism" or "enlightenment". The Illuminati were named several hundred years ago, but trace their roots and history to the ancient mystery religions of Egypt, ancient Babylon, and even Mesopotamia. Out of these ancient religions, which were practiced secretly over hundreds and hundreds of years, there arose esoteric groups which continued to practice the rites, traditions, and enculturation brought in from the original groups.



"Over the centuries, these groups practiced openly in some countries, and covertly in countries where Christianity or other religions opposed their practices. Some of the groups which came out of these ancient roots included the order of the Knights Templar, Rosicrucian's, Baphetomism, and Druidic cults. These groups were the forerunners, or roots, of modern day Illuminism. The original Illuministic leaders chose to take what they felt were the best practices of each root religion, combine them into principles, then organized these principles according to specific guidelines.



"Modern day Illuminism is a philosophy funded by the wealthy, but practiced in all social strata. It is a philosophy whose tenets have spread across the world. It started with the German branch of Rosicrucian's, spread to England, then came to the United states with the first settlers."



Svali said during her 30 years with the Illuminati she witnessed a lot of violence from programs stemming from the CIA's MK ULTRA, as well as other mind control programs utilized by the cult.



Working a steady job in the day and then attending heavily guarded, secret meetings three times a week during the evening near San Diego, Svali said she learned "from the inside" the Illuminati plan to rule the world, also known as Novus Ordem Seclorum, is very real, very dangerous and being played out right before the eyes of Americans, as the cult's stepped up plans to take over the U.S. is underway and in full-throttle.



What better way to learn about the plan then to listen from an insider, trying to make amends with herself and the world. The following is from Chapter 3 of her yet to be published manuscript:



"All groups have goals, and the Illuminists are no exception. Money making is not their final goal - it is a means to an end. This end point, or goal, is no less than to rule the world. The Illuminati has a set plan similar to the Soviet Union's previous "5- year" and "10- year " plans. This is what the Illuminists themselves believe and teach their followers as gospel truth.



"Whether they will actually succeed is another matter altogether. The following is the Illuminist agenda at ALL levels of the Illuminati. As with any goal, the Illuminati has specific steps which it plans to implement to reach its objectives. Briefly, each region of the United States has "nerve centers" or power bases for regional activity. The United States has been divided up into seven major geographical regions. Each region has localities within it that contain military compounds and bases that are hidden in remote, isolated areas or on large private estates.



"These bases are used intermittently to teach and train generational Illuminati in military techniques, hand- to- hand combat, crowd control, use of arms, and all aspects of military warfare. Why? Because the Illuminists believe that our government, as we know it, as well as the governments of most nations around the world, are destined to collapse. These will be planned collapses, and they will occur in the following ways:



"The Illuminati has planned first for a financial collapse that will make the great depression look like a picnic. This will occur through the maneuvering of the great banks and financial institutions of the world, through stock manipulation, and interest rate changes. Most people will be indebted to the federal government through bank and credit card debt, etc. The governments will recall all debts immediately, but most people will be unable to pay and will be bankrupted. This will cause generalized financial panic which will occur simultaneously worldwide, as the Illuminists firmly believe in controlling people through finances.



"Next there will be a military takeover, region by region, as the government declares a state of emergency and martial law. People will have panicked, there will be an anarchical state in most localities, and the government will justify its move as being necessary to control panicked citizens. The cult trained military leaders and people under their direction will use arms as well as crowd control techniques to implement this new state of affairs. This is why so many survivors under 36 years of age report having military programming. People who are not Illuminists or who are not sympathetic to their cause, will resist.



"The Illuminists expect this and will be (and are BEING) trained in how to deal with this eventuality. They are training their people in hand-to- hand combat, crowd control, and, if necessary, will kill to control crowds. The Illuminati is training their people to be prepared for every possible reaction to the takeover. Many mind control victims will also be called into duty with preset command codes. These codes are meant to call out a new, completely cult loyal presenting system. Shatter codes programmed under trauma will be used to destroy or bury non-cult loyal alters.



"Military bases will be set up, in each locality (actually, they are already here, but are covert). In the next few years, they will go above ground and be revealed. Each locality will have regional bases and leaders to which they are accountable. The hierarchy will closely reflect the current covert hierarchy.



"About five years ago, when I left the Illuminati, approximately 1% of the US population was either part of the Illuminati, sympathetic to it, or a victim of Mind Control (and therefore considered useable). While this may not sound like many, imagine 1% of the population highly trained in the use of armaments, crowd control, psychological and behavioral techniques, armed with weapons and linked to paramilitary groups.



"These people will also be completely dedicated to their cause. The Illuminati firmly believes that it can easily overcome the other 99% of the population, most of whom are untrained, or poorly trained, such as "weekend hunters." Even the local military will be overcome as the Illuminati will have regional cell groups with highly trained leaders. They also count on the element of surprise helping them during their takeover. Many of the highest leaders in the militia branch of the Illuminati are or have been officers in the military, and so already have a good knowledge of which techniques will work best to overcome a region's or locality's defenses.



"After the military takeover, the general population will be given a chance to either espouse the Illuminati's cause, or reject it (with imprisonment, pain, even death being possible punishments). These people very much believe that the intelligent, or "enlightened" or Illuminated, were born to rule. They are arrogant, and consider the general population as "dumb sheep" who will be easily led if offered strong leadership, financial help in an unstable world economy, and dire consequences if the person rebels. Their utter ruthlessness, and ability to implement this agenda, should not be minimized.



"The Illuminati banking leaders, such as the Rothschilds, the VanderBilts, the Rockefellers, the Carnegies, and the Mellons, as examples, will reveal themselves, and offer to "save" the floundering world economy. A new system of monetary exchange, based on an international monetary system, and based between Cairo, Egypt, and Brussels, Belgium, will be set up. A true "one world economy", creating the longed for "one world order", will become reality."



Svali said this is the tip of the iceberg of the Illuminati agenda in America and she has been disowned by her family for leaving. Although recently offered $15,000 to return home, Svali has refused, saying her ministry to awaken the American people is her first priority.



Through years of special training, she learned members of the Illuminati are willing to give up their lives for their cause, as they believe their children are their legacy.



"I was told that my children's generation would see this takeover, sometime in the 21st century. At present, the Illuminati have quietly and covertly fostered their takeover plan by their goals of the infiltration of the media, the banking system, the education system, the government at all levels, the sciences and the churches," said Svali.

From Greg Szymanski's Arctic Beacon



Svaliは軍隊の乗っ取りのより大きなテキストにイルミナティ(啓蒙主義者)計画を記述する

|友人に送りなさい。

2006年1月24日

「私が子供であった時に、私は、私達が、統治し、世界をよりよい場所にするために選ばれたことを教えられた」。

しかし、私が年を取った時に、それが、ただの、拷問と殺害リンチを含めて、どうにかして可能なお金とパワーを得る無情な計画であったと理解して、私は「選ばれた1つ」の本音を見た。

啓蒙主義者の中に誕生した多くの他のように、彼女から、彼女の裕福で、金持ちで、強力な両親が早い時代から「選ばれた子供」として彼女のコースをチャートで示した時に、彼女の将来に全然ドイツSvaliにおける誕生に選択の余地がなかった。

彼女が、よりよい世界をする、「特別で、庶民を統治するために誕生する」であったと言われて、Svaliは、ドイツからバージニアに、それから最終的であるサンディエゴに引っ越した後に1週間に少なくとも3回他の「選ばれた子供」との通常の啓蒙主義者ミーティングに行くのを思い出す。

「私はそれの中に生まれて、私が12回の、集中的なトレーニングであった時の加盟式典が、それを私に教え込みはじめるずっと前に、私は特別で、新世界秩序は世界に良かった」とSvaliは言った。

「いつも、あなたが特別であると言われて、あなたがこのような裕福な両親と成長する時に、真実と出口を理解することに長い時間がかかる」。

60人の他のトレーナーを監督して、私は頭のトレーナーのランクに啓蒙主義者はしごの上に進んだ。

信じることについて、人々は苦労するか、まさにどのようにかを理解して、組織されて、総人口の約1-2パーセントから成って、啓蒙主義者は本当にここアメリカにいる。

「はい、ブッシュ、ラムズフェルド、チェイニー、ケリー、クリントン一家、およびパワーにおけるその他はすべてそれの一部であり、それらは啓蒙主義者の政治の部門の中にある」。

しかし、私は、訴えられることに対する恐怖のために官庁ででなく他のメンバーのことに言及したくない。

それを言って、啓蒙主義者は、ランクにおいて成長している子供の時に彼女がそれを学んだ時に、主要なゴールが、世界の人口を激減させて、一体化したもの、1つの世界政府、完全に、構造を理解するために重要に、それが最初にある啓蒙主義者カルトプログラミングを理解するそうであったSvali、および世界的な組織の哲学を作成することであることである。

彼女が、出版しようとしている本からの原稿の中で、彼女がサンディエゴの啓蒙主義者から走った後に書かれて、Svaliは説明する:

「啓蒙主義者は、それとして知られていることで人生観に続いている人々のグループである」イルミニズム"または「教化」。

啓蒙主義者は数百年前名付けられたけれども、エジプト、古代のバビロン、およびメソポタミアさえの古代のミステリー宗派にそれらのルーツと歴史をたどりなさい

これらの古代の宗派の(それは数百年の間にひそかに信奉された)外で、オリジナルのグループから採り入れられた儀礼、伝統、および文化化を行い続けた難解なグループが生じた。

「何百年の間に、いくつかの国で、そしてひそかに、キリスト教または他の宗派がそれらの習慣に反対した国で、これらのグループは公然と練習した」。

これらの古代の根から出たグループのいくつかがナイト法学院法律家(ばら十字会員、Baphetomism、およびドルイド僧のカルト)の注文を含んだ。

これらのグループは現代イルミニズムの前兆または根であった。

オリジナルのIlluministicなリーダーは、彼らが、各根宗派のベストプラクティスであったと思ったものを取ることに決めて、彼らを原則に統合し、それから、具体的なガイドラインに従ってこれらの原則を組織した。

「現代イルミニズムは裕福なものによって出資されたけれどもすべての社会階層で行われた人生観である」。

主義が世界中に広がったのは人生観である。

「それはばら十字会員のドイツ枝で始まり、イギリスに広がり、それから、最初の移住者と一緒に米国に来た」。

Svaliは、カルトによって利用された他のマインド・コントロール・プログラムと同様にCIAのMK ULTRAから生じているプログラムから彼女がたくさんの暴力に立ち会うと彼女の30年の間に啓蒙主義者と言った。

何が、自身との償いと世界をしようとして、インサイダーから聞くことを計画についてその時学ぶ方法を改良するか。

出版された原稿であるために、以下はまだ彼女の3章からである:

「すべてのグループはゴールを持っていて、光明会主義者は全然例外ではない」。

お金作りはそれらの最終的なゴールではない - それは終わりまでの方法である。

この末端またはゴールは、世界を支配することより全く少なくない。

啓蒙主義者はソビエト連邦の前の「5年」と「10年」計画に類似している設定された計画を持っている。

これは、光明会主義者自身が絶対の真理として信じて、彼らの追従者に教えるものである。

「彼らが実際成功するであろうかどうかはまったく別の問題である」。

以下は啓蒙主義者のALLレベルで光明会主義者課題である。

どのようなゴールと同様にでも、啓蒙主義者は、それが、その目的に達するために実施することを計画する具体的なステップを持っている。

簡単に、米国の各地域は地域の活動のための「神経中枢」またはパワーのベースを持っている。

米国は7つの主要な地理の地域に分割されている。

各地域は、辺鄙で、分離された地域または大きな私的な地所に隠される軍事基地とベースを含んでいるそれの中の局所性を持っている。

「これらのベースは、軍隊のテクニック、手渡すための手戦闘、群衆コントロール、アームの使用、および軍隊の戦闘のすべての面の中で世代的な啓蒙主義者を教えて、訓練するために間欠的に使われる」。

なぜ?

光明会主義者が、世界中のほとんどの国家の政府だけでなく、私達が知っている私達の政府が、崩壊するように運命づけられていると信じるので。

これらは計画された崩壊になるであろうし、それらは以下の方法に存在するであろう:

「啓蒙主義者は、最初に大恐慌をピクニックのように見えさせるであろう金融崩壊の計画を立てた」。

これは世界の大きな銀行と金融機関の移動を通して、株操作を通して起こるであろうし、利率は変わる。

ほとんどの人々は銀行とクレジットカードの借金などを通して連邦政府に恩を受けるであろう。

政府は直ちにすべての借金を思い出すであろうけれども、ほとんどの人々は、支払うことができないであろうし、倒産するであろう。

光明会主義者が堅く、財源を通して人々をコントロールすることを信じているので、これは、世界的に同時に起こるであろう一般化した金融恐慌を起こすであろう。

「政府が非常事態と戒厳令を宣言する時に、次軍隊の乗っ取りが地域毎にあるであろう」。

人々はうろたえているであろうし、無政府主義の状態がほとんどの局所性においてあるであろうし、政府は、うろたえた市民をコントロールすることに必要であることとしてその動きを正当化するであろう。

カルトは軍隊のリーダーを訓練し、彼らの指導のもとでの人々は、この新しい事態を実施するコントロールテクニックに群がるだけでなくアームを使うであろう。

そんなわけで、36歳未満のそんなに多くの生存者は軍隊にプログラムさせておくのを報告する。

光明会主義者ではないか、彼らの原因に同情的でない人々は抵抗するであろう。

「光明会主義者はこれを予期していて、どのようにこの不慮の事件を扱うかを訓練される(そして、BEINGである)であろう」。

彼らは、手渡すための手戦闘をそれらの人々に訓練していて、コントロールに群がり、必要なら、群衆をコントロールするために殺すであろう。

啓蒙主義者は、それらの人々が、乗っ取りに対するすべての可能な反応の準備をするように訓練している。

多くのマインド・コントロール犠牲者はまたプリセットコマンドコードによって義務の中に呼ばれるであろう。

これらのコードが新しさ、完全 カルト誠実提出システム を大声で呼ぶことは意図されている。

トラウマの下で計画された破片コードは、忠臣が変更する非カルトを破壊するか、埋めるために使われるであろう。

「軍事基地は、各局所性(実際、それらはすでにここにあるけれども、隠れている)において設定されるであろう」。

次の数年に、それらは地上に行き、明らかにされるであろう。

各局所性は、彼らが責任がある地域のベースとリーダーを持つであろう。

ヒエラルキーは密接に現在の隠れたヒエラルキーを反映するであろう。

「約5年前、私が啓蒙主義者と別れた時に、米国人口の約1%は、それに同情的な啓蒙主義者の部分またはマインド・コントロール(および使用可能であると考えられる)の犠牲者のどちらかであった」。

これが多くのように聞こえないかもしれないが、人口の1%が高く軍備の使用においてトレーニングし、群衆コントロール、心理学的で、行動のテクニックが武器によって武装し、準軍事団体に接続したと想像しなさい。

「これらの人々はまた彼らの原因が完全に専門になるであろう」。

啓蒙主義者は、それが容易に人口の他の99%に打ち勝つことができると堅く信じる(それのほとんどは「週末ハンター」など未訓練であるか、不十分に訓練される)。

啓蒙主義者が高く訓練されたリーダーと地域のセルグループを持つであろう時に、ローカルな軍隊さえ打ちのめされるであろう。

彼らはまた彼らの乗っ取りの間に彼らを助けている驚きの要素を期待する。

啓蒙主義者の民兵組織支店の中で最も高いリーダーの多くはそうであるか、軍隊の中で役員であり、従って、すでに、地域または局所性の防御に打ち勝つために、どのテクニックがもっともよく働くであろうかの、豊富な知識を持っていなさい。

「軍隊の乗っ取りの後に、一般の住民は、啓蒙主義者の原因を支持するか、それ(懲役、苦痛、可能な処罰である死さえによる)を拒絶するチャンスを与えられるであろう」。

これらの人々は、知的なものまたは「啓発される」またはIlluminatedが、支配するために誕生したととても信じる。

彼らは横柄で、人が反逆するならば強いリーダーシップ、不安定な世界経済における財政援助、および恐ろしい結果を提供されるならば、一般の住民を、容易に導かれるであろう「ばかな羊」と考える。

この課題を実施するそれらの全くの冷酷さと能力は最小化されるべきでない。

「例としてのRothschilds、VanderBilts、Rockefellers、Carnegies、およびMellonsなどの啓蒙主義者バンキングリーダーは、自身を明らかにし、四苦八苦している世界経済を「保存すること」を申し出るであろう」。

国際通貨制度に基づき、カイロ、エジプト、およびブリュッセル、ベルギーの間で基づいた貨幣の交換の新システムはセットアップされるであろう。

真実の「1つの世界経済」は、「1つの世界秩序」のために待ち望まれているものを作成して、現実インチになるであろう。

Svaliは、これがアメリカで啓蒙主義者課題の氷山の一角であり、彼女が、去るために彼女の家族によって自分のものと認めないと言った。

帰宅するために最近15,000ドルを提供されるけれども、Svaliは、アメリカ人を起こす彼女の省が彼女の最初の優先事項であると言って断った。

何年もの特別なトレーニングを通して、彼女は、彼らが、彼らの子供が彼らの遺産であると信じるので、啓蒙主義者のメンバーが彼らの原因のために彼らの人生を快く放棄することを知った。

「私は、私の子供の世代が、21世紀にそのうちこの乗っ取りを見るであろうと言われた」。

「現在、啓蒙主義者はメディア、銀行制度、教育システム、すべてのレベルの政府、科学、および教会の浸透のそれらのゴールによって静かで、ひそかにそれらの乗っ取り計画を養育した」とSvaliは言った。

グレッグSzymanskiの北極指針から

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■マインドコントロールは国民統制。

その歴史は長い。

天皇制を維持するとこいつら(えせ親衛隊)が付いてくる。

民主党が比較的マインドコントロール被害調査に協力的みたいです。

右翼を守るより、年金改革のほうを進めたいからでしょう。軍隊も年金もアメリカに奪われることになります。

「あなたはそれでも民主党を応援しますか?

究極の選択が選挙ですが、どうせ集票操作であなたの一票は影響ありません。」

一般常識になりつつありますねー。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR