FC2ブログ

どんでん返しがなければ・・。

(1)小泉自民党の勝利間違いない・・。結局、大きな争点にならず・・亀井派は縮小するだけのような気がする。


民主も政権交代の風は吹きそうになく・・現状維持がやっとだろう・。


面白くもない、選挙でしょう??




 山本尚利

タイトル: 郵政民営化廃案後の日米関係副作用


米国覇権主義者はシナリオ発想で思考しますから、彼らのシナリオには郵政民営

化法案の廃案は織り込まれているでしょう。その場合、彼らは必ず、代替案(オル

ターナティブ)を出してきます。まず、大手都銀の外資化を強く要求するはずで

す。つまり第二、第三の新生銀行モデルの提供を要求します。外資の介入にアレル

ギーをもつ大手都銀はこれから大変なことになるのではないでしょうか。この要求

は郵政民営化法案の可決、否決にかかわらず、米国覇権主義者にとって80年代から

抱いていた対日攻略作戦の一環です。郵貯・簡保は民営化されなくても、財務省は

財投債を発行できる(注3)ので、日本郵政公社にそれを買わせれば、実質的に郵

貯・簡保資金を自由に利用でき、その資金で日本政府は国民に内緒でいくらでも米

国債を買うことができます。米国覇権主義者にとっては、小泉首相にやらせていた

郵政民営化とは、財務省の官僚を中間介入させずに
直接、郵貯・簡保資金で米国債

を買えるようにしたかったにすぎません。いかにも彼ららしい直截的発想です。こ

の意味で、郵政民営化法案の廃案のもたらす副作用として、米国覇権主義者による

内政干渉にも等しい、日本の金融官僚への人事権行使がさらに露骨になってくるで

しょう。日本の金融官僚は親米派と愛国派(国内覇権官僚)に二分されると聞いて

いますが、今後、米国覇権主義者と日本の国内覇権官僚との間で、熾烈な日本の金

融覇権争いが今後も繰り広げられるのでしょう。また、人質に等しい在米日本企業

への政治的干渉が今よりさらに露骨になるでしょう。米国の対日攻略家(ジャパンハ

ンドラー)は常に切り札を用意して対日外交します。彼らにとって、最後の対日切り

札は、在米日本企業(製造業だけで2000拠点)の資産凍結と没収です。米国の対日外

交なんて、所詮こんなものでしょう。日本の戦国時代とレベルはいくらも変わらな

い。日本の財界が小泉法案を必死で支援するのはこのような事情があるのです。


れでも野蛮な米国覇権主義者が、殊勝にも、これまで角を隠して、日本人の反米感

情を刺激しないように、彼らなりに気を使ってきました。これをソフトパワー外交

といいます。しかしながら、先日ブチ切れた小泉首相と同じく、自分の思うように

かなくなれば、当然、本性をむきだしにしてきます。日米貿易で対日赤字が続く限

り、決して彼らは引き下がることはないのです。いかなる手段を使っても、Give &

Takeを成立させようとします。もし、戦前の帝国日本のようにトコトン抵抗すれ

ば、極東で戦争を誘発されてしまう危険すらあります。このシナリオだけは避けた

い。郵政民営化法案論議にはこのような日米の強烈な駆け引きがあることをわれわ

れはよく知るべきです。

 最後に、うがった見方ですが、もし、小泉首相がほんとうは深謀遠慮の愛国主義

者(注4)であり、変人以上の昼行灯を装っているのならば、彼が進んで、われわれ

の虎の子、郵貯・簡保を米国に献上しようとするのは、近未来、日本国民におよぶ

であろう最悪の危機を食い止めるのに必要な朝貢(ちょうこう)プロセスなのかも

しれません。それならそうと、ちゃんと日本国民に論理だって説明したほうが良い

時期にきているのではないでしょうか。






(2)


宇宙人を抱きすくめている中国

ジュディ・マクラウドによって

2005年8月12日金曜日

トロント--中華人民共和国の共産党役員は宇宙人を抱きすくめている。


「私達は、中国のエネルギーと効率問題を解決するためにUFO現象を使うことを望む」


「中国UFO研究団体は政府の認可を受け取り、そのメンバーは国家の最も尊敬された科学者と大学生,

共産党役員の何人かを含む」。

「宇宙空間調査組織によって知らせられた調査の結果に従って中国の人口の半分はUFOの存在を信じている」。


China hugging little green men

By Judi McLeod

Friday, August 12, 2005


Toronto-- Communist party officials in the People's Republic of China are hugging little green men.


The Red Dragon, it seems, has been out in outer space for some time.


In China, believing in Jesus could get you jail or worse. Believing in ETs, which one prominent professor claims live among the general Chinese population, could land you a government grant.


China’s craze for UFOs seems to have followed right on the heels of a revival in Christianity.


Even in the face of persecution, the Chinese church has been growing by an estimated 10,000 to 15,000 new believers each day, making it the largest revival in the history of the church.


But especially since the millennium, flying saucers are almost as big a business boom in China as the trademark cheapie bric a brac the nation exports to the outside world.


While supermarket tabloids of the west continue to carry stories of alien abductions and accuse elected governments of hiding the real truth about extraterrestrials from the masses, China looks for ways to capitalize on ETs and to harness their energy for the homeland.


"We hope to use the UFO phenomenon to resolve China’s energy and efficiency problems," says Sun Shili, professor of International Business and Economics, who once held court at China’s hallowed Academy of Science along with a South Korean delegation from something called the Embassy of Extraterrestrials." (Kathy Chen, Wall Street Journal, November, 1997).


And if Professor Shili’s ambitions to tap UFOs for energy and efficiency sound a little out there, he originates from the same university that only a month ago conferred a professorship on Kyoto architect and one world religion advocate, Canadian Maurice Strong.


In the west, chasing flying saucers is the stuff of occasional television specials.


In china, it’s a job with pay.


"The Chinese UFO Research Association receives government grants, and its members include some of the nation’s most respected scientists and academics?even Communist Party officials." (Chen, Wall Street Journal).


Non-believers in the west call flying saucers and little green men so much bunk.


In China they’re calling it science.


Mind you, filing flying saucers under `s’ for science saves you from the wrath of communist rulers who are death on the other ‘s’: superstition.


"Officially registered UFO associations in China have about 50,000 members, but some estimate the actual number of Chinese interested in the subject is probably in the tens of millions."(The Standard, China’s Business Newspaper).


States La Voz de Galicia (newspaper-Spain, November, 2003): "Half the Chinese population believes in the existence of UFOs according to the results of a survey made known by the Outer Space Investigation Organization.


In September, the International Chinese UFO Association will hold an international meting on UFO research in the northern port city of Darlian.


Meanwhile, there must be life on other planets. The Communist Party of the People's Republic of China says so.


Canada Free Press founding editor Judi McLeod is an award-winning journalist with 30 years experience in the media. A former Toronto Sun and Kingston Whig Standard columnist, she has also appeared on Newsmax.com, the Drudge Report, Foxnews.com, and World Net Daily. Judi can be reached?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR