FC2ブログ

日本人いるみなてぃ系譜

副島隆彦の学問道場 今日のぼやきhttp://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi


阿川父子(弘之、尚之親子は、ロックフェラー家に“育てられた”のではないか?)の影を暴く。





http://www.intership.ne.jp/~honcho/back-kamikaze.htm


 米内光政(よないみつまさ)というのは、開戦の一年前の昭和15年まで内閣総理大臣だった人間です。この人物が、海軍大臣だった昭和12年に、あの「南京事件」と「第2次上海事変」がおこるのですが、これらの軍事行動を起こさせた張本人がこの男でした。


講演中の「陸軍がもうこれ以上、戦線拡大できない。嫌だ嫌だといっているのに、米内がいけいけといってるんですよ!」という部分は、南京事件を歴史的事実としてしか認識できない「にわか保守」には目の覚めるような事実です。すべてはアメリカとつながっていた海軍と、それを操っていた米内と山本五十六(やまもといそろく)の仕業だったのです。


 南京の問題は「下等学問、人文(ヒューマニティーズ)としての歴史学上の問題」ではなくその上位にある「近代学問としての政治学、政治問題」なのです。これが世界的視点での知識であり、事実認識なのです。ここのところがわからなければ延々と「唐智正将軍がオープン・シティー(無防備中立都市)にして南京開城しなかったのが悪い」とか、「便衣兵が悪い」などという歴史上の迷宮に迷い込んで、アメリカによる反中国・嫌中国のムードづくりに、まんまと貢献させられてしまいます。


 南京・靖国問題は「歴史的事実認識」問題なのではなく「政治問題なのです!」と中国・韓国の元首は親切にもはっきりとそう小泉に教えてあげているのです。ノ・ムヒョン大統領は小泉に「いくら靖国神社参拝を小泉首相が善意に解釈したとしても…」というふうに「私たちはあなたの立場をわかっていますよ」とはっきりとメッセージを表明しているのです。あなたの立場とは「アメリカにいい様に操られている哀れな立場」という意味です。





米内光政

近衛首相の「爾後国民政府を対手とせず」という発言にもつながる対中和平交渉の打ち切りを主張したことや「原爆は天佑だった」という発言が非難されることもある。そして戦争への危機感が高まる中、海軍左派を自認しながら海軍部内への意思浸透や意見統一を怠ったことや人事の失策などから、結局戦争への傾斜に歯止めをかけることが出来なかったことをあげて、軍政家・政治家としての力量を疑問視する意見もある。だが同じ海軍左派である山本五十六を右翼勢力や過激な青年将校からの暗殺を避ける

1937年(昭和12年) 海軍大臣。近衛内閣時代、ドイツを仲介とした対中和平交渉(トラウトマン工作)の打ち切りを主張。平沼内閣時代には山本五十六、井上成美とともに、日独伊三国同盟の締結に反対した。

1940年(昭和15年) 予備役に編入され内閣総理大臣となる

1944年(昭和19年) 現役に復帰して海軍大臣となる(小磯国昭と共に組閣の大命を受けた経緯から内閣総理大臣格とされた)。翌年には太平洋戦争終戦に尽力、帝国海軍の幕引き役を務めた。

1948年(昭和23年) 死去。享年68。

GHQ軍政部は、「米内大将については、自分たちの方で生い立ちからすべてしらべてある。命を張って三国同盟と対米開戦に反対した事実、終戦時の動静、全部知っている。米内提督が戦争犯罪者に指定されることは絶対にあり得ない」と断言していた阿川弘之『米内光政』下巻234頁)。アメリカ側の情報収集能力がいかに優れていたかを立証する一つの出来事である。


なお米内は、1948年(昭和23年)4月20日東京・目黒富士見台の自宅で69才の生涯を閉じている。




大来佐武郎(オーキタサブロウ)


太田龍の時事寸評

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E5%A4%A7%E6%9D%A5%E4%BD%90%E6%AD%A6%E9%83%8E%E3%80%80%E5%A4%AA%E7%94%B0%E9%BE%8D&ei=UTF-8&fl=0&meta=vc%3D&u=www.pavc.ne.jp/%7Eryu/cgi-bin/jiji.cgi&w=%E5%A4%A7+%E6%9D%A5+%E4%BD%90%E6%AD%A6%E9%83%8E+%E5%A4%AA%E7%94%B0+%E9%BE%8D&d=bKxiAG1aMPpl&icp=1&.intl=jp


1)ジョン・コールマン著「三百人委員会」(KKベストセラーズ刊)の

 巻末名簿によれば、


日本人の中で、ただ一人、大来佐武郎(オーキタサブロウ)が、三百人委員会の正式会員に選抜されて居た。しかし、その後、「大来佐武郎」氏は、死亡して居る。この名簿の中には、中国人か何人か、含まれて居る。大来氏が死去したあと、その後任は日本から補充されないのか。筆者は、補充される場合、その候補者の一人は、まさしく、小和田恒元外務次官であろう、と推定した。

2)日本初の“グローバリスト”と言われた大来の全体像を、伝えること





3)ジャパン・ハンドラーズとアメリカ政治情報
http://amesei.exblog.jp/
世界を動かすパワー・エリートの超大物のひとりである、デヴィッド・ロックフェラー・シニアが、日本の宮澤元首相とか、大来佐武郎元外相などを呼び寄せて、一九七三年に設立した、民間組織(インナーサークル、ビルダーバーグ会議のアジア版)である、トライラテラル・コミッション(旧日米欧三極委員会)の本年度年次総会は、東京で行われる。

前回、東京で行われたのは、長銀がリップルウッドに売却されることを決めた一九九九年の翌年の二〇〇〇年。ブレジンスキーの著作がロックフェラーの目に留まってTCの設立に到った。





4)イルミナティとして知られる人々のリストである
http://www.geocities.com/Petsburgh/Park/7291/zaksinb.html
。 大来佐武郎 日本の経済学者、TC会員

5)大来
http://snsi-j.jp/boards/info/20.html


山本正氏はロックフェラーの日本側の番頭と言われてますがねぇ。

この二人に大来佐武郎氏を加えたグループがアメリカ東部エスタブリッシュメントと日本の保守エリートとの仲介役を果たしてきたようです

武者小路公秀
(北朝鮮の思想を普及・・ここでもイルミナテイは共産主義のダブルスタンダードです。
が「あらゆることが山本を経由する」と言わせた人物が小坂氏、大来氏亡き後、まだ現役バリバリです。現在の信濃毎日新聞社の社長は小坂健介氏ですね

ほほう・・・・、そしてこの新聞社には共同通信が配信していて・・


6)三極会議トライラテラル・コミッション(旧日米欧三極委員会)http://www.k3.dion.ne.jp/~syouhou/Devil_Kingrom1.htm


1973年はアメリカを中心に大西洋と太平洋の二つ地域に共同体を作ろうとする動きが本格的に始まった年。同年7月、ニューヨーク郊外ボカンティコのロックフェラー邸で開かれた秘密会議に参加した宮沢喜一大来佐武郎武者小路公秀の三人は、帰国後直ちに太平洋共同体構想の具体化を図った。その後、三木内閣、大平内閣の下で具体的な形を取り始めた”環太平洋連合”構想は、基本的に世界の億万長者の意向に沿う者である


民間人の外相就任は1979年、第2次大平内閣で外相を務めた大来佐武郎氏

7)大来佐武郎(オーキタサブロウ)著作


・新世界秩序と日本の役割 大来佐武郎/伊藤憲一/他 三田出版会http://www.jp.tku.edu.tw/jpversion/ronbun/kokusai/t3.htm


・ローマ・クラブ東京シンポジウム 新しい世界像を求めて/S49/3/28 初版・カバ少折れ/大来佐武郎

・成長の限界http://www.kyoto-seika.ac.jp/nakao/archives/magazine/north_south.html


1972年にニューヨークで出版されるとほぼ同時に日本でもダイヤモンド社から翻訳版(ダイヤモンド社,1972年)が出版された。これは,もともとローマ・クラブなるものが,日本からは大来佐武郎(元経済企画庁総合開発局長,のち外務大臣),植村甲午郎(経団連会長),芦原義重(関西電力会長),木川田一隆(東京電力会長),丹下健三(建築家,東大教授)らが参加をしており,アメリカと西ヨーロッパと日本の,経済界あるいはそのブレーンにあたるメンバーから構成されていたことと呼応している。MITでのシステム論的な研究がはじまると,日本でも茅陽一(当時東大助教授)を中心に研究チームが作られ,メドウズらとのなかば共同研究的な動きが起こっていたのだ。

 ・http://hotwired.goo.ne.jp/cave/work/w14005.html
『成長の限界』
は地球が有限であること、文明の成長に限界があるということを史上初めて *科学的に* 検証し警鐘を鳴らした、非常に有名なレポートだ。ここで報告されているのはつまるところ、「世界人口、工業化、汚染、食糧生産、および資源の使用の現在の成長率が不変のまま続くならば、来たるべき100年以内に地球上の成長は限界点に到達するであろうもっとも起こる見込みの強い結末は人口と工業力のかなり突然の、制御不可能な減少であろう・ローマ・クラブ第2レポート/転機に立つ人間社会/W・メサリビッチ/大来佐武郎/昭和50年3版本

・ローマ・クラブ第6/限界なき学習/J・Wボトキン他/大来佐武郎/ダイヤモンド社本

・ローマ・クラブ「人類の危機」/成長の限界/D・Hメドウス他/大来佐武郎/ダイヤモンド社本

・未来のための100ページ/ローマ・クラブ会長の省察/アウレリオ・ペッチェイ/大来佐武郎/本

・人類の使命/ローマ・クラブはなぜ/アウレリオ・ペッチェイ/大来佐武郎/ダイヤモンド社昭和54年初版本

・人類の目標 ローマ・クラブ第5レポート/アーヴィング・ラズロー他/大来佐武郎監訳/ダイヤモンド社本

8)中東経済研究所所報No.5http://www.creative.co.jp/top/main788.html



1976年に掲載された記事から。中東調査会会長の中山賀博氏の

「日本は経済活動ばっかりやっている、エコノミック・アニマルだ、というような議

論も非常にあるけれども、しかし、経済に徹するということは、ある意味で非常に高

度な政治的なポリシ-かもしれない」

との発言にたいし、元外相の大来佐武郎氏は、

「確かに経済の割合が大きいのだけれども、政治的、軍事的に相手に恐怖を与えない

というのは、いまも日本のもっている、ある意味では一つの力であるかと思う


と述べている。




9)http://www.fuchu.or.jp/~stock/chrono/year/1993.html


1993/02/09,平成5/02/09 大来佐武郎、没。 78歳(誕生:大正3(1914)/11/03)。第2次大平内閣外相で国際的エコノミスト



10)三極委員会の会員 (かなり、ジジイです。)http://www.idaten.to/bbslog/b00015.html


永井陽之助 青山学院大学教授

船橋洋一  朝日新聞社編集委員(元北京特派員)

行天豊雄  東京三菱銀行相談役

      国際通貨研究所理事長

八城政基  シティ銀行に関係している

井上薫   第一勧銀名誉会長

宮崎勇   大和総研特別顧問

      元経済企画庁長官(村山改造内閣時)

千野宜時  大和証券名誉会長

      日本証券業協会会長

西原正   防衛大学校社会科学教室教授

      防衛庁防衛研究所第一研究部長

      国際戦略研究所理事

      元ロックフェラー財団国際関係部門客員研究員

      平和・安全保障研究所研究委員

      国際戦略研究所理事

天谷直弘  電通総研所長(自分は、ここでスカラー波研究をして

      いると考えている。)

      (財)国際経済交流財団会長

永末英一  元・民社党委員長 ハーバード大学に留学

加藤浩一  元・自由民主党幹事長 ハーバード大学に留学

羽田孜   元・太陽党党首、現民主党幹事長

      平成5年自民党分裂の旗揚げの人

      元・外相兼副総理(この時に、日本は中国に侵略した

      と認める発言をした。)

      元・総理大臣

柿沢弘治  羽田総理大臣の時外相

宮沢喜一  元総理大臣、その時の幹事長小沢幹事長は、

      フィリピン二月革命を考えた、そしてもしかしたら

      アキノ上院議員暗殺計画に関与した?元ハーマコスト

      駐日大使と仲が良い

渋沢雅英  東京女学館理事長 東西セミナー

      出身 英国・ロンドン

楠川徹   富士総合研究所会長

小林陽太郎 富士ゼロックス会長

      経済同友会副代表幹事

      日米経済協議会会長

椎名素夫 参議議員(自由の会、岩手)

     日英2000年委員会日本側座長

椎名武雄 日本IBM会長

     経済同友会副代表幹事

奥村有敬 興銀エヌ・ダブリュウ・アセットマネジメント社長

     元興銀投資顧問

中村金夫 日本興業銀行相談役

     金利調整審委員

     証券取引審委員

     元・経済同友会副代表幹事

吉野文六 国際経済研究所理事長

     元・駐西ドイツ大使

     経団連参与

佐伯喜一 国際政治評論家 世界平和研究所常任顧問

     元・野村総合研究所社長

     国際戦略研究所(福会長)国際情勢研究会(会長)

     東京国際研究クラブ(顧問)、経済同友会(顧問)

   
  又、ワイズメン・グループの大来佐武郎(300人委員会)

     の 後を継いで、54年ワイズメンに選ばれる。


     元、ゾルゲスパイ事件で有名な尾崎秀美がいた満鉄調査

     部に入り、エコノミストのキャリアを積む。

鈴木哲夫 HOYA会長

室伏稔   伊藤忠商事会長・社長

      日本貿易会会長

      瀬島龍三(大本営陸軍参謀と大本営海軍参謀を兼務)

      が特別顧問している会社

香西泰  日本経済研究センター理事長

山本正  日本国際交流センター代表理事長

小笠原敏晶 ジャパンタイムズ会長・社長 

      ニフコ(日本工業ファスナ)社長

      FMインターウェーブ会長

      日英物産を設立

鷲尾悦也  連合会長 製鋼労連代表 

向坊隆   日本原子力産業会議会長

      日本工業教育協会会長

      日中協会会長

      日本生命財団会長

      東京大学名誉教授・元総長

      元日本ユネスコ国内委員会副会長

石川六郎  鹿島建設名誉会長

      日本商工会議所名誉会頭

      元・東京商工会議所会頭

小林圧一郎 関西電力株式会社元会長

      日本航空監査役

      ロイヤルホテル取締役

      現阪急電鉄取締役

三好正也  日本交響楽振興財団専務理事

      元・経団連事務総長

薬師寺泰蔵 慶應義塾大学法学部教授

佐藤誠三郎 世界平和研究所主幹・所長代理

      埼玉大学大学院政策科学研究科教授

      東京大学名誉教授

      元慶応義塾大学総合政策学部教授

      過去共産党東大グループの有力メンバー

茂木友三郎 キッコマン社長

      経済同友会副代表幹事

      ウィスコンシン州(米国)名誉大使

野口照雄  興亜石油名誉会長

      三井石油化学取締役

福川伸次  電通総研社長・研究部長

      東京都臨海副都心開発懇談会座長

      地球産業文化研究所顧問

      元神戸製鋼所副会長

      日中経済協会(理事)

      ワールド・リソーシズ・インスティテュート(米国)(理事)

堀江鐡彌  日本長期信用銀行頭取

豊永恵哉  産業基盤整備基金理事長

      関西経済連合会副会長

      元・松下電器産業副社長

      元・日本国際通信会長

槇原稔  三菱商事社長 日米経済協議会副会長

     元最高情報総括責任者

     元米国三菱商事会長

     IBM社外取締役

     経済連米国委員長

     モーリシャス名誉領事

江尻宏一郎 元・三井物産会長 現相談役

      元・日本貿易会会長

      経済連日本EC委員長

石川武  三井海上火災保険会長

小島明  日本経済新聞論説副主幹

     元・編集局次長兼国際第一部長

     総合研究開発機構(理事)

梅村正司 元・日興証券会長 現相談役

     元・日本証券業協会長

     元・東京証券取引所理事会議長

     元・中国青島市経済発展顧問

松川道哉 日興リサーチ特別顧問

           代表取締役

     元・国家投資紛争解決条約調停人

     元・モルガン・スタンレー社アドバイザ

     リーボード

松岡誠司 元・日本債権信用銀行会長・現相談役

齋藤裕  新日本製鐵会長

久米豊  元・日産自動車会長 現相談役

細見卓  ニッセイ基礎研究所会長・理事長

     構造改革フォーラム代表

     元・海外経済協力基金総裁

     税制調査会

     国際協調の為の経済構造調整委員会各委員

渡辺武  損害保険事業総合研究所会長

     日本シルバーボランティアズ会長

     日本フォスター・プラン協会会長

     AFS日本協会理事長

堤清二  セゾン・コーポレーション会長

     西友相談役・西武百貨店相談役

     西洋環境開発相談役 経済同友会副代表幹事

     元・西武セゾングループ代表

     リベラル派財界人のリーダー

     元・学生運動の活動家

神谷健一 さくら銀行相談役

     元・三井銀行会長

     元・さくら銀行取締役相談役

     全国銀行連合会長

     元アジア金融投資会長

川勝堅二 元・三和銀行会長・現相談役

     経団連副会長

     日本国際協力機構(JAIDO)会長を兼務

     桃山学院理事長

     大阪銀行協会会長

盛田昭夫 ソニー名誉会長

     元・経済連評議会副議長

     外資企業支援会社

     対日投資サポートサービス会長

     元ニューヨーク証券取引所諮問委員会委員

森川敏雄  住友銀行会長 元全国銀行協会連合会会長

      元・大阪銀行協会会長

長谷川周重 元・住友化学工業会長・現相談役

      日本ギリシャ協会会長

      元・経団連副会長、顧問、日経連理事

      日米経済協議会代表世話役

      世界経営協議会名誉会長巽外夫

伊藤正  住友商事名誉顧問

岡野光喜 駿河銀行頭取

下河辺淳 エコノミスト(経済評論家)

     開発プランナー

     東京海上研究所理事長

     国土審議会会長

     阪神淡路復興委員会委員長

中原伸之 東燃名誉会長

     株の高配当にめぐり、エクソンやモービルと対立する。

神谷不二 東洋平和女学院大学教授

     慶應義塾大学名誉教授

     日本学術会議会員

     さくら総合研究所特別顧問

     読売新聞調査研究本部客員

     日本国際政治学会 国際法学会

     日本国際問題研究所(理事)

     平和安全保障研究所(理事)

     防衛学会(会長)

豊田英二 トヨタ自動車名誉会長

     トヨタ学園理事長

     元・経団連副会長

緒方貞子 国連難民高等弁務官

     平成2年国連人権委員会で、ミャンマーの人権抑圧

     調査(この経歴で、共産党の人権抑圧は調べていな

     い。)

緒方四十郎 山一証券顧問

      元・日本開発銀行副総裁

      元・山一投資顧問取締役

      元・日本銀行理事

      富士ゼロックス取締役

      国連財政諮問委員会共同議長

田中明彦 東京大学東洋文化研究所助教授

     ここで東洋思想の変化を注視する

     必要がある

植谷久三 山一証券相談役

     元・山一証券経済研究所会長

     元・経済同友会幹事

     元・東京証券取引所理事会議長

     日本証券業協会会長

嘉治元郎 放送大学教授・副学長

     東京大学名誉教授

渡辺文夫 元・東京海上火災保険会長・現相談役

     元・日航会長 現相談役

     日本棋院理事長

     日本租税研究会会長

     日本コントラクトブリッジ連盟会長

     東京マリーン会長

市村真一 国際東亜細亜研究センター所長

     京都大学名誉教授

     元大阪国際大学副学長

     エコノメトリック・ソサイエティ

     アジア政経学会



11)三極委員会は“絶滅種”となりつつあるか?http://www.idaten.to/meikyu/a052.html


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■見えてきたローマクラブ300人委員会。

マッチポンプはオプスディ(神の教示)

右翼が勘違いな靖国妨害してるが、彼らの強い信念は絶対王政(しかし、王は現天皇をカトリックの魔の手から救いを解く統一教会に摩り替えようとしている)

徳川家を応援してきたのは古くからイルミナティな共産国だ。

不自然なほど後継者に恵まれない現皇室。明らかに右翼、左翼双方からの力が加わったのだろう。右翼も左翼も殺し屋と深い繋がりがある。

イランのようにクーデターを起こそうとイルミナティが日本に大挙している。

戦争を起こしやすい地形に変えようとしてるのだ。それらは暴落を自然災害に見せかける専制金融国の支持によるものだろう。

小さな政府、大きな復興災害費。

顧客の創造を諮ってきた。
マジヤバイ。チョーヤバイ。
女子高生にも事実を伝えるにはどーしたらいいんでしょう??
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR