FC2ブログ

単一通貨への道



BIS Calls For Global Currency

Nazi bankrollers want elimination of national sovereignty for world cashless control grid




Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | February 21 200
6


The scandal-ridden and highly secretive Bank For International Settlements, considered to be the world's top central banking policy, has released a policy paper that calls for the end of national currencies in favor of a global model of currency formats.


The BIS is a branch of the of the Bretton-Woods International Financial architecture and closely allied with the Bilderberg Group. It is controlled by an inner elite that represents all the world's major central banking institutions. John Maynard Keynes, perhaps the most influential economist of all time, wanted it closed down as it was used to launder money for the Nazis
in World War II.


Buried in a London Telegraph report
on UK inflation rates is the admission that the BIS, "has also suggested ditching many national currencies in favour of a small number of formal currency blocks based on the dollar, euro and renminbi or yen."


Centralized control of currency is a keystone pillar in the construction of global government.




The eventual goal is a cashless society
credit system based on a worldwide citizen ID. Those designated as subversives or security threats will have their credit entitlement reduced and restrictions will be placed on when and what they can buy or sell. A world tax will be levied on all purchases.


In the meantime new denominations of paper money will be tracked and traced. Euro notes come with RFID tags as standard
and the same feature is being incorporated
into newly designed US dollar notes.


Last month the United Nations made a promise
to save the world from all its ills in return for complete elimination of national sovereignty and financial markets and their replacement by a proxy world government.


The so-called 'conservative Bush administration have done everything in their power to destroy the last vestiges of American sovereignty, including increasing deficit spending beyond the level of all previous 42 administrations put together, signing legislation anathema to the Constitution, promoting global government and anti-American trade deals like CAFTA and the FTAA, and attempting to 'solve' the illegal immigration problem by enacting blanket amnesty.



BISはグローバルな通貨を要求している。

ナチス資金提供者は世界キャッシュレスのコントロールグリッドのために国家主権の除去を望んでいる。

ポール・ジョゼフ・ワトソン/刑務所・惑星.com|2006年2月21日


世界のトップの中央の銀行業務方針であると考えられるスキャンダルだらけで、非常に秘密主義の国際決済銀行(BIS)は、通貨フォーマットのグローバルなモデルを支持して国の通貨の終わりを要求している方針書類を発表した。

BISは枝です、ブレトンウッズの国際的な金融アーキテクチャーの、および緊密に、ビルダーバーググループと連合したそれは、世界中の主な中央の金融機関内部のエリートによって支配されます。


ジョン・メイナード・ケインズ(恐らくすべての時代で最も有力な経済学者)はそれを望みました、それが第二次世界大戦中のナチ党の資金洗浄するために使用された後、閉鎖しました。英国のインフレ上昇率に関するロンドン電信報告書に対応し、承認されたBISは「ドル、ユーロおよび人民元に基づいた、少数の形式上の通貨ブロックあるいは円を支持して多くの世界通貨を捨てることをさらに示唆した。」通貨の集中化されたコントロールはグローバルな政府の構築での主要な柱です。



最終的なゴールは、世界的な市民IDに基づいたキャッシュレス社会(掛売制度)です。破壊的活動分子または軍事的脅威が信用権利を縮小するように指定されたものと制限されるものが置かれるでしょう。いつ、どこで、そして彼らが買うか売ることができるもの。世界税はすべての購入に課されるでしょう。一方、紙幣の新しい名称は追跡されトレースされるでしょう。標準および同じ特徴が新しく計画的な米ドル紙幣に組み入れられているとともに、ユーロ紙幣はRFIDタグに付属します。先月、国連は、代理世界政府によって、国家主権および金融市場およびそれらの交換の完全な除去の代わりにそのすべての悪から世界を救う約束を行ないました。



その、いわゆる「保守的なブッシュ政権、その最後を破壊するそれらの力であらゆることをした。、ブッシュ以前の42の政権の全てのレベルを越して赤字財政支出を増やして、憲法に法律憎悪の対象に署名して、CAFTAとFTAAのような世界的な政府と反米の取引を促進して、アメリカの主権の最後の痕跡を破壊する彼らの権限で、すべてを行った。これを理解させることを含む』包括的な大赦を法律にすることによる違法な出入国管理問題である。







歴史の演出者http://ameblo.jp/kane55/entry-10006989749.html


●これに似たようなことを、広瀬隆氏は著書『億万長者はハリウッドを殺す』(講談社)の中で、次のように述べている。


「“パール・ハーバー”から間もない頃、スイスの首都ベルンに『OSS』と呼ばれるアメリカの戦略局の諜報機関がオフィスを開き、ここに『サリヴァン=クロムウェル法律事務所』のアレン・ダレスが派遣された。この首都ベルンの近くにバーゼルの街があるが、ここはスイスとドイツとフランスの三国が接し、戦略上はピラミッドの頂点をなす重要拠点だった。


この三角基地バーゼルに『国際決済銀行(BIS)』があった。第一次世界大戦のドイツ賠償金の全てを取り仕切る、という名目で1930年にジャック・モルガンが設立させた特異な銀行である。この銀行は、銀行家の間で“バーゼル・クラブ”と呼ばれ、完全な秘密主義を守り抜く異様な社交場となっている。」


 





第一次世界大戦後、ドイツの賠償問題処理のために

1930年にスイスに設立された「BIS(国際決済銀行)」。

しかしこの銀行は、ヒトラーの政権掌握以降、
アメリカとイギリスの資金が

ヒトラーの金庫に流入する窓口の役目を果たすようになり、

正反対の機能を持つ銀行になった。


 


「バーゼル・クラブの真相は、あまりに複雑であるため、読者に手際よく説明できるという自信はない。この当時のドイツとアメリカの関係は、イギリス、ベルギー、カナダ、スイス、アフリカを加えた7ヶ所にまたがる謀略が渾然一体となって、利権を追及するシンジケートに支配されていたからである


バーゼル・クラブの総裁を務めていたトマス・マッキトリックは、モルガンが所有するニューヨークの『ファースト・ナショナル銀行』の取締役であった。バーゼル・クラブの重役陣には、ヒトラーを首相にしたナチ党員、クルト・フォン・シュローダー男爵と、『I・G・ファルベン社』の社長ヘルマン・シュミッツと、『ドイツ国立銀行』の総裁ヴァルター・フンクが名前を連ねていた。


ナチスの資金源を取りまとめたクルト・フォン・シュローダー男爵の『シュローダー銀行』は、敵国アメリカに支店を持って、ロックフェラーとアレン・ダレスに事業を任せていたばかりでなく、もうひとつの敵国イギリスの首都ロンドンにも支店を構え、『南アフリカ・アングロ・アメリカン投資会社』の取り引きを引き受けていた


このシンジケートのメンバーは、戦争中の敵味方であるため公然と会合することが許されなかった。密談することができる唯一の場所こそ、治外法権に守られたスイスのバーゼル・クラブだったのである。」




「ベルン情報網の本部長としてスイスに派遣された(親ナチス派の)アレン・ダレスは、実は70キロ先のバーゼル・クラブに絶えず出入りしていた。彼は、この銀行(BIS)に毎日のように顔を出し、ルーズベルトとヒトラーの作戦について情報を交換していた。これは半ば戦争の情報という性格を持っていたが、今日では、ダレスがワシントンに送った情報はどれもこれも周知の事実だったことが明らかにされている。ダレスは、連合軍の情報官ではなく、シンジケートの情報係と呼ばれるべきであった。そのために彼はよく働き、戦火は日増しに大きく燃え上がり、シンジケートの金庫はみるみる膨れ上がっていった。」


 





スイスのOSS支局長に就任したアレン・ダレス。

彼はスイス・バーゼルの「国際決済銀行(BIS)」に

毎日のように顔を出し、情報交換していた。

戦後、CIA長官に就任する。


 


「しかし、1943年2月6日から、バーゼル・シンジケートにとって思いがけない事態が持ち上がった。イギリスとアメリカの爆撃機が、ドイツの都市に空襲を開始したのである。ここでシンジケートにとって戦争の性格が変わったことはいうまでもない。


アメリカとドイツの投機業者が仕組んだシナリオ通りには戦争は推移しなかった。いまやクルト・フォン・シュローダー男爵自身の体が危険にさらされているばかりか、『ドイツ国立銀行』、『I・G・ファルベン社』、『アダム・オペル社』、『クルップ製鋼』、『ポルシェ』といったシンジケートのドイツ同胞が爆撃されるようになっていた。ここまで火をつけてしまった以上、いずれかの政府が“参った”と宣言するまで、殺し合いを続けなければならなかった。ヒトラーとルーズベルトは、いずれも相手の絶滅を国民に約束して戦闘に踏み切っていた。」




「アレン・ダレスに関する書物によれば、ちょうどこのドイツ空爆からわずか1週間ほどあとに、ナチス親衛隊(SS)の秘密工作員2名が、シューデコッフ博士とホッヘンロー二皇太子の偽名を使ってスイスに潜入し、アレン・ダレスと会談している。


このときのアレン・ダレスが伝えた結論は、『ヒトラーに退いてもらい、ドイツ帝国を別の人間が継承する』というものだった。しかしこれはナチス親衛隊向けの、やわらかい表現である。実際には、シンジケートの意向は、もはやヒトラーを利用する時期は終わった、できる限り早く奴を抹殺し、ドイツの工業界が破滅するのを食い止めるべきだ、というものだった。


1944年5月12日には、アメリカの第8空軍機が935機ドイツ上空に現われると、この一千機近い爆撃機がドイツの中央部と東部にある重油工場を壊滅させ、ドイツ軍需産業の終わりを決定づけた。」

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■この

売り掛け制度が既にイギリスで問題になってるよ!

多分、国内で実験的に行われた売り掛け相殺制度を世界で採用しようって流れだと思う。

資金洗浄もいいところな具合に売り掛け相殺で幾重にもグループ企業内で相殺していくことが出来ることで、世界の子会社でも相殺が可能になり、レート差で利益を上げるシステムになっていた!

統一通貨になってこれを採用ってことは、、。

いくら買い掛けを積んでも、売り掛けで相殺できる。

つまりは無限の財布を手に入れる制度だ。

IDってとこがポイントですね、

制限量を人によって変えるんでしょうね。

通貨コントロールが、イングランド銀行出身のケインズの野望であり、オーナーであるロス・チャイルドの力技で勝ち取った権利ですからね~。既得権益はどんなことがあっても守るでしょうね~。

ブレアの労働党が政権与党にいるのは不自然ですね、イラク戦があった後ですしね~。ここから崩れてくれないかな~。

2 ■いや・・ナイスです・。

BISにしても、勝手に利用しているだけのようですし、いかがわしですね・。あいかわらず、鋭い視点ですね・。

3 ■kaneさん、どうもです。

BIS法はもう既に破綻してます。唯一生き残っている法律が積立金くらいじゃないですか?

参加国は国連加盟国級に多いですけどね。

何しろ、預金の保証金としての銀行税20%さえ払ってないんですよ、ペイオフも当然でこの時点で銀行権を破棄させるべきですね、

そして最大の論点はデリバティブを自己資本に認めないことですね、この時点で自己資本の4%の積み立ての値が狂ってきてます。

つまり100%以上の運用をしているワケです。

デリバティブがB/Sに載ってないんですよ!!!枠外に記述されてます。

イカサマパラダイスです。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR