FC2ブログ

どうなのか??

太田龍の時事寸評 http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi





米国=イスラエルによるイラン核施設に対する攻撃。

そしてこの戦争は、文明間の武力衝突へと発展すると(アメリカン・フリープレス)。




更新 平成18年02月22日22時47分


平成十八年(二〇〇六年)二月二十二日(水)

(第一千五百九十四回)


○「アメリカン・フリープレス」、二〇〇六年二月二十七日号。

 一頁。十一頁。


○ここに、リチャード・ウォーカーの記事あり。


○オックスフォード・リサーチ・グループの、ポール・ロジャーズ教授が、「イラン―戦争の結果」、と言う報告書を発表したと。


○イスラエルは、米国の支持支援のもとに、イランの核施設を破壊し、またそれに関連する多数のイラン人技術者を殺害することの出来る攻撃戦力を構築した。


○イスラエルが対イラン武力攻撃を開始すると、必然的に米国は、この対イラン戦争に巻き込まれる。


○そしてこの戦争は、イラク、レバノン、そしてペルシャ湾岸全滅に拡大すると。


○全中東イスラム諸国の人々は、イスラエルと米国のこの関係を熟知して居ると。


○この戦争は、文明間の流血の衝突に発展するであろうと。


○ポール・ロジャース敎授のこの報告書は、しごく当然、あたり前のことをあたり前に述べて居るものであろう。


○イスラム諸国の人々にとっては、常識に属する。


○しかし、西側(日本を含む)では、人々は、イルミナティサタニスト世界権力のマスコミによって、全くのウソ、架空現実を注入されて居る。


○米国=イスラエルが、イランの核施設に対してミサイル攻撃を仕掛けると、


○そのあとはどう成るか。


○日本人は、砂漠の砂の中に頭を突っ込むダチョウにひとしい。


○「文明間の衝突」


○これは、三百人委員会の正式会員、サミュエル・ハンチントン、米国ハーバード大学教授によって、


○発信されたプロパガンダである。


○イスラエル(シオニストユダヤ)と、イスラム世界全体を衝突させる。


○そして、シオニストユダヤ化されたキリスト教を、イスラエルの「同盟軍」として、この衝突の中に引きずり込む。


○これが、百数十年も前からの、いや、十六世紀前半、英国フリーメーソンの開祖フランシス・ベーコンに由来するイルミナティの大計画である。


○米国のネオコン一味は、シオニストイスラエルと共に、この方向に突き進もうとする。


○ネオコンとは一体何者なのか。


 (了)


【参考文献】


○太田龍著「ネオコンの正体」(雷韻出版)






二〇〇六年六月六日。この日にあなたはどこに居るか?

(マイケル・ハウプト)




更新 平成18年02月20日23時22分


平成十八年(二〇〇六年)二月二十日(月)

(第一千五百九十二回)


○アルバート・パイクの一八七一年八月十五日付、マッチーニあて書簡にもとづく、イルミナティの第三次世界大戦計画について発信して居る、英国人マイケル・ハウプトは、


○二〇〇六年二月十七日付けのニューズレターで、

 
http://www.threeworldwars.com/archive/news/news041p.htm
.


○「二〇〇六年六月六日」


○この日付に注目する。


○2006,6,6


○この数字の下三ケタは、666。


○この日にイルミナティは何かを起こそうとするかも知れない、と言う。

 

○二〇〇六年三月末までに、米国(恐らくそしてイスラエルも)は、


○イランに対する戦争を開始する、との見方がある。


○イランは、おとなしく米国、イスラエルに降伏はしないであろう。


○イランが、油送船のペルシャ湾からの出口、ホルムズ海峡を封鎖する軍事的能力を有することは自明である。


○この緊迫した世界情勢に対し、


○日本人一億二千万人の家畜人ヤプーは、上から下まで、右から左まで、


○痴呆のごとく、へらへらと


○笑っているだけ。


○その視界は、目の前、身のまわり、一メートルか。


(了)


【注】


○日本は現在、石油総輸入量の約九割を中東に依存して居る。

 そしてその中東からの日本への輸入は、おおむねホルムズ海峡を通過

 しなければならない。





<イラク自衛隊>3月撤退開始 日本政府、米英と最終調整へ


 政府は15日、イラク南部サマワに派遣している陸上自衛隊について、3月中に撤退を開始し5月末までに完了させる方針を固め、米英など関係国と最終調整に入った。イラク新憲法に基づく本格政府の発足は4月以降にずれ込む見通しとなっているが、サマワの治安維持を担当する英軍と豪州軍がイラク南部の治安安定を理由に新政府の発足前でも撤退する方針を示し、陸自も足並みをそろえることにした。クウェート―イラク南部間で空輸業務に当たっている航空自衛隊は6月以降も多国籍軍に残すことで、米国の理解を得たい考えだ。

 政府は昨年12月、
イラク復興特別措置法に基づく自衛隊派遣の基本計画を変更し、派遣期間を今年12月まで1年間延長した。その際、「英豪軍をはじめとする多国籍軍の活動状況、構成の変化を見極める」との記述を基本計画に追加しており、英豪軍との同時撤退は既定路線となっていた。先月23日にロンドンで開かれた日米英豪4カ国の事務レベル協議で、英国が5月までにイラク駐留部隊を縮小しアフガニスタンに増派する方針を表明。これを受け日本政府は陸自も5月末までに撤退させる方針を固め、外務省と防衛庁の担当者を15日、米英などとの最終調整に派遣した。

 サマワの陸自部隊は2年前に派遣が始まり、現在は約600人が道路補修などの人道復興支援活動を行っている。米側は自衛隊のイラク派遣継続を期待しており、サマワからの陸自撤退後も軍と文民で構成する「地方復興チーム(PRT)」に陸自が参加するよう打診した。しかし、PRTでは文民要員の警護など治安維持業務を担当する可能性があるため、額賀福志郎防衛庁長官は先月訪米した際、「法的に困難」と拒否する考えを伝えている。

 空自の輸送部隊約200人はクウェートを拠点に陸自や米軍の物資をサマワ近郊のタリル空港に輸送している。陸自撤退後も活動を継続する場合、米側はほかの空港への輸送を要求する構えで、米軍を中心とした多国籍軍支援の性格が鮮明になる。【古本陽荘】

 ◇新政府の発足待たず、“見切り”撤退

 イラク南部サマワに派遣した陸上自衛隊の撤退時期を探ってきた政府は15日、イラク新政府の発足を待たずに見切り発車の形で撤退を始める方針を固めた。昨年12月に自衛隊派遣の1年延長を決定した際には新政府が今年2月までに発足すると見込んで「新政権発足後の3月撤退開始―夏前に撤退完了」のシナリオを描いていた。新政権の発足が大幅にずれ込む中、「英豪軍の撤退に乗り遅れるとタイミングを逸する」(外務省幹部)との焦りも強まり、撤退先行やむなしと判断した。

 昨年12月に閣議決定した自衛隊派遣の基本計画は撤退時期の判断材料として(1)新政府樹立など政治プロセスの進展状況(2)多国籍軍からイラク治安部隊への治安権限移譲(3)英豪軍など多国籍軍の活動状況や構成の変化――などを列挙。新政府発足後に治安権限を移譲する英豪軍と同時撤退する手順が想定されていた。しかし、昨年12月15日に実施されたイラク国民議会選挙の結果発表まで2カ月近くを要し、
新政府の発足が5月にずれ込む可能性も出てきたことで日本政府の思惑が狂った。

 政府が英豪軍との同時撤退にこだわるのは、小泉純一郎首相が9月に退陣する前に、一人の犠牲者も出さずに陸自を撤退させることが政権の最重要課題となっているからだ。
英豪軍の撤退後は治安の空白が生じる恐れがあるだけでなく、多国籍軍の一員として一緒に撤退しなければズルズルと駐留を続けることになりかねないとの危機感もある。

 今月12日、第1党「統一イラク同盟」の首相候補に現在のジャファリ移行政府首相が選ばれたことで、外務省は「移行政府との撤退協議は可能」(幹部)とみているが、新政府の組閣が混乱した場合、撤退時期に影響を与える可能性もある。さらに「サマワの人々を見捨てて撤退するのではないことを理解してもらう必要がある」(同)ため、政府開発援助(ODA)による復興支援を強化する方針だ。【平田崇浩】

(毎日新聞) - 2月16日3時9分更新



蛇足


彼らはすでに、戦後処理を考えているだろう。または、拡大を考えているのだろうか?Allied Nationsには何処が入るのであろうか??

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サマワ自衛隊 撤退

サマワ英軍「5、6月に撤退完了」 日本は時期明示せず (朝日新聞) - goo ニュース 先週末から英国で(多分ロンドンで)日米英豪軍の実務担当者がサマワ周辺の派遣軍撤退について話し合いを詰めているらしい 英軍は条件次第で5月か6月には撤退を完了すると報道している 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR