FC2ブログ

脳神経感覚コントロール兵器・・。



Air Force Plan: Hack Your Nervous System


This is the first of a two-part series on plasma and electromagnetic weapons by David Hambling
, author of Weapons Grade: How Modern Warfare Gave Birth to Our High-Tech World
.


The brain has always been a battlefield. New weapons might be able to hack directly into your nervous system.


"Controlled Effects
" (see image, right) is one of the Air Force’s ambitious long-term challenges. It starts with better and more accurate bombs, but moves on to discuss devices that "make selected adversaries think or act according to our needs... By studying and modeling the human brain and nervous system, the ability to mentally influence or confuse personnel is also possible."


LTChallenge-08-IMG2.JPGThe first stage is technology to “remotely create physical sensations.” They give the example of the Active Denial System
"people zapper" which uses a high-frequency radiation similar to microwaves as a non-lethal means of crowd control.


Other weapons can affect the nervous system directly. The Pulsed Energy Projectile
fires a short intense pulse of laser energy. This vaporizes the outer layer of the target, creating a rapidly-expanding expanding ball of plasma. At different power levels, those expanding plasmas could deliver a harmless warning, stun the target, or disable them - all with pinpoint laser precision from a mile away.


Early reports on the effects of PEPs
mentioned temporary paralysis, then thought to be related to ultrasonic shockwaves. It later became apparent that the electromagnetic pulse caused by the expanding plasma was triggering nerve cells.


Details of this emerged in a heavily-censored document
released to Ed Hammond of the Sunshine Project
under the Freedom if Information Act. Called “Sensory consequence of electromagnetic pulsed emitted by laser induced plasmas,” it described research on activating the nerve cells responsible for sensing unpleasant stimuli: heat, damage, pressure, cold. By selectively stimulating a particular nociceptor, a finely tuned PEP might sensations of say, being burned, frozen or dipped in acid -- all without doing the slightest actual harm.


The skin is the easiest target for such stimulation. But, in principle, any sensory nerves could be triggered. The Controlled Effects document suggests “it may be possible to create synthetic images…to confuse an individual' s visual sense or, in a similar manner, confuse his senses of sound, taste, touch, or smell.”


In other words, it may be possible to use electromagnetic means to create overwhelming 'sound' or 'light', or indeed 'intolerable smell' which would exist only in the brain of the person perceiving them.


There is another side as well. The “sensory consequences” document also notes that the nervous system which controls muscles could be influenced to cause what they call “Taser-like motor effects.” The stun gun’s ability to shock the muscles into malfunction is relatively crude; we might now be looking at are much more targeted effects.


Tomorrow: Moscow moves in. Remote-controlled heart attacks, anyone?


-- David Hambling




Latest Comments


Nothing new here. From Buck Rogers to Star Trek, we've all seen the "death ray" weapons. Reality is just catching up to fiction. And because of the mass-media exposure, we accept it. But we miss the moral lesson: it's an act of evil to harm another - regardless of what new tekno toys we have.


Posted by: Tracy
at February 25, 2006 05:58 AM




YES, MASTER ...





空軍計画: あなたの神経系を切り刻みなさい。

これはプラズマの上の2部のシリーズの一番目とデイビッドHambling、武器グレードの作者による電磁波武器である:

どんなに、現代戦闘は私達のハイテクな世界を生み出したのか。

脳はいつも戦場であった。

新しい武器は、直接あなたの神経系に侵入することができるかもしれない。

「コントロールされた効果」は空軍の野心的な長期挑戦のはじめである。

それはよりよく、より正確な爆弾で始まるけれども、「選ばれた相手に考えさせる」機器を議論するために、前進するか、私達のニーズに従って行動しなさい…」

「人間の脳と神経系を調べて、作成することによって、精神的に人員に影響するか、混乱させる能力は可能である」。

最初の段階は、群衆コントロールの致命的でない方法として電子レンジに類似している高周波放射線を使うアクティブな否定システム「人間リモコン」の例として「離れて物質的な感覚」として、それらの弾力性を「造る」テクノロジーである。

他の武器は直接神経系に影響することができる。

脈動したエネルギー発射体はレーザー・エネルギーの短い強力パルスに点火する。

これは、プラズマの急速に拡大する拡大ボールを作成して、目標の外層を蒸発させる。

違うパワーレベルで、それらの膨張プラズマは無害な警告を発し、目標を呆然とさせるか、それらを使用不可にすることができた - 1マイルの向こうからのピンポイントのレーザー精度を持つすべて。

PEPsの効果についての最新リポートは一時的な麻痺に言及し、それから、超音波ショックウエーブと関連しているために考えた。

膨張プラズマによって起こされた電磁波が神経細胞に引き起こしていたことは後で明白になった。

情報法並びに自由にサンシャイン計画のエド ハモンドにリリースされた厳しく検閲された文書の中で、これの詳細は明らかになった。

「パルス化した電磁波の感覚の結果はレーザーによって引き起こされたプラズマを放った」と呼ばれて、それは、不愉快な刺激を感知することについて責任がある神経細胞を活性化することについての研究を説明した: 熱、損害、プレッシャー、冷気。

燃やされて、凍結されるか、酸に少し浸って特定の侵害受容器(よく調整されたPEP勢力感覚)を選択的に刺激することによって--最もわずかな実際の害を及ぼしてないですべて。

皮はそのような刺激のための最も容易な目標である。

しかし、原則において、どのような知覚神経でも引き起こされることができた。

コントロールされた影響報告は、「合成のイメージが、個人の視覚を混乱させるか、同様な方法で、彼の音の感覚を混乱させて、それの味がして、触れるか、匂っている感覚を作成するのは可能であるかもしれない」を示唆する。

すなわち、圧倒的な‘健全である’または‘軽い’または実に、それらに気づいている人の脳の中だけに存在するであろう‘耐えられない臭い’を作成する電磁的手段を使うことは可能であるかもしれない。

その上別の側がある。

感覚の結果」文書はまた、筋肉をコントロールする神経系が、彼らが、誤動作の中に筋肉に衝撃を与える「テイザー風のモーター効果」.スタンガンの能力と呼ぶものが相対的に天然の原因に影響されることができたことに注意する;

私達は現在見る場合 、ずっと多くの目標とされた効果である。

明日:

モスクワは忍び寄る。

リモコン付きの心臓発作、誰でも?

--デイビッドHambling

2006年2月13日の午前12:14|Bizarro、レーザー、およびレイは最新のコメントを加速する。


バックロジャーズからスタートレックまで、私達はすべて「殺人光線」武器を見た。

現実はまさにフィクションに追いついている。

そして、マスメディアのため、私達はそれを受け入れる。

しかし、私達は教訓に失敗する:

別のものを傷つけることは悪の行為である - 私達がどんな新しい技術的なおもちゃを持っているかを問わず。

次によって送られる:

2006年2月25日の午前05:58のトレーシー



蛇足


くさい靴下の匂いやクサヤなどの匂いのキツイ食べ物などのイメージ波を投射されたら・・七転八倒するであろう。また、アフォなオッサンにフェロモンなどのイメージ電磁波を投射されたら、性犯罪を犯し、植草教授のように現行犯逮捕されるだろう。それでも、マシではありますが・・。これからは人間は脳神経系で騙されるかもしれない・。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR