FC2ブログ

13血流入門

THE SATANIC BLOODLINES


Introduction:


I am pleased & honored to present this book to those in the world who love the truth. This is a book for lovers of the Truth. This is a book for those who are already familiar with my past writings. An Illuminati Grand Master once said that the world is a stage and we are all actors. Of course this was not an original thought, but it certainly is a way of describing the Illuminati view of how the world works. The people of the world are an audience to which the Illuminati entertain with propaganda. Just one of the thousands of recent examples of this type of acting done for the public was President Bill Clinton’s 1995 State of the Union address. The speech was designed to push all of the warm fuzzy buttons of his listening audience that he could. All the green lights for acceptance were systematically pushed by the President’s speech with the help of a controlled congressional audience.


The truth on the other hand doesn’t always tickle the ear and warm the ego of its listeners. The light of truth in this book will be too bright for some people who will want to return to the safe comfort of their darkness. I am not a conspiracy theorist. I deal with real facts, not theory. Some of the people I write about, I have met. Some of the people I expose are alive and very dangerous. The darkness has never liked the light. Yet, many of the secrets of the Illuminati are locked up tightly simply because secrecy is a way of life. It is such a way of life, that they resent the Carroll Quigleys and the James H. Billingtons who want to tell real historical facts rather than doctored up stories and myths. I have been an intense student of history since I could read, and I am deeply committed to the facts of history rather than the cover stories the public is fed to manipulate them. I do not fear the Illuminati taking over this country and doing away with the Constitution, because they took over this country long ago, and the Constitution has not technically been in effect due to Presidential emergency decrees since W.W. II.


Being a follower of Christ does not mean we should fear. Perfect love for Almighty God casts out our fear for the situation He has place us in. Don’t think for a moment you are going to vote the Illuminati out of office. They control the major and minor political parties. They control the process of government, they control the process of information flow, they control the process of creating money and finally they control Christendom. (However, God controls the hearts of His people.) I have provided information on how to respond in some of my other writings. This book will not tell you how to deal with the Illuminati families. This volume is simply the first of two volumes which is published to give an overview of what the Illuminati is. In short the Illuminati are generational Satanic bloodlines which have gained the most power. A generational Satanist described the Illuminati as "Satan’s elite." This book is not written to cause fear. It is not written to provide names for a witch hunt. It is not written to provide another theory. This book is not about a theory. It is about the secret occult oligarchies which rule the world. When brought together, the facts of this book will begin to speak for themselves without me. I don’t ask that you take my word. Investigate for yourself. God Himself has told us that the whole world lies in the power of the wicked one. Some people after they have read my material have gone out into their own geographic area and seen for themselves that a small group of people control their nation and the world from behind the scenes. They have seen for themselves the power that secret societies exercise from behind the scenes.


This book will not be error free. There will be typos, and misspelled names, and errors of various kinds. The author is not God Almighty. I do not have every hair on these people’s heads counted. This book has not been put out with the luxury of ghost writers, editors, a paid staff of researchers and a large budget. I look at many trivial projects which the elite are able to pour millions of dollars into, and I look at the research I do when at times I’ve not had a dime to photocopy some document I want. There is so much for me to communicate about the Illuminati, who they are, what their rituals are like, and how they control the world that it has taken several years of writing to begin to give people a fully cohesive picture. Finally, after a number of requests that I assemble my writings exposing the top 13 Illuminati bloodlines, I have taken the time to put it all together in a book with a comprehensive index. History is important. In order to know where we are going, we need to know where we have been. To control the past is to control the present. The Illuminati’s control over the entire learning process from cradle to grave gives them great ability to shape our frames of references. Jesus spoke about historical things. Paul reminded people of historical things. Josephus wrote a history of the nation of Israel.


Long ago in the dark unwritten pages of human history, powerful kings discovered how they could control other men by torture, magical practices, wars, politics, religion and interest taking. These elite families designed strategies and tactics to perpetuate their occult practices. Layers upon layers of secrecy have hidden these families from the profane masses, but many an author has touched upon their existence. I began my research when I began to get first hand reports from very informed people that an elite group did rule the world. My research into Satan’s hierarchy went fast because of my skills as a researcher and because I knew from the beginning from my informants about the reality of what I was investigating. My investigation into the Illuminati, led me to read and pray about thousands of books. The quantity of books, newspapers, magazines and manuscripts and papers which were read to get me to where I am today numbers in the many thousands. I do not know how many nights I stayed up studying and finally collapsed into sleep with blurred red eyes.


I do know that I was driven enough in my study that I often would not stop until my eyes and mind could go no further. Men and women with sharp intellects like Edith Star Miller (author of Occult Theocracy) and Alexander Hislop (author of The Two Babylons) have tried to research the occult world and the connections between the different groups. I first read Hislop’s book in 1981. His book shows that there is a continuity between the ancient occultism of the Mystery Religions and modern day religion. Edith Star Miller’s Occult Theocracy was very helpful for me to rapidly see some of the many hidden historical and operational connections between occult groups today. Finally, the book Holy Blood. Holy Grail and its first sequel The Messianic Legacy gave me a deep insightful look into the 13th bloodline. But my understanding has been lifted by countless other investigators, who are worthy of praise because they dared to challenge the power structure to get to the real facts. In mockery and imitation of God’s 12 tribes, Satan blessed 12 bloodlines. One of these bloodlines was the Ishmaeli bloodline from which a special elite line developed alchemy, assassination techniques, and other occult practices. One bloodline was Egyptian/Celtic/Druidic from which Druidism was developed. One bloodline was in the orient and developed oriental magic. One lineage was from Canaan and the Canaanites. It had the name Astarte, then Astorga, then Ashdor, and then Astor. The tribe of Dan was used as a Judas Iscariot type seed. The royalty of the tribe of Dan have descended down through history as a powefful Satanic bloodline. The 13th or final blood line was copied after God’s royal lineage of Jesus. This was the Satanic House of David with their blood which they believe is not only from the House of David but also from the lineage of Jesus, who they claim had a wife and children. The 13th Satanic bloodline was instilled with the direct seed of Satan so that they would not only carry Christ’s blood--but also the blood of his "brother" Lucifer.


One of the bloodlines goes back to Babylon and are descendent from Nimrod. Down through the years the occult world has remained hidden from the history books. (Publishing and education have been controlled privileges.) They have ruled behind the scenes. The Mystery Religions each had their secret councils which ruled them, and these councils themselves came under the guidance of a secret supreme Grand Council or Governing Body. The Mystery Religions in turn ruled the masses and the political leaders. When I first began investigating the Illuminati a clear picture developed that the history books were doctored, and that great power was concentrated in the hands of oligarchies around the world. But who were these powerful people? I have been repeatedly asked, "If there is a conspiracy who are the conspirators?" That is what this book is about. The history books are full of information about the elites and the masses. Interestingly, upon very close scrutiny and examination the investigator finds that the elite have perpetuated their power for centuries, and have worked hand in glove with other elites to control the masses.


When seen in better light, wars between kings no longer appear as wars between elite factions, but contrived wars to control the masses by their greedy elite masters. But who are these people? The answer may not be the answer some might expect, because power comes in many shapes and sizes. Power doesn’t have to have high visibility to be active. In fact, due to the evil dark nature of these evil bloodlines they have traditionally tried to remain secret. I am indebted to people who have stepped out of the generational Satanic bloodlines of the Illuminati and who have given their lives to Christ for many of the tips which got my investigations on the right track. This book tells what many witnesses of generational Satanism would like to tell, but are too intimidated to tell. Witnesses like Tom Collins, and John Todd, and David Hill have tried to testify what they themselves saw--they each were destroyed. But the truth will not die with Tom Collins or David Hill. The truth did not go out of fashion just because John Todd was framed and dishonored by the Illuminati’s henchmen. Several people from different places have confirmed that there are 13 Illuminati bloodlines. Further, several ex-Illuminati people have confirmed my list of 13 families.


It is possible that my list is off on a name or two, but if it might be off, it can not be off much, if any. I believe the facts speak for themselves. As you study these bloodlines you will also see how powerful they are. David Hill, who was investigating the Illuminati, lost his life because he had been close to the inside as a high ranking Freemason who worked for the Mafia. I received David Hill’s research manuscript two years after I had begun reporting on the 13 families. David Hill had done what I had originally done. He had asked questions and began to dig into who pulled the strings in this country. Both David and I discovered the names of some of the more obvious powerful families. For instance, in David’s notes he writes, "Yes, it is a fact: the Mellons, Carnegies, Rothschilds, Rockefellers, Dukes, Astors, Dorrances, Reynoldses, Stilimans, Bakers, Pynes, Cuilmans, Watsons, Tukes, Kleinworts, DuPonts, Warburgs, Phippses, Graces, Guggenheims, Milners, Drexels, Winthrops, Vanderbilts, Whitneys, Harknesses and other super rich Illuminated families generally get along quite well with Communists, who supposedly want to take away the wealth of these men and give it to the people.


However, this is only double talk designed to bolster the superstructure of delusion that Communists are the enemies of all Capitalists. But Communists, like the super rich families, are not the enemies of MONOPOLY CAPITALISM: they are the foes of FREE ENTERPRISE." (Untitled manuscript of David Hill, p. 215.) My research had already entered another dimension beyond David Hill’s, because people trying to escape being part of the Illuminati had given me the 13 family names. But each round of validation I have received is a pleasant encouragement that others have seen the same things. It was a pleasant surprise to see that this researcher had singled out some of the same families as I had. Some of the allied families if not all of them probably have intermarried somewhere with one of these bloodlines. Because this book is a collection of things which I have written over the years allow me to review what was written. In 1991, I first self-published my Be Wise As Serpents manuscript which exposed the top 13 families. In 1992, I began my newsletter to continue exposing the Illuminati, and came out with some monographs exposing the Monarch Mind Control program and the Illuminati Plans/methods to create earthquakes. From the mid-Dec. ‘92 newsletter up to the most recent ones in 1995, I have ran feature articles exposing the different top 13 families. This book is a collection of things, I, Fritz Springmeier, wrote between 1991 and 1995 about the top 13 families.




悪魔血流


入門:

私は、この本を、真実を愛している世界のそれらに提出することに満足である&光栄に思っている。

これは真実の恋人のための本である。

これは、すでに私の過去の文書に精通している人々のための本である。

啓蒙主義者グランドマスタは一度、世界が段階であり、私達がすべて俳優であると言った。もちろん、これはオリジナルの考えではなかったけれども、それは確かに、どのように世界が働くかの啓蒙主義者眺める説明をする方法である。

世界の人々は、啓蒙主義者の宣伝によって楽しむ聴衆である。

一般大衆のためにされたこのタイプの演技の数千の最近の例のうちのほんの1つはビル・クリントン大統領の1995年の一般教書であった。スピーチは、彼ができた彼の聞いている聴衆の暖かなファジーボタンのすべてを押すようにデザインされた。受容のためのすべての青信号はコントロールされた議会の聴衆の助けによって大統領のスピーチによって体系的に推進された。


真実は一方ではいつも耳をくすぐるわけではなく、その聴取者の自我を暖めない。この本の中の真実のライトは、彼らの暗闇の安全な快適さに戻りたいであろう何人かの人々のために明るすぎるようになるであろう。私は共謀理論家ではない。私は理論ではなく本当のことを扱う。私が、まわりで、私が会ったと書く人々の何人か。私が露出した人々の何人かが生きていて、非常に危険である。暗闇は一度もライトが好きであったことがない。

それでも、単に、秘密が生活様式であるので、啓蒙主義者の秘密の多くは堅く施錠されている。それはそのような生活様式であるので、彼らは、話と神話を不正に変更したというよりも、本当に歴史上の事実を話したいキャロル・クイングレーとジェームズ・H・ビリングトンに憤慨する。私が読むことができて以来ずっと、私は歴史学の強烈な学生であり、私は、一般大衆が、それらを処理するために与えられるカバーストーリーというよりも歴史の事実に深く関わる。彼らがずっと前にこの国を引き継いだので、私はこの国を引き継いでいて、憲法を廃止している啓蒙主義者を恐れていなく、憲法は第二次世界大戦以来の大統領の緊急命令のため技術的に有効でなかった。


キリストの追従者であることは、私達が恐れるべきであることを意味していない。

彼が私達を中に置かせる状況のために、全能の神への完全な愛情は私達の恐怖を追放する。あなたが、啓蒙主義者を投票で失脚させようとしているとちょっと思わないでください。彼らは主要で、小さな政党をコントロールする。彼らは政府のプロセスをコントロールし、彼らは情報の流れのプロセスをコントロールし、彼らは、お金を作成するプロセスをコントロールし、最終的に、彼らは全キリスト教徒をコントロールする。(しかし、神は彼の人々の心臓をコントロールする。)

私は私の他の文書のいくつかにおいてどのように反応するかについての情報を提供した。

この本はどのように啓蒙主義者家族と取り引きするかをあなたに示さないであろう。このボリュームは、啓蒙主義者がそうであるものの概要を伝えるために出版される2巻の単に最初の巻である。要するに、啓蒙主義者は、最も多くのパワーを得た世代的な悪魔の血流である。世代的な悪魔主義者は啓蒙主義者を「サタンのエリート」と評した。この本は、恐怖を起こすために書かれない。それは、魔女狩のために名前を明かすように書かれない。

それは、別の理論を提供するために書かれない。この本は理論についてではない。それは、世界を支配する秘密のオカルトオルガチスについてである。呼び集められる時に、この本の事実は、私なしですべてについて物語りはじめるであろう。私は、あなたが私の言葉を取るように頼まない。自身のために調査しなさい。神自身は、私達に、全世界が悪いもののパワーにあると言った。彼らが、私の素材が、彼ら自身の地理上の区域の中に外に出て、人々の小集団が舞台裏で彼らの国家と世界をコントロールすると自身のためにわかったのを知った後に、いくつかが植民する。彼らは、秘密結社が舞台裏で行使するパワーを自身のために見た。


この本はエラーで自由にならないであろう。誤植があるであろうし、様々な種類の名前とエラーが綴りを誤った。作者は全能の神ではない。私はカウントされたこれらの人々の頭の上ですべての毛をしているわけではない。この本はゴーストライター、エディタ、研究者の支払われたスタッフ、および大きな予算の贅沢によって出版されていない。私は、エリートが、数百万ドルを注ぐことができる多くの些細なプロジェクトを見て、時々、私が、私が望んでいるある文書を写真複写するために10セント銀貨を持っていなかった時に、私は、私がする研究を見る。啓蒙主義者、それらが誰であるか、それらの儀式がどんなふうであるか、そしてどのようにそれらが世界をコントロールするかについて私が伝達するとても多くがあるので、人々に完全に統一感がある写真を与えはじめることは数年のライティングを取った。最終的に、私がトップ13の啓蒙主義者血流を照らし出している私の文書を組み立てるという多くの要求の後で、私は、総合索引によってそれをすべて一緒に本に入れるために時間をかけた。歴史は重要である。私達がどこに行くかを知るために、私達は、私達がどこにいたかを知る必要がある。過去をコントロールすることは、現在をコントロールすることである。揺りかごから墓までの学習過程全体に関しての啓蒙主義者のコントロールはそれらに、私達の準拠の枠を具体化する高い能力を与える。イエスは歴史の物について話した。ポールは、人々に歴史の物を思い出させた。ヨセフスはイスラエルの国家の履歴を書いた。


人の歴史の暗い記録していないページの中のずっと前に、強力な王は、どうして彼らが拷問、不思議な習慣、戦争、政治、宗教、および興味取りによって他の人をコントロールすることができるかを発見した。これらのエリートファミリーは戦略と戦術を、それらのオカルト習慣を永続させるようにデザインした。秘密のレイヤーの上のレイヤーは世俗的な庶民にこれらのファミリーを隠したけれども、多くの作者は彼らの存在に触れた。私が、エリートグループが世界を支配したというまさしくその知らせられた人々からの最初の報告を得はじめた時に、私は私の研究を開始した。研究者としての私のスキルのため、そして私が調査していたものの現実について、私が私の情報提供者から最初から知っていたので、サタンのヒエラルキーについての私の研究は速く行った。約数千冊の本を読み、祈るために私をすごした啓蒙主義者への私の調査。本、新聞、雑誌、および原稿の量と私が今日多くの千にも及ぶ数で、ある所に私を連れて行くために読まれた新聞。私は、勉強し、ぼやけた赤目によって睡眠の中に最終的に崩壊して、私がいくつの夜を支えたかを知らない。




私は、私の目と精神がよりもう全然行くことができないまで、私が、私がしばしば止めないであろう私の研究において十分に追いやられたと知っている。

エディス・スター・ミラー(オカルト神権政治の作者)とアレキサンダー・ヒスロップ(2つのバビロンの作者)のような鋭い知的な人との男性と女性は、オカルト世界と違うグループの間の接続を研究しようとした。私は最初に1981年にヒスロップの本を読んだ。彼の本は、ミステリー宗派の古代の神秘学と現代宗教の間に連続体があることを示す。エディス・スラー・ミラーのオカルト神権政治は、私が今日急速にオカルトグループの間の多くの隠された歴史の、そして操作上の関係のいくつかを見るように非常に役立っていた。最終的に本聖地血。聖杯とその最初の続編。救世主遺産は13番目の血統の中に私に深い洞察力のある表情をした。しかし、私の理解力は、彼らが、あえて、本当のことに到着することを権力機構に要求したことのため、賞賛に値している無数の他の調査者によって持ち上げられている。神の12の種族のあざけりと模倣において、サタンは12の血流を祝福した。

これらの血流の1つは、特別なエリートラインが、錬金術、暗殺テクニック、および他のオカルト習慣を発展させたイシュマエリ血統であった。1つの血統は、どのドルイド教が開発されたからのエジプト人/ケルト語/ドルイド僧であった。1つの血統が順応にあり、東洋の魔法を開発した。1人の子孫がカナンとカナン人出身であった。それは名前のアスターティ、そしてアストルガ、そしてアスドル、それからアスターを持っていた。ダンの種族はユダ・イスカリオテタイプ種として使われた。ダンの種族の王族は力強い悪魔の血統として歴史を通して下に下降した。13番目または最終的な血統は、神のイエスの王室の家系の後でコピーされた。彼らが、ダヴィデの家からだけでなく彼らが、妻と子供を持っていたと主張するイエスの家系からであると信じるそれらの血によって、これは悪魔のダヴィデの家であった。彼らがキリストの血を運ぶだけでないように、13番目の悪魔の血統はサタンの直接的な種によって教え込まれた--彼の「兄弟」明けの明星のけれども血も。


血流進行の1つはバビロンと裏続きで、ニムロドから派生している。オカルト世界が歴史の本から隠れていた年を通しての下。(出版と教育はコントロールされた特権であった。)

彼らは舞台裏で支配した。ミステリー宗派は、それらを支配したそれらの秘密の協議会をそれぞれ催し、これらの協議会自身は秘密の最高の雄大な会議用の、または制御するボディの案内を受けた。ミステリー宗派は次々庶民と政治指導者を支配した。私が最初に啓蒙主義者を調査しはじめた時に、歴史が予約する現像された鮮明な映像は治療されて、その大きなパワーは世界中でオルガチスの手に集中された。しかし、これらの強力な人々は誰であったか?私は、繰り返し、「そこならば、共謀は、誰がその共謀者であるかであるか?」を尋ねられている。それは、この本があるものである。歴史の本はエリートと庶民についての情報でいっぱいである。興味深く、非常に綿密な精査と調査において、調査者は、エリートが数世紀彼らのパワーを永続させていて、庶民をコントロールするために他のエリートとともに手をグラブに差し込んだと気付く。


よりよいライトにおいて見られる時に、王の間の戦争はもうエリート派閥の間で戦争として出現しないけれども、彼らの食い意地の張ったエリートマスタによって庶民をコントロールするために、戦争を考案した。しかし、これらの人々は誰であるか?パワーが多くの形とサイズに入るので、答えは、いくつかが予期するかもしれない答えではないかもしれない。パワーは、アクティブなために高い視界を持つ必要がない。実のところ、これらの悪い血流の悪い暗い性質のため、彼らは、伝統的に、秘密であり続けようとした。私は、啓蒙主義者の世代的な悪魔の血流から歩き、正しく私の調査を得た秘訣の多くのために彼らの人生をキリストに与えた人々に恩を受けている。この本は、世代的な悪魔主義の多くの証人が、話してほしいけれどもあることもものが、話すために威嚇したと報じる。

トム・コリンズとジョン・トッドとデイビッド・ヒルのような証人は、彼ら自身が何を見たかを証言しようとした--彼らはそれぞれ破滅した。しかし、真実はトム・コリンズまたはデイビッド・ヒルと死なないであろう。ただ、ジョン・トッドが啓蒙主義者の子分によって形成されて、名誉を汚されただけで、真実は流行遅れにならなかった。違う場所からの何人かの人々は、13の啓蒙主義者血流があることを確認した。さらに、何人かの前啓蒙主義者の人々は私の13のファミリーのリストを確認した。




私のリストが1、2の名前の上にオフであることは可能であるけれども、それがオフであるかもしれないならば、それはもしあれば多くからはずされているかもしれないわけではない。私は、事実がすべてについて物語っていると信じる。あなたがこれらの血流を勉強する時に、あなたは、また、それらがどれほど強力であるかをわかるであろう。彼が、マフィアのために働いた高いランキングフリーメーソン会員として中に近かったので、啓蒙主義者を調査していたデイビッド・ヒルは命を失った。私が13のファミリーを報告しはじめた2年後に、私はデイビッド・ヒルの研究原稿を受け取った。デイビッド・ヒルは、私が元来したことをした。彼は質問をし、誰がこの国でストリングを引いたかを掘り抜きはじめた。デイビッドと私の両方はより明らかな強力なファミリーのいくつかの名前を発見した。例えば、デイビッドのメモにおいて、彼は、「はい、それは事実である:」と書く。

たぶん、これらの人の富を取り除き、それを人々に与えたい共産主義者と、the Mellons, Carnegies, Rothschilds, Rockefellers, Dukes, Astors, Dorrances, Reynoldses, Stilimans, Bakers, Pynes, Cuilmans, Watsons, Tukes, Kleinworts, DuPonts, Warburgs, Phippses, Graces, Guggenheims, Milners, Drexels, Winthrops, Vanderbilts, Whitneys, Harknesses および他のスーパーリッチイルミナティファミリーは一般にうまくやっていく。




しかし、これは、共産主義者がすべての資本家の敵であるという惑わしの上部構造を支えるようにデザインされたただのわかりにくい話し方である。しかし、共産主義者は、スーパー裕福な家族のように、独占資本の敵ではない:「彼らは自由法人(企業)の敵である」。(デイビッド・ヒル、ページの無表題の原稿)215.啓蒙主義者の一部であるのを免れようとしている人々が私に13の姓を与えたので、私の研究はデイビッド・ヒルのを越えてすでに別の寸法を入力した。しかし、私が受け取った認証の個々のラウンドは、他が見た 同じ物 楽しい激励である。この研究者が、私が持っていたのと同じファミリーのいくつかを選出したとわかることは楽しい驚きであった。それらのすべてでないにしても同盟したファミリーのいくつかがたぶんどこかでこれらの血流の1つと異民族間結婚した。この本が、私が数年の間に書いた物のコレクションであるので、私に、書かれたものをレビューすることを許しなさい。1991年に、私は、最初、一番上の13のファミリーを暴露したヘビ原稿として、私のである博識をセルフ出版した。1992年に、啓蒙主義者を露出し続けるために、私は私のニューズレターを開始し、君主マインド・コントロール・プログラムを暴露しているいくつかのモノグラフと地震を作成する啓蒙主義者計画/方法によって出て来た。上の中間'92年12月のニューズレター 1995年の最も最近のもの から、私は持ち、種々の一番上の13のファミリーを暴露している特集記事を動かした。この本は物のコレクションであると私、フリッツ・スプリングマイヤーはトップ13のファミリーについて1991年と1995年の間で書いた。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR