FC2ブログ

不況の原因


CIAのリクルート活動とスパイ養成を題材にしたサスペンス。CIAにスカウトされたエリート学生が、過酷な訓練の過程で張り巡らされた数々の罠と、背後に蠢く陰謀に混乱、翻弄されていく姿をスリリングかつトリッキーに描く。CIAスポークスマンの協力を得て、複雑な新人採用のプロセスや育成の方法といったCIAの知られざる内幕をリアルに描写。主演は、名優アル・パチーノと、注目の若手「マイノリティ・リポート」「フォーン・ブース」のコリン・ファレル。監督は「カクテル」「13デイズ」のロジャー・ドナルドソン。



CIAがスパイ養成のため、マインドコントロールなどの心理的罠を仕掛け、裏切り情報を得る。アメリカ合衆国の誇りが見え隠れする。

アメリカはマクドナルドのある国は攻撃しないが、スパイはいる。





竹中平蔵というガッツ石松金融大臣   国際評論家 小野寺光一



<不況の原因>

○ 今現在不況なのは、小泉が、日本の企業を外資に乗っ取らせることを促進する法 案整備、 今まで景気回復のために役立ってきた道路公団、郵便貯金を「景気回復させない」た めに外資に売却してしまうからである。



○ つまり中小企業や、多くの大企業も含めて、この不況が人為的な不況であること を理解していない。原因追及の番組の特番を作ればよい。 (参考 日本経済生か死かの選択・リチャードクー これを読めばわかりやすい)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198614296/qid=1111088388/sr=8-3/ref=


sr_8_xs_ap_i3_xgl14/249-9536616-6021159



竹中平蔵

○ たとえば、竹中平蔵氏がいる。彼は、もともと日本からハーバード大学に留学し ていった。米国では世界各国から来るエリートを選び、その人物に、洗脳教育を施し ていると聞く。つまり、「国際金融資本に、すべて任せることがよい」という洗脳で ある。



○ 竹中の推し進めてきた政策を振り返るとあることに気づく。それは、すべて日本の企業を倒産させて、米国の企業に買い取らせるという結果になっている政策ばかりであり、しかも竹中はこれを「すばらしい」と表現している。



○ここでハーバードまで留学して、結局、「すべて国際金融資本に任せるべきだ」という思想を植えつけられているとする。



<竹中の破壊の歴史>

振り返ってみれば、日本は世界最強の銀行として、誇っていたのを台無しにしたのは 自己資本比率規制の導入であった。これを導入することを熱心にやっていたのが竹中 であり、金融ビッグバンも竹中の提案であり、不良債権処理も竹中路線であり、就任以来54もの金融機関を次から次へと倒産させてきたのは彼の政策のためである。



ところが日本人には学歴コンプレックスが存在していて、竹中がどれだけ「馬鹿」か ということはあまり知られていない。



<ガッツ石松にたとえてみた場合>

仮に、竹中平蔵を「ガッツ石松」だとしてみよう。

つまり竹中平蔵という名前の部分だけをガッツ石松に変えて振り返ってみるのだ。こうすると竹中に対する学歴コンプレックスが取れて、彼のやっているばかげた経済政策がよくわかるようになる。



まさに机上の空論地獄である。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン





空耳

竹●中は頭が悪く、やっと一橋に入った。勉強などはまったくしない。オタクのスケベ学生であった。がどういう訳か●蔵省の事務次官に見込まれ、国立大の助教授になったが、そこで女子学生に悪戯して、処分は免れたが大●省の偉い人の推薦でハーバード大学へ留学することになった。残念ながら、遊びたい為に勉強はさっぱり、結果そこも放り出される事になり、泣付いて研究部署に残してもらったが、洗脳されて帰ってきた。慶■大学へ迎えられたが、アメ●カの大使館(CI●)からのチェックで弱みを握られる。以来、●蔵省(現財務省)には頭がアファで利用され、アメリ■の意向を忠実に励むポチになってしまった。子供は小児麻痺に罹ってるのだから、税金を無駄にせず、もっと真面目に日本の為に働け・・。罰が当たるぞ・。

竹▲中は和歌山なので馬鹿ではなくアフォなのだ。

竹▲中=アフォは国家の最重要機密です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR