FC2ブログ

民族浄化・世界新秩序構築・金儲け

Propaganda matrix.com


http://www.propagandamatrix.com/articles/march2006/090306oilbourse.htm
 



 


Iran War About Ethnic Cleansing, Not Oil Bourse

A red herring to distract from real long term agenda of full spectrum dominance





Paul Joseph Watson/Prison Planet.com | March 9 2006


Noted author F William Engdahl is keen to warn that Iran's plans institute a Tehran oil bourse is a red herring that diverts attention from the real long-term geopolitical agenda to remove another Middle East pawn in the quest for Neo-Con world domination.


Arguments put forth by the oil bourse theorists state that the US is worried that if Iran shifts to selling its oil in Euros then the dollar will collapse as the world reserve currency and other nations will quickly follow suit and dump their dollar holdings, causing an economic meltdown in America to rival 1929.


In an piece for the Asia Times, Engdahl points out that the intended invasion of Iran was by no means a recent blueprint, but a decades old dream carefully laid out in strategy documents.


"In 1996, Richard Perle and Douglas Feith, two neo-conservatives later to play an important role in formulation of Bush administration's Pentagon policy in the Middle East, authored a paper for then newly elected Israeli prime minister Benjamin Netanyahu. That advisory paper, "A Clean Break: A New Strategy for Securing the Realm", called on Netanyahu to make a "clean break from the peace process". Perle and Feith also called on Netanyahu to strengthen Israel's defenses against Syria and Iraq, and to go after Iran as the prop of Syria.


More than a year before President George W Bush declared his "shock and awe" operation against Iraq, he made his now-infamous January 2002 State of the Union address to Congress in which he labeled Iran, along with Iraq and North Korea, as a member of the "axis of evil" trio. This was well before anyone in Tehran was even considering establishing an oil bourse to trade oil in various currencies."


Engdahl expands his article to underline the history of the dollar's relation to the oil market and why the bourse theory and its alleged economic ramifications is a red herring.





An economic collapse doesn't worry the families that own the Federal Reserve and America because they will be the only ones to benefit from it.


The ten major shareholders of the Federal Reserve are as follows.


Rothschild: London and Berlin; Lazard Bros: Paris; Israel Seiff: Italy; Kuhn- Loeb Company: Germany; Warburg: Hamburg and Amsterdam; Lehman Bros; New York; Goldman and Sachs: New York; Rockefeller: New York.


These families and others sell stocks at high prices during relative economic boom right before artificially instituting a crash, as in 1929, and then buy the same stocks back for pennies on the dollar.


Curtis Dall, son-in-law of FDR and a syndicate manager for Lehman Brothers, an investment firm, was on the N.Y. Stock Exchange floor the day of the crash. In "FDR: My Exploited Father-In-Law," he states: "...it was the calculated 'shearing' of the public by the World-Money powers triggered by the planned sudden shortage of call money in the New York Market."


Any financial panic brought on by Iran trading oil in Euros would have been adequately prepared for by the Globalists, if not engineered directly by them.





The agenda behind the Iran war is as simple as it is chilling and money-making, control of oil and no-bid reconstruction contracts are teardrops in the ocean compared to the depth and horror of the ultimate objective.


The megalomaniacs that control Israel wish to live in a world largely devoid of Muslims or Persians and they have embarked on a hundred year plus mission of ethnic cleansing to wipe them from the globe. This is why race-specific bio-weapons have already been developed for this purpose.They have made a pact to carry out this agenda in league with the Neo-Cons, and above them the Globalists, whose desire is also world population reduction and complete full spectrum domination and control over all countries and near-Earth space itself.


All these facets are openly discussed by the elite in their own public documents.


To fully realize this dark vision, the Globalists need to eradicate any rogue state that may become a focal point of organized opposition to the creation of a one world government. There will be no room for sovereign nations in the New World Order.





民族浄化(オイル証券取引所でない)についてのイラン戦争

完全なスペクトル優位の本当の長期課題から散らす燻製ニシン(現実の問題から注意をそらすことを意味している。)



有名な著者F・ウィリアムエングダールは、イランの計画がテヘランオイル証券取引所を開始すると警告することがネオコン世界支配の探索においてもう一つの中東駒を取り外すために本当の長期の地政学的な課題から注意をそらす燻製ニシン(で現実の問題から注意をそらすことを意味している。)あるのを切望しています。


イランがそのオイルを中で売ることに変わるならば、米国がそうであるオイル証券取引所理論家国によって出される議論がそれを悩ませてユーロ、それから、世界予備通貨と他の国が速く先例に従って、ライバル1929にアメリカで経済崩壊を引き起こして、彼らのドル持株をダンピングして、ドルは崩れます。


アジアタイムズのための部分において、エングダールはイランの意図された侵入が最近の青写真で決してなかったと指摘します。そして、わずかに十年古い夢が戦略ドキュメントの中に慎重に配置されます。


「1996年、リチャード・パールおよびダグラス・ファイトに、2人の新保守主義者、中東でブッシュ政権のペンタゴンの政策の公式化に重要な役割を果たすためにその後、論文を著した、のために、その後、新しくイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフに選ばれました。その諮問論文、「清潔な破損: 領域を安全にするための新しい戦略。」「和平プロセスからの清潔な破損」を作るためにネタニヤフ上で呼ばれました。パールとファイトは、さらにイスラエルのシリアとイラクに対する防御物を強くし、かつシリアの支柱としてイランの後に行くようにネタニヤフに要求しました。


1年前に、ジョージ・Wブッシュ大統領がイラクに対する「衝撃および畏敬の」オペレーションを宣言した以上に、彼は、「有害な枢軸国」トリオのメンバーとして、彼のものをイラクと北朝鮮に加えて、イランにラベルを付けた議会への今不名誉な1月の2002年一般教書にしました。テヘランの誰かが様々な通貨中の油を交換するためにオイル証券取引所を設立することをさらに考慮している前に、これは適切でした。」


Engdahlは、ドルのオイル市場との関係の歴史を強調する彼の記事を拡張します、そして、なぜ証券取引所理論およびその申し立てられた経済分枝は薫製ニシン(現実の問題から注意をそらすことを意味している。)ですか。


経済的崩壊は、それらがそれから利益を得るただ一つのものになるので連邦準備制度理事会とアメリカを所有する家族を心配させません。


連邦準備制度理事会の10人の大口株主は以下のとおりです。


ロスチャイルド:ロンドンとベルリン;ラザード・ブロス:パリ;イスラエル・シィーフ:イタリア;クゥーン・ローブ社:ドイツ;ヴァール・ブルク:ハンブルクとアムステルダム;ラーマン・ブロス;ニューヨーク;ゴールドマン・ザックス:ニューヨーク;ロックフェラー:ニューヨーク。


1929年でのように、人為的に衝突を実施する前に、これらの家族と他のものは相対的な好況権に高値でストックを売り、次に、ドル上の1セント銅貨用に同じストックを買い戻します。


カーティス・ダール、FDRの義理の息子およびリーマンブラザーズ(投資会社)のシンジケート支配人は、ニューヨーク株式取引所の床にいました、恐慌のその日。「FDRの中で:私の利用された義父。」彼は述べます:「...それはそうでした、ニューヨーク市場のコールマネーの計画された突然の不足が引き金となって起きた世界金銭力によって公を「刈る」こと、計算された。」


ユーロでイラン取引石油によって上にもたらされたどんな金融恐慌も、それらによってそうでなければ直接巧みに計画実行されて、グローバリストによって十分に準備をされていたでしょう。


イラン戦争の後ろの課題は、それが冷却していて、営利、オイルのコントロール、および無入札復元契約が究極の目的の深さと恐怖に比べて海洋で涙のしずくであるのと同じくらい簡単である。


イスラエルをコントロールする誇大妄想者は、イスラム教徒またはペルシア人が大部分は欠けている世界に住みたい。また、彼らは、地球からそれらを拭くために民族浄化の使命を加えて100年乗り続けました。レースにこのため特有の伝記という武器は、この目的のために既に開発されています。それらは、実行する協定を結びました、新反対意見と、および彼らの上の同盟しているこのアジェンダ、グローバリスト、さらに、その要望は世界人口縮小、およびすべての国々および地球(ほぼ)スペース自体での完全な十分なスペクトル優位およびコントロールです。


これらの面はすべて、自分の官庁出版物でのエリートによって公然と議論されます。


完全にこの暗いビジョンを実現するために、グローバリストは、一つの世界政府の設立への組織された反対の焦点になるすべてのならず者国家を根絶する必要があります。新世界秩序に主権国家の余地はないでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR