FC2ブログ

共産党支配

ナチスドイツと中国共産党の共通性http://list.jca.apc.org/public/aml/2005-June/002143.html


省港旗兵 shenggangqibing at yahoo.co.jp

2005年 6月 29日 (水) 00:43:11 JST




ナチスドイツ:オーストリアやチェコなどドイツ系の国を、ゲルマン民族の領土の復活といいながら強制併合

中国共産党:ウイグル、チベット、満州を「伝統的中国の領土」と宣言し併合。



ナチスドイツ:ユダヤ人を計画的に抹殺、民族浄化を企てる。

中国共産党:辺境の少数民族地域に計画的に漢族を移住させ、少数民族保護の建前とは裏腹民族文化の抹殺を図る。核実験は少数民族の辺境地帯で。



ナチスドイツ:メディアによる情報統制(ゲッペルズによるラジオ放送)

中国共産党:メディアによる情報統制(なんと、キーワード「6月4日」まで禁止、ウェブもブログもすべて登録制、「ダライラマ」も「民主」も禁句、外国の政党とかどう表現するの?、「靖国」もいまに禁止かも?)



#仕方ないから私は、skypeで中国人の若者に民主化を直接訴えかける運動を細々とやってます。トホホ。



ナチスドイツ:ユダヤ排斥運動を公認。ユダヤ商店が破壊される

中国共産党:日本人排斥運動を公認。大使館、日本商店が破壊される



ナチスドイツ:第一次大戦に対する被害者意識(第一次大戦の賠償金など)と暴動の正当化

中国共産党:日本に対する被害者意識と暴動の正当化



#日本の軍国主義が復活して中国を狙っている なんてデマを流してますね。

#自国がとんでもない軍国主義国家だということはほっかむりして、死んだ昔の姿ばかり強調する。

#この60年平和主義国家として一貫してきたりODAで貢献したりは一切教えない。



ナチスドイツ:経済政策の成功により、肥大化する右翼的民族意識。オリンピックを開催

中国共産党:同上



#でも、ドイツは化学工業の発明での高付加価値産業など地力がすごかった。

#中国は国内の奥地から安い労働力を使い、民工労働者を搾取しての経済発展。 

#労働者階級の代表、プロレタリアート革命が本業の「共産党」なんて聞いて呆れますね。

#おまけに外国の知的財産はパクりまくり、蝋筆小新事件、大笑い。



問題は、ナチスにおけるユダヤ排斥や第一次世界大戦の賠償金チャラ運動とかは国内経済の存亡に関わる点だったので十分情状酌量の余地がある点。ユダヤ「難民」がフランスなどで迫害にあい、国内が混乱しているドイツに大量に流入してきたおかげでドイツでは労働者が大量にクビになっていた。今のヨーロッパと似ていますね。


中国は真っ当な取引相手の日本を排斥しようとしている。在中日本人はなにもしないのに、在日中国人は外国人犯罪者の国別でダントツトップ。で、「昔日本人が中国にしたことを思えば、これぐらいたいしたことない」と開き直り。



ドイツは第一次世界大戦を正当化して、洒落にならん借金を帳消しにした。 これしか国家が独立国として存続する方法はなかったからだ。


中国は第二次世界大戦を正当化して、洒落にならん賠償金をゲットした。これしか働かないで豊かになる方法はなかったからだ。大躍進、文化大革命、昨今の環境破壊、民工問題、すべて中国共産党の責任

しかし第二次世界大戦を戦ったのは国民党で今の台湾政府。共産党自体には日本を駆逐したという抗日の正当性はない。国民党との内戦を一旦停止して共同で日本をやっつけただけのこと。



とあるサイトのこぴぺを加筆しましたけれど、全体主義国家のいやらしさは共通しますね。

尖閣が日本領土だという教科書を税関で没収したりして、あきれかえってしまいます。

金氏朝鮮の金親子を崇拝するような朝鮮学校の教科書を日本当局が没収したのでしょうか?

中国だけに都合のよい「日中友好」などいりません。



世界第一可笑的事是世界最大的?国主?国家批?60年前已??亡了?国主?省港旗兵でした。


The Li Bloodline


http://web.archive.org/web/20030617160855/www.thewatcherfiles.com/bloodlines/li.htm

--------------------------------------------------------------------------------Chapter1



THE LI FAMILY --CONTINUATION OF A SERIES OF ARTICLES ON THE TOP 13 ILLUMINATI BLOODLINES--THIS IS ARTICLE SIX.




David Rockefeller visits with his friend Li Chiang, one of Red China's Government Trade Officials.




The chinese character for the Li family is shown below in two different styles (fonts).





In writing about the Li family and Chinese secret societies, I am like the man who wakes up in the middle of the night while everyone else sleeps and then gropes around in the darkness trying to feel his way. I can share with you what I’ve learned, but undoubtedly there is a great deal more that can be learned.


When the year started I knew only a little about the Li family, and that only from what I had heard. I didn’t even know how to spell their name right. I was spelling it Lee (Actually the Li family name is spelled Lee in some areas such as Hokkien, Teochew, Singapore and by some chinese Americans.) Because I knew so little about the family, it was one of my primary areas of focus when doing



UNDERSTANDING HOW CHINESE NAMES ARE JOINED


A Chinese is name is made up of a family name (surname), which is written first, and then comes the personal name. In the chinese way of things my name would be Springmeier Fritz. Family names are usually of one character each, although there are exceptions like Ouyong and Situ. There are over 6,000 Chinese surnames for about I billion Chinese. The more frequent chinese surnames in English speaking countries such as the U.S., U.K., & Aust. are Chan, Lin, Li, Wong, Huang, Mei, Yang, Chin, and Fong. In mainland China the 5 top families are Chen, Li, Zhang, He, and Huang.



FAMILY NAMES ARE MORE MEANINGFUL FOR CHINESE (IN CHINA) THAN FOR AMERICANS


The chinese surname Li is a very popular name in China, perhaps not as widespread as Smith in this country, but certainly used as much as the name Brown is in America. Chinese who have the same surname have much more loyalty to someone else who has the same surname. For instance, two chinese with the Li name would consider themselves relatives even if they were total strangers. Even if two people knew no blood ties, if they had the same surname it has generally been considered incestuous to marry each other in China. In the U.S. if two Browns without any apparent blood ties met each other, they would not feel as if they were close relatives which two Chinese with the same surname would. The Li surname has a long history which goes back to a specific person named Emperor Zhuanzu who was the first Li and lived before 2000 B.C. This is according to the Xing Zuan, the chinese dictionary of surnames. The Li family has a long history in China with many stories. During the Tang Dynasty about 15 different surnames were given the honor of having the Li surname. Li Yuan was the founder of the Tang Dynasty which lasted from 618 to 906 A.D. His son who ruled after him was Li Shimin. In their dynasty, printing and paper money were introduced to China. (It’s interesting that the Li’s are connected the introduction of paper money.)



ARE THE DIFFERENT IMPORTANT LI’S RELATED?


In recent history three Li’s stand out as giants.


?The billionaire and de facto ruler of Hong Kong Li Ka-shing.


?Li Peng the ruler of Red China.


?Lee Kuan Yew President (& dictator) of Singapore



I don’t know which of the Li’s are closely related and which are not. I do know that Li’s control Red China, Hong Kong, and Singapore and have important positions in Taiwan. If the various Li’s which control these various nations are related, then we are certainly looking at one of the most powerful families in the world. In terms of power, they would be just as powerful as the Rockefellers. They also connect to secret occult societies, but the secret societies which the Li’s are major players in are the Chinese secret societies. Those will be covered elsewhere in this newsletter.



WHICH ONES ARE PART OF THE ILLUMINATI?


I have learned from a source that Li Ka-shing and the powerful Hong Kong Li’s are definitely part of the Satanic llluminati Li’s. in terms of whether the Li’s who run Red China are part of the Illuminati, I know nothing that directly connects them. However, there are clues that make one wonder. For instance, why do the Rockefellers and Rothschilds have such a cosy relationship with these Red Chinese Li’s. Why does the Premier (or Prime Minister) of the People’s Republic of China Li Peng visit with the Roc kefellers and other capitalists when he comes to New York City, if he is such a hard-line communist? Haven’t the Com munists named the CapitalIsts their major enemy? And then when we watch men who are in the Illuminati such as Skull & Bones George Bush treat the Chinese Li’s with such closeness, even when it was Li Peng that crushed innocent people at Tiennamen Square, it makes us wonder still. In fact, with other pieces of the puzzle that I have in place, I do know that Red China is already cooperating with and part of the New World Order. The only way that China could already be secretly part of the New World Order is for it’s leaders who are the Li family to be in favor of the New World Order. This strongly suggests that the Li family in China is also part of the Illuminati. From what I know the range of possibilIties range from them being only sympathizers with the NWO elite to them being outright members of the Illuminati. I lean toward the latter view.


Then there is Singapore. Singapore is lock stock and barrel in the New World Order. They went to a cash less Society before anyone else. One of the Li family who spells his name Lee, Lee Kuan Yew, a Cambridge-educated lawryer, was dictator of Singapore for decades. He has ties to the British elite. As an example of his dictatorship, Lee didn’t like long hair on men, and so men coming into Singapore with long hair would have their passports taken away and either got a haircut or went to jail. In 1959, when Brittain gave Sing apore its Independence the Li family (in this case also spelled Lee) controlled the People’s Action Party which ruled the country. In 1976, the Pe ople’s Action Party monopolized politics so much that they won all 69 seats for Parliament. Lee Kuan Yew was pla ced into the all-powerful position of President in 1965, where he remained I belIeve until 1991. Singapore’s leaders made Singapore very anti-communist during the cold war, and when Nixon began his trips to woo China., Singapore began making goodwill political mission to China. In 1975, Lee’s hench man Foreign Minister S. Rajaratnam went to China and met with Chou En-lai. Chou En-lai was the mentor and friend of Li Peng.



Li Peng’s early life.


Actually, to be more specific after Li Peng’s father, who was a leading communist, was shot by the nationalists in 1931, Chou Enlal more or less adopted Li Peng and raised him. Chou Enlal got Li Peng into Moscow’s school system, where, when the Russians finally realized his brilliance wanted to keep Li Peng and train him for their own purposes, and Li had to escape to back to China. For whatever reasons Li Peng was an advocate of the Soviet style of economics. Before being placed into his prominent position that he holds


today, Li Peng managed China’s economy for many years.



Lee met Mao


In 1976, Lee Kuan Yew himself met with Mao Tse-Tung (then the leader of Red China). Mao Tse-tuag himself is closely tied to the Li family. Li Ta-chao was the head of the communist party in Northern China during the fighting with the Nationalists. Mao’s bodyguard was a Li family mem ber Li Yinqiao. Mao’s mentor was Li Ta-chao, who had ties to the Red Spears Secret Society. Other early high ranking communists such as Chu Teh, Ho Lung, and Liu Chib-tan had memberships in the Red Spears Secret Society and Li Ch’l-han an early communist leader was a member of the Green Gang Secret Society. We will cover more about the Li family and Its relationship to Chinese Secret Societies later, as weil as explaining some about the various powerful secret fraternities. It may well have been Li Ta-chao’s guidance that lead to Mao Tse-tung writing the first systematic attempt by a Chinese Marxist to characterize the class basis of secret societies, and emp hasizing their importance for revolution. Mao cooperated with the Ko-Ino Hui, a secret society, that helped his revolution, but strangely the official collection of Mao’s works neglects to include Mao’s appeal to them for help. (This neglect is noted on pg. 4 of Popular Movements & Secret Societies in China. 1840-1950) Mao Tse-Tung is also a product of the Harlot Christian church. Mao as a boy had wanted to learn of Christ and attend a Missionary school, but when he went to it, they threw him rudely out because he was Chinese. Mao never forgot the bad treatment he received at the hands of Chris tians. That explains in part his hatred of Christianity.



A CLOSER LOOK AT THE LI ILLUMINATI FAMILY IN HONG KONG


The Rothschild, and the Rockefeller families have a very high respect for the Chinese and Japanese people in relation to some of the other peoples in the world. That is one reason why China and Japan are being given the chance to be important players in the New World Order. The powerful Li family in Hong Kong is part of the Illuminati This family maintains a good public rela dons. They are philanthropists. Billionaire Li Ka-shing donated money to create a University in Shantou in South China. The cost of the University & its teaching hospital were reported at 85 million U.S. dollars in Fortune Magazine 7/13/92, p. 107. The following chart shows Li Ka-shing’s financial empire, which extends worldwide. According to Fortune Magazine, 7/13/92, p. 106, Li Ka-shing is worth 4 Billion Us. dollars. Another article motes that he made HK$13.4 billion from real estate sales in 1991 alone. Li Ka-shing has lived in the same house on a hill Hong Kong for 30 years. Li Ka-shing had little to no formal schooling. He is self-taught. His sons have been weil educated at Stanford. Victor became an engineer, and his other son Richard majored in computer science and is running Star TV in Hong Kong. Other wealthy friends of Li Kashing get together with him regularly to play poker games. Li Ka-shing is chairman or chief executive of his four big companies in Hong Kong. He hires both chinese and western executives for day-to-day management. Simon Murray, a Dalton who served in the French Foreign Legion, is one of Li’s trusted managers. Murray had worked for Jardine Matheson, a business owned by one of the Committee of 300. Li has built global alliances with British companies, and has part ol Pearson, a British holding company which in turn as interest in Lazard banking Arms in N.Y., London, and Parts. As one can see Li Ka-shing is doing business with the big boys of International Banking. Li also has Joint ventures with MTV, AT&T, Motorola, and Time-Warner. Li’s Star TV broadcast 5 channels to viewers all the way from Israel to Indonesia. The programming comes from the BBC news, and MTV, and some minor pardners. Li is giving Madonna and the rest of Hollywood to the Asians. Li also invested in Vancouver, B.C. He bought the Expo 86 site which is 1/6th of downtown Vancouver. 27% of Vancouver’s 560000 citizens are of Chinese descent. Vancouver is a Triad stronghold. This will discuss elsewhere Li Ka-shing has been allowed by the elite to buy into Canada’s Husky Oil. He could not have done this without the elite’s tolerance. The Oil and Gas Journal, Nov. 18, ‘91, p. 36 states that Li now has 86 % of Husky Oil.





THE REST OF THE LI HONG KONG CLAN


The hugh Bank of East AsIa (BEA) is run by Li Kwok-po. BEA has gone into partnerships with such Illuminati-connected companies as G. Warburg. Li Kwok.po (also known as David Li) also serves in the Hongkong legislature as the councilor who represents the banking community. He is also a vice-chairman of the committee drawing up the future Chinese administrative region that Hong Kong will soon become. He was chosen for this position by the Red Chinese because ‘He was chosen by


the Chinese mainly because or his family background. The extended Li family, with most of its members holding British passports, is one of the territory’s rich and influential old families.’ (Far Eastern Economic Review, June 1989, p. 47) Li has been urging the Hong Kong people to trust the Com munist Chinese government. David Li did not comment on the Tienamen squa re massacre when asked. David Li holds a full British passport and can go anywhere be wants. Most people in Hong Kong have only a Hong Kong passport that gives them British citizenship but doesn’t entitle them to travel. David Li’s uncle is Simon Li, who was a justice of appeal in Hong Kong,, and also selected for the BLDC. His other uncle Ronald Li was the former chairman of the Hong Kong Stock Exchange and a member of the Basic law Consultative Committee. Ronald Li and his son got caught using their Stock Exchange positions in corrupt money making offenses, and were to be brought to trial. I don’t know how it turned out. Another uncle Li Fook-kow was elected in Sept. ‘88 to represent the Hong Kong financial community in the government.When the scandal broke concerning the elite’s BCCI, the Hong Kong branch-Bank of Credit and Com merce Hongkong (BCCHK) was shielded from investigation. BCCHK’s chief executive Tariq Jamil who could have been called upon to answer questions skipped the country. Hongkong authorities made no attempt to stop him. David Li got involved and suggested that the Exchange Fund be used to help his BEA acquire BCCHK.. Another key figure in the BCCHK,, was Louis Sau bolle, who was previously Bank of Ame rica’s chief contact with Red China. Louis Saubolle has travelled to mainland China regularly since the 1940s. He is rumored to have done dubious practices while chairman of BCCHK, but he left the country for destinations unknown.


?A Li heads up American Express International in the area.


?Li. Pel Wu was one of the five best paid chief executives in bank ing in 1990.


?Some of the Li family in Hong Kong have taken on the trappings of Christianity behind which are their other nefarious activities. One Li, Florence Tim Oi Li, has become a lady Catholic priest. (National Catholic Reporter, Oct. 19, ‘90, p. 12.


? Richard Li has become a media mogul for Asia.


?And Victor Li ran the East-West Cen ter in Hawaii.



RED CHINA


‘The real decislonmaking in China’s political system takes place within the Politburo, and particularly among the seven members of its standing committee, in consultation with retired Party elders.’ (The China Business Review, Jan-Feb. 1993, p. 22) This inner circle of seven men Includes two members of the Li family: Li Peng, who is the head of this inner circle, and Li Ruihuan, who is head of the CommunIst Party’s Propaganda. Li Ruihuan has been a member of this inner circle since 1989. The other men on the inner circle are Jiang Zemin, Qiao Shi, Hu Jintao, Liu Huaqing, and Zhu Rongji. As premier or Prime Minister of China Li Peng has met with a great many of the world’s leaders, and many of the Illuminati’s men. Here is a sampling of Li Peng’s meetings:


April 28, ’90-Soviet leaders around July, ’91-U.S.- China Business Council Officials which includes Illuminati members. Aug. 15, 91- Japanese Prime Minister Toshiki Kaifu Sept. 3, ’91- Great Britain’s Prime Minister John Major Nov. 16, ’91-Sec. of State James A. Baker Dec. 12-14, ’91 - Prime Minister of India P.V. Narasiaha Rao Feb. 1, ’92 - Pres. George Bush Peb. 3, ’92-top U.S. capitalists (Illuminati members) Feb. 10, ’92 -Yeltsin in Russia Do the world’s leaders confer with each other?



Li Peng is not the only important Li family member to be the President or Premier of China:


?Li Xlannian was involved in the power struggle after Mao’s death and was President of China. For a num ber of years Li. Xiannian was considered one of the four top leaders of Red China. For many years Li Xiannian did lots of travelling to places like Africa where he held high level meetings with other leaders.


?Li Desheng was a member of the Politburo, Central Committee of the Communist Party, and served in key military posts.


?Li Qiang was a member of the Central Committee of the Communist Party, and was appointed Minister of Foreign Trade in 1978.



CONTACT/COOPERATION BETWEEN THE ILLUMINATI & THE LI’S


General Li Mi fled to the Golden Triangle and was provided via CIA agents supplies. It was Li Mi who started up the poppy fields to produce drugs that would be marketed by the other top IllumInati families. It was not chance that Li began opium production. The whole affair was a carefully calculated event by the Illuminati who have made millions running drugs for centuries. In the 1960, another Li took over after Li Mi died. His name was Li Wen-huan.


The elite made room for the Li’s to open the Li Commercial Bank for business on Long Island, N.Y.


After Bush was ambassador to China, Carter selected 6° (Pilgrim Soc. mmbr) Thomas S. Gates to represent the U.S. to China. David Rockefeller gave his O.K. to the


selection of Gates, and Gates was trans ferred directly from working on the board ofJ.P. Morgan & Co. to Peking. The Illuminati’s banks have been lining up over the years making loans to Red China. One of the articles that I read to understand where Clinton was going with Red China was in the Jan-Feb ’93 issue of The China Business which had on its cover a picture of Clinton and Li Peng with the question “A NEW ERA?” As many of the eli te’s articles are it was long on rhetoric, propaganda. etc. I think the bottom line was that Clinton is going to follow the advice of his China advisors and that Clintom does not want to rock the boat in our relations with Communist China. The idea that is being planted by the question on the cover is about the size of things, the elite are moving us closer to their "new era."


共産党と李家


李家血統--------------------------------------------------------------------------------第1部


これがそうである李家(TOP 13悟達者血統上の一連の記事の継続)は、6を逐条的に述べます。


ディビッド・ロックフェラーは、彼の友達リ・チアン、赤い中国の政府貿易職員のうちの一人とおしゃべりをします。李家のための中国文字は、2つの異なるスタイル(フォント)で下に示されます。李家および中国の秘密結社に関して書く際に、私は、他の人すべてが眠り、次に手探りで進もうとする暗さの中でまわりに手探りする一方、夜の中頃に起きる人に似ています。私は、あなたと学習したものを共有することができます、しかし、確かに、大量がもっとあります、それは学習することができます。その年がスタートした時、私は少しLiに関してのみ家族、および私が聞いたものからののみそれを知っていました。私は、それらの名前権を綴る方法をさらに知りませんでした。私はそれを綴っていました、リー(現実に、李の姓はホッケイン(潮州)のようないくつかのエリアの綴られたリーです、シンガポール、そして何人かの中国系アメリカ人によって) 私が家族についてそれほどほとんどを知らなかったので、行うとき、それは焦点の私の主要なエリアのうちの1つでした。中国の名前がどのように連結されるか理解すること1つの、中国、名前である、姓(姓)(それは最初に書かれており、次に来る)から構成される?A個人名。事態のchinese方法では、私の名前はスプリングマイヤー・フリッツでしょう。オウヨンとシツのように例外がありますが、姓は通常1文字に各々あります。約10億人の中国人のための6,000以上の中国の姓があります。米国のような英国の話す国々のより頻繁な中国姓、英国、[チャン、リン、リ、ウォン、ホアン、メイ、ヤン、フオング]です。中華人民共和国では、5組のトップの家族はチェン、リ、チヤン、およびホアンです。姓は、アメリカ人より中国語(IN中国)にとってもっと意味があります中国姓李は恐らく中国のまさに俗称です、この国のスミスほど広範囲でないが、確かに使用された、名前ブラウンがアメリカにいるのと同じ量。同じ姓を持っている中国人は、同じ姓を持っている誰か他の人に対してさらにより多くの忠実を持っています。例えば、それらが見知らぬ人の合計でも、李の名を備えた2人中国人がそれら自身を親類と考えるでしょう。それらが、それがカイの中で互いに結婚するのに近親相姦であると一般に考えられたのと同じ姓を持っていた場合、血液が結ばないことを2人が知っていたとしても。米国で、もし明白な血液結束のない2人のブラウンが互いに会合すれば、あたかも同じ姓を持った2人の中国人がする、親しい親類かのように、彼らは感じません。李の姓は、最初李で、2000年紀元前の前に生きていた皇帝ツァンズという名の特定の人に戻る、長い歴史を持っています。これは、Xing Zuan、姓の中国辞書によってあります。李家は多くの物語で中国で長い歴史を持っています。15の異なる姓に関する唐王朝中に、李の姓を持っている名誉が与えられました。リ・ユエンは、西暦618年~906まで続いた唐王朝の創立者でした、彼の後に支配した彼の息子はリ・シーミンでした。それらの王朝では、印刷と紙幣は中国に紹介されました。(李が導入を接続されることは面白い、紙幣。)


違う重要な李は関連しているか?

最近の歴史の3李において、巨人として目立つ。

香港李家のシンの億万長者と事実上のルーラー。

赤い中国の李鵬、支配者。

シンガポールのリークアンユー大統領(独裁者)

私は、李のどれが密接に関連しているか、そしてどれであるかがそうではないと知らない。

私はその李のコントロール赤中国、香港、およびシンガポールを知っていて、台湾に重要なポジションを持つ。

様々な李が、どれがこれらをコントロールするかであるならば、様々な国家は関連していて、そして、私達は確かに世界で最も強力なファミリーの1つを見ている。

パワーで、それらはちょうどロックフェラーと同じくらい強力であろう。

彼らはまた秘密のオカルト社会と接続するけれども、李のが主要なプレーヤーである秘密結社は中国の秘密結社である。

それらはこのニューズレターの中で他の場所でカバーされているであろう。

啓蒙主義者の一部はどのものであるか?

私は、李の誰が赤い中国を運営するかが啓蒙主義者の一部であることであるかどうかにかかわらず、李家のシンと強力である香港李のが明確に悪魔のイルミナティ李の一部であるソースから学び、私は、直接、それらを接続することを何も知っていない。

しかし、1つの不思議を作る手掛かりがある。

例えば、なぜロックフェラーとロスチャイルドはこれらの赤い中国人李のとのそのような居心地よい関係を持っているか。

彼がそのような強硬な共産主義者であるならば、彼がニューヨーク市に来る時に、なぜ中華人民共和国の李鵬の首相(または総理大臣)はロックフェラーと他の資本家と雑談するか?

共産主義者は資本家を彼らの主要な敵と名付けなかったか?

それから、私達が、チエンナメン・スクェアで無実の人々を押しつぶしたのが李鵬であった時にさえ、頭蓋骨&骨格のジョージ・ブッシュなどの啓蒙主義者の中にいる人がそのような近さによって中国李のを処理するのを注意する時に、それは私達にまだ疑わせる。

実のところ、私が適所に持っているパズルの他の断片によって、私は、赤い中国がすでに協力している情報を知る者と新世界秩序の一部をなす。

中国がすでにひそかに新世界秩序の一部であるかもしれない唯一の方法は、新世界秩序に賛成していることが、李家であるリーダーであるのである。

これは、中国の李家がまた啓蒙主義者の一部であることを強く示唆する。

私が、可能な範囲が、彼らに排他的なNWOが啓蒙主義者の徹底的なメンバーである状態でただの同情者であって、それらから整列させると知っているものから。

私は後者の眺めに傾く。

そして、シンガポールがある。

シンガポールは新世界秩序においてロック株と樽である。

他の誰かの前に、彼らは現金のより少ない社会に行った。

彼の名前の物陰(リークアンユー、ケンブリッジで教育された弁護士)を綴る李家の1つは数十年の間のシンガポールの独裁者であった。

彼は英国のエリートへのつながりを持っている。

彼の独裁権の例として、リーは人への長髪が好きでなく、従って、長髪と一緒にシンガポールの中に来る人は取り除かれた彼らのパスポートを持つであろうし、どちらかが散髪を得たか、刑務所に行った。

1959年に、ブリテンが歌い胞子/芽胞にその独立を与えた時に、李家(この場合に、また、リーが綴った)は、国を支配した人民行動党をコントロールした。

1976年に、Pe opleの行動党は政治をとても多く独占したので、彼らは議会のためにすべての69の議席を勝ち取った。

彼が1991年まで信じ続けた所で、リークアンユーは1965年に大統領の全能のポジションの中にpla cedであった。

シンガポールのリーダーは冷戦の間にシンガポールをまさしくその反共産主義者にし、中国に求婚するために、ニクソンが彼の旅行を開始した時に、シンガポールは中国に親善を政治的な任務にしはじめた。

1975年に、リーの外務大臣S.ラジャラトナムは中国に行き、周恩来と出会った。

周恩来は李鵬の師と友人であった。

李鵬の若年期。

実際、主要な共産主義者であった李鵬の父が1931年に国家主義者によって撃たれた後により具体的なために、周恩来は李鵬を養子にし、彼を出世させた。

ロシア人が最終的に、李鵬を拘留し、彼ら自身の目的のために彼を訓練してほしかった彼の輝きを実現したことで、時に、周恩来はモスクワの学校制度の中に李鵬を入れて、李は、中国と裏続きのために脱出する必要があった。

経済学のソビエト連邦スタイルの支持者は、李鵬を論じる何のためででもあった。

彼が保持する彼のきわだったポジションの中に置かれる前

今日、李鵬は何年もの間中国の経済を管理した。

李は毛と会った。

1976年に、リークアンユー自身は毛沢東(そして赤い中国のリーダー)と出会った。

毛沢東自身は李家に密接に縛られる。

Li Ta-chaoは国家主義者との戦闘の中に北中国で共産党の頭であった。

毛のボディガードは李ファミリーmem ber Li Yinqiaoであった。

毛の師は、赤いスピアーズ秘密結社へのつながりを持っていたリ-タ-チャオであった。

チブ・タンは、 チューテ、ホウハイ、リューなどの他の早い高いランキング共産主義者 早い共産主義者リーダーがグリーンギャング秘密結社のメンバーであった赤スピアーズ秘密結社とリーチ・イーハンのメンバーシップを持っていた。

私達は、様々な強力な秘密の団体についていくつかを説明することとしてのweilとして後で李家と中国秘密結社へのその関係についてより多くをカバーする。

秘密結社のクラス基礎と革命のためにそれらの重要性をhasizingしているempを特徴付ける中国マルクス主義者による最初の体系的な試みを書いている毛沢東をもたらしているのはリ-タ-チャオの案内であったのももっともである。

毛は、彼の革命を助けたコイノフイ、秘密結社と協力したけれども、奇妙に、毛の作品の公式なコレクションは、助けのためにそれらへの毛の訴えを含むことを怠る。

(この無視はpgの上で注目される。)

中国のポピュラーなムーブメント&秘密結社の4つ。

1840-1950) 毛沢東はまた売春婦クリスチャン教会の製品である。

少年としての毛は、キリストを知り、ミッション・スクールに出席したかったけれども、彼がそれに行った時に、彼が中国人であったので、彼らは無礼に彼を捨てた。

毛は決して、彼がクリスチャンの手で受け取った悪い取り扱いを忘れなかった。

それはいくぶん彼のキリスト教に対する憎悪を説明する。

香港のリー啓蒙主義者家のよりよい観察

ロスチャイルドとロックフェラー家は世界の他の民族の何人かに関連した中国人と日本人への非常に高い敬意を持っている。

それは、中国と日本が、新世界秩序において重要なプレーヤーであるチャンスを与えられている1つの理由である。

香港の強力な李家は、啓蒙主義者このファミリーの一部がよい公的な地位を維持していることである。

彼らは博愛主義者である。

南中国でシャントウの大学を作成するために、億万長者李家のシンはお金を寄付した。

大学&その教育病院のコストはフォーチュン誌7/13/92、ページの8500万米ドルで報告された。

107.

以下のチャートは李家-シン達、金融帝国を見せる(それは世界的に拡張する)。

フォーチュン誌、7/13/92、ページによると

106、李家のシンは40億Us.ドルに値している。

彼が1991年だけに不動産販売から134億香港ドルをした別の記事ちり。

李家のシンは30年の間丘香港の上の同じ家に住んでいる。

李家のシンは無正式な学校教育にほとんど持っていなかった。

彼は独学である。

彼の息子はスタンフォードで教育されたweilであった。

ビクターはエンジニアになり、彼の他の息子リチャードはコンピュータサイエンスを専攻し、香港でTVスターを走らせている。

ポーカーをするために、リ・カシンの他の裕福な友人は定期的に彼と集まる。

李家のシンは香港の彼の4社の大企業の会長または取締役会長である。

彼は日々の管理のために中国と西のエグゼクティブの両方を賃借する。

サイモン・マレー(フランス外人部隊で役立ったドルトン)はLiの信頼されたマネジャーのひとりである。

マレーはジャーディン・マジソン(300の委員会の1つによって所有されているビジネス)のために働いた。

リーは英国の会社でグローバルな同盟を組み立てて、部分的に持っている ピアソン、どちらか交互 ラザールバンキングへの興味としてN.Y.、ロンドン、および部分に武装する の英国の持株会社 。

人が李に会うことができる時に、李家のシンは国際バンキングの大きな少年と取り引きしている。

李はまたMTV、AT&T、モトローラ、および時間ワーナーとジョイント・ベンチャーを持っている。

李のスターTVはイスラエルからインドネシアにずっとビューアに5つのチャンネルを放送した。

プログラミングはBBCニュースとMTVと何人かの小さな相棒から来る。

李はマドンナとハリウッドのその他をアジア人に与えている。

李はまた、バンクーバー(彼が、都心部のバンクーバーの1/6番目であるエキスポ86サイトに買った紀元前)に投資した。

バンクーバーの56万人の市民の27%が中国系である。

バンクーバーは三幅対要塞である。

これは、李家のシンが、エリートによって、カナダのハスキーなオイルを受け入れることを許されていることを他の場所で議論するであろう。

彼はエリートの寛容さなしでこれをしたはずがない。

オイルとガスのジャーナル、`9111月18日、ページ

36は、李が現在ハスキーなオイルの86%を持っていることを述べる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR